足るを知れ!

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。

2008年02月

朝から天気がよく、今日は銀行へ用を足しに行ってきた。

さて・・・。

やる事もないし・・・(昨日スロットで大負けし、すでにピンチの予兆が・・・。)

という事で、バイクの整備をしてみることにしました。

以前から、色々とバイク関係のHPなんかを拝見していると、最近のバイクは、新車の組立工程から、グリスの必要な部分に殆どグリスが入っていない事が多いのだそう。

で、何となく自分でも出来そうな、リアサスのリンク部分のグリスアップに挑戦です。

XTXの場合、用意するのは14ミリと17ミリのメガネレンチ。

それと、マイナスドライバーとジャッキ、若しくはメンテスタンド。

後はグリス。

グリスに関しては、色々と種類があって、それぞれ用途に合わせて使用するらしいのですが、よく分からんので、適当にウチにあった万能グリスを使いました。

後、ねじ類がかなり硬く締まっているので、軍手などの手袋は絶対必要です。




バラシ1








最初に、リンクプレートを固定している螺子から外していきます。

ここでは、17ミリのメガネを供回りしないようにして、緩めていきましたが、バカみたいに硬く締まってます。

で、車体の横に寝そべりながらの作業なので力が入らず、途中で諦めかけたときに、何とか緩みました。

で、車体左側のリンクプレートが外れたら、サスペンションを固定している螺子(片側は14ミリ)をゆるめ、合計4本の螺子を緩めます。

車体をジャッキアップして、螺子を外します。

で、取り外したリンク部分ですが、これにグリスをぬったくって行きます。




リンク部分











新しいですから、特に錆などはありませんが、カラーを抜き取って見ますが、あまりあぶらっけがありません。

カラーを抜き取った、リンクの中にも殆どグリスっ気が無いようでした。


グリスにドライバー











当たり前ですが、リンクのカラーには特に目立った損傷はありません。
リンクのカラー












用意したマイナスドライバーにグリスを乗っけて、三箇所の穴っぽこに、グリスを塗ったくります。

外したねじ類も、ねじ山も含めてグリスを塗っておきます。

後は、外した逆の順番で、組み上げていけば終了。

途中、ワッシャーの位置なんかが、わかんなくなり不安になりましたが、隣に止めてある、セローを参考にしながら組み付け終了です。



ホントは、トルクレンチできっかり、締めていくのだろうけど、大トルク対応の物は持ち合わせが無いので、何となく外す時に覚えていた感覚で締め上げていきました。

ついでに、ブレーキのレバーとクラッチレバーにもグリスアップして作業は終了。

チョコッと10舛曚鼻∋鄙に行ってきましたが、特に緩みもなさそうです。

走ってみた印象としては、後ろのショックの吸収が良くなって、乗り心地も良くなっている感じがしました。

そのうち、SMでも買って、アクスルシャフトとか、ステムベアリングなんかの分解にも挑戦してみますです。

金の無い時の暇つぶしには、バイクいじりが一番いいですな。



ついでに押してってくだされ。

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ



昨日、ホントはセローの慣らしに、近所を走る予定だったのですが、朝起きてみると、アホみたいな風が吹いていて、ツーリングは結局中止。

で、新型になったセローですが。

新型になっても、基本、殆ど変わらないわけですから、車載工具の取り出しも、自分のXT250Xと同様、車載工具が非常に取り出しにくいです。

取りあえず、出かける前に・・・・。

車載工具のキャップ



















キャップ装着の図














キャップだけ取り付けました。

風が強く。

バイクに、カバーを掛けるのも非常に難儀いたしましたが。

