足るを知れ!

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

2006年12月

先日出た雀の涙ほどのボーナスで最後の贅沢です。

 その贅沢が、本日届きました!

安いからと言う事で、通販での購入だったのですが、近所の二輪用品専門店に比べて、代引き手数料を足しても更に安いのはホントに大助かりです!メットだよん!








新品のメットは3年ぶりの購入だったのでウッキウキ!

これから、あちこちの空気を吸い、あちこちの生活の匂いをこのヘルメットは自分と共に感じていく事でしょうが来年は何処まで行けるのでしょうか。

来年も無事に事故無く走れますように。

昨日から今日に掛けて非常に暖かい一日でした。

昨日は夜勤だったのだが、夜勤のお相手がZ400氏と、O氏(♀)の三人。

この三人は、うちの職場の中でもいわずと知れた大食いのメンバーであり、当初明けで何か食いに行こうという話しになったのだが、O氏が自宅の用事があるというので、Z氏と急遽ツーリングに。

ツーリングの目的は埼玉県の坂戸市、北坂戸駅近くにある某ステーキハウスへ。

行きは17号線バイパスから16号線と言う下道で行く事にしたのだが、ここで又アクシデント発生。

浦和を過ぎたあたりで、妙にタンク近辺からピラピラとした音が聞こえる為、視線を落とすと、股に1000円札が風に押し付けられて引っ付いていた。

その瞬間、以前秩父に相方とツーリングに行ったとき、何かのお金を立て替えて返してもらったお金をタンクバックの地図を入れるところに突っ込んでいたのだが、すっかり忘れており、何かの拍子でベルクロ部分を通過して落ちてきたらしい。
ヤバイと思って手を伸ばすも、その瞬間1000円札×2は吹っ飛んでいって、左後の車のフロントガラスに当たって更に路肩の方にすっ飛んでいった。

とりあえず拾わねばと、バイクを左に寄せながら、Z氏に緊急を知らせるべくクラクションを鳴らすが、すり抜け番長と化した彼の耳には、アホな自分の悲痛な叫び等聞こえるはずも無く、あっという間に姿が見えなくなった。

結局バイクを止めて、落としたと思しきところまで徒歩で戻り付近を捜索するも見当たらず・・・。
Z氏に仔細をメールで送り、これから追いかける事を送信する。


途中で後に自分がいないのに気づき、16号線に入ったところにあるコンビにで待っていてくれた。
金がすっ飛んだとしかメールで送らなかった為、意味がわからなかったようだが、司祭を放すと思いっきり笑われてしまう。

Z氏からコーヒーをご馳走になり、16号線をひた走り、坂戸市を目指すが川越では思いっきり渋滞に巻き込まれ、我慢の運転を強いられる。

12時過ぎに何とかお店に到着。
ここのステーキハウスは、3ポンドステーキを時間内で食べきると料金がただになると言う事で、メディアにも何回か取り上げられている。
でも、いい年こいた親父二人ではそんな無謀な事も出来る筈もなく、とりあえず1ポンドステーキのセットを頼む事に。

Z氏は確か食う量では自分の上を行っていたはずだが、450グラムの肉と聞いて、やや及び腰に・・・。
まもなく介護保険の保険者となるので、少し胃袋も大人しくなってしまったか・・・。

ただ、以前店主がほかの客と話していた会話では、挑戦メニューの為に、肉は焼くと縮こまるので、実際より100グラム水増しして焼いていると聞いたことがある。
冗談で言っていたのか本気で言っていたのかは定かではないが、別に挑戦しないのならちょっと得した気分・・・か?

