足るを知れ!

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。

2015年04月

をした。

昨日日帰りでスカイマークの最終で神戸に降り立って、そこからミラバンをすっ飛ばして自宅に着いたのが夜の12時近く。

20150424_185746

(千歳空港の離陸前)


20150424_205754

(着陸前の神戸市内)

20150424_162509



20150424_162630


今年の北海道はサクラが早い。


20150424_125325

20150424_125226

(銭函の駅に降り立ったのって、20年以上ぶり)





ぐっすりと九時近くまで寝た所為か、すっきりと目が覚めた!

昨年、YBRの購入と同時に、納車したらすぐに入れ替えようと思って購入したTT100GPですが、雨降りにはバイクには乗らない主義なので、特に問題を感じる事も無く、チェンシンタイヤで過してきましたが・・・。

P1050122

4000キロ手前で、既にスリップサインが・・・・。

タイヤの仕様なんでしょうか・・・、それともワタスの体重・・・?

にしても、早すぎるだなぁ・・・。


ネット見てると、かなり超寿命で15000超えても余裕で山があると言う人もいましたが。。。

スリップサインを知らないで、サイドの山がある=マダマダ使えると言う風にその人は理解していたんだろう・・・・と思う事にいたします(笑)

私は体格がいいだけで、デブではない・・・・・・・・・・・・


P1050121


うだうだ言っても、減ったタイヤが戻ってくるわけではないので、さっさと交換。

フロントは結構目が残っていたのですが、どうせやるならと前後交換しました。

フロントは2.75-18から3.0-18へ。新車の組み付けは、2.75がついてくるのですが、中国語の能書き書には両サイズの記載が有ったと記憶。

リアは純正と同じく90/90-18

リアに関しては、これよりも太いものを入れられるようですが、経費削減の為に大型を降りたので、余計な出費を産むような事はしない・・・恐らく多分、今後とも。


P1050128

P1050129

ちっとだけ、ホイールに傷がついてしまいましたがDIYの勲章よ(笑)



・・・と、すんなりと交換できたように書いてますが、実は、このタイヤ。

フロントに履く場合とリアに履く場合とでローテーションが定められておりまして。

前後の組みつけが出来た段階でそれに気づき・・・

更に、フロントタイヤは自宅の空気入れではビードが上がらずに、近所のガソスタの空気入れでビードを上げてきたにも関わらず・・・・

見なかった事にしようとも思ったのですが、全て一からやり直し。

見た目、ローテーションがあるとは思いませんで、よくよく確認しないで思い込みで組み付けた自分が悪いんですが・・・。

結局、組みあがった後、先ほどお邪魔したガソスタで、またまた空気入れを借りてビード上げ。

なんか言われるかと思ったけど大丈夫だった(笑)

で、前後のタイヤを外した時に、アクスルシャフトのグリスが干からびているというか、ホントに塗ったのか?と言った按配でして、ここが問題ないなら、ピポットまでは見なくても良いかと思ってたのですが、結局バラす事にしました。


P1050124



P1050123


P1050125


やはり、殆どグリスが塗られておらず、ピポットシャフトもスイングアームのカラーも全くグリスが無く、この乾きっぷりは、GNよりも酷いかも、

P1050127


スイングアームの外側につくカバーなんですが、これなんか、中のラバー部分が摩擦でハゲかかっておりますですよ。

購入したときから気にはしていたのですが、メンドクサイと来年、再来年までと放置していたら、確実に錆びて固着してたでしょうなぁ・・・・。

新車だからと安心しちゃいかんなぁ・・・・と言えば、ステムベアリングとかもどうなんだろうかと・・・。

三台ともばらして・・・なんて、想像もしたくないし、何よりも、ここには手を入れた事がないんだよね・・・。

秋口位の涼しくなった頃、フォークオイルの交換がてら挑戦してみようかしら・・・。


まぁ、タイヤのローテーション間違えがなければ、恐らく二時間ないし、三時間くらいで済んだのでしょうが、午前10時過ぎに始めた作業も終わったのは夕方の四時前後と(笑)

組み上げて、螺子の締めわすれを点検して、自宅周りを一周してきましたが、タイヤが変わって、グリップ感も別物になりました。

チェンシンタイヤも、普通に走る分には、そんなに不安は無かったのですが、接地感と言うか、全く別物です。

ただ、このタイヤ、評判を見ているとグリップは良い反面、結構、消耗が激しいようでして。。。

次回は、同じダンロップからK527とか言うのが、純正サイズドンピシャで出ているようですので、磨耗具合によってはTTも最初で最後のタイヤになるかもですな。



で、本日は入籍してから3年目。

結婚前に付き合いだしてから干支が一周いたしました。

20150425_201053


出かけるのも疲れてヘロヘロ。

久しぶりに自宅でステーキを焼いて、お祝いをしてと。

ビールもビーフも旨かった!

