足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

あけましてどうもです!




















20161225_160847

今年もよろしくね!



・・・・・・・・・もうすっかり、正月も終わってしまい、昨年のネタになりますが、嫁の車で九州の温泉に癒されに行ってきましたです。

今回、何故に嫁のステラでと言うと、出発当日が、夜勤明けでして、嫁はAT限定ですので、さすがに自分ひとりの運転で九州まではいけないわと。

そんなこんなで、助手席でビールをちびちびとやって、昼寝でも・・・と思ったんですが、やっぱり寝れませんな。

山陽自動車道をちんたらと走ってもらって、夕方五時とはいえ、真っ暗な中、湯布院到着。



今回も貧乏旅ですので、自炊宿での宿泊ですが。

DSC_2479



宿とはいっても、離れと言うかコテージ風の建物。

真ん中の玄関入って、左右それぞれに、ロフト付きの部屋があり、キッチンも、それぞれに独立して完備されてて、ちょっとした貸別荘見たいな感じかな。

煮炊きも、ガスレンジ使用なんで、野菜炒めなんかも、中華鍋持参したのだけど(笑)、ばっちり決まりまっせ!


DSC_2480


お宿のなまえは、とくなが荘さん。

ここで受け付けをするのだけど、コテージまでは徒歩一分。

この母屋の迎えの建物に、二か所、温泉がひかれている。

泉質は同じ。

DSC_2482



DSC_2484



混ぜ物、一切なしの源泉かけ流し。

湯温、42度位だけど、柔らかい感じのお湯で入ってて気持ちのいいお湯だった。

是非とも、機会があれば次回も利用したい宿である。

布団なんかは自分たちでひくんだけど、全然苦にもなりません。

横になって、いくばくもしないうちに爆睡しました。


朝、納豆とみそ汁で飯を掻っ込んで。

お宿を後にしましてな。

BlogPaint



以前、嫁と大陸バイクで九州巡りをした時にお会いした、立派なものを持つ、お牛様と再会を果たした(笑)



20161226_134323



度重なる地震でもげてないかと心配したが、ご健在!(笑)

奥の方にある、ミニ動物園的なスペースで、健全な親子がワキャキャしてる中、牛の一物を見て喜ぶ、クリスマスイブ。

隣では呆れた顔をしてましたが、そんなのマイペンライ!

なんて、ふざけてたのですけど、後ほどになり、実は感心するお店である事に気づくのでした。



BlogPaint



場所的に熊本に入っているのか、まだ大分なのか良く分かりませんのですが。

この先の、杖立峠でしたか・・・記憶が曖昧なのですが、路肩に雪。山肌にも雪。冬場、タイミングによっては夏タイヤだときついのかもしれませんね。

そんなこんなで、以前ツーリングの時に弁当を買ったりした産直に立ち寄り。

20161224_121107


これ、ゲットしました。

意外と、九州ってそば焼酎なんてのがあったりするからか、蕎麦畑が結構あるんですよね。

で、値段も安い。

ちょっと、蕎麦打ちも出来る様になろうかなと、今年の目標。

そんなこんなで、前回のツーリングの時に、行けなかった草千里。

ヤフーのアプリに道案内をさせるが、なぜか住宅街の中でGORLと言う意味不明な結末を迎えたのですが、再度、入力しなおして、それらしい景色が見えてきましたです。


BlogPaint


DSC_2490




阿蘇山!


DSC_2494


周遊ヘリの駐車場から見たのですが、すごい迫力ですな。

DSC_2500


BlogPaint



草千里の風景を楽しんで。

嫁のリクエストで南阿蘇村にある、しあわせマルシェさんに寄って。



DSC_2504


自家製酵母のパンなんぞを購入いたしましてですな。

時間も時間なんで、そろそろ本日のお宿に向かう事にしますです。

宿に向かう途中、被災した住宅が目に入ってきたので、ちょっと町中まで入りましたが、凄まじいの一言ですな。




DSC_2507





DSC_2509


DSC_2519


DSC_2577







DSC_25177



自分も311以来、それなりの食糧と水なんかを備蓄してはいますが、結局、自分たちにできる事といったら、備える事しかできないですよね。

この位の破壊力で揺れだしたら、揺れが治まるまで運を天に任せるのみ。。。


この後、仮設住宅と思わしき建物も目に入りましたが、オリンピックの経費落とした分、ここや福島の仮設住まいの人たちの次に繋げるように回してやったらよ?と思いつつ、税金なんぞ納めてやった所で、それ相応の見返りなんてものは何にもないんだなと。

途中、阿蘇の道の駅



BlogPaint





イブから二泊お世話になります。

豊礼の宿。

DSC_2527


九州ツーリングの最終日に泊まって以来の再来訪です。

窓から眺めるこの風景は、ほんとに圧巻ですな。


DSC_2523




貧乏旅ですから、勿論自炊宿。

景気が上向きとか言ってる割に、満室でしたな。

ほんとに上向きなん?