程なくして1ポンドステーキが運ばれてくる。
1ポンドステーキ







ステーキ皿から完全にはみだしています。

ステーキ醤油とにんにくをお好みでつけて食べる。

霜降りの肉も悪くは無いが、自分的にはある程度の歯ごたえが有ったほうが、肉食ったぁと言う気分になれる。

当初、肉の量に引き気味だったZ氏もなんだかんだ言って結局完食。

バイクの話や、職場の話などでしばし盛り上がる。

で、とりあえず何処か近所でフロにでも入っていこうと言う話になり、鶴ヶ島市内と日高市内にある、公共の温泉施設に行くが、二つとも公的機関につながっているせいか、既に御用納めの後。

途方に暮れながらも、本屋にある情報誌で入間の湯があったのに気づく。

実は、10年ほど前にはこの近辺に住んでいたので、この辺の地理にはかなり詳しいはずであったが、過ぎ行く年月の中ですっかり記憶も薄れてしまっていた。

知っている限りの裏道を駆使して何とか入間の湯に到着。

途中ガソスタにより、給油するがマフラーを入れていい気になっていたせいか、普段17疎羝緘召鬟ープしていた燃費は14疎罎泙罵遒噌んでしまっている。
少し自重せねば・・・。

で、お風呂の方はなんて事無いタダのスーパー銭湯なんだけど、冷えた体にはとても有りがたかった。

お風呂の中では、更にツーリングの話や下ネタなどで盛り上がり、すっかりのぼせてしまう。

フロから上がり、30分以上まったりとしていたが、日が暮れると寒くなるのでそろそろ帰ろうと言う事に。

とりあえず、記念写真をパチリ。
入間の湯にて






帰りは川越で渋滞に嵌るのを嫌い、遠回りになるが鶴ヶ島から関越に乗る事に。

途中、本日二度目のハプニング。
Z氏のブレーキランプが切れてしまい、途中のホームセンターで電球を仕入れ、高速に乗る。

三芳SAで一服して、練馬で高速をおり、和光二輪館によってお開き。

お互い夜勤明けという中での過酷な日帰りツーリングとなったが、かなり楽しめた。
ツーリング収めとしてはまずまずだった。

お疲れさんでした。

三日目の朝は暖かい部屋で気持ちよく起床。

朝飯をたらふく食って宿を出発。

路面には雪はないものの、さすが北国だけあってフロントガラスには霜がびっしりで、溶かすのに随分と時間が掛かる。

本日の目的は八幡平にある後所掛温泉。

国道341号線は、この後所掛け温泉を過ぎたあたりで冬季通行止めとなる。

標高を重ねる内に見事な雪道となる。

東トロコ温泉を過ぎたあたりで、温泉の蒸気が吹き上げているのを目撃するが、ここから温泉を引いているのだろうか・・・。

蒸気の吹き上げる音が凄まじかった。 後所掛温泉手前の源泉








 しばし見学した後、再び上り始める。

滑った時のみ、リアに駆動がかかるEMCDのパートタイム4駆ではあるが、普通の舗装道路を発進するのと変わらん感じで車体を押し出してくれる。

程なくして目的の御所掛温泉に到着。 後所掛温泉の遠景 後所掛温泉店舗








何年か前にもCB400で付近を通った事はあるのだが、当時は温泉にはあんまり興味がなく、ただ走る事が楽しく素通りしてしまった。

宿は旅館部と湯治部に分かれており、外来入浴者は湯治部で料金を支払い入場する事が出来る。

ここではあまった温泉を屋根の下にためておき、屋根からの落雪をそれで溶かしていた。

温泉は露天が一個。気泡風呂、蒸気風呂、泥湯、打たせ湯、名前は忘れたがオリジナルの温泉が有った。

温泉の写真を撮ろうかと思ったが、湯気がひどく断念。

それぞれのお湯にゆっくりと浸かり、グデグデになる。

特に泥湯は、お風呂の下から鉱泥が湧き出し、これが珍しいのと温いので、そこだけに40分以上も入ってしまった。

そろそろ時間もお昼近くなり、今度は宿泊でゆっくり来ようと心に誓い温泉を後にする。

ここで帰り道の選択となるのだが、このまま岩手に抜けるか、来た道を戻り古川から高速に乗るか考える事にしたのだが、結局秋田市内を走って帰ろうと言う事になり、来た道の逆を通って帰る事にする。

