足るを知れ!

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。

2007年03月

久しぶりの週末の休み。

お約束どおり天気は今ひとつ。

どこかに出かけたい感じではあったけど、先日途中までくっつけて、出来ずにいた、カブのベトナムパーツ類を取りあえずくっつけてみました。

まずは・・・




武川ショック







武川のショック。
ホントは50CC用と書いてありましたが、関係なぁ〜し!


ベトキャリ








カブといえば矢張りこれでしょうか・・・。
定番のベトキャリです。
一応ステンレス製だそうで、錆に強いとか・・・・。
微妙に形が歪んでますが(笑)



エンジンガード









エンジンガード2







エンジンガード左右です。

実際、転倒した際にエンジンをガードすると言うよりは、サンダル履きで乗った時に、足の火傷をガードすると言った感じでしょうか。
こちらも左側のガードが、結構歪んでましたが、握力60kgの力を振り絞り、修正・・・と言うか無理やりつけた。


フロントキャリア







ステンレス製のフロントキャリアです。
これまた角度が右に思いっきり傾いてしまい、力で解決。


ライトバイザー






ライトバイザーです。
ちょっとしたアクセントにと思い。


カブ






見た目こんな感じになりましたが、針金がちょろちょろくっついたってだけで、あんまり変わらないですかね(笑)

ホントは、矢張りベトナム製なのですが、アルミのステップを購入したのですが、固定用の螺子が一発で舐めてしまい、近々オークションにでも出そうか、ねじ山を切りなおそうか思案中です。

取りあえず次回からは、マフラーなんかもチョコチョコと弄っていこうかなと。

先日カブの通販サイトをあちこち見ていて、給料も出たからと言う事で、パーツを諸々と買いました。

昨日夜勤明け+残業で、お昼近くに荷物を受け取り、そのままくっつけていければよかったのですが、4時に起きれば楽勝と、昼寝をしてしまい・・・。

結局一時間寝過ごし、作業に取り掛かったのは五時半位から。。。

それでも何とか、ショック、ベトキャリ、ライトバイザー、プーカンナットを取り付けましたが、日没を迎えて作業終了となりました。

ただ、後になってショックの説明書を見ると、50cc用のものだったようです。

取りあえず、ポン付けできたし、見栄えも変わったからそのままでいいかと(笑)

乗ってみてもぜんぜん違和感ないですし。

全部くっつけたら、洗車して写真でも取りたいなと。

暫く天気が悪いので、全部の作業が終了するのは来週になるのかなぁ。

今日有給でも取っちゃえば良かったかなと、少々後悔・・・・。

先週の土曜日、やっとこさ重い腰を上げ、物置と化している寮を引き払い、晴れてアチキも埼玉県民となりました(明日転入届を出します)。

そんなこんなで、先週からずっと仕事と寮の片付けなどで忙殺されており、ストレスも限界に達しておりました。

予定では、日曜日にSTとインパルスでチョコッと遠くまでツーリングに行こうかと計画しておりましたが、今回も雨男ぶりを発揮いたしまして、25日の日曜日は朝から思いっきり雨。

結局今回も車で出かける事に・・・。


で、今回は信州は下諏訪にある、毒沢温泉に行ってみようと言うことになりました。

なぜここを選んだかと言うと、先日買ったアウトライダー誌にここの温泉が紹介されていて、単純に興味がわいたから。

で、朝八時チョイすぎに自宅出発です。

外環〜関越〜上信越道を乗り継ぎ、10時半近くに東部湯の丸インターで上信越道を降りまして、車の走行距離も5000繕瓩なってしまったので、近場のオートバックスでシボレークルーズのオイル交換を致しました。

オイル交換の後、国道254にでて、本日の一湯目の霊泉寺温泉に向かいました。

すぐそばにある、鹿教湯温泉と違い、温泉街自体かなり鄙びています。

ゴーストタウンの様な、温泉街をテクテク歩くと、共同浴場がお目見えです。

霊泉寺温泉街



   





霊泉寺温泉 外観







入り口には料金が示されています。
霊泉寺温泉 料金







番台に人がいないときもありますが、きちんと料金は払いましょう。


因みにお風呂の中・

霊泉寺温泉 お風呂









20人くらいは入れそうな感じの、大きな浴槽です。
湯上りはさっぱりした感じの温泉です。
地元の人が主に利用しているようですが、こんな安い料金だったら毎日来ても良いかもですね。
今回は二度目の訪問でしたが、この鄙びた感じが何ともいえないです。


