足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

2010年03月

本日無事にCB750が納車となりました。

前回、CB400SSを購入したお店なのですが、舞い上がっていたのでしょうか・・・。

相方とSSに二ケツしてお店を目指しますが、途中、曲がらなくてはならない交差点を通りすぎてしまったらしく、取り合えず東浦和駅を目指しますが、完全に道に迷ってしまい、普段の倍の時間掛かってしまい、お店に着いたのは八時過ぎ。。。


お店のスタッフは嫌な顔せずに、出迎えてくれましたが、ほんっとにスンマッセン!でした。

一通りの説明と、後、SSの任意保険を750に移動させまして、相方は新たにSSに任意保険を賭けたりの手続きで9時近くに終了。

IMG_0013


一通りの説明と確認を終えて、早速走り出します。

何か懐かしい感じもしなくは無いですが(笑)、とてもスムーズな加速ですね。

一応、エンジンガードとキャリアをオプションでくっつけたのですが、エンジンガードのお世話にならないように、安全運転で行きたいものです。

久しぶりの4発エンジン。

750とは言え、400の4発に比べると、けっこうな加速をしてくれますね。

IMG_0018


帰りにガソリン満タンにして帰ってきました。

手足が短い自分は、純正のハンドルだと、けっこう前傾がきつい感じなので、そのうち様子を見ながらアップハンにしたほうがいいかな?

これからのツーリングシーズン、新たな相棒は私をどこに連れて行ってくれるのでしょうか。

楽しみです!

本当なら今頃。

キャンプ道具を積んで、高速道路を走り、自宅に向かいつつ走っている最中か。

実際の28日の今日。

やはり天気も今ひとつであり、やる事もないからと、長らく車に引っ付いていたスタッドレスタイヤを夏タイヤに交換したのだけど、去年の暮れ前に、その辺のショップでスタッドレスタイヤに換装したのだが、馬鹿トルクでボルトを締めてるので、車載のホイールレンチをひとつ駄目にして、軽くぎっくり腰に・・・。

