足るを知れ!

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。

2013年10月

昨夜の憂さを晴らそうと。

ミラバンに乗ってでかけてきましたです。

実は、昨日も行ってたのですが、探せど探せど見つけられなかったのですが、場所が判明したので、見に行ってきました。

DSC_0533


これが赤い蕎麦の花。

DSC_0537


一月に収穫されるんだとか。

是非とも、香川産の蕎麦、どんどん量産してうどんなみの値段で売ってくだされまし。

んなわけで。

塩江街道から徳島に抜けて、剣山を登りますが、道は狭いは凸凹してるところもあるわで、なんとも快適なと言うには程遠い、そんな場所でした。

んで、特に見晴らしがいい場所があるわけでもなく。

上りきった頃には、後悔の念が・・・・。


剣山と言えば、スーパー林道と言うのも興味があったのですが、道も良くわからんし、車で行っても辛いだけだろうと言う事で帰ってきましたが。


いつしか、国道439号線にいつしかスイッチ。

これが、更に更に悪路。

ブラインドコーナー回ってると、対向車が飛び出してくるわ、通称ヨサクの酷道439号線は伊達ではありませんでした。


DSC_0551


恐らく、車では二度と行くことはありますまい。

DSC_0539


紅葉も始まっているようですが、車を止めて写真を撮れる場所は非常に限られてます。

サンポート高松で駐車違反している小生ではありますが、本当に止めてヤバイ所には絶対に止めません。


帰る為の足が無くなるどころか、命にも関わってくるので。


しかしまあ、紅葉の時期の週末なんて、どんなことになるんでしょうか。


行くとしたらバイクだなと思いましたが、暫くは近づかないことでしょう(笑)


昨日の夜。

母親の見舞いの後に、ちょっと高松の港の夜景でも写真に・・・


車から降りると、なにやらでかい船が停泊しているなと思いきや。

DSC_0515


掃海母艦のぶんごと言うらしい。



今度ぁ、昼間の明るい時に見にきたいね・・・・なんて悠長に車に戻りますると・・・


SN3O1219


クソ野郎共が人の車にイラン紙貼り付けて行きやがりました。

確かに目の前に駐車場あったけども、そんなに車も通らないし、平日の夕方なんて路上駐車し放題じゃないの。

あまりにもあんまりだがや!






・・・・・今度はバイクで行くことにします。

駐車場代取られないので・・・。

先年の違反がやっと帳消しになって、点数が元に戻ったかと思いきやの、10年ぶり以上の駐禁チケット。

また、納付が終わったら三ヶ月の間、大人しく走りますです。

はい。

先日のオイル交換から、安オイルはないかと色々とサイトを見てましたけども。

結局、先日ミラバンの交換で入れたカストロのGTX-K 5w30SMが、色々な面から判断して安いのかなと言う結論になり。

ま、ずっと銘柄は違うけど、ずっとこのブランド使用してきて、なんら不都合は無かったという事が主な理由。


P1040340


イエローハット高松南店で、店頭に並んでいた6缶をまとめて買ってきましたです。

P1040343


このオイルも、SNクラスの物が出てきていて、在庫処分と言う事で値段が安くなっている様。

一応、ホムセンも含めて数店舗で値段を見て回りましたが、大体2300円弱から2400円弱といった所。


P1040341


んで、その掃き出し価格が1780円なんで一缶あたりで500円の価格差。

全部で3000円ほど得したのかなと。

で、気になる製造年月ですが。

P1040342


このオイルの場合、SIX13E31とありますが、13が西暦を表して、次のEが月をあらわし、2013年の6月生産のものと言う事で、まだまだ新鮮な部類。

ステラのほうも、現在、オイル交換から2000キロ程度走っているのですが、夏の間、母親の見舞いの際に、犬を車に残してアイドリングでエアコンONで駐車していたりするので、早めの3000キロ交換でいいのかなと。

メーカーの点検パックのオイル交換は、来年の3月辺りになるので、その間の繋ぎとしてこいつを使うことになるだろうと思います。


ところで、SMとSNの違いについて、ちょっとしらべてみたのだけど。

まずは、SL規格から・・・・・

エンジンメーカー推薦下で運転される2001年以降のガソリン車に適用。SJの最低性能基準を上回る性能を有し、高温時におけるオイルの耐久性能・清浄性能・酸化安定性を向上すると共に、厳しいオイル揮発試験に合格した環境対策規格。