お風呂に入って、代謝が活発になったせいか、腹が空いたので以前から気になっていたドライブインに。
お店に入ると、能登の地震のニュースが流れていました。

自家製手もみラーメンと、ミニカツ丼のセットを頼みますが、これが昔風の中華そばっぽい感じで、かなり気に入りました。
ボリュームもかなりあり、大満足です


かもめ ラーメンセット









で、おなかと心が満たされたところで出発し、三才山トンネルをくぐって、松本方面に車を走らせます。

更に進むと浅間温泉郷の看板が見えてきます。

温泉街の中にはいくつかの共同浴場がありますが、今回は、その中の一つ仙気の湯に入ります。
ここのお湯は一見何の変哲も無いお湯に見えますが、湯船の中には湯花が多量に舞い踊っております。
浴槽は4〜5人も入れば、窮屈になる小さなものですが、ここのお湯もとてもよく温まります。
写真を撮ろうと思ったのですが、他のお客さんがいた為に今回は断念。

さっぱりとした後で、松本市内も近いということで、お城によることに。


松本城








松本城ですが、現在日本に現存する城址は、殆どが復元されたもので、当時の柱やなんかをそのまま使って、昔のまま残っているのはいくつも無いそうです。
中には、主に火縄銃なんかの展示物が飾られており、結構自分的には楽しめました。

お城の周りに植えられている、桜もちらほら咲き出して、春の訪れもすぐそこまで来ているようです

松本城 桜






松本城を後にして、本日のメインの毒沢温泉に向かいます。

相方にナビをしてもらい、脇道を駆使して、殆ど渋滞にも会わず、諏訪に入る事が出来ました。

諏訪大社を上って、毒沢温泉の沢の湯に到着します。

ここ、毒沢温泉は武田信玄の隠れ湯だそうで、その昔この近隣で金掘りなんかを行い、負傷した人の湯治に使用していたとの事で、PH2.7だったかの強酸性のおかげで、見る間に傷が癒えるお湯だとか。
単純泉ながら、無菌のお湯が出るのは結構珍しく、鉄の含有量は日本一?とか書いてました。
で、他の人にその効能を知られるのが嫌で、毒沢なんていう名前を付けたとかと言う、いわれが残っているようです。
ただし、泉温が低い為に加熱して、書け流しているとの事です。

ここには神の湯、宮の湯、沢の湯と三つの温泉があるようですが、今回は一番鄙びていそうな沢の湯へ入る事にしました。

外環はこんな感じ。
毒沢温泉 外観








元々は民間の国民宿舎だったようですが、現在宿泊できるのかは不明です。

ここもお風呂は3人ほどで一杯になりそうな小さなものです。
お湯は茶褐色のかなり濃いもので、お風呂の底は全く見えません。

毒沢温泉 風呂






飲泉も出来るようです。
毒沢温泉 飲泉








こちらは、加熱されない源泉がそのまま流されてますが、浴槽のお湯と違い、結構透明感があります。
試しに呑んでみましたが、すっぱい味の後に、口の中にジワーっと苦味が広がってきます。
かなり厚めに加温されているのもあるのでしょうが、お風呂から上がった後も、中々汗が引かず、ほんとに暖まっているんだなと、実感できたお湯でした。

沢の湯をあとにして、そのまま山梨まで抜けて、遅めの夕食をとり、中央道をひた走り、11時過ぎに自宅着。

今回は、久々のドライブでしたが、温泉も食い物もはずれが無く、満足満足のドライブとなりました。
自宅に着くと、先日通販で購入したカブの部品が送られるとのメールが入っており、またまた楽しみが増えて満足満足です。

7346c297.jpg給料日前の金欠病も、明日でお別れです!