シボレークルーズ










天気、そのものは晴れていますので。

車で箱根まで出かけてきました。

我が家から、首都高を通って、箱根の方に行くとなると、日曜の朝でも号線は渋滞するので、結構避けていたのもあるのですが。

新しく、何とか線ってのが、開通したせいか、殆ど渋滞も無く。

イライラもせず、東名にスイッチできました。

富士山













天気が良いので、車窓から富士山も綺麗に見えます。


厚木から小田厚に乗り換えて、箱根の温泉に到着です。

箱根の中では、お気に入りのやまなみ荘に到着です。
一応、老人福祉センターが主で、一般の人にもお湯を提供してくれています。

ご利用の際には、きちんとマナーを守りましょう。


やまなみ荘 ふろ











入浴料と休憩料を支払い、ゆったりと休みながら、温泉に浸かって参りました。

15時過ぎにお風呂を後にしたのですが、結構バイクで近辺を走られている人がおり。

バイクでも来れたかねぇ・・・等と、ぼやきながら家路に着きました。


ついでに押してってくだされ。

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ





238130ea.JPG朝起きて、ボーっとしながら、テレビを見ていると、お昼チョッと前に携帯に着信が。

セローの準備が整ったとの事で、いつでも良いとの事。

バイクを引き取りに行くべく、準備をしていると、お昼過ぎからアホみたいな、強風が吹き出し、自宅周辺の空気は、砂埃で黄色くなっている。

とてもじゃないが、バイクで走れるような状態ではないので、三時過ぎまでテレビを見るなりして、時間を潰した。

少し風も納まったので、早速バイク屋へ。

店員さん、花粉の影響で、かなり参っている様子。

サクサクっと、バイクの説明を聞き、取り外した純正のリアサスペンションを頂いて帰ってきた(玄関にでも飾るつもり)。

自宅までの運転は自分が担当。

慣らしなので、ゆっくりしか走ってないけど、インジェクションのなせる業なのか、キャブのXT250Xよりも、低速の粘りがある感じ。
XTだと、交差点の左折なんかで、ギアをラフにすると、すぐノッキングしていたのですが、セローだと殆どそれを感じさせませんな。

それと、XT250Xでは、40キロ後半から、アクセル五分の一開度パーシャルで、騒音規制の為と思われる、トルクの谷見たいのが在るのですが、チョッと乗った感じでは無かったです。

交差点などの曲がりでは、自分のに比べると、グニョーッて感じで曲がる感じで、ずっとオンロードにばかり乗ってきた自分としては、何とも不思議な感じがしたが、曲がりずらいと言うのではない。

XTXがクィッって挙動してくれるなら、セローはシットリと回ってくれる感じですかね。それでもかなり、軽い感じで回ってくれて、街中での扱いもかなり良さそうです。

後、乗り心地もXT250Xに比べるとソフト。

自宅についてから、チョッと細かいところを写真に撮ってみた。



ニューセロー チョーク無い









インジェクションなので、チョークはありません。

エンジンは超掛かりやすいです。

自分のXTXの掛かりは別段悪いと感じたことは無いですが、XTXがチョーク引いて、1〜2秒セル回して掛かるとすれば、インジェクションは、ボタンをチョンで、すぐ掛かってくれます。
掛かった後も、そのまま放置でアクセルで回転を保持したり、チョークを調整したりと言った作業は必要なく、車のエンジンとかわりありませんな。

後、イグニッションオンで、フューエルポンプの作動音がして、これから走るぞ!って気にさせてくれますなぁ。

二次エアシステムは健在で、そのまま残っております。
お店の人いわく、多分取っ払ってもいいとは思うけど、実績が無いので、何ともいえませんとの事。
因みに、お店においてある、WRはサイレンサーを変更している為、処理したとの事ですが、電気制御するタイプなので、こちらは配線を引っこ抜いて、カットしているとの事です。