しかし、後になってから非常に時間がかかり、ルートの選択を間違った事に気づいたのは既に日も暮れかかってきた頃。

ただ、そのおかげで田沢湖畔の綺麗な夕焼けを見る事が出来た。 田沢湖の夕焼け








感傷に浸っている時間もなく、写真を撮って帰路を急ぐ。

横手市内に付く頃には時間も7時近く。

このままでは、帰りが午前様になると言う事で、横手から秋田道に乗る事にした。

仙台を過ぎた頃に、須賀川から白河の間で事故による通行止めのお知らせが表示される。

情報ラジオでは七時過ぎから事故の処理が始まっているが、九時近くになった今も作業は続いているらしい。

急いでも、途中で降ろされてしまう為、経済速度でトラックに混じりノロノロと移動する事に。

安達太良のSAに着いたのが22時。夜飯を食って、SAにおいてある情報端末を見ると、通行止めは解除されている。

ここからは少しペースアップし、何とか1時近くに自宅に到着。

買ってきたお土産や荷物を運んでいると既に一時をまわってしまった。

最後は押せ押せで余裕の無いドライブになったが、お土産に買った地酒を飲んで就寝。

おわり

二日目の朝は、二人して鼻水を垂らしながらの起床。

 一晩中ファンヒーターも回していたが、殆ど効力ゼロ。

一応暖房費として300円取られているようだが、キャンプしているのと変わらんような・・・。

朝飯の写真は特に取らなかったがやっぱり旨い。

しつこいが、料理が美味しいだけにもう少し頑張れば、もっと繁盛するだろうに・・・。

昨日は夜中にいくらか雪が降ったようで、車には積雪五cm。 雪フッタぁ
 







ワイパーを立てておいて正解だった。

ただし、サイドブレーキを解除しておくのを忘れてしまった。

雪国では、冬にサイドブレーキを掛けたままほおって置くと、凍り付いて解除できなくなる時があるのだが大丈夫だった。

五分ほど走ると、昨夜の降雪が木々に積もって何とも言われぬ景色に遭遇。 田沢湖近くの雪景色








しばし写真を取りながら、雪国に来たんだなぁと実感。

道を間違え、かなり遠回りをしてしまったが、無事国道105号線に合流する事が出来た。

西木町では雪が降っていて、路面は圧雪状態。

そこかしこの家で、除雪作業に追われていた。 途中、除雪機で道路に向かって雪をほおっているのを、見つけたのでクラクションを鳴らすが間に合わず、車に雪が直撃。

バックミラーを見ると、車が通り過ぎてから急いで止めてやがった(笑)

大覚野峠では、カーブの度にアクセルオン!プチドリフトを楽しみながら、いつしか阿仁に入る。

ここはマタギの里で有名で、資料館などもありよってみる事にする。

温泉施設が中にあり、料金が確か150円だか200円だったと思う。

施設自体も新しく、中はとても綺麗。

こじんまりとした資料館にはマタギの蘊蓄や、ナガサと言われるナイフや銃が展示されている。

このナガサは、物を切るだけではなく、棒につけると槍にもなると言うもの。

勿体無いかも知れないけど、キャンプに持っていったら最強のアイテムになる事間違いないだろうな。 マタギのナガサ マタギの鉄砲








 温泉にもよっていきたかったのだけど、本日泊まる予定の鹿角にはまだまだ距離があるためパス。

森吉を経て大館に入り、13時過ぎに遅い昼食。

国道七号線沿いには、ラーメン店がかなりあり、どの店も駐車場にはたくさんの車が止まっている。

比内地鶏のスープで作ったラーメンを食べる事に。

一見するとチェーン店のようだが、そうではない様子。 きむらやの店舗









俺は醤油チャーシュー、相方は塩チャーシューを頼む。漬物がセルフでご自由にと置かれているので、遠慮なくいぶりがっこにパクつく。

思わず日本酒が欲しくなってしまい、相方は雪道の運転経験が無いので我慢。

で、頼んだラーメンが運ばれてきました。

醤油チャーシュー きむらや 比内地鶏醤油ラーメン 塩チャーシュー きむらや 比内地鶏塩ラーメン 比内地鶏でスープを取り、北海道の製麺所から麺を取り寄せていると謳っていたが、旨い!





