足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

2016年04月

さて、先日届いたトヨトミの灯油コンロですが。

コメ炊きをしてみる事にしました。



BlogPaint


いつもの様に、リサイクルで購入した、天ぷら鍋に米を入れて。

今回は麦を投入して麦飯にしてみましたです。



20160420_121404



基本的に火力調整ができるのか、説明書をよく読んで居ないので、わからないのですが、取りあえずマックスの火力で加熱。



20160420_122253




沸騰して、噴き出すちょっと前に、五徳を載せてやる事で、ガスコンロで言う、とろ火の状態。


20160420_131255


火種から放す事で、ガスコンロよりも若干、時間がかかる様な気がしないでもないですが、美味しく炊きあがりました。

昨日、このご飯を夕食の弁当として職場に持ち込んで喰らいましたが、ガスで調理している時と変わらず、美味しいご飯ができましたです。

手放せない逸品が一つ増えました(笑)





以前から気になっていたのだけど、我が家ではプロパンガスを使用して、調理をしてるのだけど。

都市ガスなんかだと、割安な感じなんだけど、LPガスになると、お値段も高めになる。

特に最近は自炊が増えているから、結構、光熱費も馬鹿にならないのだ。

なんで、ちょっと光熱費を浮かすのと、冬場のキャンプなんかに持ち出せそうなものとして、ずっと気になっていた灯油コンロを購入した。

トヨトミのHH−210

20160417_225053


早速、鍋に水を張って、どのくらいで沸騰するか試してみたが、普通にガスコンロでお湯を沸かすのと変わらないか位でぐつぐつ言い出してきた。

細かい火力調整とかとなると、ガスコンロに一歩も二歩も譲るような感じではあるけど、弱火でじっくりと言う時は、この上にかぶせる五徳も別売りされていて、写真こそとらなかったけど、一応取り寄せてはある。

圧力なべで大豆を茹でたりなんて時にも重宝しそう。


20160417_225238


真ん中のつまみを、右いっぱいに回してやると、火花が飛んで、自動着火するみたい。

電池を用意していなかったので、チャッカマンで火をつけた。

点火動作は電池さえ入っていれば、普通のガスコンロと一緒。

単二電池が二本必要。

20160417_225126


火が付くとこんな感じ。

意外と、灯油ストーブと比べても、においは少ない。

燃料タンク容量、4.9箸覇鷸融間動作可能。

今現在、高松だと灯油一リットル当たり四〇円台後半なんで、燃費としては結構いいと思う。

一時間当たり、何円だろう。計算してください(笑)


難点としては、床に直置きとなるので、単純に低いこと。

中古のステンレスのテーブルなんぞを購入して、その上にのせてやれば、ちょうどよい高さになるかとも思ったが、落ちたりして灯油が飛び散ったりなんてことになると、場合によっては火災発生なんてことにもなりかねないので、とりあえずはこのスタイルで運用する。

燃焼音も、ほんとに静かなんで、つけているのを忘れて、鍋をかけっぱなしにしてしまわないかと言う、不安もなきにしもあらずか。

ま、酔っぱらって、足にひっかけて火だるまになるなんて事だけは避けなくてはな(笑)





今回の熊本の地震、とても酷いことになってます。

亡くなられた方も多数おられ、心からお悔やみ申し上げます。

又、被災された方にもお見舞い申し上げます。


こちら四国でも、愛媛や高知の西の方では、先日のM7.2の時に、震度5弱を記録したりと、結構揺れたようですが、高松市内でも私のいる場所では、体感で震度2か1位。

それでも、テレビから緊急地震速報がなると、ドキッとしてしまいます。

早くから被災地では避難所が立ち上げられているようですが、物資がまだまだ足りない状態があるようです。

その避難所でも、指定を受けている場所は、少ないながらも定期的に支援物資の配給が行われているようですが、そうでない場所。

例をあげると、健軍神社などは、この後者の部類に入るのですが、300名近くの避難者がいても、指定を受けていないことから、支援物資が全く届かないなんて事が起きているようです。

311の時も、そうした避難物資が届く場所と届かない場所が存在し、当時やっていたミクシィの方でも、そんな手薄になっている避難所に直接支援物資を募集して届けるコミュニティが立ち上げられていたりしました。

いろいろな対応で追われていたりとか、制約などの縛りもあると思うのですが、もう少し柔軟に対応していただければと思います。恐らくそんな場所に避難されている方も、地元の方が大半だと思うので。