で、SMは

SL規格よりも、省燃費性能の向上、有害な排気ガスの低減、エンジンオイルの耐久性を向上させた環境対応オイル。またこれまで試験の無かった劣化油の低温粘度を計る試験が追加され、低温流動性、酸化劣化に優れたベースオイルを使用する必要がある。


で、現在主流となりつつあるSN規格だと

これまで一番厳しい規格であったSM規格よりも、省燃費性能、オイル耐久性、触媒システム保護性能の改善が求められる。省燃費性能はSM規格対比0.5% 以上の改善。オイル耐久性はデポジットの発生をSM規格対比14%以上改善。触媒システム保護性能の改善は触媒に悪影響を与えるリンの蒸発を20%までに 抑制することが求められる。

と、BpのHPでは説明されている。

省燃費性能がSNと比べて、0.5佑硫善って、仮にリッター100キロ走ったとしてたったの500メートル程度燃費が上乗せされると言う事?

さぞかし、厳しい規格で優れたオイルみたいな事言ってたとしても、直接お財布に影響してくる燃費と言う面では、微々たる物しかなく、下手すりゃ誤差範囲なんじゃね?と思わなくも無い。

デポジットの発生とか、触媒の云々なんて書かれてるけど、17万キロ近く走って手放した、超不人気のシボレークルーズでも、手放すまで全くエンジンの不調もなく、燃費も新車で購入してから全く変化無し。
車検に出したからと言って、それで排ガス規制に引っかかったこともないし。
そうやって考えれば、別に今、割高なSNを選んでオイルを入れたとして、価格差を燃費で補うとなると、たったの0.5佑両緇茲擦世ら、態々高いグレードを選ぶ必要も無いのではないかと。


んで、SLからSM規格に変わるときに、SMオイルは本当に車にいいのか?と言う疑問を投げかけているサイトの一文。

リンや硫黄分を減らしたことは正しいか
 減らした分、排出ガスはきれいになる。
◆△靴し、エンジンオイルの主な作用である潤滑性を担っていたのはリンや硫黄である。
、したがって、専門家の間でも環境には良くても、エンジンにとって好ましいかどうか分らないというのが大多数の意見であり、エンジンの寿命について確かなデータはない。(特に動弁系への影響が懸念されている)

Bpの文言には、リンの蒸発を20様泙┐襪判颪れてるけど、=減らしていると言う事になるのかは、ちょっと不明なんだけど、なんかこれを見ながら、これまで乗っていた車の健康状態というのを考えると、新しい規格ほど高性能と言うわけでもないのかもしれない・・・とも思える。

ただ、リンがどうのこうのという潤滑性能云々は、SM規格のものをずっと使ってきて、問題ないから、メーカー推奨より短い期間で、まめに交換するならSLからSMに変わったからと言って特に問題ないんじゃないかとも思える。
添加剤が劣化する前に交換しましょうね?と言うことなんだろう。
じゃなきゃ、その辺彼方此方で白煙吹いて路肩に止まっている車が街中あふれてしまうことになる。


それぞれ、人の考え方とか価値観もあるだろうけど、4〜5千キロとか、カー用品店の言う事を忠実に守って3000キロでまめにオイル交換するんだったら、SMとかSLで十分なんじゃね?と。

ミラバンもSM以上を推奨としているけど、潤滑よりも環境性能からと言う事でそれを推奨するのであれば、エンジン保護と言う観点からは、SL規格のものでもいいんではないかとも思ったり。

なんか、こうやって見てみると、オイル一つでもホントに奥深いというか、色んな考え方とか、情報があるもんだなと思います。

ま、SN規格のオイルについては、もう少し値段がこなれてきてから導入を考えることにしようと思う。

世に余っている、SM規格の物が吐き出されれば、もう少し値段もこなれてくるだろう。

本日は仕事が休みだった。

先日、退院してきた母親が早々に入院してしまったので、犬を連れながらの息抜きにと出かけてきた。

自宅から塩江街道に抜けて、徳島方面を目指しますです。


途中、脇町になるのかな。

是非とも写真に撮りたかったのだけど、凄い場所に隠れながらの測定現場を目撃いたしまして。

こっち来てから、二度ほど有人式の取り締まり見てますが、今の所、全てステルスを使用しているようで、こりゃ適わんと言う事で、とりあえず先頭にならんよう、金魚の糞走法で目的地を目指しますです。