先日蕨で食った、屯チンも旨かったけど、軽く超えました。

特に相方の食っている、塩チャーシューは地鶏の出汁が思いっきり効いているのだけど、脂の加減もよいため、全くしつこさがない。

自分もそっちにすれば良かったと思ったが、醤油チャーシューも中々の味だった。

大盛りにしなかった事を少々後悔してしまった。

ラーメンを売りにしている地域は全国かなりあるが、秋田も中々捨てたもんじゃないと思いながらお店を後にする。

国道七号線から県道に入り、忠犬ハチ公の生家に立ち寄る。

現在は温泉施設になっているとの事で、ここで本日第1湯目の温泉に入る。

料金200円。安!

中に入ると、温泉の説明がなされており、循環している事と消毒を行っている事が記されており、ちょっとがっかりしてしまったが、実際にお風呂に入ってみると、結構な量のお湯が常時オーバーフローしている。

湯口からは38度の温泉が注がれているが、そのままだと入れないので別の場所で加熱循環しながら掛け捨てている様子。

見た目何の変哲もない透明なお湯だけど、気が付いてみると体には細かい泡がびっしりと付着している。

湯上りは熱が引かず、しばらくの間体が火照っていて満足満足。 ハチ公荘








で、ハチ公荘を後にして、同じく大館市内の別所地区の別所温泉共同浴場を目指す。

ここは村民だと無料であるが、地区外から来ても料金100円を払えば入浴する事が出来る。

地区内を探すが中々見つからず、部落の中をウロウロしていると、お風呂道具を携えた爺さんの自転車を発見。

付かず離れずでぴったりとマークし、無事共同浴場に辿りつくことが出来た。 別所温泉共同浴場








中に入ると、入り口に料金箱が置かれているので、そこに200円を投入する。

中は地元の人の交流場となっており、秋田弁での会話に花が咲いていた。

ここのお湯も体に泡が付くタイプで非常に温まる。

ホント近くに住んでいる人が羨ましくなってしまう。

帰り際地元の叔父さんに、今度は家族つれて来いばいい。キャンプするにもこの辺だばもってこいだど。と話しかけられた。

温泉を後にして、本日泊まる予定の鹿角にある、大湯温泉郷の岡部荘を目指す。

鹿角市街に入るが、ケーキ屋はどこにあるのか判らず、右往左往してスーパーの中で買う事が出来た。

旅館も国道沿いにあり、すぐに発見。 今回じゃらんで与薬したのだが、泊り客もいない所為か、トイレ付きの部屋をサービスしてくれた。

中は立派で、暖房もきちんと効いているうえに、予備としてファンヒーターが置かれている。

お風呂も立派で、貸しきり露天と、大浴場が二つ、普通の露天が一つあり、宿泊者は自分たちの他に一組いるだけで、お風呂は貸しきり状態。 ゆったりと暖まった後に、料理が運ばれてきた。 大湯温泉 岡部荘の料理







 有料貸しきり露天(2000円)込みで一泊8000円の内容だが、ほんとにこの値段でいいの?ッて感じでした。

十和田湖産の虹鱒の刺身をはじめ、きりたんぽ鍋、蛍烏賊の塩辛、八幡平ポークの焼き物等など、値段の割りに更に豪勢。

何か申し訳ないので、ビールを頼んでしまった。 腹が満腹になり、もうケーキなんか食いたくないとも思ったのだが、10時過ぎに貸しきり露天に入ってからケーキを食う。 大湯温泉 岡部荘でケーキ








