足るを知れ!

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

2007年02月

293b431f.jpg我がインパルスも、納車されてから4700kmを走りました。

先日、ブレーキ周りを覗いてみたら、既にフロントリア共に残りが僅か。

リアはもう少し使えそうなので、取りあえずフロントだけ交換することに。。。

今までは大体8000〜9000kmは持っていたのを考えると、ちょっと早い気がするのですが、矢張りストップアンドゴーが多いせいなのでしょうかね。

それとも、三年間掛けて熟成されたメタボリックな体型が主な原因なのでしょうか・・・・。


あさってには職場の仲間で千葉方面にツーに行く予定なので、早速昨日パッド交換しましたです。

で、ついでなのでキャリパーも水洗いでジャブジャブとやりましたが、何分外に水道が無いもので、ペットボトルに水を汲んで、それで流していたのですが、水がなくなるたびに、自宅とバイクを往復する事数度・・・・。


洗ったあとに乾燥させたりで、結局一時間以上かかってしまいましたが、キャリパーも、そこそこ綺麗になって作業終了!

一番安い、セミメタルのパッドなんですが、以前より何となく効きが良いような・・・。

多分プラセボなんでしょうが(笑)

で、慣らしのツーリングに相方と二台で川越まで走ってきましたが、余りの寒さに結局何処にも寄らず帰ってきました。

早く暖かくなって欲しいものです。

9260f696.jpgここ最近、何をしていてもパッとしない日が続いていましたが、やっと私にも少しばかり光明の兆しが見えてきたようです。

去年からずっと、あちこちのカブ系のサイトを除いては溜息をつく毎日を送っていたのですが、ひょんな事からカブが格安で手に入る事になりそうです。

実は相方の職場の同僚が、乗らないカブを所有していると言う話しが、自分の下に転がりこんできまして、早速打診してみてもらうと、快く譲っていただけるとの事。

詳しい年式なんかはよく判らないのですが、何でも持ち主の知り合いが、大層なカブ好きだったそうですが、海外に赴任する事になった為に、ただで貰ったとの事。

で、あまり興味が無いのか、貰ってから1回しか乗らないで、その後はカバーをかけたまま、保管しているとの事でした。
なんせ、最初50ccと言う話でしたが、よく見てみたら90ccだったと言う、オチまで付いてきて、ボアアップなんかもしないで、そのまま乗れそうです。

走行距離の方も、現在25000kmと言う事で、カブの寿命からしてみれば、まだまだ行ける距離です。

値段のほうは、500円でと言う話でしたが、自分自身は余りその方とは面識も無いので、その値段ではちょっとあつかましいと思い、もう少し値段出しますので、と言う事で、5000円でと言う事で先日相方にメールが来たようです。

それでも、ちょっとあれなんで、一万円渡す事にしました。

ただ、一年間、放置されていたとの事なので、何かしらの整備や修理なんかは必要になってくるのかも知れませんが、普通に流通しているのを買うのを考えれば、十分すぎる値段なので、軽トラ借りて取りに行ってもお釣りが来るくらいかなと。

先日、岩槻でカブを見た時に、そのまま帰ってきて正解でした。

ツーリングのバリエーションがまた一つ増えました(笑)

今日は夜勤から帰ってきて、インパルスに昨日買ったSLFCを塗ったくってみることにしました。

とりあえず、メインスタンドを掛けてチェーンクリーナーを吹きます・・・・が!

チェーン三分の一ほどを吹いた所で無くなりました・・・・。

相方のヴェルデに、火をいれて又二輪館に走ります。

久しぶりの原付ですが、メタボリックな私が公道を走る姿は宛ら熊の曲芸にも見えた事と思いますが、非力ながらも頑張ってくれているヴェルデは、私が乗ると50kmも過ぎた辺りから、悲鳴を上げているようにも聞こえました。

とりあえず二輪館について、一番安いチェーンクリーナーを一本購入。

再び自宅に戻り、フル歯ブラシを握り締め、シコシコとチェーンをこすります。

取りあえず、目視できる汚れは殆ど取れただろう事を確認して、ネットでパチスロをして時間を潰します(最近金が無いので、疑似体験で我慢です・・・)

お昼過ぎ、バイクに戻ってチェーンが乾燥している事を確認して、作業開始です。


このSFLCですが、今まで使っていたホワイトチェーンルブとは違い、半透明の液体なので、何処まで塗ったか判らなくなるとの事で、説明書にあるとおり、チェーンにマジックでマーキングします。

チェーン











で、ここから塗ったくり作業の始まりです。

まずは付属のシリンジで、オイルを吸い上げますが、かなりの粘稠度があります。
シリンジは多分全部使い切るまでは持たないようなので、今度職場からちょろまかしてこようかと・・・。