で、一昨日の夜勤入りの前、キャンプ道具をパッキングし、残る心配は数日前から悪化しつつある天気予報のみと仕事に向かった。

昨日、仕事を終えて、速攻で自宅に戻り天気予報を確認するが、今日の日曜日の予報は曇りから雨で降水確率が30パーから50パーに上がっている。

先月から、この日はキャンプに行くぞ!と張り切って休み希望を入れていたのだけど、雨の日のライディングは嫌なので。

相方と協議の末、今回は取りやめ。

土曜日は、気温は低いものの、大きな天気の崩れはなさそうで、どこに行くかと言う話になり。

東京モーターサイクルショーなんかも候補に挙がってきたが、首都高の渋滞情報を見ると赤い部分が多い。

普段から渋滞に巻き込まれて、アクセル開けられずにストレス溜りまくりなのに・・・。

ので。

却下。

で、10年以上前に行ったことはあるのだけど、東松山?になるのか。

ささ舟寿司なるすし屋に行ってみようと言う事になった。

途中の高坂SAで一休み。


関越にて


考えてみれば、二台でバイクに乗って出かけるのは久しぶりである。

取り合えずション便という事で、トイレに向かうと。
tabakko


新しいタバコのサンプリングを配布していると。

条件として、タバコの説明を一通り聞くことと、その説明を繰り返し聞いてるにも関わらず、いくつも貰おうする輩の対策として左手に、透明なスタンプを押される。

2分ほども掛かったか、説明を聞いてサンプルのタバコゲット。

tabako2


対面式で、ジーっと顔を見られての説明と言うのも少々照れくさかった。

トイレに行って、ETCにカードを残しっぱなしにしてきたのを思い出し、バイクに戻ると、CBX750FとCB750が止められていた。

旧車にはあまり詳しくないと言うか、良く知らないのだけど、CBXって結構かっこいいのね?と暫く見入って出発。

東松山インターを降りて、10分も走ると、目的のささ舟寿司到着。

BlogPaint


取り合えず寿司の中を注文。

店内の壁や天井には、デカ寿司を見事喰らいきった、勇者と立会い人の名前が書かれた張り紙があちこちに張られている。

中には、三日連続とか書かれた張り紙があったりするのだが、一定の量(不明)を食うとただになるらしい。

で、
すし


実際の寿司が運ばれてきて。

女性はこれを平らげると、ただになるんですと運ばれてきたのが上の写真。

十数年ぶりに店を訪れて思ったのだが、よく見るとここの店には割り箸が入った箸箱が無い。

多分、コンビニなんかで売られている握り飯と殆ど同じか、それ以上量のシャリで寿司を作ってるのだから箸なんか使えるわけが無いのである・

相方寿司


手づかみで豪快に寿司を口に頬張り、シャリと刺身が咽頭を押し広げる感触を楽しみながら、胃の中に流し込むだけ。

刺身が乗っかったお握りって思ったほうが正解!

結局、相方は、無理だからと中トロを一巻くれたけど、既に自分の胃容量は限界ギリギリ。

多分、この店でただを目指したらゲロ吐いて終わりだろう。

一人頭1900円払って、自宅に戻る。

帰り際、もしかしたら、のこりのあの一巻を食えたかも知れない。と相方はのたまっていたけど、俺と寿司ひとつ分しか違わない胃袋の容量を持つお前は何者だという事で一日終了した。

昨夜、強風のせいでうるさくて寝られず。

結局寝たのは4時過ぎ。

あまりにも風がすごいので、夜中にバイクを見に行ったのだけど、カバーが風船のように膨らんでましたなぁ。

で、本日昼ちょっと前に起きて。

そろそろやらなくちゃなあ・・・・と思いつつ、先延ばしになっていた我が家のクルーズのオイル交換を行う事に。

今回はエレメント交換も行った。

うちの車の場合、抜いた後四リットル缶1個いれれば、そのまま規定値にドンピシャになるので非常に楽である。

サクサクッと終わったので、ついでにバイクのオイルもやっちゃおうかと。

バイクの方は、3台とも前回オイル交換してからどれも1000キロも走っていない状態。

取り合えず季節の変わり目だしと言う事で全部交換するつもりだったので、車とCB400SSに6.5リットルのと、セローとXTXに2.5リットルの廃油パックを購入済み。

で、3台とも次の交換でエレメント交換の予定だったけど、距離も伸びてないので、取り合えず次回に伸ばす事に。

BlogPaint


どうせ、メーカーの推奨期間より早めに交換しているので、一回分くらい先に延ばしたとしても、推奨期間より短いので気にしない。

午後から、少しずつ強くなってきた風は、バイクのオイル交換を行う頃には強風になり、いらないダイレクトメールの葉書で作った、簡易オイルジョッキを吹き飛ばしてくれるので、余計に二つ作る羽目になり、更にドレンから落ちるオイルが風のせいで、あっちゃこっちゃ飛散するので、廃油のトレーをずっと持ってなくてはならず、非常にめんどくさい。

