足るを知れ!

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。

2008年06月

金山湖畔キャンプ場では、ジンビームをチビチビやりながら、結構早めに就寝。

・・・が、昨夜もう一組泊まっていたキャンパーが飼い犬をテントの近くに繋いだまま放置。

朝の四時過ぎから、犬のけたたましい鳴き声でたたき起こされる。

頭にきて、飼い主がいないことをいい事に、テントに石でも投げつけてやろうかと考えたが、とりあえず堪える事にする。

何年ぶりのキャンプ泊のためか、撤収に時間がかかり、なんだかんだで1時時間以上を費やしてしまった。

狩勝峠










とりあえず、国道38号線に出て狩勝峠から帯広を目指す。

昨日に続いてこの辺りは天気が良いが、気温は低くて関東の3月か4月のはじめといったところ。

この峠、夜中に走るとたまに蝦夷鹿が道端から顔を出していることがあるのだけど、今日は見ることが出来なかった。

延々と続くストレートと、時折見せるRの大きい高速カーブが結構気持ちいい。


峠の頂上からは場所的に新得の辺りを一望できるのだけど、雲海の出来損ないが見ることが出来た。
もう少し早くにくれば、もっとはっきりとしたのが見れたかも。

狩勝峠2











もしかしたら、犬の飼い主はこれを見るために出かけやがったのか・・・。

峠を下り新得方面を目指していくが、雲がかかっていると言うことはまさに曇りで、更に寒くなる。

案の定、新得の町に入ったところで寒さも限界になり、ワークマンで買った安物のオーバーパンツの登場。

上がドカジャン、下がそんなパンツだからルンペンそのものが、バイクに跨って放浪しているようにしか見えないかも(笑)


当初は帯広まで出て、豚丼でも食って釧路の法を目指す予定だったけど、携帯の天気ではずっと曇りのマーク。

どうせ一人の気ままなツーリングなので、国道241号線に乗り換えて、士幌から足寄に抜けることに。

士幌に向かうと天気は回復してきているが、走っていると体感気温はかなり低い。

士幌









道の駅で確かコロッケかなんか売ってるだろうと寄ってみるが、あいているのはアイスクリーム屋だけ。

とほほな思いで道の駅を後にして足寄に向かう。

時々すれ違うバイクはピースサインをくれるのだけど、ホントこれされると北海道ツーリングしてるんだなぁってうれしくなり、こちらも片手を挙げてお辞儀しながらすれ違う。

足寄について、道の駅でやってるチーズの製造工場で値段の高さに、つまみ食いだけして撤収。

足寄にある、チェーン店のラーメン屋で味噌チャー大盛り。


寶龍 足寄店舗











味噌チャーシュー







冷えた体には最高っす。
思ったよりあっさり目で、スープまで飲み干して少し汗ばんだところで出発。

で、当初は足寄町内にあるライハに宿を取ろうかと思ったのだけど、もう少しだけ走ってそれからにしようと走っているうちに、ラワンを過ぎてオンネトーまで来てしまう。
ラワンの牛












何年か前にも車で来たことがあるのだけど、ここの景色と近くにある温泉が忘れられず寄ってみる。

オンネトー湖










ここから獣道を歩いていくと、展望台があるのだけど、これがまたひどい傾斜で普段の運動不足がたたり、二度三度と休憩を余儀なくされる。


オンネトー展望台への道










ひぃひぃ言いながら何とか頂上にたどり着くが、思った程では・・・。

展望台からの雌阿寒岳








明日は筋肉痛間違いないなぁと思いながら降りて、すぐ近くにある温泉へ。

野中温泉 店舗












野中温泉風呂










強酸性のお湯で石鹸の泡が立たない程だが、入っていてとても気持ちいい。
こんなすばらしい温泉が確か250円だか200円で入れるのだから、近くにいたなら週に三四回はくるだろうなぁ。

温泉を後にした時点で、既に時間は五時近い。
足寄に戻ろうかとも思ったが、このまま川湯に足を伸ばすことに。

川湯のライハに問い合わせると、開いているとの事なのでお邪魔することに。
午後七時過ぎになってやっと到着。
ライダーハウス蜂の家









蜂の家 部屋










料金800円也。
今夜はおいら一人。

落書き長を見ていると、結構人気の宿らしく、シーズンになると結構な人が訪れるみたい。
宿の親父さんが結構名物なようだが、今回は出張に出ているらしく不在の為、おばさんが案内してくれるが、体の調子が悪いらしく階段を上るのもひーひー言っており、
何だか申し訳なくなる。

だけど、廃業した旅館をかいほうしてるのだが、一人でいるとビビリなおいらは、何か音がするたびにビクッとしながら、さっさと酒を飲んで就寝。




ついでに押してくだされ

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ


905e7ca5.JPG
dbb0f14e.JPG
実家で二日ほどボケーってしてましたが、今日からツーリング開始です。
今いるとこは南富良野にある金山湖畔キャンプ場。料金六百円と北海道としてはチョイ高めですが、とてもきれいです。
シーズン前の平日とあってバイクは俺一人。あとはファミキャンのグループひとつとほぼ貸し切り状態。
明日は取りあえず多和平か和琴目指して摩周湖みにいってきます