チェーン2










何とか吸い上げたら、一滴ずつチェーンのリングの所と、ローラーの所、左右四箇所にチマチマとオイルを垂らしていきます。


チェーン3









結構根気が要る作業で、慣れてくると10分から16分くらいで、出来るようになるらしいのですが、何だかんだで二三十分は掛かったような気がします。

こんな作業なので、メインスタンドかレーシングスタンドで後輪を浮かせられないと、エライ往生する事でしょう。


全部塗り終わったら、再び20分位放置します。

で、どんなもんかワクワクしながら、走りに出てみましたが、なんとなく車体が軽くなったような感じで、加速していってくれます。

それよりも、ギアの入りがとてもスムーズになったのは、本当に体感出来ました。

帰ってきてから、チェーン周辺を見ると古いオイルのカスが、結構飛び散っていましたが、説明書によると、Oリングの中で、SLFCが古いグリス分を分解しながら、入れ替わっている為に起きる現象で、最高でも五回ほどの給油を繰り返す事で、汚れは出なくなるとの事です。

後、給油の際にはクリーナーを掛けずに、そのまま給油できるとの事だそうで、給油の手間は確かに掛かりますが、スプレー吹っかけて、シコシコしないで住むと考えれば、プラマイゼロといったところでしょうか。

後は説明書どおり耐久性が証明されれば、ホントにお得なオイルなんでしょうが、結論を出すにはもうしばらく乗ってみる必要がありそうです。



099022aa.jpg昨日、近所の二輪館に行ったときに、ちょっと気になり、先ほど購入してきました。

注射器で一滴ずつ、チェーンに給油していくらしいのですが、使い込んでいくうちには、給油前のチェーン清掃も必要なくなってくるとか・・・・。

どんなものか、明日やってみることにします。

昨日貰ってきた、アレジオンが奏効した所為か、あれほど苦しんだ鼻汁は、ほぼ無くなりました。

で、昨日のことになりますが、まぁ近所と言えば近所にある、酒のディスカウントショップにて、先日のアウトバックステーキで好評だった、フォスタービールを発見!

フォスタービール







先日、お店で頼んだ時は確か700円でしたので、ほぼ三分の一強と言ったところでしょうか・・・・。
予想はしていましたが・・・。
にしても・・・。せめて300円は超えて欲しかったなぁ。。。
と言う事で、4本ほど購入しまして、更にメタボリックに拍車が掛かる事でしょう。


それはいいとして、先日から某サイトで気になる物件があり、岩槻のとある二輪販売店まで、カブ90カスタムを見学に行ってまいりました。

久々に職場以外の場所に、インパルスを走らせる事が出来たのですが、走って行った122号線が、途中信号も無く道も広くで、一瞬でしたが気持ちの良い走りを堪能する事が出来ました。
夜中とかは結構気持ちいい道路だろうと言う事で、夜走りスポットにインプットです。


で、珍しく道に迷う事も無く、お店に到着しまして、お目当てのカブが鎮座していましたが、走行1600kmチョイで乗り出し16万強・・・。

目立った傷も無く、タイヤの残を見ても、ほぼ嘘はなさそうでした。

だけども、デラックスの方が欲しい自分としては、逸る気持ちを抑え、今回は見学だけに・・・。
それと、何故か今ここで、色々と話しを聞いてはイカンと言う気持ちもあり、バイクやを後にします。

空も少し曇りだしてきたので、帰ることにしますが、なんだか勿体無いので、ちょっと遠回りして帰ることに。

インパルス







チョコッと写真を撮りながら、バイクを走らせ先ほど帰還。

そう言えば、先日のバレンタインに相方から貯金箱のプレゼントがあり・・・。



貯金箱











バレンタインにはカブに関するものをくれるという話でしたので、頭金でもカンパしてくれるのかと思っていたのですが、貯金箱かよと笑ってしまいました。

しかし、改めて書かれているメッセージを見ると、間違っても新しいローンを組むなよと言う、布石だったのでしょうか・・・・。

現在1000円貯まりました。

この所不幸な出来事が立て続けに起こり・・・。

何処にも出かけられず、ネタも無く・・・日々、痛みと不快感に苛まれ、休みの日は引きこもっておりますです。

前回の歯の事件ですが、次の日に職場に併設されている歯科で、引っ付けてもらい何とか完治か!と思いきや・・・・。

今度は、その上の歯が急に痛み出しました。

その歯と言うのも、昨年の七月に、治療途中だった歯を、忙しさとめんどくささから、すっぽかしてしまい、以後行きずらくなってしまい、治療を中断していたのですが、特に痛みが無いので、そのうち行こうと様子を見ていたと言うわけで・・・。

穴が開いたまま・・・(バカ)

元はと言えば、ちゃんと歯医者に通っていない自分が悪いわけで・・・。

今週から歯医者に通いだしています。

通院後も、何日間か休みがあったのですが、どうも薬を飲んでも痛みは止まず・・・。

結局自宅に引きこもり。。。

ネタも無く・・・・。

で、今日は天気がいいから、サクサクッと歯医者を済ませたら、バイクで散歩に出かけようと、準備万端で昨夜の夜勤に備えたのですが、昨夜の9時過ぎ頃から、鼻汁、嚔、眼の掻痒感に苛まれ、鼻と眼が真っ赤と言った状態となりました。