先月は、1月の夜勤の数が少なかったせいで、かなり逼迫した生活を余儀なくされましたが、今月は何とか持ちそうな感じです。

そんなわけで、今チョコッとした話題を振りまいている、大勝軒に行って見ました。
と言っても蕨ですがね。

で、自分のスーパーカブと、相方のヴェルデの二台で出撃と相成りました。

お店は、路地の狭い商店街の中にありましたが、比較的わかり易く、程なく発見。

取りあえず、あつもり大(570g)と、相方はあつもりと餃子を頼みましたが、以前行った殿様ラーメンに比べると、魚介系の風味は少なめでしたが、スープの旨さはこちらが好みかなと。

丁度食っているときに、次のお客さんが入ってきましたが、売り切れてしまい、丁度滑り込みで食べる事が出来たようです。

何でも、池袋にある本店が閉店すると言うことで、蕨の大勝軒にも普段の二倍近くの客足があったとか。

量が多すぎて、最後の方はかなり苦戦しましたが、何とか完食して来ました。

カブで散歩するにも丁度良い距離なので、又行きたいなと思いました。

先日から、フロ桶から水漏れが・・・・。

二年前に入居した時点で、何か罅らしきものが、湯船の底に一ヶ所あったのだが、特に水漏れもしていないので、そのまま放置していた。

ここ最近になり、明らかに風呂水が減少しており、入浴中にも下からピッチョンピッチョン音がする。

先日は一日も経たないうちに、水が半分以上抜けてしまい、これじゃイカンという事で、不動産屋に連絡して直してもらうことに。

で、今日がその修理日だったのだけど、当初の予定では朝の八時には連絡を入れて、自宅に向かうと言う事で、昨日から部屋の片付けをして、仕事でもないのに早起きして待つ事に。

こう言った時、相方は土日休みの普通のシフトなので、平日に休みのある、自分がいつも対応する事になる。

八時半になっても連絡が来ない・・・。

待っていると、「スイマセン〜。当初八時と約束していたのですが・・・・。10時半から11時ではまずいですかねぇ〜」

一瞬ムカッと来たが、大人を装って、大丈夫ですよと取りあえず返事。

で、そのまま待っていたのだが、12時を過ぎても音沙汰なし。

で、携帯の着信音が・・・。
今度は2時半から三時半にして欲しいと。
お時間の方は大丈夫でしょうか?と。

大丈夫も何も待ってるしかないですよね?
と少々切れ掛かって返事をして、電話を切って再び待つ事に。

結局三時半過ぎても風呂屋は来ず。

四時過ぎてから、のこのこ現れやがった。

時間が遅れた事をチョコチョコっと詫びた後、開口一番トイレ貸して貰えないですか?と。
怒りを通り越し、呆れてしまった。

因みに排尿までにやけに時間が掛かり、漏れそうと言う割りに大した量でもないので、多分前立腺肥大がありそうとアセスメントしてみる。

で、風呂の寸法を測り、今度いつ休みですか?と言い出すので、冗談じゃないと思い、来月の先まで平日の休みは無いと、法螺を吹いたやった。

結局7時過ぎにやっと風呂は交換終了。

結局、今日一日カブで5分ほどのディスカウントで、ポテチと雑酒を買いに、10分ほどの外出で、丸一日自宅の中で過ごす。




二日酔いの気持ち悪さと、寒さで朝七時半に目が覚めた。

口渇と、こみ上げる何かをこらえながら、取りあえず正月前に購入して埃をかぶっているイリジウムプラグをインパルスに引っ付けようと。

外は寒そうな曇り空だけど、思いついたときにやらないと、また先延ばしになってしまうので、何とか重い腰を上げることに。

取りあえず、タンクに繋がっているホースを全部外し、燃料計の配線を外す。

タンクをモニョモニョ動かしながら、引っこ抜こうとするのだけど、最初中々外れてこなくて、この時点で止めようかとも考えたのだが、何とか取り外しに成功。

タンク取り外し












ピカピカのイリジウムプラグです。
新品イリジウム2











で、やりやすい外側のプラグから交換していくのだけど、内側二本はマジでやりずらい。

何とかかんとか全部交換終了。

出先でのプラグの不調なんて考えるだけでも、嫌になるなぁ。

取りあえず、外したプラグの画像でも・・・・。

正式な番号の数え方忘れたので・・・・。取りあえず左から1番目

左から1番










二番目
左から2番










三番目
左から3番









四番目
左から4番










左から二番目のプラグだけ、やけに電極が黒い気がするのだが・・・。

うちのインパルスは、エンジン始動時一発目は暖気した後でも、一度6000回転まであげてやら無いとまともに加速しないと言う症状が購入時からずっと続いているのだけど、中のコンピューターのせいで、吸気バルブが誤作動を起こしているそうな・・・・。

どっかのサイトで、イリジウム入れれば良くなるって書いていたもんで、やってみたのですが・・・。

大体、冬の寒い時期でもチョーク引かなくてもエンジンが掛かるってのも・・・どうなんだか・・・・。

何か関係あるのかねぇ・・・・。

もう一回ショップに言って見ようかな・・・・。
等と考えながら、セルスイッチ音!