それにしても、記念日にこんな事をしていても、作業中にコーヒーやら飲み物を出してくれたり、嫁には頭が下がりますです。

やはり趣味の共有はしとくもんだなぁと思いましたですよ(笑)



そうそう、先日、GN125Hに入れたアマゾンのドリブンスプロケット。

出品者は社外品ですと書いているんだけど、届いてみればこんな風に純正のステッカーが貼られていて。

てっきり他車種の部品なのかと思って、ネットで番号を調べてみれば、ヒットしたのはGN125Hのブレーキパットという事が判明いたしました(笑)

ま、特に問題なく走ってくれているので、そのまま使用しますけどね(笑)


SN3O1573



で、GN続きで、ピポットシャフトが素直に入らない我が家のGN125H

スイングアームをばらさない状態で鑢がけをして随分と抜き差しもスムーズになったのはなったのですが。

これまで乗ってきたバイクに比べると、どうしてもやっぱり渋い。

このまま、フレームと干渉したまま乗っていても気持ちが悪いので、一念発起して穴の拡張と言うか、修正を行いました。

P1050071


道具箱あさったら、何のために買ったのか良くわからないアストロの19ミリのディープソケットがありました(笑)

ピポットシャフト緩めるのに、メガネや普通のソケットだと、サイドカバーに手が当たってしまうのですが、これだと問題なし。

このときの為に準備されてたんでしょうかね。

P1050072


サクサクと部品を外していきます。

手馴れたもんで、スイングアームをを外すまでに20分も掛からずできるようになりました(笑)

P1050073


スイングアームを外した状態で、素直にシャフトが入るのはここまで。

P1050074


ここで、シャフトの先端がぶつかっていまい、手で思いっきり引っぱたいてやっと入る状態なんですが、その前はハンマーで引っぱたいて何とか貫通する状態。

P1050075


ピポットを抜いて、引っかかっている場所が良く見えるようになったので、ピンポイントでシコシコと鑢でこすって息まする。

P1050078

ちょっと、隙間が開いてしまってますが、問題なく抜き差しできるようにはなりました・・・。

と、言うのも、干渉したまま3千キロ走った所為か、シャフトが微妙に曲がってしまっているようで、シャフトの角度によっては微妙に干渉したりしなかったりと。

干渉する角度も全体の3分の1以下なんで、取りあえず、スムーズな所でナットで固定して良しとしました。

一応、鑢で削った部分は、目立たないからと、ミラバン様に買ったシルバーのタッチペンでヌリヌリして、クリアを塗って養生しときました。


ただ、サスペンションをつけたり、実際に走ったりした時の干渉具合まではわからないので、近々、国産部品の純正を頼むつもりです。

部品番号も確か一緒だし、入れ替えるにしてもナット緩めて、新しいシャフトで押し出してやれば、スイングアームを外さんでも済むでしょうし・・・。

ま、向きは反対になりますが、特にそれで、どうなるわけでもなし。


気のせいかもしれませんし、ハンドルをほんの少しだけ手前に倒した事も影響があるかも知れませんが、随分とカーブを曲がるときの動きが良くなったような・・・・・気がします(笑)

フレームとがっちりと干渉していたピポットが、フリーになった事で、多少なりともスイングアームの動きが良くなったのかも・・・と思いたいです。



今回の原因について、春一番の強風で右に倒れてまして、このシャフトのすぐ下に、ステップがあるのですが、それが地面にあたって、ゆがんでしまったのか?なんても考えましたが、その割に、ステップは目視では歪んでいる風でもなし。

しちゃいけないんでしょうが、手を離して走らせて見ても真っ直ぐ走るし、へんな振動があるわけでもなし。

恐らく、製作初期段階で不具合が有って、組み立ての時に入りずらいなぁと思いつつも、ハンマーで殴って無理やり入れて、そのまま流通してしまったのかなぁと。

んで、たまたま、グリスの按配を見ようと分解しようとして、気付いたという事なのかなぁと思いますが。。。

早い段階で気付いてよかったです。

中国製だからなのかは解りませんが、工業製品ですし、多少なりとも微妙なズレなんかもあるでしょうから、しゃあないとも思いますが、ある程度部品を外したりとかできるのであれば、点検とグリスアップがてら、可動部の分解は、早い段階で、一度しといたほうがいいかもしれません。