ついでに押してくだされ

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

ここ最近、スロットの調子が良く、本日千円で4万5千円ゲット。

今月、なんだかんだで7〜8万の純利益をあげております。

実のところ、先月に勤めていた職場を退職しました。

理由については、環境的に自分に合わないと言うか。

内容があれなので、あまり詳しくは書きませんが、患者に対する暴力や威圧がチョコチョコとありまして。
給料は確かに魅力的でしたが、私には合わないなと。

そんなわけで、行きつけのパチ屋の設定のぶっこみ方も何となく判るようになったわけ。
おかげさまで、スロットで飯食おうかと、一瞬変な妄想を持ってしまいましたよ。

で、今日、正式に新しい職場への就職が決まりました。

なわけで、梅雨の無い北海道に明後日から行ってきます。

実家が小樽なので、帰省も半分かねているのですが、三泊ほどのキャンプかライハ利用でのツーリングを考えています。

久しぶりの北海道ツーリング。

リフレッシュしてきます。

にしても、おいらの体重と荷物満載の重量にXTは耐えられるのか・・・。

それが一番心配かも。。。。



ついでに押してくだされ

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

朝二日酔いで目覚める。

最近、マフラーの中間パイプから排気漏れの様な音がしていて、気になってもう一度組みなおして見るが変化なし。

とりあえず、液ガスもちゃんとぬったしガスケットも新品に変えたので多分こんなもんだろう。

時間は既に11時。

折角のいい天気なので、とりあえず走りに出かける。

栃木方面は決めていたけど、喜連川か日光方面にするか・・・。

外環を走りながら考えていたが、何となく気分的に日光方面へ。

佐野で降りて、いつものこだまうどんへ。



こだまうどん











野菜てんぷらうどん大盛り!

美味しく頂いて帰ろうとすると、おなかきつくなった?あれだったらお代わりしても良いんだよ。とあり難いお言葉を頂くが、先を急ぐので辞退させていただく。
しかし、今時こんな商売っ気のないお店も珍しいもんだ。