DSC_0485


大歩危小歩危の祖谷のほうにある松尾川温泉。


前回、バイクで嫁と黒沢湿原に行ったときに勧められた温泉でして、かけ流しのいい温泉だと言う事で気になっていたところ。

DSC06723


三好市で管理している施設との事で、これまでは日帰り施設は無く、このしらさぎ荘での入浴のみだったとの事。

看板には湯治も出来るようなことが書いてあり、益々気になるところ。

DSC06722

新しくオープンした日帰り施設。

入り口で入浴券買う。

大人一人500円也。

DSC06719


入れ違いに一人の入浴客が出て行って、自分ひとりだけになったのでお風呂の写真も撮っておく。

5〜6人も入れば、キツキツの湯船。

草津の様な湯量豊富な温泉ではないので、少な目の沸かし湯がチョロチョロとかけ流されている。


最初は、まぁ、手足を伸ばしてお湯に入れればいいや!位の気持ちで入ったのだけど、お湯に浸かると体がヌメヌメしてくる。

温めかなと思われる温泉も入っていると、次第に体が温まりだして汗が噴出してくる。

こりゃ、湯治で利用したらかなり気持ちいいかも!と思った。

犬とかいるから、随分と先になるんだろうけども。


DSC_0500


また小便小僧ですが、やっぱり迫力あるわいなぁ。

手前に、犬の顔でも出そうと思ったのだけど、吼えやがるため、落としても困るからとやめた。

DSC_0505


帰りがけ、徳島ラーメンの店で昼食。

とは言っても二時過ぎてたけど。

DSC_0510


あまり期待してなかったけど、中々のお味でスープも全部飲み干しました。


で、コメリがあったので、オイルの安売りでもしてないかと物色すると。

DSC06727



コメリブランドの化学合成油発見。

安売りか?

と思い、よくよく見ると。

DSC06728


暮らし応援特価、まさかの100円増しの2380円也(笑)



塩江街道から無事に高松に入って、ステラに飯を食わせる。

SN3O1211


476キロはしって。

BlogPaint


19.49箸離譽ュラーガソリンを召し上がられまして。

気になるお燃費は・・・・・24.46km/ℓ

待ち乗り半分と、今回の温泉ドライブでしてが、さすがTNPですな。


で、自宅に一旦戻り、母親の見舞いに行った帰りにミラバン様にも飯を食わせました。

SN3O1214


走行距離342キロ。

BlogPaint


15.38リットルの飯を平らげまして。。。

22.24km/ℓの燃費。


こちらは、ほとんどが通勤と言うシチュエーションですが、乗り方にもよるんでしょうけど、マニュアルだから燃費が良いとは言い切れませんな。

坂道になったりすると、その都度、クラッチ踏んでギア落として・・・・なんて手間をかけることを考えれば、マニュアル車の存在意義は、操る楽しさくらいにしかならないのかもしれませぬ。

しかしまぁ、あれだ。

両方とも750よりも、いい燃費たたき出しているのを見ると、ガソリン代が浮くからと乗っているバイク。

これも、なんだか乗っている意味が・・・・・ブツブツ

バイクはバイクで楽しいからいいのですけれども。





ブログ書こうと思いながら、明日でいいやと言ってるうちに一週間が経ちまする。


バイクの場合、空冷エンジンと言う事もあって、2000キロ前後で交換することにしてますが、車の場合は4000キロと決めてます。

だけど、知らぬ間に4000キロを超えてしまってまして。

急遽、エンジンオイルを物色しに西村ジョイに出かけましたのですが、ミラバンの場合、メーカー指定してされているのはSM以上で5w30または0W20。

まぁ、エンジンには絶対!化学合成100%だ!と言ってる人から見れば、何けち臭いこと言ってんだ?といわれそうですが、これまでシボレークルーズに入れていた、カストロの10W30などは4箸韮隠坑牽葦澆箸。

新車で購入してから、売却するまでの間、鉱物オイルであるこれを使用してましたが、エンジンは手放す最後まで、好調そのもの。

セールになれば、もっと安価な値段で買えてましたから、感覚的に3リットル缶なら1500円プラス200円位までだなというのがありまして。

だけど、有名どころの冠を被った物は、全て2000円位のお値段が。

これだったら、自分でやらんでも、まだ会員のが残ってるからと、イエロー法度まで車を走らせると、_SL500_AA300_
こいつが、1780円のプライスが付いておりまして。