相方いわく、マフラー等の変更は今のところプランに無いそうで、しばらくそのままで行くそうです。

セロー メーター









メーター回りでは、時計が常時表示されている。

で、エンジンチェックと、燃料残量警告灯が追加されている。

燃料残量警告灯が付くと、トリップメーターがその時点から、何キロ走ったかを表示してくれるらしい。


XTとセロー









二台並べて、写真を撮ってみました。

自分が跨った時も感じたのですが、タイヤがでかいのと、カラーリングの影響なのか、XT250Xに比べるとボリュームがある様に感じます。

後、ホイールがゴールドに塗装されていて、何となく高級感ありますね。

XTXもゴールドにすると、チョッとイメージ変わるかなと思い、塗装してみようかと、また無駄遣いの計画を考えてしまっています。

その後、二台で走りに近所の二輪館へ行って、相方はウェストバックを購入。

ローダウンキット(3センチダウン)の恩恵で、特に足つき等で、不安に感じることは無いようです。

慣らしが終了すれば、もうチョッと突っ込んで、それぞれの違いを発見できそうですが。。。

明日の天気の状態を見て、取りあえず100キロ程の慣らしに出かけてこようかなと思います。


ついでに押してってくだされ。

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

bdfdba58.JPG夜勤明けで、うつろな目をしながら。

暇だなぁと思いながら、近所のパチ屋でジャグラーをぶん回す。

ここんとこ、負けばっかりだったが、珍しく2000枚ゲット。

積もりに積もった、貯金の一部を引き出せたことに、満足げにセブンスターに火をつけながら、今やパチンコ屋への移動専用となりつつある、カブのエンジンにキックをくれる。

昨年の秋に、フロート関係を一新したおかげで、いつでもキック1〜2発でエンジン始動。

そう言えば、チェーンにグリスくれてやったのも、12月のはじめにやったっきりだったような。

気分がいいので、久しぶりにカブのチェーン周りでも、綺麗にしてみよう。

カバーを開けると・・・・。

全然綺麗・・・。

油っ気もしっかりあるし。

見た目、もっさいスチールのチェーンカバーだが、かなり役に立っているんだと、改めて実感。

暗くなってきたし、そのまま戻そうかとも思ったが、折角なので作業実行。

チェーンのたるみも全く問題なし。

でも、考えてみれば。

カブに、ホワイトチェーンルブなんて高いものいらないなぁ。

安い物でも、外界の影響受けないから、十分使えそうな印象

XTにはSLFC使っているので、事実上カブ専門になっているが、無くなったら車のギアオイルでも使ってみよう。

もしかしたら、使い古しのオイルでも良かったりして。

ついでに押してってくだされ。

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ


昨日は、珍しく相方と二人、仕事が早くに終わりまして。

XT250Xを購入したお店に、二人して行ってまいりました。

初めて、俺のXTに乗ってから、取り回しのよさと、運転のしやすさに感動を覚え・・・。

浮気心が抑えられず・・・・。

ST250E

ドナドナです。

ST












相方の新しい相棒は、今週末には出来上がる予定。

因みにST250は、現在3100祖度。

最近やっと、エンジンの付きも出てきたのかと言うところでしたが、新しい相棒の方に、ローダウンキットと取り付けサービス。
で、下取り20万という事で、一気に買う気に傾いてしまった様子。

週末には、似たようなバイクが駐輪場に二台並ぶことになりそうです。

今度はちゃんと乗ってあげて下さい。

ついでに押してってくだされ。

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ



林のXT250X









朝起きてみると、天気は上々。

慣らし運転以来ソロツーなんて行ってないから、行ってみようか・・・・。

だけど寒いんだろうなぁ・・・、なんてう考えながら、朝九時に起きたのに、天気予報やら、何やら見ながらうじうじと貴重な時間をつぶしてしまう。

このまま時間を無駄に潰してもしょうがないので、意を決してXTのエンジンに火を入れる。

巷じゃ、今のセロー系のエンジンは始動性が云々なんて言われているけど、ちゃんとチョーク引いてやりゃ、2秒くらいセル回せば、まず掛からないことは無い。

しっかり暖気をして、外環自動車道に入る。

特に渋滞も無く、いつしか常磐道へ。

いつもは、国道四号線で栃木を目指すのだが、今回は国道294号線経由で、喜連川を目指す。

常磐谷和原インターを降りると・・・。

トラックだらけで、前に進まない・・・。

その先の信号が原因だったようで、その先はすいすい流れる。

気持ちがイイ。。。

せっかくの休みに、ツーリングに行くんだったら、やっぱり渋滞の無い道をはしらにゃね。

遠くに筑波山を見ながら走っていると、真っ白なお城が見えてきた。


筑波山とXT








豊田城跡だそう。
豊田城跡












取りあえず、城をバックに写真をパチリ。

そのまま、真岡〜茂木と走り。

この辺りから、所々道がうねうねとしだして、アップダウンが混じった、気持ちよい道路になってくる。



国道294号線











那須烏山を過ぎて、国道293に入って、今回の目的の温泉に到着!