で、桐生市内から国道120号線を走って日光方面を目指す。

途中、大間々で前回のドライブで寄った、みどり屋の蕎麦を食べていこうと考えていたのだが、ついつい流れが良くて通り過ぎてしまう。

途中、CBRが車と接触して前が大破していた。

ライダーには怪我はなかったようだが、気をつけなくては・・・。


その後、少し走ったところで赤い旗を持った官憲が二名立っていてドキッとしたのだが、シートベルトの取り締まりだったらしくほっとする。


程なく日光につき、どうしようかと考えたが天気が良いので、このまま沼田に抜けることにした。


いろは坂を登るけど、やっぱりこうしたシチュエーションではチョッと力不足。

ま、乗り手のウェイトの関係も多分にあるとはおもうのだけど。









戦場ヶ原2










戦場ヶ原を過ぎると日光湯元温泉。

出るのが早ければ、温泉寺で風呂に入れてもらおうと思ったのだけど、この時点で既に四時を回っている。

湯の湖









湯の湖で一枚。

湯の香看板












風呂















以前のドライブで寄った、食事と日帰り入浴をしているお店。

塩原から来たという、温泉好きなおっちゃんと温泉の話しで盛り上がる。

やはり入浴感たっぷりのお湯で、少々湯当たり気味に。

日光湯元を後にして、金精道路へ。

金精道路













ここも、気持ちの良いカーブがチョコチョコあって、走るにはもってこい。

平日だからか、一般の車もあまり走っておらず、殆ど貸切状態。

途中、片品のドライブインかなんかで、アスパラが一束(10本ほど?)100円で売られており、お土産に3束買う。

吹き割りの滝














更に道を進むと、吹き割りの滝と言うのがあり、降りてみることに。

転落事故があるらしく、白線より外に出ないようにアナウンスされていましたが、細心の注意を払ってパシャリ。

そばで見るともの凄い迫力。

落ちたらひとたまりもなさそう。

滝を後にして、沼田を目指して走ると、とんかつやが固まって出現。

そのうちの一軒に入ることに。



あづまのかんばん











とんかつ











お値段1500円弱と、チョッといい値段だけど、柔らかいお肉で箸で切れますと言うのは、まんざらうそではなさそう。

後はひたすら高崎まで出て、関越で帰るのみ。

と思ったら、高崎のICを通りすぎてしまい、めんどくさいので、そのまま本庄児玉
まで走って21時過ぎに無事関越に。

後は淡々と高速を走り、走りなれた景色の練馬で降りて22時過ぎに自宅着。

今回のツーリングでも、結構なペースで峠を走ったりしたのだが、それでもリッター39キロを記録。

高速や峠では、チョッと力不足を感じるけどもこれだけ高燃費で走ってくれれば、その他は無問題でしょう。

久しぶりに思いっきり走ることができました。




ついでに押してくだされ

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ


梅雨の空もいったん小休止か。

昨日、今日といい天気でございまして、ツーリングにはもってこいの天気でありましたが、相方が午前中仕事と言うことで。

カブとヴェルデでのプチツーリングに出かけました。

本日のお題は讃岐饂飩と言う事で、相方が仕事をしている最中に、あちこちネットで調べまして。

ご近所に二件ほどのお店を発見いたしました。

で、職場で待ち合わせて一軒目のお店へ向かいますが、ここまで来る途中で白バイ一台、シートベルトと取り締まりがありまして、多分梅雨の時期はこうした時でないと、点数稼ぎも出来ないのでしょうから、常に後方に注意を払いながらの出発となりました。

で、向かった一軒目の饂飩屋さん。

大泉学園の駅からバイクで10分ほどの距離にあります。



エン座の前でパシャリ














エン座さんと言う饂飩屋です。

地粉の説明











平日は讃岐すずらん?だっけかの粉を取り寄せて。それで饂飩を打っているのですが、土日はここ武蔵野で取れる農林61号と言う粉を使って美味しい饂飩を提供してくれるとの事。

店内は、ジャズっぽい音楽が流れて、こでぞ饂飩屋って感じではなく、洋風な居酒屋?っぽい感じもしないではないです。
二時近いと言うのに、お店はほぼ満席。

自分たち二人が大盛りを頼んだせいでしょうか・・・・。
後から来た人は、麺売り切れを宣告されて・・・ご愁傷様です。


盛りうどん












ぶっかけおろし饂飩










上が相方の頼んだ盛り饂飩(大盛り)。
下がおいらのぶっかけおろしです。

麺そのものは、結構コシのあるお饂飩でございまして、おいらの頼んだ、ぶっかけおろしは、つゆそのものがチョッと中華風というか的な風味でしたが、こう言った味もアリかな?と。
大盛りを頼みましたが、美味しくぺロッと二人して平らげてお店を後にしました。

今度は、讃岐すずらんで打った平日の饂飩もそのうち食べに行きたいと思います。


で、二件目のお店を制覇すべく。

練馬区江古田にある、讃岐うどんのてるてる坊主、バイクを走らせます。



江古田てるてる坊主














江古田の商店街












こんな感じの商店街の中にお店はあります。

温玉饂飩













おんたまぶっかけ竹輪天付き









二人してぶっかけを頼みまして、相方はそれに竹輪天を載せてます。

で、食べてみますが。

自分、讃岐の饂飩を全部食べたわけではないので、えらそうなことはいえませぬが、ただ単にコシが強いのではなく、表面がクニャクニャっとして、噛むとしっかりコシがあると言うか、以前四国にツーリングに行った時にはまってしまった、長田うどんにそっくりなうどんでして。

高松出身の相方も、これは好きな味と絶賛されておりました。

帰りは目白通りから笹目に抜けて自宅に戻りがてら、なぜかいつものパチ屋によって。

バラエティコーナーに今更ながら新台として入った楽シーサで15000円の勝ちで、おなかも懐もふくれて帰ってまいりました。

お疲れさんです。




にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

今日からまた、ガソリンがバカ高くなりましたなあ。

チョッと前から、もしかしたらガソリン上がるかも・・・みたいなニュースは見ていたのですが、昨日、ガソリンスタンドに群がる車を見て、遅れてはならんと一緒に並んでガソリン入れてきました。
で、今日の朝、ちょっと見に行ったら、レギュラー170円ってありえないでしょう・・・。

そのうち、XTも満タン2000円ってなことになるんでしょうか・・・。

それはさておき、昨日雨の中、車でバイク屋さんに行ってオイルを購入してきましたが。

内緒ですので・・・。と雨の日サービスがあり、300V二本購入してきました。


オイル










大きい方は、前回の交換の時に800ccほどあまっていたので、1リットル入れて足りない分を古い方で補充。

ホントはいけないって言う人もいるでしょうが、自分の考えとしては、オイル交換を三ヶ月サイクルで行なうと考えた場合。

三ヶ月間エンジン回して、空気に触れて進行性に汚れて行くオイルがその間、中で循環しているわけで、一回開封したからと言って、ボトルに入っているだけですから、そんなに劣化なんてしないでしょ?
ってのが自分の考え。

でも、他の人はどうしてるんでしょうかね。
やっぱり、新しいの二缶買ってきて、あまったのはそのまま捨てちゃうんでしょうか。


とりあえず、自宅周辺をチョロっと走ってきまして、特に漏れもなく問題なし。

自宅近くに散歩ツーリングでも行ってきます。



ついでに押してくだされ

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ






このページのトップヘ