足るを知れ!

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。

2014年08月

今日、めでたく1000キロを迎えたYBR125とGN125Hを初回点検に持っていった。

二人でそれぞれに乗っていけば、一回で済んだのだけど。

今日はお犬様を預けていない日なモンで、一台ずつ持っていくという、非効率的な方法で半日以上を潰した。

オイル交換も一応してもらい、取りあえずは、一つの区切りはついた。


乗ってて、どうか?と聞かれたので、バイクそのものとしては走っていて問題となる事は無いのだけど、YBRのほうが、実はタコメーターが5000回転を超えると、これが針が行ったり来たりと落ち着かない状況。

その辺を話したのだが、中国製は大体こんなもんだと、何となく予想していた通りの返答。

現時点では取り替えてくれるつもりは無いらしい。

もっと酷くなったら対応しますとは言ってたけど、慣らしが済んでしまえば、別に見る必要も無いんで、どうでもいいw

ま、釈然としない部分もあるけれど、速度さえきちんと刻んでくれれば、それで問題なし。


国産車なら、すぐにメーカー保証でという事になるんだろうけど、お店独自の保証制度になるから、こんなもんなんだろうな。

ま、並行輸入と言うか、メーカーが正式に販売しているものでは無いから、こういう時にメーカーが正式に販売しているのと差が出るのかもしらん。

これから買う人は、その辺もよくよく考えて。

完璧を求めるなら、YSPからインジェクションモデルが出てるから、そっちならYSPとしての保証として受け付けてくれるだろうから、色んな意味で安心かもね。

ま、自分としては、セローのインジェクションが、未だにリコール対策になってなく、サービスキャンペーン扱いと言うところで、余りインジェクションに対して、信頼性を置いていないので、キャブモデルを購入したのだけど。

ま、取りあえず走るには問題ないんで、このまま行く。

中華バイクを飼うと言うのは、細かい事を言ってはいけないのである(笑)




ウェビックで頼んでいた、部品が届いた。

SN3O1477


部品と言っても、オイルフィルターを交換するときのゴムパッキンなんだけども。

で、GN125Hのゴムパッキン。

国内だと、アドレスV125なんかと共通らしくて、アドレスって言うと、結構売れてたイメージあるんだけど、地元のバイク屋に在庫聞いても取り寄せ。

聞きまわったお店の一軒なんぞは、スズキの場合は、問い合わせと部品が届くまでに1週間くらい掛かると言われ、ならば・・・という事で、通販使いましたです。

関東にいた時、二輪館なんかに行けば、こうした類の良く使うものは、純正若しくは、互換部品見たいのが普通に売られていたけど、アレが特別だったのかもしれないねぇ。

思い起こせば、10年以上前に北海道に一時的に戻ってたときに、アレだけ売れてたスーフォアのオイルフィルターも注文だったからなぁ。

因みに、写真に写っているプラグは、ホントのところ言えば、モノタロウのほうが安かったので、そっちで頼みたかったのだけど、ウェビックの通販も3000円以上から送料無料という事で、しょうがなく頼んだもの(笑)
某通販では二分の一で売ってた。

ま、バイクの需要なんて車に比べたら、鼻くそ以下だからしょうがないと言えばしょうがないですな。

いつ売れるか判らんもの並べておいたってしょうがないし。

ましてや、GN125だし(爆)

いずれにしても、地方に移ったら、消耗品のある程度は備蓄しておくのが常識なんでしょうな。

だけど、そんな常識を破って、手の届かない痒い所に手の届くバイク用品店なんてのが、この界隈にあったら、一気に集客力上昇するのにな・・・なんて。

ま、勝手に思ったりもする。

先日、無事に1000キロを越えたGN125Hに続けと、本日もYBRで適当に近所を慣らし運転してきた。

DSC07787


まんのうの方から綾川に抜ける峠道。

純正タイヤは滑るという前評判があるので、無理はしないようにしてはいるのだけど、晴れた日なら普通に走ってりゃ別に大丈夫なような気もしないではない。

このまま使い切る事になるのかな。

それにしても、チェンシンタイヤ。

DSC07792

ナイロンの刻印がまたタマラン(笑)