ガレージがあればなぁ・・・・なんて考えながらも何とか作業終了。

取り合えず、メンテらしいメンテは終了したので、休みの日は気兼ねなく出撃できそうだ。

そういえば、CB400SSですが、相棒に譲る事になりました。

触発されたのか、少し重いのに乗って大型免許取得に向けるつもりらしいですが。。。

一応、29日以降に新しい相棒が到着しまして、新たな借金生活の始まりです。

以前、不動産屋から、これ以上バイクが増える事は無いですよね?と念を押されましたので、ヴェルデをドナドナすることになりそうです。

しら〜っと置いてても・・・なんても思いますが、6台もバイク置いててもね・・・。



昨日の事になりますが。

以前、職場が一緒だったZ400氏とともに、鴻巣まで免許の書き換えにいってきました。

最初は、お互いバイクで繰り出そうと言う事になっていたのですが、天気がいい割には気温も上がらずでして。

自分自身も夜勤あけで、2時間ほどの仮眠しか取っておらず、Z氏の車での移動となりました。

道中、馬鹿話に花を咲かせながらの移動で、程なく免許センターに到着。

しかし、東京であれば、三箇所で免許の書き換えが出来て、更に午前午後と受付が出来るのに、何で埼玉は午後だけの受付なんでしょうかね。

おまけに遠いですし。。。

つつがなく受け付けも終了しまして。

そう言えば、昔バイク雑誌のコーナーで、めんこ証なる企画がありまして。

某お笑いタレントが、顔に包帯巻いたりして免許写真を撮ったのを、サンプルで乗せて、読者が負けじと面白免許写真を応募するなんてのがあった話になりまして。

ならば、うちらもと言うことになったのですが、写真撮影の順番は自分たちが最後尾。

後ろを気にする必要がありませんから、思い思いの顔で写真撮影をして、引率についてきた、免許センターの親父に笑われながら、無事撮影終了。

BlogPaint


いい年して何してんですかね〜なんて話しながら、久喜インターを目指したのですが、前の軽が制限速度ぴったりで走ってまして。

じゃまくせーなんて言いながら付いていくと、いくらも走らないうちに埼玉県警主催のネズミ捕りサイン会場が・・・。

バイクで来てたら、絶対捕まってたねぇなんて言いながら帰ってきました。

初心運転者の足かせが、昨日から始まりましたので、余計な講習やら免許剥奪なんてことにならないように気をつけて走っていきましょう。

しかし、バイク買う際に、免許のコピーをなんて言われたら、恥ずかしくて出せないなぁ・・・と今更ながら考えてみたり・・・。

今日、休みだったので、近所を散策がてら、CBSSで走りに行ってきました。

散策・・・と言っても、バイク屋巡りがメインだったのですが(笑)

以前、600クラスが気になっている云々書いていましたが、最近になりちょっと気になりだしたバイクが一台。

750


何のことはない、教習所で乗ってたあれです。

教習中にチョコチョコと、このバイクの整備性なんかを観察していたのですが、中々よさげだったんですよね。

最近のバイクにはあんまりついてないですが、センスタが標準装備されているし、プラグの交換も、一々タンクずらしたりしないでも出来そう。

後、オイルの交換量も排気量が大きくて、空冷なわりに、フィルター交換時でも3リットルで間に合うので、結構財布にもやさしい感じです。

更に、燃料タンク容量も20箸反修景なく、ロングツーリングに出たときも、田舎道でガソスタを探す手間も少なくなりそうです。

ただ、ネックになるのは、600クラスのバイクだと、大体200キロ前後の重さなんだけど、装備重量だと230キロ位になるのかな。

タイヤの減りなんかが早そうな感じもしますが、一部ネット情報ではバイアスタイヤの装着も可能だとか・・・。

取り回しに関しては、散々教習所で走りながら押したりしていたので、多分問題はなさそうかと。

で、教習車とはハンドルの高さなんかが違うと言う事でして。

前傾がきついと腰に来てしまうので、ヘルニア持ちの自分にとっては、この辺の要素は重要になってきます。

で、実際どうなのと言う事で、ネットで調べて、板橋のほうにあるドリーム店に行ってきました。


白バイ



駐輪場のすぐ奥の整備で、軽視・・・警視庁のおかっぴき・・・じゃ無く、白バイが点検を受けておりました。

大体、4月に大量に納入されるバイクですから、この時期が一年点検になるんですかね。


自分たちの整備部門とかでやるもんだと思ってたんですが、一般のお店でやるもんなんですな。

お店の中に入ると、限定色のCBがおいてあり、跨ってみようと思い、店員を探しますが、皆忙しそうだったので取り合えず、見ただけで後にします。

ちょっと離れているのですが、西東京のほうにあるドリーム店で、実際に跨ってみましたが、教習車と殆ど変わらない印象。

ケーブル類もさりげなくチェックしてきましたが、2〜3センチ程度のアップハンなら、問題なく付きそうな感じ。

やや大柄ではありますが、乗り出しの値段も安く抑えられそうだし、まだ探せば新車もある様子。

今すぐとはいかないよな・・・とは思いながらも、免許の書き換えが終わらないうちから物欲にさいなまれて・・・。

もう少し落ち着いて考えよう。。。

本日、卒業検定行ってきました。

朝八時半の集合だったのですが、7時チョイ過ぎに自宅を出まして、教習所の駐車場のラインを使って、一本橋の練習をしたりして体をほぐしてました。

結局、本日のお題なるコースはBコース。。。

何となく予想してはいましたが、取り合えず、ここまで来たらやるしかありませぬ。

本日の受験者は、大型も含めて30名ほどいまして、数グループに分かれて、コース内を走ります。

検定車両は、いつも乗ってる教習車よりも、きちんとメンテされているのか、発進もギアチェンジもとてもスムーズ。

しかし、走り出してからは、まさに頭真っ白な状態で、進路変更もうっかりして、確認と一緒になってしまったり、波状路でもエンストこそしませんでしたが、ふらついてしまったり(白線踏んでいたかも・・・)