それはそれとして。

米を水にうるかして、その間に風呂で垢を落として。


20161224_204015


ステーキ醤油を作るために購入した日本酒・・・・ですが、これを一杯ひっかけ乍ら醤油の自作と肉の下ごしらえ。

ここ最近、たれやら、ポン酢やらを必要な分だけ自作してるのですが、たまに市販の物を口にすると、ものによっては、すごい薬臭く感じるのな。

あぁ・・・こんなの口にしてたんだ・・・とかね。


醤油、酒かみりん、ニンニク、ショウガ、玉ねぎの擦りおろしと、あればリンゴか梨、無けりゃ砂糖。

これに、ちょろっとカレーパウダーを振ってマゼマゼしてやると、味が引き締まり、お金を取るほどではないですが、そこそこの物ができます。

なんて偉そうにいってますが、焼き肉のたれなんかの材料の欄見て、同じようなもんを揃えればいいだけw


後は手間を惜しまないことと、失敗を恐れずに、これと思ったものを色々試してみる事(笑)


20161224_203959



安物のオージーですが、昨年一番の贅沢品と思われます(笑)

飯の後、部屋でバイオハザードみて寝ました。

そういえば、香川・・・。

バイオハザードファイナルだっけ?

なんで吹き替えしかやってないんだろう・・・・。

レイトショーで安く鑑賞する事を楽しみにしてたのですが、レンタルが出るまで待つことにしました(笑)

おわり!





































 

正月前の三日間のお休み。   


夜勤明けでの移動。

さすがに、自分一人では無理なんで運転交代が可能なステラできました。



温泉でまったりしますです。






20161223_204403








貧乏旅行の自炊ですが(笑)





20161224_090035









20161224_133601






20161224_140729

  


20161224_203959

 




今宵は、安物オーストラリアの牛。

自作のタレも旨く逝った!



他所さんとは随分違うクリスマスタイムが、静かに流れておりますです。

久方ぶりに2台で出かけてきました。

先日、ふとオイル交換の記録を見ると、YBRは既に2000キロ以上は知ってて、GNもそこまで行ってないものの、YBRと一緒に交換したので、最終交換から半年の月日が経とうとしてて。

一気に二台のオイル交換をする事に。

20161112_085304


こちらの冬、感覚的には埼玉県北部なんかの寒さと同じくらいと思います。

なんで、ちょっと柔らかめの粘度になるのですが、CB750やCB400SSなんかの指定オイルだったりする位なんで、発熱量の小さな原付二種で冬の間だけならと、今回初めての導入となります。