一応地酒も買ってきていたのだが、何も飲まずに就寝。

昨日と違って、天国のような環境でゆっくりと寝る事が出来ました。

長々と書きましたが、まだまだ続く。

先日、二泊三日の行程で北秋田方面に行ってきました。

当初は22日に仕事が終わってから、仙台市内でビジホに宿泊する予定だったのですが、経費削減の意味もあり、直前に却下。

23日の早朝に出発です。

朝三時に目覚ましをセットしましたが、実際に行動出来るまでにはかなりの時間を要してしまい、三時四十分に何とか自宅を出発する事が出来ました。

確かETCの深夜・早朝割引は朝四時までに浦和の料金所を通らねばならない筈。

アクセルべた踏みで、何とか三時五十九分に東北道浦和を通過。

後は90km巡航でひたすら北上します。

九時過ぎに、鶴巣SAに入ると吉野屋がテナントとして入っており、ここで特朝定食をやっつける。

で、古川で東北道と別れを告げて国道47号線で、鳴子に向かう。

山の方はどんよりとしており、もしかしたら雪か?とワクワク。

鳴子に入ると、みぞれ交じりの雨。

国道108号線に入り秋田県の雄勝を目指すと、道路は完全に雪です。

愛車シボレークルーズのパートタイム4WDのスイッチを入れる。

鬼首のトンネルに入る頃には完全な圧雪状態。

後に車がいないのを確認して、60km/hから急ブレーキ!

しっかり効いてくれてます(⌒〜⌒) 初の雪道なので、鬼首トンネル横で記念写真。 雪のクルーズ








しばし、相方と雪合戦を楽しんだ後出発します。

秋田県に入ると雪も小降りになり、路面も見え出してきます。

で、本日の温泉一湯目。 いなずみの湯の露天風呂








 秋の宮温泉郷にある、いなずみの湯に入ります。

結構中は豪華な旅館ですが、料金500円で日帰り入浴も受け入れてくれます。

露天風呂には、樽に源泉が注がれ、雪の渓谷を眺めながらマッタリと入浴を楽しむ事が出来ます。

何回か出たり入ったりを繰り返し、のぼせそうになったので出発です。

旅館のおかみさんらしき人が、今度はゆっくり着てくださいと、方言交じりで送りだしてくれますが、あったかな感じがして良いですね〜。

峠を完全に降りると、所々晴れ間も除いてます。 雄勝で虹








昔実家の方にいたときは結構見る事も出来たのですが、首都圏に住むようになってからは殆ど見る機会もなくなりました。

国道13号線に合流し、横手の十文字にあるラーメン屋を目指します。

以前からテレビにも何度か出ていたのですが、透き通るようなスープで人気のマルタケ食堂です。

道に迷いながらも何とか到着。 。まるたけ食堂店舗








おばちゃん三人でお店を切り盛りしています。

メニューはこれだけ。 まるたけ食堂めにゅー 中華そばダブルを頼みます。 まるたけ食堂中華そば








いつも食っている、脂ギトギトのラーメンとは違い、本当にスープが透明で、魚介系の出汁が非常によく効いています。

細目のちぢれ麺は、いつも食べているのと違い、何の抵抗も無くするするっと、喉を通過していく感じです。

脂が濃い目のが好きな人には物足りないのかも知れないですが、何の飾りも無く、これが昔ながらの中華そばなのかなぁと。

スープも残さず完食っす。

本日は田沢湖畔にある、民宿を取ってあるので乳頭温泉に向かう事にします。

途中、大曲市内から国道105号線に入りますが、この間全く雪が無く、畑にもうっすらと雪がかぶる程度・・・。

角館から田沢湖高原を目指し、乳頭温泉郷に入ります。

以前、時間的に入れなかった大釜温泉に到着します。

昔の学校の校舎を移築したんだっけ?を温泉宿として営業しています。 乳頭温泉 大釜温泉
大釜温泉 ふろ







湯量が豊富なんでしょう。

残り湯をこんな形で再利用してました。

大釜温泉 温泉で融雪 







料金確か500円。平均的な料金です。

一人だけだったので、静けさの中、褐色の温泉が滾々と、二三十人位は入れそうな浴槽に絶え間なく注がれてます。

暖まったところで、そろそろ宿に向かおうかと言う事で、温泉を後にします。

途中、衝突事故で二台の車が大破していましたが、こんな事にならないように慎重に、軽くドリフトしながら坂を下りていきます(笑)