喜連川早乙女温泉です。




早乙女温泉














料金が二部製になってて、日中は1000円とちょいと高め。

お風呂に入ると、石油っぽい匂いがした、硫黄交じりの温泉がドバドバと掛け流されている。

何でも、温泉成分が濃いので、あえて水を混ぜて供給しているらしいが、とってもよく温まる。

出たり入ったりを繰り返し、一時間ほど長湯をした。

硫黄は混じってないけど、こうした石油系の匂いの温泉は、北海道の森町にある、濁川温泉以来。

塩分も濃いせいか、湯上りもぽかぽか。

料金がチョッと高いのがネックだけど、人があんまりいないので、ゆっくりと浸かることが出来、食堂を兼ねた休憩室もただで利用できるので、湯上りもゆったりと過ごせる。

湯冷めしないうちにと、さっさとジャケットを着込み、温泉を後にする。

別なルートで、四号線で帰る事も考えたが、そのまま来た道を引き返す。

日が暮れた頃から、一気に気温が下がり、二ノ宮町で道の駅に寄ったのだけど、吐息が真っ白。

セルフで給油。

今回の燃費・・・・約37繊伸函

ガソスタを後にして走るけど、久々にタンクを押さえる、足が寒さでがくがくと震えた。

寒くて、写真どころでなく、ひたすら谷和原インターを目指し、常磐〜外環と来た道と全く同じルートを走って、八時過ぎに自宅到着。

寒かったけど、国道294。

かなり気持ちのイイ道。

一応、会津まで繋がっているらしいので、暖かくなったら全部走破したいものだ。


ついでに押してってくだされ。

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ




先々週、先週と、週末は天気に恵まれず。

本日は、職場の仲間とその職場の仲間の仲間とで、ツーリングに。

2月の寒い時期なんで、今回は比較的ご近所の東京都福生市へと言うことで。



集合は朝九時集合

おいらの携帯目覚ましは、性格に7時45分にピロピロ鳴り出し、無事覚醒。

フロに入って、準備を済ませたところで、時間は八時五十五分。


集合場所までは、五分と掛からない場所ですが、この寒い時期。

XTは念入りな暖気が必要で、おまけにガソリンが無いので、入れていかなくてはなりません。

当然15分ほどの遅刻・・・・。

本日の出走者は、いつものZ400氏、スポスタ氏、FTR氏、SR氏、VN2000氏、XR400モタード氏と自分の七名。


スンマセンと頭を下げて、東京都福生市を目指して、国道17号線をひた走り、国道16号線にスイッチング。



16号からは、脇道に入って日高から青梅に抜ける予定。

取りあえず、途中のコンビニで小便を排出して、その後それぞれバイクの談義に花が咲き。

狭山でワイワイ













昨日、ウチのバイクは、携帯片手にチェーンオイルの交換と、調整を行なったのですが、マグライトを探し出せず、携帯のライトを頼りにしたせいか、タイヤには飛び散ったオイルが点々と・・・。

XR氏から左の倒しこみは少し注意するようにお達しを受ける。

40分ほどバイク談義に花が咲き、走り出して日高から、青梅に抜ける裏道を走るべく、私が先頭を走りますが・・・・・。

日高市内に入るのは、スムーズに行ったものの・・・。

圏央道が出来たおかげで、付随して周辺の道路も一部様変わりしてしまい・・・。

道を間違えてしまう・・・。

何とか、日高から青梅に抜ける裏道に抜けることが出来、その後青梅街道から、羽村の産業道路〜国道16号を経て、お目当てのハンバーガ屋へたどり着く。




ハンバーガー屋







デモデダイナーです。








実は、自分以前福生基地のすぐ近くに住んでいて、存在は知っていましたが、実際に行くのは今回が初めて。

で、当然ハンバーガーを頼むはずが・・・・。

ご飯がほしくなり・・・。



俺のメニュー







普通にハンバーガーステーキを頼んでしまいました。

でも・・・。

たまぁに行く、近場のびっく○○ンキーや、ステー○○のど○と違って、ハンバーグそのものの、肉の旨さが違うです。


他のメンバーはそれぞれのハンバーガーを頼みましたが・・・・


でっかいハンバーガー











こんなのや・・・・

1ポンドハンバーガー










こちら1ポンドハンバーガー。



ハンバーグステーキも普通に旨かったのですが、タワーのようなハンバーガーは別として、次回はぜひともハンバーガーを食してみたいと!