キュカカカ・・・。ボボ・・パンッ!

右側のコード逆に繋いでしまった・・・OTL

元に戻して、もう一度。

セル一発でかかりましたが、距離走るとどうなっていくんだか・・・。

程よく暖気して、チョロッと近所を走りますが、結局6千まで引っかかる症状は無くならず・・・・。

次第に排気音もでかくなっていき、結局プラグ交換でどうなるってもんではなかった様子。

終了・・・。

ホントは今日は、千葉方面のツーリングの筈だったのですが、昨夜早めに寝たのですが、丁度ウトウトっとした時に、相方の携帯がなってしまい・・・・。

仕事の打ち合わせの電話だったようなのですが、結局それで眠れなくなり・・・。

寝たのは一時半過ぎ・・・・。

朝起きれる訳無いです。。。

で、前述のウィンカーの問題も整理が着いたので、もう少し近場を走って、カブそのものの、ツーリングの適正を見てやろうじゃないかと。

そう言えば、以前から気になっていた、埼玉県北部に讃岐うどんの店があったなと言う事で、うどんツーリングに決定!

取りあえず、帰りに温泉も入ろうと思い、普段使っているタンクバックをリアキャリアにネットで固定して出発。

取りあえず、国道17号に乗り、大宮から国道16号へスイッチング。

川越に入る手前で、信号の無い場所が有り、どの車もすっ飛ばして走る。

矢張りカブではビュンビュン抜かれてしまう。

それにしても、普通にインパルスとかに乗っている時って、同じ追い越されるにしても、側方間隔あけて追い越してくれるのに、なぜ原付だと、ろくに間隔取らずにぎりぎりで追い越していくんでしょうかね・・・・。

せめて1メーターは開けましょうよ。

と、思っているうちに信号渋滞が始まり・・・・。

結局、追い越していった車たちは、おいらの遥か後ろの彼方へ・・・・。

車幅が狭いから、すいすいすり抜けができちまいます。

で、入間に入ったところで、国道407に抜けて、日高の市内を通り、鳩山、嵐山と駆け抜けて国道254号線に入ります。

で、そこからちょっと走ったところに、例の讃岐うどんの店は有ります。


イーハトーブ





14時で、一旦店を閉めてしまうとの事でしたが、ぎりぎりセーフ。

店内に入り、ヒヤヒヤの大と言うのをオーダーします。

一応、許可無く写真を撮ったり、情報を載せたりと言うのはお断りと言う事ですので、場所や店名、お店の外観などはぼかしておきますが・・・。

この界隈では、結構有名だと思います。

店内には色々と張り紙がしてあり・・・・。

うどんの種類によっては、醤油を足したりした場合、発見した時に退店していただく時も有る・・・。
うどんを残した時は、持ち帰っていただく・・・。
雑誌でもお客に厳しい店として掲載されています・・・。
等と言った張り紙がされています。
愛想は悪くは無いんですがね・・・・。

その一方で、讃岐の超有名店(ここはマジウマ)のお墨付きを頂いたなど等の張り紙もあったり・・・・。

なんだか偉そうなうどん屋だなぁ、等と思いながら待つ事10分。

透き通った出汁の中に、つやつやのうどんが沈んでいます。

味は結構旨かったですが、出汁がやや薄い印象があり、濃い口の味が好きな人は、もう一つ醤油を入れたくなるかもですな(場合によっては退店、お持ち帰りですが)。

自分は結構美味しくいただけましたが、去年讃岐にうどんを食いに行って、超有名と言われているお店を何軒も回ってきましたが、こんな風に店のスタイルを押し付けてくる店は無かったですね。
そもそも、そこまでうどん作りに自信があって、ポリシーを持っているなら、わざわざ超有名店の名前も出す必要ないかと・・・・。