特に迷う事も無く本日の民宿に到着します。

名前は控えておきますが、年末割引で一人5500円で二食付き。

食堂と兼務で宿をしているようですが、宿に着くと入り口以外のシャッターが閉まっています・・・。

恐る恐る中に入ると、無愛想な40代位のおばちゃんが迎えてくれます。

それでも、荷物を持ってくれるなど親切な面もあったり・・・。

お部屋は、10畳位の広い物で古さはあるけど、結構手入れも行き届いている感じでした。

しかし暖房設備は、木造だと6畳用のファンヒーターがたった1個だけ・・・。

お部屋の室温は軽く一ケタ台です。

二時間くらいして、やっと20度になったとモニターされてますが、寒くて溜まったもんではありません。

それでも料理は、値段の割りに結構豪華で美味しかった。

もう少しお部屋が暖かければ、お得感90パーセントなんですが・・・。 湖翠 料理








愛想の無さと、部屋の寒さでかなりマイナスイメージですが、春・秋の冷暖房が必要ない時なら、結構良いかもしれません。

きりたんぽ鍋も結構美味しかったです。

暖房付けっぱなしで就寝。

朝は相方と二人、クシャミのオンパレードでした。

長々と書きましたが、まだ続きます

23日の早朝から秋田の大湯、後所掛けと温泉めぐりに行って参りました。

帰りのルートミスから、10時チョイすぎに埼玉に着くはずが、こんな時間に・・・。

明日は日勤・・・。

何か書こうかとも思ったのだが明日にしよう・・・。

ca313486.JPG







年末も押し迫り、我が家周囲でも夜中にたまにではありますが、珍走団が走るようになってきました・・・。

とは言っても自分なんかが、中高生だった頃に比べると、規模もかなり小さいようですが・・・。

で、自宅なんですが丁度中学校のまん前なんですよね・・・。

でもって、自分のバイク止めている場所ってのが、二件のアパートに挟まれている奥まった場所にあるんですがね。

で、時折見かけるんだけど、わざわざ塀を乗り越えてバイクの周りをウロウロする輩がいたんですが、余り気にもせずホタッていたのですよ。

で、相方を職場に配達しに車のエンジンを掛けていたら、後からきた相方が又バイクの所に中学生がいるというもんで・・・。

遅刻ぎりぎりだったんで、遠めに見ると誰もいないのですが、車を出してちょっと様子を見ていたら、どうやらバイクの陰にいたらしく、ひょこひょこと歩いて駐輪場の方から出てきやがるのですよ・・・。

隠れるって事は、見られるのを嫌がっているという事で、場合によっては何かしらのアクションを企んでいるとも考えられるわけで・・・。

相方の専用機二号のヴェルデは車体カバーもせず、ハンドルロックのみで、全くの無防備な状態。

で、本日カバーとロックの方を買ってきました。

ついでに、インパとSTの分もロックを増強しといたんですが、ヴェルデは新しいU字ロックとお古のU字を前後に一個ずつとインパに使っていた車体カバー。

で、STは後輪にもワイヤーロック追加。

インパは安物のU字二個と、普通の値段のU字を一個追加(全部で五個かよ・・・)。

ま、盗難と結びつけるのも気が早いのかも知れないのですが、県内のバイク盗難ってのも、結構多いらしく・・・。

んで、丁度バイクの置いている場所の部屋には以前空き巣が入った事もあり、結構そういった事をするにはうってつけの場所とも言え、一応念のためという事で。。。

ホンとは屋根つきのガレージなんかに、保管できればまずは一安心といった所なんですが借家住まいには夢のような話・・・。

しかし、鍵外すだけでエライ騒ぎになってしまうわな。。。

昨日ウチの職場は忘年会。

おいらは夜勤で、職場のお留守番!

最近はお年を召した所為か、飲むのは平気なのだけど返ってくるのが非常に億劫なので(結構遠いんですよ・・・)、毎回留守居役を買って出ている。

で、この留守居役をやると、一応夜勤者三人分にも何かしらのお気遣いがあり、例年では一人千円、もしくは三人で五千円と言う、職場のヘソクリから出前を取ってくださいとお金がもらえるのだけど、結構それも楽しみだったりする。

 昨日眠い顔をして四時半ギリで出勤。

送りの後に、カンファ室に呼ばれてそれぞれ手当てをいただくのだが、今年は一人頭三千円の手当てが支給!

で、昨日の夜勤はアルコールがドクターストップ掛かっている、上司が夜勤で、ピザを取って食ったのだが、これも上司のおごりでタダ!