XT250Xも、さすがに穴がずれていると言う事はありませんでしたが、新車なのに、リアサスのリンク部分にグリスっ気が全く無かったりなんて事もありましたし。

ま。純国産のものであれば、シャフトが入らないと言う時点で、不良品として弾かれているのかな?とも思うのですが(笑)

ま、その辺は中華製ですから安いわけで・・・(笑)








20150424_014013
 

明日の朝イチで神戸から北海道に向かいまする。

法定速度で走るなら、ターボなしでも無問題。

ええ買い物した(笑)

にしても、岡山から直行便乗るより、このルートが一番安いのだか、ちと、しんどいなあ。

では、これより仮眠です。

先ほど、自家製のきゅうりの漬物をたべてて、やおら一本を食べ終わろうとしたときに、表面に白いのがついててこれが糸引いてて・・・。

腐っていたようです・・・

ただ、食あたり系には比較的強いようで。

過去にも、豆腐なんか酸味があるなぁ・・・と、1パック食べ終わる頃に気がついて、パッケージを確認したら、賞味期限が、おもむろに3〜4日きれてて・・・。

それでも、なんにも起きなかったのですが、果てさて・・・

答えは、今日の明け方から明日にかけてはっきりするでしょう(笑)


本題に移りますが・・・。

先日、YBR125の部品を、中国から輸入いたしましたです。

けっこうな割合で、国内のヤマハからも引っ張れるのですが、レギュレーターなんぞは、さすがにおいておらず。

これが、中国から直接取り寄せれば、1000円とかそんな値段で取り寄せる事が出来るという。


ま・・・

コピーでないと言う保証は無いんですが(笑)

調べてみると、結構、これされている方も多いらしく、ちと試してみたくなりました。

上海のチャイナマートを経由して送られてきた荷物。


20150418_205723


テープでかなり頑丈にグルグル巻きにされとります。

BlogPaint

結局、素手じゃ埒があかないので、裁ちばさみでジョキジョキと。

耐衝撃性もバッチリ。



20150418_210715


20150418_211709

今回購入したのは・・・。

20150418_211746


ハブダンパー2セット

20150418_211802


クラッチワイヤー1本

20150418_211854

リアスプロケ3枚

20150418_212026


フロントフォークのオイル及びダストシール3組

20150418_212055

ドライブスプロケット3枚

20150418_212125

チェーンスライダー2個

20150418_212207

ドリブンスプロケットの固定ボルトとナット2組

20150418_212223

上記のボルトの周り止め

20150418_212311


ドライブスプロケットホルダー1個

20150418_212333

レギュレーター。

正式には、自分のYBRの場合、末尾の二桁が01になるのですが、00でもいけるんじゃ?と1000円ほどの値段だったので購入。

重さで送料が決まるので、スプロケット類で送料が高くなってしまいましたが、ま、何とか元は取れてるでしょ。

で、リアのスプロケなんですが。

これも、末尾が00と01と振られているものがあって、取りあえず01を二組と00を一組購入したのですが。

ヤマハの場合、01とかなった場合は何らかの改善策が取られていると言うことになるのですが。

なんだろう・・・・

と、比較してみると。

20150418_213147



20150418_213158


ボルトの固定穴から伸びる、四本の足の太さが、改善された方では若干細く作られているという事らしいです。

日本じゃ、マイナーですが、欧州やブラジルなんかであちこち売られているモデルになるので、燃費対策とかでチマチマと軽量化を測ったという事らしいです。

因みに、両方ともドライブスプロケットとのセットで販売されていて、旧式のがセットで690円。

新式の画2000円弱と、三倍くらいの値段の開きがあって、もう少し調べてから注文出せばよかったなぁ・・・と思ったのも後の祭りですが、ま、頼んじまったものはしょうがないです。