美味しかっただけに、何とも複雑な感じで店を後にしましたが・・・。
多分・・・もう行かないかな(笑)

時間も押し迫ってきたので、取りあえず温泉には入らずに帰路に着きます。

適当に嵐山、毛呂山、越生辺りの空いている道を走りながら日高に戻り、小腹が空いたので、サイボクハムによることにしました。

サイボクハム





中に入ると、肉類の販売やら、豚肉のステーキのテイクアウト等があり、取りあえず厚切りステーキ(300円)とショルダーベーコン(確か300円)を食します。

サイボクハムステーキ






ステーキは豚肉とは思えないほど柔らかく、ベーコンも程よい塩味がついていて、思わずご飯が欲しくなります。

で、サイボクハムを後にして、川越市内でガソリンの補給ですが、気になるお燃費は52km!

で、先ほど17号線バイパスを走り、無事帰着。

ざっと150km超のツーリングでしたが、流れの速い幹線道路以外なら、全く問題なく走れそうです。
ギクシャクしがちだった、ギアチェンジもだいぶ慣れてきたみたいですし。

ただ、ケツと腰の痛さは後半結構キてましたが・・・・。
適当に休みを入れながら走れば何とかなるかと。

もう少し暖かくなったら、テント背負って宿泊ツーリングに行きたいですな。

先日からおかしかったウィンカーですが・・・・。

エンジン掛かってるし・・・・。

弱々しくても灯火類ちゃんとついてるし・・・・。

エンジン回してやれば、ウィンカーもちゃんと作動するし・・・・。

バッテリーの充電とかがヤバイのかな・・・・。

ジェネレーターとかっていくらすんだろ・・・。

等と色々と考えていたのですが、取りあえずエンジンを掛けて、ウィンカー点灯。

右のサイドカバーのウィンカーリレーは、弱々しくジージー言ってますが、アクセルを煽らないと矢張り点灯せず・・・。

左後のウインカーが、螺子が一本脱落していて、それで断線しているのかと思い、動かしてみても変わらず・・・・。

エンジンを切って、右のサイドカバーを開けて、ヒューズボックスを開けてみると・・・・。


切れたヒューズ







見事に飛んでました。

思い返してみると、エンジンが掛かった次の日の朝なんですが、出勤前にバッテリーを交換したのですが。。。。

その時、寝ぼけていたせいか、バッテリーを逆に組み付けそうになり、パチッってなってあわてて元に戻したような。。。

結局のところ、犯人は自分でしたな(笑)

その後、なんとかかんとか回転が上がればウィンカーも着いていたので、ヒューズは問題ないんだろうと勝手に思い込んでいたのですが、最終的にはヒューズだったと。

で、犯人は自分だったと・・・( ´△`)

予備のヒューズに入れたところ、バッテリーはチックンチックン点灯して、エンジン始動前でもニュートラルランプも着く様になりました。

電装系がおかしかったら、電球、ヒューズ、バッテリーを点検と言うのが基本なのですが、すっかり騙されてました・・・。

しかし、切れていても何とか電装系が使えてしまうと言うのも凄いなと、関心も致しましたです。

カブが動くようになって、数日が経ちましたが、今の所快調に動いてくれているようです。

で、今日頼んでおいたサービスマニュアルが届きました。

勢いあまって購入したのはいいのですが、基本的な事しかしないのであれば、いらなかったかも・・・・。と少々後悔していないような、いるような。

帰宅後、チェーンが少し緩んでいるようでしたので、調整する事にしました。

一応、既定では1〜2cmと言う事になっているようですが、現在3ないし4センチ手前と言ったところ。

自分の場合、少々体重の方が余計なので、3cm位で調整してみました。

で、その後、試走も兼ねて○川の土手に行ってきました。

天気もよく、空気も澄んでいるような感じでしたが、途中から風が強くなり、ドカジャンにジーパンでは、結構寒く写真一枚撮って帰ってきました。
途中、ダートの道もあったのですが、意外と安定して走る事が出来、カブの奥深さというか、キャパの広さを改めて知った次第です。


土手のカブ









走った感想ですが、チェーンを調整したおかげか、幾分レスポンスが良くなった感じがしましたが、ニュートラからローに入れて、ペダルを放す瞬間に一瞬前に出るような動きがあり、もしかしたら、張りすぎなのか、それともこれが本来の形なのか・・・・。