細かい文字を良く見てみたら、ポリエステルなんて書いてあった・・・と言うのは嘘だけど(笑)


そうそう、タンクにはEU3の地球に優しいと言うステッカーが貼ってあるのだけれど。

DSC07790


よくよく見れば。

DSC07791

AIカットがなされていたり(笑)

これの恩恵かどうかは判らないけど、この時期ならチョーク引かんでも、エンジン一発始動OK。


そういえば、昔乗ってたVテックついてないスーフォアも、手放すまでの五万キロを乗ったけど、チョーク引いたことなかったもんなぁ。

一応、暖気は慎重にしているつもりだけど、キャブのXT250Xのように、走り出しにギクシャクする事もなく、エンストの嵐を食う事もなし。

寒くなったときにはどうなるか判らんけどなぁ。


DSC07794


昨日の天気予報では、傘マークがついてたが、風は強いけど雨は降らなさそう。

高松空港の近くをうろついてたら、空港の裏側に出る道にでた。

DSC07802



DSC07798


丁度、飛行機が飛び立つ瞬間を見ることが出来たが、羽田だ成田だなんて空港に比べると、何とも平和だなぁ。

テロ警戒なんて空気すら伝わってこない(笑)

こんな感じなんが、住んでて丁度いいのかもしれませんな。


この後、どんよりと雲がかかりだして、おきにのうどん屋に行くけど定休日。

久しぶりのもう一軒のおきにのうどん屋に行くも、ここも定休日・・・。


しゃーないので、以前食ったけど、余り美味しく無いなぁ。。。と思いつつも、お手軽な場所で腹を満たす。

自宅に戻って950キロまでODOメーターが進んだので、今週末バイク屋に持っていく予定。

自宅でマッタリしてたら、歯医者に行くのに遅れてしまった。




距離も2万キロに後一歩のミラバン。

前回の交換から4200キロ走ったんで、嫁が仕事から帰ってきて、あたりが暗くなりそうな場面でオイル交換強行。


オイル抜くのに寝そべっていたりすると、蚊の羽音がかなり煩かったけど、結局刺されなかったのかなぁ。

今回は、オイルエレメントも交換したのだけど、気が向いたときに、予防的な意味を含めて、エレメントにオイルを満たしてねじ込むんだけど、蚊が煩くてめんどくせぇ!と、そのまま組んだら、エンジン始動の時に、エンジンからカリカリカリカリカリカリカリ・・。

2秒か3秒で音は止んだけど、この行程、結構省いたりする事も多いのだが、こんな音なったの初めてだなぁ。

ホムセンで売っていた、エクセルとか言うメーカーの物だったんだけど、一応、適合見ながら買ってきたつもりだったけど、違うんかなぁ。。。

確かKFのエンジンもOKだったようだけど。

ま、この車でエレメント交換は始めてだからあれなんだけど、次回やる時はエレメントにオイルを入れてから組み込む事にするべし。

それでも、音が鳴ったら・・・・?

エレメントの適合があってなかったって事か・・・

修了後、久々に焼き鳥をして一杯。

SN3O1473

北海道では割とポピュラーな豚のネギマも焼いたけど、うまかったぁ!

焼きあがるまで待てなくて、ビール飲んだけど、食べる頃には酒が亡くなっていたと(笑)


この所、ちょっと飲みすぎなんで、休肝日作りまする・・・・。


昨日、アストロに行って工具バックを購入してきた。

SN3O1472



いつもは、全部一緒くたに入っている工具箱をヨッコラヨッコラと庭先に出してやってたんだけど、その内の使う工具ってほんの数種類。

SN3O1471


取りあえず、良く使いそうなものをチョイスして入れてみたけど、これで工具の持ち運びは大分楽になる?


アクスルナット緩めたりとか、そんな作業の時には、ここに入りきらないメガネなんかが必要になってくるけど、それはそれで、その時にメインの工具箱から取り出せばいいかと。

暫く、そんな機会は無いけど、遠乗りするときとかも携帯工具として持ち運びできるので、一挙両得?