取りあえずは、YBRはこれくらいで、次はGNの電装関係その他を集めておきましょう。

一個一個、パーツリストと照らし合わせながらの作業は、結構根気の要る作業なんで、1ヶ月位置いてからやってみようと思います。

近々、スプロケ類のマッチングも試してみたいと思います。











ピポットの鑢がけを終わらして、随分と時間が遅くなってしまったが、二台で走りに行って来た。

芝桜を見たいとのことで、徳島の方にある芝桜スポットまで、GNとYBRとではしった。

一箇所目は脇町にある芝桜

阿讃広域農道をひた走り到着。


DSC08294


以前、ナナハンでも訪れた場所。

もう少し早く来れば、サクラと芝桜とでの写真を撮れたのだけどねぇ・・・

DSC08300


DSC08305


DSC08306


小樽の実家にも昔、これよりは新しいけど、手動のバリカンがあって、小さいときにオヤジが刈ってくれたけど、これが微妙に引っかかって毛が抜けて痛かった(笑)


来た道を引き返して、193号線を徳島方面に走って、江原中学校を曲がった先にある、個人の敷地内にある芝桜スポット。

DSC08317



DSC08316


DSC08318

DSC08321

BlogPaint

DSC08334

DSC08340


個人の有志で開放して下さっているので、訪れるときはマナーを守って下さいな。

で、時間もまだあるし・・・

っちゅう事で。

剣のほうにいってみようと。

途中、昨年XRで訪れた時に寄った沈下橋を嫁も渡ってみたいと言い出し。

DSC08351


しかし、ホントにこの川は綺麗。

DSC08356


信号もなんも無くてホントに気持ちいい。

道路が狭くて、対向車が突然表れたりするのはあるけど、いい気晴らしになる。

DSC08361


と思ってたら、工事中で開通まで15分間待たされる。

軽トラの二台の犬が中々利発そうな表情をしていて可愛かった。

神山町まで行って、高松方向に戻ってきたけど、昨年の台風で通行止めが解除されたものの、まだまだ完全復旧までには時間がかかるようだ。

吉野川市に入ると、後藤田正晴氏の記念碑がある。

DSC08367

DSC08368


政治の事は良くわからんけど、自衛隊の事なんかも、今の政権とは真逆の事を言っていたみたい。

実際に思うのだけど、中国なんかを相手に喧嘩するような事を言っていたりもするけど、ホントに勝てると思ってるのかね。

かつて、資源も国力も全く比べものにならないアメリカに喧嘩売って、終戦で引き出せたのは無条件降伏。

ほんとに中国やらを相手にそんな事になったら、今やいろんなものを中国から輸入してたりする中で、自分達の生活なんて立ち行かなくなると思うんだが。。。

そもそも、YBRやGNの部品が入ってこなくなったら困るではないか(笑)

ま、ツーリングとは関係ない話になってしまったけど、良い、息抜きになった!



















そうそう、GNの足回りを弄った時、書き忘れたのだけど。

ピポットシャフトが素直に入らなかったんだよね。

構造的に、左のフレームにあるシャフトを貫通させる穴からスイングアームの左の穴。

で、エンジンの後にある穴を貫通して、右のスイングアームの穴、右のフレームのシャフトを通す穴と入っていくんだけど、どうも右のフレームに設けられた穴が、微妙にずれているようで、とんかちなんかで叩かないと入っていかない。

スズキの名前を謳っていても、さすが中華クオリティと言うべきか(笑)

で、そのままでいるのも気持ち悪いし、長期的に見ても、絶対、ストレス掛かっててフレームにも良くないと思い。

鑢かってきてゴシゴシして、穴を広げてやったら、随分とスムーズになったのだけど、微妙にまだ引っかかりがあるみたい。

近々、もう一度スイングアームばらして、本格的に穴の拡充工事を進めるつもり。

今まで何台かバイクのスイングアームをばらしてきてるけど、スムーズに手でも抜き差しできるのが基本だったのだけど、まさか、抜け防止の為にワザとずらしている・・・

そんなわけ無いよな(笑)

天気の悪い日が続いてましたが、今日明日と天気は回復傾向とでている。

朝起きたものの、米も炊いておらず(笑)、うどんでも食いに行こうかと言う話になり。

琴南にある三島製麺所へ。

20150411_113606[1]


駐車場が満杯なんで、近くの役場?なんだか公民館だかに車を止めて、お犬様を留守番させようとしても吠えてしょうがないので。。。。

20150411_113638[1]

お犬様を膝に抱えながら外で頂く事に。

旨し!

しかし、お犬様も煩い!