もう少しすれば、その辺も少しずつ解決されてくるのかなとは思いますが。


そんな中、検索していましたら、福岡市の方で、被災地への物資配送の窓口が立ち上げられたようです。

忙しい中、申し訳なかったのですけど、現地に連絡を入れさせてもらったところ、大手の配送業者には、ここに記されている住所で届くように調整しているとのこと。

市民の皆様にと、銘打ってますが、受付窓口に届くようにしてもらえれば、市外、県外からでも物資の受付は可能とのことでした。

場所的な問題と、これを知ったのが今朝と言う事で、日帰りの移動はとても無理な状況で、高速代を払ったと思って、とりあえずアスクルの方から、現地住所に届くようにして、飲料水とトイレットペーパーの方を送ることにしました。

我が家も使用しているのですが、運ぶ配送業者は、ヤマト運輸が行うことになっているので、とりあえず、大丈夫だとは思います。



以下、福岡市長高島氏のブログから全文を引用しつつリンク貼ります。




「WITH THE KYUSHU プロジェクト」として、福岡市から市民の皆さんに具体的な支援物資提供についてのご協力のお願いです




「WITH THE KYUSHU プロジェクト」として、福岡市から市民の皆さんに具体的な支援物資提供についてのご協力のお願いです。

以下のように致します。

この後日曜日13時から20時まで、大名小学校にて以下の物資のみ提供をお願いいたします。
大名小学校駐車場の使用は可能です。) なお,まとまった数の物資をご提供いただける場合は,別途,市民局コミュ ニティ推進課 092-733-5161 にご相談ください。

.撻奪肇椒肇襪凌紂別こ封でもちろん賞味期限内)
▲肇ぅ譽奪肇據璽僉次覆燭世掘い垢戮凸せ藩僉μこ封のものに限らせていただきます。)
おむつ(子供用、大人用)
ぅ織ル(未使用、未開封のみ)
ヌ喇曄別せ藩僉¬こ封のみ)
生理用品


提供をお受けするのは以上の6種類のみです。現時点ではその他のものを提供されても引き取れません。

受け入れ時間
 平成 28 年 4 月 17 日 13 時から 20 時
 平成 28 年 4 月 18 日以降 10 時から 20 時

<問い合わせ先>
 ■大名小学校現地担当者 090-5948-0238,090-5948-0239
 ■市民局コミュニティ推進課 092-733-5161

月曜日以降は当面、朝10時から20時まで開設いたします。

大名小学校の教室を、ペットボトルの水の教室とか、子供用のオムツの教室という風に名前をつけることで、持ち込みの時点から仕分けを行って効率的に整理します。
当面は市民の皆さんからの支援物資はここで受けて、ここから被災地に物資を送ります。

まさに初めてのチャレンジで完璧な対応が出来るか私たちも手探りですが、何とか迅速に福岡市民の皆さんの思いと被災地・熊本のニーズを繋ぎたいとの思いの上でのチャレンジですので、ぜひスムーズに成功するようにご協力をお願い致します。

大西熊本市長とは携帯で直接連絡を取り合いながらニーズを把握しています。熊本県の災害対策本部に消防職員を派遣して指揮をサポートしながら情報収集もしています。また明日は新たに支援物資に関する情報収集を目的に職員を派遣して迅速に対応します。

またこの時にサンポー食品様から「九州のために」と、いち早くご提供頂いた1000食のカップラーメンもお届けいたします。このように個人ではなくて、企業様が大量にご提供頂ける場合は福岡市役所市民局(092-733-5161)までご相談ください。

さらに農林水産省と連携して、先日移転したばかりの福岡市の青果市場跡を提供することで、ここを拠点に熊本に国からの支援物資を送ります。夕方以降には4万食のおにぎりも入るとのことですので迅速に被災地に届くようサポートします。

市からのお知らせはこちら
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/53301/1/kyuenbusshi.pdf

福岡市長高島宗一郎



とりあえず,公的な支援物資の受け入れ先が確認できたので、ここに載せさせてもらいました。

直接送る際の注意ですが、一つの段ボールに違うものを詰め込んで送ると、現地での仕分けが、非常にめんどくさいことになります。

今、挙げられている受け入れ可能の物資は、6種類となってて、あれもこれもと考える方もいるかもしれませんが、現地の限られたスタッフがそれらを仕分けする手間を考えたら、とりあえず、1種類ずつ個別に包装して送り届けて挙げることで、スムーズに事が運ぶ、現地にも早く届くという流れになると思いますので、もし、送られる方がおれば、少しだけ配慮をしてあげてください。