綾川のコーナンで税込み700円ちょい。


20161112_085255


GNは1リットルよりチョイ少ない位、YBRは1リットル丁度のオイル量なんで、さくさくっと交換終了。


そんなこんなで、オイル交換終了後に、荷物をバイクに括り付けて、嶺北の本山町なんかを抜けて仁淀川町へと。

DSC09709

夢の森キャンプ場到着。

DSC09704


チリサーモンやバナメイエビで適当に晩飯作って。

久しぶりに水加減間違えて、米を炊き直す羽目に。


飯の後、ジムビームなんぞを舐めながら、就寝しましたけども。

朝方寒くて目が覚めて。

7時前から活動開始して飯食ったりなんて事をしてたら、出発が大幅に遅くなり11時とな。


キャンプ場を後にして、国道に出る手前で、紅葉祭りなんて事をしてたけどスルーして。

以前から行きたかった、ユーホーラインへ。



DSC09713


道幅は決して広くなく、ずっとくねくね。


DSC09716


DSC09732


 ネットなんかで、よく見る場所。

天気が良ければもっと感動した。



DSC09737
 

この後、何処まで続いてるのかと、よさこい峠なんて言う所まで行ったのだけど、帰り路がとても遠回りになるのに気づき、きた道を引き返す。

DSC09740
 

やっと瓶ヶ森林道の入口まで戻ってきた。

DSC09742



取りあえず、西条の方に抜けて国道11号線経由で高松を目指すことに。

DSC09745



DSC09746

 
紅葉で色づいているらしいが、色弱の自分には特に感動する様な色には見えず・・・。

二日間で400キロも走らない、特に観光もしない、何とも中途半端なツーリングではあったけど、まぁ、息抜きにはなったのだろうか。

バイクのキャンプは今年は最後かな・・・ 

先日、時々通勤に使う道すがら。

20161106_100141
 


土曜日の早朝、パトカーと警官が一人。


更に32号線方面に進んだ場所の


20161106_100216


 
この段になってる、コンクリの上で身をかがめるように何かを伺う不審人物じゃなくて、警官が一人。



20161106_100258



先程の場所を通り抜けると、こんな建物が見えます。

恐らく、携帯電話かシートベルトか、そんなのの取り締まりなんでしょう。

今年の、交通安全週間は天気が悪かったですから、思ったほどの売り上げもなかったでしょうから、冬のボーナスに向けての今がラストスパート・・・・じゃなくて、気が緩み切ったドライバーに、交通安全の必要性を必死で伝えようと、寒空の中バカ面・・・じゃなくて一所懸命やってるんですよ。

そもそも、優秀な日本の警察ですから、決して見つかりにくく、取り締まりがしやすい場所でしている訳では無くて、車で走る上で、やはり、ここは非常に危険な場所なんです。

その証拠に高架の下は幅員がグンと狭まりますから、見栄張って買っては見たものの、車両感覚もろくにつかめていない3ナンバーがよく、急ブレーキを踏んでたりします。

シートベルトや携帯と直接関係はなさそうな感じがしますが、そういう事なんです!

みなさん、この付近を走るときは、しっかりと交通安全に留意して走ってほしい物です!はい。


ま、前置きが長くなりましたですが。


XRを引っ張りだして、ちょこっと山の方に行ってこようと、走りに出たわけですよ。


で、途中、三島製麺所によってからと思ってですな。華麗なライディングテクニックで迫りくるカーブを、滑るようにトレースしていってたわけなんですが。

ふと対向車線側の路肩に何やら、小さな物体の集団が。

え?っと思って、バイクを止めてみるとですな。

向こうも、振り返ってこっちを見てるわけなんですわ。

一呼吸おいて、そのうちの一つが、こちらに向かって走りだすと、後に続いて四つともこっちに走り寄ってくる。

20161106_103530



ブレブレですが、クークー鳴き乍らしがみついてくるのですよ。

20161106_103527


 恐らく、どこかの飼い犬が子供産んで、最近まで飼われてのだけど、育てられないからと捨てられて、兄弟そろって五匹で歩いていたんでしょうね。

腹すかせて。

完全な野良犬なら、ここまで人懐こいはず無いですから。

取りあえず、ここでこんな事をずっとしていたからと言って、事態は何も変わらないでしょうから、バイクに跨ろうとすると縋りついてくる、これらを、ちょっと足でどけながら、離れる事に。

ミラーを見ると、五匹がずっとこっち見ててね。

ちょっと待っとれと、バイク走らせてコンビニ寄って、これらがいた場所に戻りますが、既に姿がなく、一旦通り過ぎた現場をゆっくりと戻ると、一見の民家の庭先にいたおばちゃんに絡んでいる最中でした。

ここの飼い犬かと聞くと、まさかとの返事、

バイク走らせながら考えていたのですが、腹減らしてるだろうから、何か食わせてやる、果てその後、どうするか。

あんな感じで、車が来てようと構わず、渡ってきますから、そのうち撥ねられたりするのも出てくるでしょう。

トンビにさらわれたりとかね。

いいのか悪いのかわからんけど、取りあえず子犬だから、里親見つかるかもと言う事で、警察に電話して、道路に飛び出すので危ない事を伝え、保護してもらえないか相談。

取りあえず、向かいますとの事なんで待つことに。

パスコの食パンを買っていったのだけど、500の水と共にあっちゅう間になくなりましたですよ、

20161106_111442



20161106_112524

 