思ったのでした。

その後、近くにあるスリックカート場に行きますが、全てゲームセンターに変わっていて、大宮市内にある、温泉を目指します。

自分と、Z氏が先頭を走りますが、すり抜けに夢中になるあまり・・・。


通り過ぎてしまいまして・・・・。

温泉は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なしに。

チョッと走った先の、コンビニに入って、またもやバイク談義に。

一緒に走っていたSR氏のクラッチが、手がツリそうなほど重いと言うことで、お店を営む、XR氏が診断したところ、クラッチがほぼなくなっているのではないかと。


そのまま、XR氏のお店にみんなでお邪魔して、並んでいるRZや、カスタム中のZ1等を見ていましたが、SR氏、クラッチを交換するだけのはずが、そのままハンドルも交換することに。

写真は撮り損ねましたが、かなりいけてる姿に変身。

その後、次回のキャンプツーリングを約束して、お店を後にいたしましたです。

そういえば、ハンドル交換後に始めて、走ったのですが、コーナーリングの曲がりの軽さはそのままに、乗車姿勢は更に楽になった印象。

ただ、より上体が起き上がるのに、風圧が更に増し、風が強い時や、高速走行時などは、多少我慢がより必要になってしまったかと。

長くなりましたが、今月中にソロで、もう少し遠くに走りに行こうと画策中。

何かあったらまた書きます。


ついでに押してってくだされ。

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

昨日の夜勤明け。

午前中は、相方の時期購入バイクを見に都内まで出かけましたが、結局お店が定休日で空振りに終わる。

んで、午後からはいつもツーリングに誘っていただいている、Z氏と看護学校時代の同級生だった、エリミ250氏が来て、XT250Xのハンドル交換を行ないました。

タイラップ











取りあえず、ハンドル周りの部品を引っぺがしていきます。

インパルスの時の、ケーブル類をとめているタイラップは、使い捨てだったのですが、ヤマハさんは取りあえず、再生が可能なものを用意してくれてました。

右スイッチ









サクサクと部品を外していきますが、XTの場合、右のアクセルワイヤーのホルダーと、スイッチボックスには、滑り止めのためのボッチがついており、本当は、ハンドルに穴を開けなくてはなりませぬ。

だけど、病棟のロッカーにドリルを置きっぱなしにしていたのと、めんどくさいため、ボッチは残り0.5mm程度まで、やすりで削って処理しましたが、特に滑ったりと言った症状は出ていません。

因みに左のスイッチボックスは、特にそう言った物はついておりませんでした。




ハンドルばらばら








取りあえず、全ての部品を外し終え、後は新しいハンドルを組み込むだけです。

因みに左のグリップは、ボンドで接着されており、抜くのにCRCが必要でしたが、何とか二人かかりで、無事引っこ抜くことが出来ましたです。

注意する点としては、ブレーキのマスターシリンダをきちんと固定していないと、エアを噛んでしまうそうですが、引っ掛ける場所も見つかりませぬので、適当にたらしておきました。

で、ハンドルを組み込んでいくのですが、今回はグリップの交換は行なわなかったので、アクセルホルダーから組み込み、そのままハンドルを仮固定。
ついでに、アクセルワイヤーの付け根には、全くグリスが付いていなかったため、グリスを塗っておきました(こういうのって、納車整備の時にやってくれないのかなぁ・・・)。

一応、適当にぶら下げていたマスターシリンダーも早めに固定します。

で、ハンドルの位置決めをしたら、ハンドルポストを占めていくのですが、この時の注意点としては、ハンドルホルダーには、前後の指定がされているので、きちんと合わせて組み込む事だそうです。

で、ハンドルの角度はフォークの角度が基本だそう。

ねじを締めこむ時は、前から閉めて後ろは後から、閉めこんでいきます。

その後、外した部品を組み込んで終了!