偉そうに話しましたがスイマセン。

熊本に限らず、大分の方でも、避難所が開設され、そちらも多数の方が避難されているようです、

これらのニーズが明らかになって、少しでも支援の幅が広がってくればいいなと思います。

たいしたことはできませんが、できる範囲内での支援させていただきます。

セロ茂太


先日のフォークオイル交換以来、全く動かしていなかったXR230モタード。

明日からまた、天気が崩れるらしいので、ちょこっと動かしてきた。

途中で、饂飩でも食いながら出かけようかとも思ったが、冷蔵庫の中に昨夜の残りの冷や飯と、みそ汁がおいてあったので、冷や飯にキンキンに沸騰したみそ汁と、梅干しをぶち込んで腹を満たす。

貧乏くさ(笑)

久々のクランキングだけど、一発で始動。

琴南の方に抜けて、谷川製麺所から三好に抜ける県道を走り、チョイと脇道にそれて、大川山だっけ?の方に向かう。

ポータのバッグに、D3100を入れたのだけど、恐らくバイクツーリングでは初めてかな。

タムロンのズームレンズは重たいので、キットレンズに換装。

NEX程は軽くないけど、ま、気にならんかな。



BlogPaint


途中、中寺廃寺跡とか看板が出てたので、そっちにまがる。

けど、廃寺云々の看板も無く、恐らく通りすぎたのだろう。

DSC_2155



民家もなく、夜中走ったらかなり寂しいだろう道。

やっと民家が見えて来て、サクラの下でパチリ。

神山町の方は、恐らく散り桜になってるだろうけど、三好の山間の方は、今が見ごろ。

ま、明日の低気圧通過で、恐らくは落ちてしまうだろうけども。


DSC_2159



県道12号線だったと思うが、そこから三頭トンネルの方に抜けて。


DSC_2162


阿讃広域農道へ。


DSC_2163



ええ景色。

脇町の広棚の芝桜が見ごろ。

DSC_2179


DSC_2173



DSC_2167


時期をずらして植えたのか、菜の花も一部が見ごろ。


DSC_2182


DSC_2185


DSC_2188


DSC_2190




今年最後の桜見ツーリングだろ。

明後日は、母親の三回忌でボウズが来るので、明るいうちに自宅に戻り、目につく所の草抜きをして一日終了。
















日記書き終わると同時に、なぜか白紙に戻ってしまい、一からやり直し。


先日に引き続いて、大陸バイク二台で出かけてきた。

花見と銘打っているけど、ござ広げて弁当広げてとかは、あまり好きじゃなくて、バイクで走りながら目の保養をしてきた。

麺通団で朝飯のぶっかけ。

DSC09519


体重が落ちたという事で、ちょっといい気になって卵の天ぷらもつけてみた。

吉野川市に抜けて、そこから山道を走って神山町に抜ける。

菜の花の棚田の江田集落に向かうつもりが、道を一本曲がり損ねて国道193号線に出てしまう。

DSC09520


徳島は標高の高い所は、まだこれからと言った感じだが、低地では、どこも満開。

DSC09523


取って返して江田集落到着。

菜の花は終わりかけ。

DSC09525


先週位が見ごろだったのだろう。


この後、神山町の道の駅に戻るけど、花見客で駐車場も満員御礼と、エライ事になっていた。

お寺の枝垂れ桜が・・・という意見もあったけど、道の駅の状況から見て、とてもゆっくりできる雰囲気など想像ができないので寄らない。

桜なんぞ何処にでも生えてる(笑)

山の方は、どんよりと雲がかかって居るけど、取りあえず、穴吹の方に抜けるべく走る。



DSC095311111111111


この上に、ガイドブックにも出て居る、なんとかの大桜とかがあるけど、こちらはまだ殆どさいていない状態。

来週位が見ごろになるのかな。

無事、穴吹まで降りてきた。



DSC09536



この後、塩江街道に抜けて、日が暮れるかと言う時に無事に自宅到着。

お出かけ最中に気づいた、チェーンのたるみも、そそくさと調整して無事にツーリング終了。

帰り際に二人のバイクを満タンにしたが、このところのガソリン価格の安さで1000円かからないという。

なんとも嬉しや。

本日日中、出かけてきたけど、香川の方も、ぼちぼち7分咲き位になってきてるので、今週中頃が見ごろになってくるのかな。

天気が良ければ、XRでぶらりと走りに行ってみるかねぇ。。。。




このページのトップヘ