唯一完璧だったのは、踏み切り通過だけ・・・。

前日にもう大丈夫でしょうと言われた走りには程遠い内容でした。

試験管にも、バランスが取れていないのを指摘され、又頑張って!と諭され、もう、こりゃだめだとあきらめてたのでしたが。

合格発表の時には、○が付いていて、合格したと言う事で、無事に卒業証明書をもらって帰ってきました。

なんだか、あっけないと言うか、こんなんで良いのかと言う感じでしたが、取り合えず、初心運転者期間でしたっけか?

免許をもらえた代わりに、めんどくさい足かせがはめられてしまいましたが、せっかく貰った免許なので、暫くは安全運転遵守で行きたいと思います。

BlogPaint

月曜日に無事に見極めを貰えた大型二輪教習ですが、いよいよ、検定が明日へと迫ってきた。

ホントは、火曜日あたりに有給でも入れられれば良かったのですが、うちの職場、人の出入りが激しいと言うかなんと言うか。

突如、明日から来ません!的な辞め方をしたスタッフが1ヶ月の間に2人。

この二人が残っておりゃ、その火曜日にちょこっと有給を戴いて、検定を受ける事も出来たのですが、そんな事もあり、上司は不機嫌だし、日勤のスタッフも少ないだしで、有給をくれなんて事はとても言えず。

結局、明日の日曜日まで延びてしまったわけです。

一応、チョコチョコと、コース図を見たりしてシュミレーションしていたのですが、5日以上もあいた状態ですから、感覚も鈍りますし、落ちたらまた暫く間を空けなくては再検定を受ける見通しも立たないと言うわけで。

本日、夜勤明けで二時間ばかり乗ってきましたですよ。

眠い目をこすりながら、補習・練習と書かれたゼッケンを着て。

ウォーミングアップ走行の後に、コース走行を指示されますが、一発目車線変更の合図と確認を忘れアタフタ・・・・。

2発目、波状路でまさかのエンスト。。。。

3発目、一本橋脱輪・・・・。

やっぱり自習入れておいて良かったと思いつつ、走っていくうちに感覚も取り戻しまして、コース、課題とも、大きなミスも無く(自分が思っているだけ?)こなす事が出来ました。

で、自由教習を二時間(有料)と言う事で予約をしていて、二時間目キャンセルして帰ろうかどうか迷いましたが、念の為乗っておくことに。

で、入校のときに渡された、カレンダーにA週とB週ってのがありまして、今考えてみれば、そんなわけありえないのですが。

A週はAコース、B週はBコースで検定コースが決まっているんだと思い込んでおりまして、明日まではA週だったんですよ。

で、教官殿が、見極めもらってるのに、二時間も自由教習入れてたのを不審に思ったのか、何か不安な事とかあるんです?と聞かれ、見極めから期間が開いてしまったことを伝えると、自由にコース取りして良いので、不安なところを徹底的に練習してくださいと。