XT











XT前









結構、ひ弱な感じのXTでしたが、ハンドル交換で、少し逞しくなった印象です。

その後、試し走りに出たかったのですが、Z氏とこの後飲みに行く予定が入っていたので、チョコッと庭先だけを走ってきましたが、よりアップライトな感じになり、かなり乗りやすくなったと思います。

因みに、ケーブル類は特に延長とかも必要ありませんでしたが、ブレーキホースが少々、余裕がないので、ブレーキを内側に1センチ弱ずらして対処しました。

特に操作性にも、問題なさそう。

早く走りに行きてぇ!



ついでに押してってくだされ。

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

チョッと暇なのでやってみました。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kazu1110/busyou.html

結果は・・・・。

あなたの能力診断結果。高得点なものが中心的能力です。
もう一度診断する時は、一度この結果を消してから、チェックフォームを再読み込みして下さい。

●武力:60点 [普通]
あなたの武力です。この値が高いほどあなたは敵をなぎ倒していき、戦闘で能力を発揮できます。
現在でも愛する人を怪しい人から守るなどの時に役立つことでしょう。
●知力:75点 [よくできました]
あなたの知力です。この値が高いほど頭がいいことになります。戦闘で仲間の損害を最小限に抑え、
相手の損害を大きくすることができます。現在では、有名大学に入って、一流企業に入るもよし学
者となって、後世にまで受け継がれるような研究を行っても良いことでしょう。
●魅力:75点 [よくできました]
あなたの性格の良さです。この値が高いほど、周りの人の喜びを常に考える性格のいい人であると
いうことです。
●政治力:65点 [よくできました]
あなたの政治力です。戦国の世でのし上がっていく為には、朝廷や他勢力といかに交渉するかも大
事です。この値が高いほど、あなたは自分の会社などで勢力を持ち、出世していくことができるこ
とでしょう。
●才能:70点 [よくできました]
音楽ができるとか人を笑わせるとか、ちょっと個性的な才能。秀吉が天下をとることができたのも
個性的な才能を十分発揮することができたからでしょう。



あなたは石田三成に似ています。
生誕 永禄3年 1560年 死没 慶長5年10月1日 1600年11月6日 余り現在でのイメージは良くないが
行政官としてはすばらしい才能を発揮した男。公務員タイプ。近江国坂田郡石田村(現在の滋賀県
長浜市石田町)にて生まれる。三成は羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が織田信長に仕えて近江長浜城
主となった頃の天正2年(1574年)頃から秀吉の小姓として仕えたと言われている(これには天正5
年(1577年)説もある)。秀吉が信長の命令で中国攻めの総司令官として中国征伐に赴いたとき、
これに従軍したと言われている。武功は皆無だが、有能な行政官僚としての秀吉政権への功績は大
きかった。秀吉の死後、次の天下人の座を狙う関東250万石の大老・徳川家康が次第に台頭してゆく。
関が原の戦いでは西軍総大将となるも味方の裏切りにより家康に破れ斬首刑とされる。関ヶ原の戦い
のとき、東軍諸大名の人質を取ろうとした行為は明らかに心情を逆なでする行為、卑劣な行為であり、
これは三成の評価を低くさせる一因となっている。追い詰められていても人の道を外れる行いをすれ
ば自分に結果が返ってくるということだろう。


だそうです。

暇だったら、一度お試しあれ

戦国武将診断





ついでに押してってくだされ。

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

先々月あたりから、以前自分が住んでいた職場の寮が移転になると言う話が出ていた。

で、そこの物置には、結構な量のバイクや車の部品などがゴロゴロしていたのだが、整理しないと一緒に捨てられてしまう。

いつも一緒に走るZ氏から、Dトラの純正ハンドルが、確かあるはずだから、使ってみないかと話があったのだけど、すっかり忘れていた。

で、今日、Z氏が夜勤に入ってきて、ハンドルもって来たよ!と。

で、よくよく見てみると。

レンサル文字








純正ではなくて、レンサルのハンドルでした。

実は、最近チョコチョコとバイクショップに行っては、ハンドル関係を物色していたのだけど、結構値段も高いんですよね。


レンサル全











長期的に、物置の中に眠っていてたので、くすぶった感じになんているけど、多分ピカールでシコシコすれば、きれいになるはず。

後は、高さが二三センチアップしそうな感じなので、ケーブル類の長さがクリアできれば問題なし。

来週末のツーリングまでに、付け替えれる様にせねば。

このページのトップヘ