ちょっと上にある谷川製麺と同じようなスタイルで、醤油をかけて頂くスタイルなんだが、あちらは常に行列を作っているのだけど、こちらはそんな事も無くてあづましく過せる。

大2杯お代わりして自宅に戻り。

兼ねてからの勘案であった、GN125Hのドリブンスプロケットの交換をすることに。

P1050035


パンク修理やらタイヤ交換やらで、タイヤ外しもサクサクと行えるようになった(笑)

P1050036


純正の42Tと重ね合わせてみるが、固定穴の位置もぴったり。

P1050037


厚さも一緒。

P1050038


問題なく装着が出来た。

P1050039


で、ついでだからと、スイングアームも外してみたんだけど。

カラーにはそこそこ塗られていたようだが、ピボットシャフトにはグリスっ気が全く無く。

取りあえず、グリスを塗り塗りして、グリス溜まりにこんもりとグリスを盛って元に戻すのだけど。

フレームのピボットシャフトの貫通穴が微妙にずれているのか、ハンマーで叩いてやっと貫通。

したと思いきや、チェーンを通すのを忘れて、また外して取り付けて・・・なんて事をしながら無事にくみ上げ終了。

2時間位掛かったかね。。。。


XT250Xの時もそうだったけど、足回りを含めた稼動部分の潤滑状態は、早いうちに見といた方がいいかもしれないですな。

それとも、ピボットシャフトはエンジンの後ろを貫通する形で装着されるのだけど、熱とかその辺の事情からワザと塗らないでおいてあったのだろうか。。。

ま、モリッと塗っておいたけど、それで壊れるという事もあるまい(笑)。


ねじの締め付けと、スプロケのゆるみ止めを確認して、買い物がてら試走に出かけるが、60キロで5000回転とYBRと同じ位のギア比になったよう。

加速が食われる事も無く、車の流れに乗っても、たかが500回転下がったとは言え、結構快適になったでございます。

坂道も、ほんの少しだけ、だるくなった感じがあるけど、パワーが食われてシフトダウンと言う様な事もない。

慣らし前にやっとけばよかったぁ・・・。


因みに、嫁もその後で試走に出かけたのだけど、感想としては、加速が良くなったんだそう(笑)

理論的には、高速よりになってるので加速はその分だけ食われてる筈なんだけど、スムーズになったと言う事が言いたかったのかもしれない(笑)

国産のドリブンだと一枚で4千円以上する値段なんで、中華の輸入もので、他車種純正だけど、ドライブ+リアで3000円のプライスなんで随分と安く上がったとおもう。


外した純正の43Tは、予備として取って置いて、何年掛かるかわからんけど、もう一枚ある42Tが寿命を迎えたら、使う事にでもしよう。


先日から、XRに引き続いて、GN,YBRの補修部品を買い漁っている。

で、チェーンについては、ノンシールの安い奴を仕入れたので問題なし。

次に走れば走るほど減っていくのがスプロケット。

で、そのスプロケットだけども、ドリブンに関しては国産のものをつける事が可能らしい。

ただ、中国産の車体オリジナルのリア43Tに対して、国産品は42Tと若干高速より。

あちこちで情報を探ると、フロントを15Tに上げたりなんてのもあるようだけど、乗りやすいという意見のほかに、パワーを食われると言う意見もチラホラ。

更に更に探していけば、国産の42Tを入れた人もいて、パワーを食われる事も無く、それなりに回転数も抑えられてと、日本国内で走り回るにはベストなセッティングになるという事らしい。

実際、我が家のGNは60キロも出せば五速で5500回転くらい。

流れにあわせて、もう少しアクセルをひねれば、もっと上がるのだけど、YBRの場合はこれよりも若干低くて、バランサーも備わっているので快適そのもの。


ま、50キロにも及ばない嫁が乗る分には、15Tでももしかしたら、余り影響が無いのかもしれないのだけど、嫁の体重を遥かに凌駕する俺もちょこちょこ乗ってたりするので、パワーを食われると言うのは余り芳しくない情報なんで、15Tは却下。

そうなると、14Tのこれに合うスプロケとなると、GN125Eの前期とか後期とかでスプラインが違うとか、ややこしくなってくる、

なんで、色々と中国のサイトやら色々を徘徊していて、結局アマゾンでフロント14Tとリア42Tのセットで3000円と言うのを発見して購入。

事前にメールで、取り付けの際の不具合なんかを確認したけど、そうしたクレームは入ってい無いと言う言葉を信用して購入に踏み切った。

因みに、残2セットの所の2セット購入。

今後の再販については要望次第で考えるとのことだったけど、まだ1セット残ってるらしい(笑)

うまく釣られてしまったのか(笑)