ただ、メインの工具箱のほうも、車両の乗換えで、使わなくなったサイズのメガネやコンビネーションレンチなんかが多数あるので、これも近々整理しなくてはだなぁ。。。






一昨日、久しぶりに嫁と二人でツーリングに行ってきました。

お犬様のほうは、いつも嫁が仕事の時に預けているトリミング屋さんでお留守番。

ほんと、こいつもバイクに乗れれば、キャンプだとか泊りがけのロンツーとか、好き放題に遊びに行けるのになぁ。。。、

出前カブのおかもちをぶら下げる奴?あれで犬のケージを吊り下げられないかとか、色々と妄想が湧きますが(笑)

DSC07758

先ずは腹ごしらえ。

半熟たまごの天麩羅も中々旨し。



DSC07760


久しぶりにカメラいじったら、なんか色が変になってしまった。


DSC07764


今年は雨が多い所為か。

DSC07761


滝の水も勢いがあるようで。

雄滝と雌滝と二つあるようですが、雌滝のほうは更に下に下っていかねばならず、めんどくさいので断念(笑)

こんな景色見るの、どれ位ぶりだろう。


徳島に抜けて、剣峡なんてのが見えてきて中々絶景だったのだけど、走ってるのに夢中になって写真撮れず(笑)


途中、恋人橋なんてのがあって、そこから写真を撮ろうと下が、橋の真ん中へんに花束が一つ置かれていて、そそくさと帰ってきた。

DSC07765


程なく行くと、もう一つ滝があって、道路沿いから見えるのでちょっと見ることに。

BlogPaint


もう少し走ると国定文化財だかなんだかの古民家があると言うので立ち寄る事に。

DSC07772


物凄い急勾配を上ってきてやっと到着。

DSC07773

江戸時代に立てられたのがそのまま残ってるってんで、どんなもんか見に行こうと思いきや。

DSC07774

しょうがないので

DSC07775

おいっ!

隣に資料館もあったけど、鍵がかかっていて開かず。

ひたすら山道を走って神山町へ。

DSC07777


バイクの教習所で一本橋にお悩みのあなた。

ここで練習を積まれたらいかがでしょう(笑)

写真撮ってたら、ここ渡るのかい?とニコニコしながら婆さんが話しかけてくる。

DSC07779

ふらつく事もなく、のんびりとした足取りで橋を渡っていったけど、慣れてるから怖くないんだろうなぁ。

良く台風で流れなかったもんだと。

佐那河内村と言う所まで足を延ばして、大川原高原へ。

DSC07780


BlogPaint


風力発電が10個くらいたってるのかな。

下の方にはキャンプ場なんかもあるんだけど、標高が高いので結構涼しくて快適かもなぁ。。。

この時点で時間が三時近くになっていて、お犬様を引き取りの時間に間に合わないのではないかという事になるけど、地図も持たずに出てきたもんだから、このまま徳島市内を目指して行くのは近いのか遠いのかも判らない。

一旦、神山町に引き返して、そこから美馬の方に抜ける事にしたのだけど、台風の影響で道路が崩れかかってたりで。

この時点で結構、疲労もピークに達していて、写真なんぞ撮る気も起きん(笑)


なんだかんだで17時過ぎには自宅に到着。

途中でガスを満タンにしてきたのだけど。

先ずはYBR125

SN3O1468

246キロ走り。

SN3O1467

51km/


GN125Hのほうは。。。

SN3O1466

232kmの走行で、無事に1000キロ超えた!

SN3O1469

4.92はいって。

47.15km/


GNの方が若干悪い感じもしないではないけど、ここまで走ってくれれば文句なしじゃわ。


昨日の夜勤明け。

このまま寝てしまおうかとも思ったけど、この所雨の日が多く、中々バイクに乗れないのでと、GN125Hのエンジンに火を入れて。


DSC07746


外の温度計は34度。

財布の中を見ると、お金を下ろし忘れて300円ちょっとしか入ってない(笑)

知らないで、うどん屋なんかに入ったら大変なところだった。


スポドリで水分補給をしながら、淡々と走る。

満遍なく各ギアを浸かってやろうという事で、阿讃広域農道走るけど、軽い車体ヒラヒラいけるし、タイヤも変えてある所為か、タイヤの端まで使って走る事が出来た。

当初、渋かったギアの入りも、オイル交換の効き目もあってか、大分スムーズになってきた。

それにしても、慣らしという事の為だけに、何の目的もなく炎天下の中、バイクを走らせるのは、ある種苦行のような感じだった。

久しぶりにNEX持参で走ったけど、写真なんぞ撮る気にもならず、たったの二枚だけ(笑)

