足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

東北1日目 先日の三連休、東北へドライブに行ってまいりました。

11月2日は丁度、自分は夜勤明けなので、お昼過ぎから寝て相方が帰宅するのを待ちます。

午後10時過ぎに相方が台所でごそごそしている音で目が覚めます。

8時過ぎには帰宅していたようですが、全然気がつきませんでした。

ひとっぷろ浴びて、軽く食事を取り11時過ぎに自宅を出ます。

外環下の国道298号線を通り、常磐自動車道に乗り込みます。

夜ですので、高速道路はこれといって何にもなく、夜中の2時過ぎに最終インターを降りて、後はひたすら国道6号線を北上します。

日中だと、結婚混んでいるだろう国道もトラックしかおらず、それらも軽快に走ってくれるので、流れは非常によいです。

明け方近くに宮城県に入ります。

朝6時多賀城市内のすき屋で朝飯を取り、松島を目指します。

空は雲ひとつない快晴。

暫く単調な道路を走り、松島町に入りますが、朝の七時過ぎでは、お目当ての瑞岩寺の拝観も、出来ません。

近所を散策しようかともい思ったのですが、周囲のコインパーキングは軒並み都内と変わらぬ料金で、景色だけを見てスルーすることに。

三連休の初日ともあり、これからの時間どんどん渋滞がひどくなることを考えれば、まあイイッかなと。

その後、石巻に向かおうか迷ったのですが、とりあえず本日の宿のある鳴子に向かうことにします。

青い道案内の看板を頼りに、国道47号線に入ることが出来ましたが、既に大渋滞。

鳴子まではまだ相当な距離があります。 ふと、右側を見ると平行して走る道路に、結構車が走っているのを発見しまして、我らもそれに習う事に。

これが大正解で、道幅は狭いのですが、殆ど詰まる事無く快適に47号線と雄勝に向かう108号線の分岐まで出ることが出来ました。

相方のナビに感謝感謝です。

鳴子近辺で、食事をとも思いましたが、いっその事秋田まで行ってみようと言うことになり、県道108号線から横手まで走ってみることに。

途中、鳴子ダムに沢山バイクや車が止まっていたので、そこで景色をパチリ 鳴子ダムの紅葉








色弱の自分は、相方にあそこが紅葉になっているといわれてもあまりピンと来ません。

ダムを過ぎると、山と田んぼだけの道になりますが、ここの景色は何度走っても気持ちがいいので、秋田方面に移動するときは必ずここを通るようにしています。

国道13号線に入り、いよいよ秋田の雄勝町に入ります。

横手までは左程の距離はないのですが、湯沢横手道路を走ります。

程なく横手に到着し、以前も訪れた佐々木食堂を発見します。

ここ横手は、焼きそばが結構有名で、市内には数件ないし、十数件だったかの店舗が有ると言う風に記憶してますが、間違ってたらごめんなさい。

去年だかのB級グルメの全国大会では、富士宮の焼きそばに負けてしまいましたが、ここの焼きそばも素晴らしいと、自分と相方は思っております。

で、この佐々木食堂ですが、店内はほんとに素朴な感じで、昔の食堂のつくりで、懐かしくなってしまいます。

 横手の焼きそば屋 ささき屋のやきそば
 







今回は玉子焼きそばの大盛りと、ホルモン焼きを頼みましたが、焼きそばの方は歯ごたえのしっかりした、ストレート細麺に自家製のソースが良く絡み、玉子の黄身の甘さが加わると、これがとても旨いっす!

500円でこの味を楽しめる、横手の人がうらやましく思いながら、お店を後にしました。

で、再度温泉に入りながら鳴子に戻ろうかとも思いましたが、とりあえずまっすぐ宿に向かうことにしました。

鳴子市内は鳴子峡を見に行った観光客の車でごった返してます。 今回自分が泊まる所は、東鳴子温泉といい、ちょっと下の方にあるのですが、こちらは逆に閑散としていました。

いさぜん旅館に到着ですいさぜん旅館のフロ こちらはじゃ○んで予約しまして、鄙びた湯治宿といった風情ですが、宿主が大のタイガースファンと言うことで、洗面器までタイガースぐっつになっており、ちょっとアンバランスな感じがぬぐえませんでした。

それでも四種類ある源泉のうち三つ入ったのですが、どれもとてもよく暖まりました。

一番のお気に入りだったのは、貸切風呂のお風呂なんですが、これが湯温は町道良い感じなのですが、湯上りの体の火照りもかなりのものがあり汗が引くまでにかなりかかりました。