20161106_112856


この、黒の三匹はずっとくっ付いていた。


ほんで、腹が膨れたからと、そのうち寝入りましたです。

DSC_2465



こんなふうにかたまりながら、暖をとってたんだろうね。


そうこうしているうちに、五匹の犬がいると知らせてるのに、なぜか原付に乗った警察官が一人到着。

琴平の警察署で長くて一週間あずかり、その後は保健所で里親を探してもらうとのこと。

見つかればあれですが、見つからないと殺処分です。


もっとエグイ動画もあるのかもしれんけど、殺処分の現実がかかれています。

過去に、犬捨てた経験のある人も、もしいたら、見てみたらどうでしょうか。

それぞれに、都合もあるでしょうけど、そんな都合に振り回される命ね。その命に何の責任があったのかね。


そこまで言うなら、お前が引き取れとか言う声も聞こえてくるかも知らんけど、そもそも、捨てた野郎が一番の悪な訳だから、先にそっちを何とかしろよと言っておく。


とにかく、とても人に慣れてて、甘えたがりの五匹。 

もう少しすれば、保健所の里親探しのHPなんかに、画像が乗るはずなんで、飼える余裕のある人がいたら、ぜひ可愛がってやってくださいな。


ま、そんなこんなで、現場を後にして。

20161106_121538


冷たいの二つと熱いの一つに卵載せたのいただきました。

DSC_2469


愛媛からのハーレーの集団。

ホントに有名なんですなぁ。

暖まって腹も膨れたしと。

いつもの広域農道。


20161106_125625


3年ほど前に見つけマネキン。

風雨にさらされながらも、今も健在。

20161106_125638


大分やれて来て、表情もある意味いい味が出てますな。

二時間ほど、100キロちょいのプチツー終了。

しかし、犬可愛かったな。











 

嫁のステラも何だかんだで、4万キロを超えてもう少しで五万キロになろうとしてますです。

当初から付いてた、純正タイヤのハンコックタイヤのスリップサインも、もうあと、数千キロも走らずに面一となりそうな感じでして。

んで、今年から職場も山の方に場所が変わったもんで、スタッドレスも同時に購入することに。

で、夏タイヤとホイールのセットを購入。

20161029_084732


20161029_084749


王様の星。

メイドインチャイナ!

ハンコックの子会社的な感じらしいですが。

20161029_084802


 軽点はこんな感じで、筆でピッとした感じが可愛らしい(笑)

取りあえず、150キロ程慣らし運転して、岡山の方まで用足しに、高速も走りましたが、ハンドルが取られたりとか、帰ってきたらタイヤがツルンツルンになってたなんて事もなく。

普通に走ってる分には、問題なさそうでした。

ただ、タイヤの表面を触った感じでは、ゴムが柔いのかなぁ?と言う感じもあり、もしかしたら消しゴムタイヤの可能性もあったりするのかねぇ。

四本で3万もしない、おプライスなんで、その時は、どこぞの安いアジアンタイヤでも嵌めてやれば良かろうかと。


んで。

これまで履いてた、純正ホイールには、スタッドレスを履かせることに。



20161029_165236



スタッドレスは、正真正銘のハンコックタイヤをチョイス。

もう、10年も前になるけど、当時乗って居たFFのワゴンRに、これを履かせて、二月の北海道に里帰りした事があり、帰りは猛吹雪で高速が止まり、小樽から函館、船乗って青森から盛岡迄、ずっと大雪の中走って帰ってきたのだけど、これと言った問題も無く帰って来れたと言う経験と値段の折り合いが良いと言う事で履かせましたです。

クルーズにも履かせたかったのだけど、適合がなくて、しょうがなく高価なダンロップを使ってたけど、サイズがあったら、多分、これを選んでいただろうね。

そんなこんなで、ミラバンのタイヤ交換がうまくいったからと、手組で組むことにしたのだけど、ミラバンの80扁平とステラの65扁平だと、組みこむときのコツをしっかり押さえていないと、旨くいかなくて、一瞬諦めかけたのだけど、再度、ネットを駆使して復習しながら、組んだら、何とかいけたのだけど。

ま、バイクのタイヤとは違うんだなと思いましたよ。


組みあがってから、タイヤの側面をよく見てみれば、INSIDE OUTSIDEなんて文字がかかれており、四本中3本が逆になってたと言う事で、最初からやり直し。

軽のスタッドレスごときで、方向性があるとはねぇ、


20161029_230148


んで、このタイヤ、ホイールとしっかりと密着してくれてるので、バイクの空気入れでも、普通にビード上げができましたです、

規定の空気圧迄いれるのに、、100回以上のポンピングをしなくてはならんので、嫁と交代でやったものの、死ぬかと思いましたわい。

ま、タイヤ代の1萬6仟圓で、冬場の安心が買えたと思えば、苦労の甲斐もあったのかと。

次の日の朝から、酷い筋肉痛に襲われ、今も、まだその余韻が残って居たりしますが(笑)

ま、コツはつかんだので、次からは大丈夫でしょ。

また、数年先の話になるので、忘れてるかもしれませんが(笑)


 

このページのトップヘ