だから、徹底的にAコースを練習してきました。はい。

とりあえず完璧か?と思えるまで走ってきまして、もう、合格もかたいから、検定も大丈夫でしょうと教官殿。

ウキウキしながら検定の手続きをしていた時の話。

念のため、A週とB週の意味を確認したところ、それは学科の話で、検定コースについては当日の朝に発表されますよと明るく微笑む受付嬢。

そ、そおですか・・・。
そりゃそうですよね・・・なんて、適当な返事をしつつ、そう言えば入校説明の時、そんな事を言ってたかもと思い出しながら、帰路につきました。



どうか、明日はAコースでありますように・・・。

コース図を見ながら、Bコースの復習をしています。。。

情けなや・・・。

今日は休み。

金曜日に残りの二時間を予約していたのだけど、予約を変更して二時間乗ってきた。

理由としては、例の波状路が、いまひとつな状態なので、金曜日に二時間乗って、見極めが通らなかったら、その日は夜勤で乗れないし。

次の日の土曜日に、見極めをもらえたとしても、日曜の検定はたくさん受けるだろうから、もしかしたら来週の中までずれてしまう可能性も。。。。

で、今日二時間乗って、とりあえず見極めで落とされたとしても、日曜の検定を目指していけば、見極めを通過するための補習を何度か入れられるだろうと算段した。

で、一時間目は練習コースを二本ずつ走って後は一本橋、スラローム、波状路、急制動の課題走行をやってくださいと言われ、波状路に挑むも、どうもしっくり行かず。

見るに見かねた教官殿、その速度じゃ遅すぎる。
競技じゃないんだから、そんなに頑張る必要ないと言われ、自分の後ろについて、同じ速度で通るように指示され、難なくクリア。

最初、別の教官が見本で走ってくれたとき、結構ゆっくり目に見えていたので、その通りにと思って走っていたのだけど、自分が過大に受け取りすぎていたようだ。

その後は、全く失敗も無く走れて、何だこんなもんか・・・と言った感じだった。

後は、スラロームのアクセルのタイミングが早すぎるのと、進入時の速度が遅いので、目標の7秒台をきる事が出来ないと言われ、徹底的に走りこむ。

5時間目終了し、6時間目は見極め。

担当の教官殿、知らん間に後ろに引っ付いていて、お小言をいただき、気が抜けない。

ただ、おかしかったのは、スラローム抜けたとき、別の教官がタイムを計っていて、その調子!と声をかけるのと同時に、まだ遅いよ!と後ろから同じタイミングで、別な事を言われ。。。

でも、やっぱり遅いんだろう。

何とか7秒丁度(お目こぼしか・・・)と何度目かの通過で言われ、やれやれと。

一本橋の方は、14秒出したけど、競技じゃないんだし、落ちたら検定中止だから、そんなに頑張らんでも良い事を言われるが、時計見ながら走るわけにも行かないから、どうしてもマージン取りたくなるよなぁ。

とりあえず、直線のメリハリをもっとつける事と、カーブや交差点を曲がる際は、バンクさせないで小回りする事を念頭に置くように言われ、なんとか無事に見極め通過。

金曜日の夜勤入りで検定を入れようとしたら、火木土日しかやってないと言う事で、日曜日に予約を入れてきた。

ただ、随分と間隔があいてしまうので、パチンコで損したと思って、土曜日に2時間ほど自由教習でも取ろうかなと思っている。

今頃になって、教習所内を走るのが少し楽しくなってきたのもあったし、免許取れたとしても、暫くの間はバイクを買うことも出来ないので、もう少し乗っていたいと言う気も気持ちもあったりして(笑)。

ま、緊張症なので、本番でやらかさないようにだけはしなくては・・・。








昨日、シュミレーター乗ってきた。

普通の教習と違って、結構リラックスした感じで50分終了。

残すは後二時間。

今日の午後から2時間のって、うまく行けば見極め終了となるのだけど、果たしてどうなる事やら。。。。

うまく行けば、金曜日に検定という事になるんだけど、どうも見極めで補習つけられそうな予感が・・・。

で、教習終了後、相方に付き合って、近所のジャスコへ。

日曜の夕方と言う事もあって、ジャスコの中は人でごった返していた。

何しに行ったかっちゅうと。

相方の眼鏡えらび。

通常は、コンタクトレンズを使用していたのだけど、どうも苦手らしく、たまに・・・・・な時もあったりで、眼鏡なら違和感も無いだろうと。

人でごった返すジャスコの中を、ヘルメットぶら下げて歩くのは結構勇気が要るかも。

めがね


傍から見ると異様な光景だったろう。。。

メット被った時の違和感の確認と言う事で、恥ずかしい、言いながら実際の装着間を試しておりました。

購入したのはナイキの眼鏡ですが、耳にあたる部分がプニョプニョ曲がるので、メット被ってても違和感が少ないのでは?ッちゅうことで、結局、4万越えの出費と相成りました。