最初からこっち来れば良かったと無事に交換になりました。

ただ、フィルターがここにおいてある奴、1300円もしやがり。

安く上がったんだかなんだか良くわからなくなりましたです。はい。

で、やっぱり次回からは自分でやろうと思いましたです。

はい。


んで、随分前から気になっているホムセンにおいてある安物オイル。

今の所、ジョイフル本田においてある物が良くひっかかるのですが、ちょっと調べてみると、そんなに悪いモンではないという様な話も結構あったり。

ちなみに、それはSUMIXブランドになるのですが、香川県だと西村ジョイと言うホムセンがありまして、そこでSMクラスの5w30が1580円だったかな。

あと、EXCELだったと思いますが、そんな名前のオイルエレメントが580円のうれしいお値段。



んで、今日、職場からちょっと離れた所にある、コメリのでかい店を視察してきました。

780820

SNクラス。

752107
コメリブランドのこれなんか、100%化学合成油とのふれこみ。

4箸世韻鼻⇒召辰燭里麓,里砲泙錣擦个いい塙佑┐討い襪里如■喚抜未任OKと思ってます。

759932
モービルのベール缶、実物は置いてなかったけど、通販で購入するとリッター辺りの値段がかなり安くなります。


以前、カストロールの訳ありオイル4リットル6缶をヤフオクでかなり安く仕入れることが出き、そのとき、カストロのサービスセンターに製造年月の見方と、保存期間について聞いたのですが、分離されたりなどの現象が無ければ、密封した状態で三年は大丈夫でしょうとも言われました。

よく、酸化がどうのこうのと言われるけど、考えてみれば安静に置いてある状況ならば、酸化する場所って表面だけですからね。

今は、色々事情があって、そんなに距離を乗ることもありませんが、これまでのペースで乗っていたのであれば、ベール缶で買って車にぶち込んでいたほうが、かなり安く上がっていたのかもしれません。


んで、ネタ的に興味が引かれたのがこれ。
775604

まさに働く車のエンジンオイル。

それこそ軽トラといえば、坂道を低いギアでガンガン引っ張って乗り回したり、暖気もせずにいきなりGo!なんてことも多いだろうカテゴリの車。

耐久性アップと銘打っているのが本当ならば、それこそ、仕事で走り回っているミラバンに関しても、随分と共通する物があると思うのですけども。



価格的に行けば、モービルのベール缶が最も安く上がりそうな感じがするのですが、嫁のステラは何タラシステムだか、保障期間中はオイル交換やら点検やらが込みになっている状態なんで、ベール缶は二年後の車検まではお預けかな。

素性的にも、値段的にもこの中では一番かなと思っているのですが。

ま、今のペースだと、次のオイル交換も随分と先になりそうなんで、それまでゆっくり考えようかなと。

嫁の母様からプレゼントいただきました、白馬をちびちびやりながら、明日の仕事に備えまする。

はい。




SN3O1208







昨日、熱が出たと日記を書きましたが、その昨日の夕方。

昼寝してたら、4時過ぎに職場の同僚から熱が出てリンパも腫れて、夜勤できないんで代わってもらえませんかと電話がきた。

お前か!

おれに風邪うつしたのは!






そんなわけで。

先日の夜勤、カブで出撃したのですが。

職場の駐輪場に着くぞというところで、リアブレーキのペダルを踏むとカキン!と言う音と共にかすかなキックバックがブレーキペダルにつたわって来ること数回。


センタースタンドかけてタイヤを空転させても、特にロックしたりと言ったことも無し。

ただ、ブレーキ残量確認ゲージがあと少しで限界。


恐らくこの辺に原因があるのではないかと思い、交換作業に踏み切りました。



P1040327


キタコのブレーキシュー。

SH-5Nだったかな。品番。


お値段1260円

カードで買ったら、何回にします?と言われて、は?っと思ったのですが、分割にする人もいるんだとか。

つうか、それカードの使いすぎじゃ!と思いながら帰ってきたのですが。



写真では既にくみ上げてます。

昨夜フラフラしながら、組み付けました(笑)