花粉症が出てきてしまったようです・・・・。

結局、嚔をしながら歯医者まで走り、歯の中をクリクリされて、その後歯痛再発。
顔をゆがめながら嚔を連発し、近所のジャスコ迄走り、調剤薬局でアレルギー薬を調剤してもらい、本日のツーリングは終了となりました・・・・。

そう言えば、去年の今頃、丁度国家試験があり、ドライブがてら、お寺で合格祈願のお参りをしていたのですが、お礼参りに行ってないのが災いしているのでしょうか・・・。

歯ぁいてぇ・・・・チキショー。

本日2月8日、相方の○○回の誕生日です。

自分は今日は仕事が休みだったので、日中チョコッとだけインパルスを転がして時間を潰します。

誕生日のお食事としまして、当初お台場の寿司食い放題の玉寿司を考えていたのですが、お台場を目前にしてステーキを食おうと言う事になり、久しぶりに品川にある、アウトバックステーキに変更しました。

ホンのちょっとだけ道に迷いましたが、何とかお店に到着しました。

アウトバック店舗








ほぼ四年ぶり位に再訪したのですが、店内に入ると外国人の人が結構目立ちます。

席に案内され、暫くすると、テーブルの係の人が自己紹介がてらやってきて、ビールを勧めてきます。

昨日もちょっと呑んでいたので、いらないと思っていたのですが、帰りは相方に運転させる事にして、結局オーダーしてしまいました(笑)

で、リッパーシュリンプ(殻つきの海老)と、自分は310gのオージーサーロインをオーダー(これが後の悲劇を生む羽目に・・・)。
相方はリブアイステーキを頼みました。

ちなみにサーロインは歯ごたえを楽しむ、外国人好みの肉質。相方のは柔らかめの日本人好みのお肉だそうです。


フォスタービール









海老






ビールの方のお味は、ライトな感じがするのですが、とても口当たりがよく、普段飲んでいる国産のビールやビールもどきと全く違う味で、結構自分好みかなと。


海老の方も、ケチャップベースのソースを付けていただくのですが、これもとてもイケています。

ウマイを連発しているうちに、メインのステーキが運ばれてきました。

サーロイン310g





ニッコニコで肉にナイフを入れます。

ギコギコギコ・・・・。

歯ごたえを楽しむ為のお肉ナ為でしょうか。
一筋縄では中々切れません・・・・。

それでも、肉の切れ端を口に頬張ると・・・ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ
自分的には、ある程度歯ごたえのある肉の方が、いかにも肉食っているって感じがして好感が持てますね。


お肉を半分ほどやっつけた頃でしょうか・・・。

ゴリッとした感じがしました・・・・。

奥歯のブリッジが取れてしまいました・・・。

歯






相方には笑われるは、その後奥歯の片方だけで、固めの肉を噛むのは非常に難儀な事で、最後の筋の方は、殆ど丸呑みで・・・・。


まぁ、美味しかったので良しとしますがね・・・・。

(ノ_-;)ハア…

相方もバイクの免許を取って、いつの間にか半年が経ちます。

ただし、未だに走行距離は1000kmちょっと。

いい加減バイクに慣れてもらわないと、と言う事で自分が日勤の時は、二台でバイク通勤をと言う事で、昨日も一緒に出勤です。

まぁ、400のマルチと250の単コロで、おまけに超初心者引っ張って乗っているので、それなりにストレスも溜まります(笑)。

で、昨日無事に職員通用門までたどり着き、タイムカードを押しに行くべく、エンジンを切りました。

相方もそれに習って、エンジンを切っているのを確認して、傍らを過ぎて階段を二三上ったところで、グシャッ!

オヤッと振り返ると、縁石とSTに足を挟まれ、相方はもがいてます(笑)

どうやら、サイドスタンドをきちんと出し切れてないまま、バイクから離れようとして、倒れてきたSTに挟まれてしまったようで・・・。

行きかう、職員は自分がバイクを建て直し、足首を抱えて体を丸める相方を不思議ナ表情で見守りながら、タイムカードに急いでいます。

八時五十分前後の人通りの多い中、かなり恥ずかしかったのですが・・・。
一応挟まっていた足を確認します。

丁度、踝のちょっと上の方に、何かの部品があたっていたのでしょうか・・・。

見事に部品の型が残るように凹んでいましたが、痛みはあるものの、足首の動作も通常通り行え、歩行も出来ているので大事は無いかと・・・。

対するSTの方は、本人が身を挺して車体を守った形となり、左のミラーに極小さな小傷がチョロッとある程度。

その後、相方は血相を変えて、外来に行ったみたいですが、その頃には跡も全くなくなっており、痛かったらまた来てねと返されたようです。

結果的には本人もバイクも大した損傷が無く、大事には至りませんでしたが、もう少しバイクに慣れる為にも、走り込みが必要なようです。

職場の前で初転倒・・・。

大事に至らなかったからですが、ちょっと笑えてしまいました。

このページのトップヘ