その後、某区内のバイク販売店へ行ってみると、気になっていたヴェルシスがおいてあったのだけど、今年は日本に30台位しか入って来ておらず、お店の2台はすでに売れてしまっている物だとの事。

特別に跨らせてもらったのだけど、短足のせいで両足のつま先が届く程度。

ほかの販売店に確認すれば、在庫があるかも知れないとは言ってたが、あっちゅうまに売れちゃうんだろうね。

もう一台、ER−6Fの方も跨らせてもらったけど、400と変わらない大きさで、とっつきやすい感じ。

以外に状態も起き気味になるので、楽ちんそうな感じ。

ローンがあるだろ?と言う声が聞こえてきそうだったけど、とりあえず見学だけで帰ってきた。

バイク欲しい病ば始まりそう。

やっと、XTXのローンと車のローンが終わったばかりなのに、またローンを増やすにはちょっと早すぎる。

自重せねば・・・。

今日は日勤で、いつに無く仕事が早くに終わりました。

次回の教習予約を日曜日から月曜日に入れてあったのですが、週末から来週中ごろにかけ、天気は下り坂。

おまけに、この時期だっちゅうに、日曜日の予報には雪だるまが書いてあったりで。

その日曜日は、夜勤明けで午前の最終に一時間のって、午後からシュミレーションだったのですが、そんな天気の中で運転なんてありえませんがな。

っちゅうわけで、ちょっと雑務なんかも残っていたのですが、気づかなかった振りで、速攻でお疲れ様!。

カブに蹴りをくれて、自宅に教習原簿を取りに戻り。

雪マークのついた日曜日はシュミレーションのみにならないかと、一か八かのキャンセル待ちをする事に。

で、教習所に電話して、キャンセル待ちの状況を聞くと、この後すぐの教習であれば乗れるようですが、最終時間の教習では満員のため、微妙な状態だとのこと。

この後すぐの教習は、今から出発しても多分間に合わず、キャンセル待ちで乗れなかったら、シュミレーターも含めてキャンセルして、来週末に予約変更でいいかと、最近火を入れていないCB400SS跨って、テロテロと走ったら間に合っちゃいまして。

今すぐだったら大丈夫!急いで準備してと言われ、身支度を急ぎます。

一段階の四時間目で、たくさんのダメ出しをしてくれた教官だったのですが、自分が身支度している間に、バイクを待機場所まで出して待っててくれてまして。

恐縮しながらの授業開始。

とりあえず、体験授業みたいな感じで、坂道を40キロで下ってきて、ランプが光ったら、その色で左右に寄せたり、急制動かけたりってのをやらされまして。

その後、自由に走って交差点を曲がるコースを自分で立てて、一本目のミスを自分で考えて、二本目にそのミスを直すようにして走るように言われ。

その後で、二段階の教習コースを走るのですが、やっぱりネックの波状路。

一本目。

脱輪の後エンスト・・・。

二本目、暴れながらも何とか完走・・・・ですが、アクセルのタイミングばらばら・・・。

三本目、おんなじ様な感じで暴れながら完走、いくらかアクセルのタイミング合ってきた?

ホントに何となくですが、少しだけコツを掴んだような、そうでないような。

シュミレーターが終了して二時間で、果たして課題をこなす事が出来るのか・・・。

教習原簿


お情けの判子を押してもらい、恐縮しながら帰路に着く。


それでも、限定解除の明かりがもうすぐと言う所までくると。

どこにそんな金があるんだとわかっていながらも・・・。

ネットで見ると言えば。。。

ヴェルシス


カワサキって殆ど乗った事無いのだけど、今一番気になっている。

XT660R


デイバージョン


↑これ、実際に跨って、結構しっくりしてた。

フェザー



CB600N


Vストローム


他にも、BMWのF650か800GS、ホンダのトランザルプなんかも気になってますが。。。

二年後に購入を目標に貯金かな・・・なんて考えてますが、今回免許を取るだけと言う事で教習所通いを許可された身ですので、ここ暫くは今の体制で行くしかないなぁ。。。

明日から茶碗洗いとかしようかな。。。

このページのトップヘ