久しぶりにケツが痛くなるほど乗ってやったわい(笑)

DSC07754


何とか260キロ弱を走りきって、ネットで言われているメーカーの800キロ目前に。

記憶が確かなら、7500回転まで回していいのかな。

1600キロまでは。

でも、普通に走ってる分には7000回転回ってれば、殆ど用は足りるはずで、事実上、これで慣らしは終了と考えていいのかな。

取りあえず、1600キロまで、アクセルをガバガバ開けるような運転をしなければ、問題なしだろう。

どうせ、嫁が乗るんだから、そんな荒い運転をすることも無いか(笑)

先日の大歩危ツーリングで、無事に距離500を走ったので。

オイル交換をする事にした。

初回点検は、500キロくらい走ったら持っておいでと言われているが、1000キロ走行後にもって行くつもり。

バイクを移動して、よくよく見て回るとチェーンが結構緩んできているので、調整してやったのだけど、調整目安の目盛りってどうなんだろうね。

ノギスをボルトに当てて測ってみると、1ミリ2ミリくらいは平気でずれてるし、これ、以前嫁が乗っていたST250の時もそうだったんだけど、やり方が悪いのかなぁ・・・。

チェーンラインを調べてみようと、チェーンカバーを外そうとするのだけど、固定してある螺子が、+螺子。

こんなの舐めてしまうし、前方の螺子なんぞ、ドライバーが入らないから、緩める事すらできない。

BlogPaint





IMG_1660



なんで、ウォーターポンププライヤーで挟んで、既存の螺子はポイして、ステンレスの6ミリのボルトを入れてやった。

取りあえず、パイプが邪魔してドライバーを指す事が出来ない、前方のボルトもスパナで緩める事が可能になった。

それでも、結構苦労するし、いずれねじ山壊してしまうんではないかと、ちょっと不安である。

目盛りはずれてるけど、チェーンラインは曲がってないようなんで、この方法で行くとする。


で、オイル交換。

IMG_1661


元々付いていた、ドレンのワッシャーが潰れるタイプの物らしく、取れてこないのでニッパーで切って、ST250の遺品である、アルミのガスケットに換えてやった。


オイルはいつものスノコオイル。


100均の軽量カップで850ccを測ってやるけど、念入りにオイルを抜いたせいか、Lラインにすら届かない。

暑さで、めんどくさくなって取りあえず150ccほど足してやったら、今度はFラインをこえてしまっている。


ドレンプラグ緩めて、少量だけ抜いてやろうと、そろそろと緩めてやるが、ボルトが落下・・・。

結局、最初からやり直し・・・。


だけど、850cc測って入れてやるけど、やっぱり少ない。

こんどはめんどくさがらずに、50ccずつ測って入れてやって、何とかFラインまで合わせることが出来た。

オイル一缶、無駄にしてしまったけど、めんどくさがらずに微調整してやれば、避けられたトラブル・・・。


巷では、お盆休みがどうのと言ってるが、これから夜勤。

久々にYBRで出勤してやろう。






久々にXR230モタードを動かした日。

嫁の実家に顔出しに行ってきたのですが、嫁の妹と子供達が実家に帰ってきていて、話をしていくと妖怪が好きだと言う話。

四歳と二歳の甥っ子と姪っ子。

煩くすると、「こなき爺」が来るぞ〜と言うと、静かになるのですが、怖がりやの見たがりやとでも言うのか、妖怪が好きだとのこと。

ならば、連れて行こうという事になり、一日も早く慣らしを終えたいおいらはGN125Hに跨って、嫁の妹親子と嫁は車で大歩危の方まで行ってきました。


IMG_1643


台風の残りもあるのか、気温は高めだけども、そこそこ風もあって、時速60キロキープの慣らし運転でも然程つらさはありませぬ。



IMG_1644


道の駅に到着。


IMG_1642


台風の影響で、風光明媚な大歩危峡もこの有様。

穏やかな日はラフティングでキャッキャしている吉野川も、迫力満点で一気に衝天しそうな勢い

IMG_1646


IMG_1647



手作り感たっぷりな妖怪の展示場?