決して多くない臨時収入だが、おかげで久しぶりに本物のビールを自宅で楽しむ事が出来た。

皆さん二日酔いで、苦しそうな顔して日勤に励んでいらっしゃったが、あたしはこれから気持ち良くなってお昼寝に入ります・・・。

昨日の夜から、軽い下痢がずっと続いている。

今流行のノロか?腐っている豆腐を知らんで食ってもあたった事の無い胃袋なので、多分昨夜の飲みすぎが原因か(笑)

夜勤なのに、朝8時に起床(させられた?) 相方を職場まで配達して、自宅に戻る。

昨夜の焼酎のせいで、やや中等度な宿酔状態・・・。

午前中ボーっと過ごし、腹が減ったので何か食おうかとも思ったのだが、作るのもめんどくさく・・・。

そう言えば、学生の頃実習先のすぐ横にある、蕎麦屋があったことを思い出す。

ここのところ、相方も帰りが遅かったり寒かったりで、めっきり出番の少なくなってしまったST250。

たまにはおいらが乗り回して渇を入れてあげましょうと出発する事に。

チョークを引いて、一発で始動。

インパルスとは違って、ホントに目覚めの良いバイクである。

ただ、コヤツの場合しばらく暖気しても、エンジンが完璧に暖まるで、五分位騙し騙し走らないと、全く吹け上がらない・・・。

丁度エンジンも暖まったところで、国道17号線バイパスに合流。

笹目橋の手前はいつも混んでいるが、今日はなんだかトラックがエライたくさんいて、結局信号二度待ち・・・。

いつもならすり抜けてしまうのだが、自分のバイクではない事と、ハンドルが微妙に広すぎる為、ぶつかりそうな感じがする為、敢えてイモを引く。
 
なんだかんだで、笹目橋をパスして高島平を過ぎて志村坂上へ。

途中すり抜けしていたら、手前の交差点に青服がいて、咎められると思ったが何も言われなかった。(実習中この付近で二度同じ奴に同じ理由で捕まったことがある・・・。)

程なくあちこちにフランチャイズ展開している、元実習先の病院前に着く。 お目当ての松月は・・・・。

今日も開いてました( ^-^)o-o

 松月あんどん








時間は12時きっかり位なんだが、珍しく行列が出来ていないと思ったら、寒いので五人位の先客は皆中に入って待っている。

自分の順番が来たので、席についていつもの大鴨セイロを頼む。

出てきた期待のお蕎麦は・・・。 鴨セイロ大盛り







蕎麦がてんこ盛り(⌒〜⌒) 因みに手打ちではない。

料金は大盛りで900円。

安い! 普通の盛蕎麦だと550円。

料金ばかり高くて、けち臭い量しか出てこない、一般的な蕎麦屋と違って、ここは本当に庶民的。

実習時代は金が無かったので、盛り蕎麦ばかりだったが、毎日食っていても飽きなかった。

腹も満腹になったところで、自宅を通りすぎ、近所をぶらぶらSTで散歩して、先ほど帰着。

これから夜勤なので、ビールを一杯引っ掛けて少し寝る事にする。

本日は仕事が休み。 先日ガソスタでの転倒で吹っ飛んだ、インパルスの右ハンドルスイッチ。

先日ヤフオクで、一件だけ同じ適合が出ていて2500円で落札。
 スイッチ
実際に壊れたのはスイッチボタンだけなのだが、ボタン単体での販売は行っていないと。






それでも新品が6800円だかするのに比べれば、かなり安く仕上がっただろう。

で、10時から作業開始。

応急処置的にテープでごまかしていたスイッチ。


まぁ・・・このままでもいいって言えばいいんだけどその 応急処置的なセロテープを外すと・・・。
スイッチ2 なんか寂しいんですよ。







最初はスイッチ一式交換のつもりでいたんだけど、グリップエンドが外れない事で、完全にテンパッてしまい・・・ ヤフオクで届いたスイッチを分解して、ボタンだけを移植する事に成功。

ワイヤーのタイコが入らなかったりで、終わったのは13時半。

何とか作業終了!  ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゜☆。.::・'゜★。.::・'゜☆
 
スイッチ3







このページのトップヘ