SN3O1573


で、届いたのがこれ。

ドライブ、ドリブン両方とも、一応は中国スズキの純正部品。

純正部品番号は、調べてみたけど手持ちのPLには無くて、もしかしたらセットでの部品番号になるのかもしれないが、良くわからん。

これを覆っていたパッケージにはGS125と書かれていたので、本当は、そちらのオリジナルの適合部品という事なのかと思うが、これも想像の域を出ない。

SN3O1574


SN3O1575

実際に届いたドライブスプロケットだが、オンラインショップで紹介されていたものとは若干見た目が違うが、ここは売主と鈴木純正と書いているシールを信用するしかあるまい。

で。ドライブスプロケットはそうでもないのだけど、ドリブンスプロケットはやたらと細かい傷が多い(笑)

あちらの配送のレベルは、ヤマトや佐川に遠く及ばないのだろうけど、表面の小傷の一つや二つや三つや四つくらいで(笑)、性能に影響が出るようなもんじゃなし、国産部品よりもかなりの格安で仕入れる事が出来たと思えば、痛くもかゆくもない。

大体、我が家がチェーンに使う油は、飛び散りスペシャルブレンドオイルを使用するので、一度か二度ツーリングに出れば、こんな擦り傷など、一瞬にして何処にあるかわからなくなるだろう(笑)

ゆがんでなければいいのだ!

SN3O1576


とはいえ。

やはり、国内で正規販売されているものであれば、ずばりそのもののパーツの仕入れが難なく行えるけど、並行輸入とも言えない微妙な立ち居地のバイクなんで、届いたからと安心するのもなと。

取りあえず、業者は大丈夫だと言ってるんだけど、正直な所、スプロケを交換しなきゃならんようなシチュエーションは随分と先の話。

装着の際の不具合があれば、返品などに応じるという事にはなってるけど、以前のキャンプツーリングを満喫していた頃に比べると、走行距離はがっくりと減っていて、来年とか再来年とかだと応じてくれるかなんて解らないと言うか無理だろう。

と、言う事で近々、装着試験をしつつ、1T高速よりになって、どんな変化が出るのか試してみるつもり。

オリジナルの43Tは、まだまだ使えるので、補修部品として保管する。

今週は天気も良くないし、母親の一周忌もあったりなんで、装着試験は来週あたりになるのかな。






昨日は夜勤明け。

力尽きて、居間の床に転がって寝てたら、モノタロウが到着シテ起こされて。

ちょこっと近場でも走ろうかと、XRに跨って出かけてきた。

001


峰山公園。

花見の人人人で早々に退散。

007


高松市民病院の近くの道路。

021


何故か布団が落ちている。

布団を包んでいただろう、クリーニングの伝票が入ったビニール袋が落ちていたが、配達の人起こられるんだろうなぁ。


自宅に帰る前に、龍満池?のサクラを見に行く。

023

034


053

056


結構な勢いで満開となっているけど、こっちは人もまばら。

ヘルメット脱ぐのめんどくさくて、カメラ持ってブラブラしてたら汗をかいた。

そろそろ、冬ジャケットもお蔵入りか。

074


自宅に帰る前に、通勤途中にある公民館の所までいって、写真を撮って帰ってきた。

公民館だと思ってたが、何とか観音とか書かれていた。

なんか、それにしちゃぁ、小さいなぁとは思っていたのだけど。。。

知らんから、カメラを下に構えた瞬間に屁が出てしまった・・・。

そういえば、昨年、母親が死ぬ前々日、花見せてやろうと、枝をちょっと拝借してしまったのだが、罰当たりな事してしまったなぁ。

知ってたらやらんかったけど。

今度何かお供え物でも持っていこう。






昨日の夜勤入り前。

バイク達の補修部品を通販で購入。

20150402_111455


本日、午前中には到着。

お店の場所が近畿地方と言うのもあるんだろうけど、物流のスムーズさを垣間見る。

20150402_111644


XR230モタードに使うDIDのチェーン、GN125HのヘッドランプのH4BSハロゲン球、GNやYBRに今後使用するチェーンと、大阪魂のチェーンクリーナー。

チェーンと電球に関しては、大手バイク部品通販ショップよりも安く上がった。

交換はまだまだ先の話になるんだけど、資源の無いわが国の円安やら消費税やらと言うのを考えれば、買っておいてもいいだろう。

昨年、全て乗り換えた我が家のバイク達だが、結構気に入ってて、先ずは目指すは五万キロ。

あぶく銭の補修部品ストックはもう少し続く(笑)


このページのトップヘ