P1040328


純正のと違って、斜めにスリットが入っていて、これが粉塵の発生を少なくしたり、放熱効果を稼いだりしていると言う事なんだけどどうなんでしょう。

今まで、特に不具合を感じたことは無いので、別にあっても無くてもそんな変わらんのじゃないかと思いますが。




で、一応、裏面の能書きには、サイドを面取りしたほうが良いと書いているので、鑢でシコシコとやりました。

つうか、ブレーキ関係の部品、パッドもそうなんだけど、やったほうがいいなら最初からやっといてくれませんかね。

これまで乗ってきたバイク達みても、純正でくっついてる物に、そんな事しているの見たことが無い感じがするんですが、ホントに必要なの?と思ってみたり。

それとも、純正はそんな事しなくても最高の働きをしますよと言う事なんだろうか。

いずれにしても、この面取り作業以外とメンドクサイ作業だし、なんか勿体無い感じしませんかね。


P1040329


そんなわけで、タイヤ外して洗浄した後、無事に組み付け官僚。

左が交換した純正なんだけど、見た目厚さはそんなに変わってない感じがしますが、組み付けた後、ゲージは遥か手前を指してました。

ポンチマークとか合わせ間違ったりしてはいないと思うんだけど。



そんなこんなでリアが終わったので、フロントもばらして洗浄とグリスアップ。

当初付けていたディスポの手袋もめんどくさくなり、この頃には素手での作業になりましたので、写真はこれまで。

若干、初期伸びチックなチェーンも貼りなおして、自宅周辺をちょこっと走りましたが、やはり当たりが出てないのか、かなりマイルドな感じ効きかた。

距離乗りこなして、どんな感じになってくるのか分かりませんが、暫くは余裕を持った走り方をせねばなりますまい。

今日の夜勤あけで、珍しく明日から三連休。

あれして、これして、あそこ行って・・・なんて考えていたのだけども。

夜勤中、なんだか鼻の奥が痛いなぁ・・・と思っていたら。

見事に風邪ひきました。

おまけに、昨夜の夜勤にはカブ様をチョイスして出勤したのですが、勤務を終えて帰る頃には雨。

昨日の昼の予報では、午前中が30パーで、午後から60パーなんて書いていたので、安心していたのですが。

当然、カッパも持たずの出勤でしたので、思いっきりずぶ濡れに。。。。


頭がボーっといたしまする。

現在、37.6℃。

めったに熱なんか出さないタチだったのですが、昨年末から続いて、体力も落ちてきているのでしょうか。

参りました。

ホントに。。。。

クソ!

昨日の夜勤明け。

ナナハン様のチェーン交換に先立ち、ドライブスプロケットの様子などをちょっと見ておこうと、カバーなんかを外したのだけど。

同じく、まだまだ使えそうな感じ。

そのまま蓋をして昼寝でもしようかと思ったのだけど、いっそのことやっちゃうか!

と交換作業に。

P1040326


何で、リアタイヤ外したかと言うと、ナナハン様もハブダンパーを交換することにしてまして、部品を注文していたので、取り替えることに。

ちなみに、ナナハンのハブダンパーは、CB400SSと同じ物。

写真は無いのだけど、CB400SSに比べてそんなに磨耗している感じがしなかったけど、空けてしまったので交換することに。

P1040325


ドリブンスプロケット。

これもそのまま使っちゃいましょ。

写真はこれまで。

手がベトベトでもう、カメラなんかさわる気もしない。


チェーンのカシメの段階で工具のセンターが合っていなかったのか、カシメがつぶれている・・・・。

良く見ると、これは恐らくピン抜きの時だと思うが、カシメピンが微妙に曲がってしまっている。

サイズの大きなチェーンは、サンダーでピンの頭を削ってから抜きに掛かった方がいいのかもしれないな。

メンドクサイからと省略してしまったことが悔やまれる。


結局、予備に買っておいたリンクを新たにかしめて、作業終了。


CB400SSとナナハンで、何度かかしめ圧入に失敗はした物の、何となくコツつかめた感じが。

ちなみに、RC42のチェーン。

DIDの525VXをウェビックでポチッたのだけど、DIDのHPの車種別適合では、92〜06年の対応としか書いておらず、メーカーに問い合わせても不明との回答だったが、一応大丈夫だったよう。

ホンダのほうにも、念の為、スプロケットやその周辺部品に変更の有無を問い合わせたが、純正のチェーンもに変更も無く着ているので、07も最終型も問題なく使えると自己判断。

つうか、純正で使われているチェーンって、DIDの物だったりするのだけど、何でメーカーでその辺が把握できないのかちょっと不思議。


しかしまぁ、外したリアタイヤを戻すのに、結構手古摺ってしまったのだけど、バイク屋の人なんかは、結構簡単に、一人で装着させてたもんなぁ。

腰が痛いです。。。





このページのトップヘ