ちょっと暇な時にでも、バイク屋に聞いてみようかな?なんても思いながら帰ってきました。

で、帰ってきてから一杯引っ掛けて寝ようと思ったところ、Z氏から電話があり、チョコッと走りに行かないかとのお誘いが。

まだ呑む前だったので、じゃあ行きましょうと言う事になり、蕨のドンキホーテ前で待ち合わせました。

で、蕨駅前に凄くいい牛丼屋があるというので、行って見ることに。

取りあえず大盛りを頼んでくださいと言われ、その通りにします。

それで、出てきたのが・・・・。

牛丼






左が、Z氏が頼んだ並盛り、右が自分が頼んだ大盛りですが、流行の特盛りがメニューに無いのが当初不思議に思っていたのですが、思わず納得いたしました。

これでもかと言うほど、ご飯がモラレ、その上にてんこ盛りに牛が乗っているのですが、いくら突っついても飯が減らず・・・・。

さすがに最後の方は、勢いで食し、殆ど味わっていませんでした。

でも、お値段これで400円。

最近牛丼を復活させた、某チェーン店のよりは美味しく感じられ、もう少しお店の中が小奇麗なら流行るのかも。。。

その後は、グダグダとバイクの話なんかで盛り上がっていたのですが、すぐ近くにあるパチ屋に入り、敗北して先ほど帰宅。

次は、Z氏のセカンドのジョーカーと一緒にツーに行こうと話してお開きになりました。

5a759e0f.jpg昨夜は夕方6時過ぎに寝てしまったせいで、四時に早朝覚性。

朝方6時過ぎにもう一回寝て、目が覚めてみると朝10時。

取りあえず風呂入って、カブのスロージェットとエアスクリューのセットを受け取りにバイク屋に向かう。

お昼過ぎにバイク屋に到着すると、部品が届いていた。

帰りがてら、マックによって昼飯を購入して、部品の取り付けに掛かる。

何だかんだ1時間くらいかかって、燃料タンクとキャブの換装を終え、インパルスから燃料をポンプで2プッシュ送り込む。

燃料コックをオンにして暫く様子を見るが、燃料漏れは無い様子。

で、その間に、フラッシングに使うので良いだろうと言う事で、以前フォーサイトに使ってあまった一年物のオイルを入れる。

新しいプラグも入れ替えた。

キャブにガソリンが来ているのを確認して、更に燃料漏れが無い事を確認して、キィィィィィィック!

?????。

掛からない。。。

更に立て続けに10回位もキックしただろうか。

アイドリングストップスクリューの存在を思い出し、締めこんでみる。

で、キィィィィック!

ボボッ・・・・・。

もう一度キィィィィィック!

ボロン!タタタタタタタタタタタ!

エンジン始動!

やたらと、回転が高くなっているので、適当に螺子をあわせて、こんくらいかなという所で、アイドリング決定!

五分ほど放置して、先日購入しておいた新しいオイルに交換して、取りあえずエンジン周りは終了ヽ(*⌒∇⌒*)ノ

燃料タンクをつける為に取り外した、キャリアなんかをくっつけて、賞味二時間チョイの作業で何とか元通りに復元完了!

早速走ってみるけど、エンジンもスムーズに回ってくれて問題なし!

職場で全員参加の会議があるということで、もう一回風呂入ってカブに跨り走り出す。

2〜3キロも走らないうちにエンジンストール・・・。

かなりあわててしまったが、コックを切り替えたら、走り出したのでガス欠の様。

で、ガソスタに入ってガソリン満タン!

燃料ゲージが全く動きません・・・・。

入れる向きは間違ってないはずなので、こちら要交換ですな・・・。

で、バッテリーが完全に死んでいるので、アイドリングだと全くウィンカーが使い物にならず、更にホーンはフヒッ・・・としか鳴らず。
先ほどホムセンでユアサのバッテリーを購入。

取りあえず、これで一通り完成でしょ。

購入金額1万円。
レンタカー7000円
部品代 1万円
バッテリー代 5千円
ケミカル 二千五百円

約三万五千円で、カブが我が物になりました!

暫くノーマルで乗ったら、外装いじりますか!

このページのトップヘ