ただ、投入される温泉の量が少ない為、お客さんが多い日だと???ってな感じも否めませんでした。

温泉に入ってくたくたになった所で、朝まで爆睡でした。

先ほど夜勤を終え、帰って来ました。

先週に引き続き、明日から二週連続の三連休です

今回の三連休は待ちに待った東北旅行です。

相方の帰りは夜の九時過ぎになるので、それに合わせて昼寝をして、今日の夜中に常磐道〜国道六号〜仙台〜松島を目指します。

これだと、ETCの深夜割引も使え、一般道も渋滞もない筈なので、明け方には松島に着く事が出来るかも・・・。

明日は鳴子に泊まって、その後で山形に投宿し、蕎麦若しくは麦きりと温泉を楽しんで来ようかと。

そういえば、タイトルはバイクの旅だけど、バイクの旅まだ一件しか載せてないっすね・・・

今月中に今年最後のキャンプツーリング行く予定ですので、ブログのタイトルは余り気になさらぬよう・・・。 そろそろ冬眠します。

本日はこれから夜勤・・・。

昨日の夜からずっと下痢が続き、今日のお昼頃になって少し落ち着いてきた。

先日から気になっていたのだけど、走行中にシャカシャカ音がするようになってきていた。

で、使い古しの歯ブラシを持ち出してチェーンの清掃とグリスアップをすることに。

自分のはセンスタがついているので、あっけなく終了した。

問題は相方の乗っているST。 クリーナーを吹きつけ、シコシコとブラシでこすり、ボロタオルで清拭。

で、少しずつ移動を繰り返す。 チェーンが一周した所で、オイルを吹き付けつつ来た方向を逆に少しずつ戻る・・・。

結局この作業で、30分程消化。

めんどくさがらずに車からジャッキを降ろせばよかったと、最後になって思う馬鹿な自分。

涼しくなった秋の昼下がり、半そでを着ていながらも額から汗を流している馬鹿が居た。

こちらは2005年11月23日に車で訪れた温泉です。

バイクの旅ってタイトルなんですが、この時期って寿命寸前のフォーサイトしかなくて移動は専ら車ばかりでした。

一応バイクでも行けると言うことで、情報載せます。

で、この那須湯元温泉雲海閣なんですが外観はこんな感じです。

雲海閣外観






 
かなり鄙びた外観なのですが、近くに有名な鹿の湯ってのがありますよね。

ここの雲海閣は、その鹿の湯の源泉をそのまま引いて提供されている、温泉なんですね。

で、休日とかって、鹿の湯って駐車場までが渋滞しているような有様でお風呂に入るまでかなりの時間をとられると思うのですが、ここはすんなり入れます。

知っている人しか来ない、隠れスポット的な温泉です。

ここの温泉は、お風呂は何てこと無い内湯一個だけなんですが、建物のつくりが変わっていると言うのか、面白い作りになっています。

玄関を入って受付で料金一人頭400円を支払います。

受付を通りすぎると、結構な急な階段を下り、トンネルみたいな所を歩いていくと、温泉の浴場に着く事が出来ます。

宿泊も出来るようですが、防空壕の中を降りて行くような感じなんで、結構、雰囲気あるかも・・・(笑)

 お湯は鹿の湯と同じですから、白濁の硫化水素臭たっぷりのお湯が注がれてます。

湯船は五〜六人も入ればキツキツといった感じですが、自分が行った時は二人位しかいなかったので、ゆったりと浸かる事が出来ました。

お湯はどちらかと言うと熱めのお湯です。

冬場や晩秋のツーリングなんかでは、お湯に慣れるまでは結構時間が掛かるかもしれませんが、ジャバジャバかけ湯をして慣らした後、浸かってみると、ほんとに良く暖まる温泉で、汗が引くのにかなりの時間を要した記憶があります。

後、ここには前述の階段の途中に明礬泉の源泉もあるようですが、宿泊者専用なのか、自分が訪れた時は温泉は入っていませんでした。

鹿の湯を悪く言うつもりは無いのですが、静かにゆったり浸かれる雲海閣は那須の温泉でもかなりオススメだと思います。

続いて山梨県のグルメ情報と言うことで・・・。

今年の1月15日に前述の黄金温泉の帰りに寄ってきました。

山梨県の塩山市にある白彩です。

知人からの紹介で行ったのですが、場所を聞いていたのにも関わらず、結構迷ってしまいました。

お店はこんな感じです。 白彩の入り口








 一応知人の紹介の通り、アナゴ丼の大盛り、相方は普通盛りを頼みました。 アナゴ丼大小 運ばれてきた瞬間にんまりと笑ってしまいました。 白彩 アナゴ丼
 







値段980円で、海老天三本。

野菜天が二種類、特大のアナゴが一匹丸々乗っかって出てくるという、超度級の一品です。

流石に最後の方では、ちょっと飽きてきてしまい、ペースが落ちてしまいましたが、味そのものはうまかったです。

大盛りの店って、盛りはいいけど味は二番三番と言うところもありますが、美味しくいただけました。

結構ネットなんかをまわってみると、ツーリングで訪れている人も多いみたいですね。

このページのトップヘ