チケットを購入して、妖怪の展示場?に入っていきますが、強がっていた甥は勿論、姪のほうも楽しめると言う雰囲気には、マダマダ早かったようです(笑)

恥ずかしながら、自分なんぞは、もともとの実家のトイレが本当に怖くて、小学校に上がるまで一人でトイレに行けませんでしたからな。

ま、それも無理からぬ事かと。


IMG_1648

彼らが一番楽しんでいたのは、何のことは無い、普通の遊び場スペース(笑)

近場の高松空港の遊び場でも連れてくりゃよかったか(笑)

BlogPaint


因みに嫁は向って右側

嫁は場を盛り上げようと、変顔をしたようですが、直後に子供達は号泣しておられました。

そもそも、ここに来ようかと言う発想に至ったのが、前回ミラバンで訪れた妖怪の里の石像郡。


せっかく来たのだからと、石像たちも除いて帰る事に。

BlogPaint

こなき爺も麦藁帽子を被っていて、お子達も和んだ様子。

どうせなら、お盆明けまでこっちにいりゃいいのにとも思ったけど、明日には関東に戻ってしまいます。



都合、往復200キロほどの距離を走って、GN号もODOメーターは500キロを越えました。



速さは無いけど、長距離をまったりと走るには、125も悪く無いなぁと。

タイヤを国産ものに変えているのもあるけど、そこそこカーブも楽しくて、慣らしが終われば、そこそこのアベレージでツーリングするのも楽しそうな感じ。

嫁のバイクである、GN125だけど、なんかこの慣らしを通して走った感想としては、なんかGNの方があってるのかなぁ・・・等と思ってみたり。



何なんだろうね。この感じ。



免許取立ての頃のオートバイ誌やヤングマシンの国産カタログなんかに載っていた、このバイクの姿を見たときって、絶対に買わない!って思ってたのだけど、今時の排気音量を絞られたバイクに比べて、ノーマルながらも迫力のある音をかもし出していたり、姿形には拘らないけど、スルメの様に味が出てくるスタイリングと言うか。

厳密には俺のバイクじゃないけど、これ乗って北海道なんか走ったら気持ちいいだろうなぁと。

考えてみれば、2008年の夏に北海道をXT250Xで巡ったときに、横浜ナンバーのGNと比布のライハで一緒になって、あの頃から気になっていた一台ではあったんだけど、今回購入に至ったのは、そうした下心があったわけではないという事を取りあえず付け足しておく(笑)
















午後に入ってから、台風も遠ざかって天気も落ち着いてきた。

結局、予定していた事も全部水に流れてしまい、休みを交代してもらったのも無駄になってしまった。


で、昨日はバイク達が風で倒れないようにと、車と家の壁の間に挟む形で置いたりなんてこともしてたのだけど、そんな必要もなくなったので元に戻した。


暇なんで、GNとXRのチェーンにオイル挿して。

せっかくなんで、放置プレイとなってしまっている、XR230モタードで近隣を走ってきた。

なんか新鮮だなぁと(笑)


国道193号線を塩江の方に走っていくと、やはり、台風の後だもんだから、川がえらい事になっている。

避難勧告みたいなのでてたから、当然と言えば当然なんだけど。


国道と平行して走る道路。



SN3O1455


後ろの方に行くと、沈下橋になってて、普段は車が行き来するんだけども、当然水没。

SN3O1458


左から流れて着ている川も氾濫して、道路を洗っている状態。


SN3O1456


これ以上近づくと怖いなぁと思いながら写真を撮っていると、後ろから歩いてきたおっちゃんが、長靴履いて普通に左に曲がって行ったけど、最初お化けか?と思ったわい(笑)

おっちゃんが曲がって行った先は、5メーター位の部分が冠水していて、長靴で歩けるくらいの深さだけど、一歩間違ったら、間違いなく流されちゃうよなぁ。


かなり涼しくなって、帰って来ました。


ちょっとスッキリした。






このページのトップヘ