暫く無題で・・・

北に移り住み、ツーリングやドライブを楽しみ乍ら、畑で採れたものでプチ自給生活。 作物が採れてる間はお金はかからんのだけど、バイクで出かける時間がなくなった。 折角、ツーリングと言えば!なんて言われる場所にきたのにさ(笑)

2020年06月

昨年採れたニンニク。

これは、自分が蒔いたものではなくて、一昨年、ここの前住人が秋口に植えていってくれたもので、ワンさか採れて、今でもかなりの量が、冷凍庫や氷温庫に入ってて・・・。

にも拘わらず、二つか三つほどの畝を増やしてしまい、今年どうするんだ?なんて状態になってます。

ま、最後まで順調にいけばの話だけど。

前オーナーは、堆肥投入したりとか、色々されてたみたいだけど、昨年、自分が収穫した後は、茎などの残渣にうっすらと土をかけて、後は米ぬかを表面に降って、1か月位放置したのだっけ?

で、10月にそのまま植えて、写真どっか行っちゃったけど、ニンニクの芽もたんまりと採れた。

糠と残渣のみで、果たして、今年は何処まで行けるやら・・・・。



で、その余ったニンニクの消費アップキャンペーンと言う訳では無いのだけど、餃子を作って見る事にした。


P_20200628_133041


昨年収穫した鷹の爪。


P_20200628_134359


胡麻油でネギと鷹の爪を細かく刻んだものを、じっくりと揚げていく。


IMG_20200628_195309


他の事してる間に、若干、ネギが焦げてしまったけど、取りあえず自家製ラー油の出来上がり。

で、うどん様に取り寄せてる、讃岐の夢を使って餃子の皮づくり。


P_20200628_165055


これ、比較的丸くなってるけど、初めてだから、実はいろんな形であふれかえっている(笑)

何となく、形にはなっているか(笑)

IMG_20200628_192505

皮が薄すぎて、破れてしまったものは、蒸して小籠包みたいにして喰った。

P_20200628_193411


焼き餃子。

ニンニクをがっつり聞かせて、脂身の少ない肉を多めにして焼いた。

首都圏に住んでた時に,よく通ってた中華屋の味に少しにてるか。

餡に絡めた塩が少しききすぎた感じではあるけど、久しぶりにたんまりと餃子を食した。

蒸し焼きにする事で、皮が、腰砕けになってしまい、少し薄く延ばしすぎたのかもしれないね。

それか、後は塩分の量とか、今回、中力粉でやったけど、もしかしたら強力粉とかを少しブレンドしても良かったのだろうか。

近いうち、又作って見たいね。

それにしても、口の中、相当臭いだろうなぁ(笑)





この国でも、本格的に騒ぎだしたのが、二月位だったけどさ。

例えば、他国でこの問題が発覚した時って、防護服で全身を覆った人達が、消毒剤を町中に撒いたりしていた映像が流れていたと思うのだけど、果たして、わが国で、こうした事ってなされていましたかね?

この、先生のかかれた記事にも出てるけど、集団免疫獲得と言ってたイギリス。

途中で対応を180度変えたわけだけど、間もなくボリスジョンソンがICUに担ぎ込まれたよね。

肺炎ばかりがクローズアップされてるけど、血管をはじめとして全身の臓器を犯す厄介な物であると言う事が、他所の国では当たり前として扱い、治癒したとされても、肺線維症をはじめとして、厄介な後遺症に悩まされたりなんて言うケースも多々報告されてるよう。

加えて、未だに飛沫と接触感染だけとか言ってるけど、他国ではエアロゾル感染は当たり前としてて、香港では空調設備からの感染の危険があるとして、マンションに避難勧告出したりしてましたが、やっと先日になって、エアコンの危険性みたいの言い出した始末。

検査を渋り、大丈夫として見捨てられた人が、結果、超過死亡と言う事となって、後から統計に出てきたのだよね?

検査渋ってる自体、そもそも、医療が機能してないんだろうし、納税の義務だからと、馬鹿高い保険料を有無も言わさずにむしり取られてるわけだけど、何の為にそんな事されてるんだろうね。


んで、自粛を呼び掛けても、補償と言う物を出さないから、倒産の他にも自主廃業見たいのが物凄くふえてるんでは?

この辺りの道路も、すっかり観光バスなんてのが走ってる姿を見なくなり、走りやすいのはいいのだけど、こうした人達の生活って、どうやって面倒を見てくれるのでしょうか?

義務だからと強制的に税金をむしり取っていった割に、あとは自己責任で・・・と言うのも、余りにも無慈悲な対応かと・・・。

いずれにせよ、来年度の予算とか、どうなるんでしょうか。

補助金やら、〇〇報酬なんての・・・。

がっつり削られるか、これを維持するのにがっつりと増税されるか・・・

一人10万ぽっちの、お小遣いを配ってくれましたが、来年はそれ以上の物をむしり取っていくんでしょう。

2003年のSARSの時は、即座に中国からの入国をストップさせて、国内の蔓延を防いだと言う事になってますが、今回はどうでしたか?

爆買いだ、マナーがなってないだと文句を言う割に、中国人が落としていくお金を目当てに判断が揺らぎ、そこに習近平の来日やら、IRやら・・・。

金に目がくらんで、判断が遅れた挙句に、とっとと対応してりゃ、もしかしたら今よりも損害は遥かに低かったのかもしれませんね。

あまりにも、バランスを欠いた怖がりも問題あるのかもしれませんけど、テレビや新聞の情報だけでなく、世界的に流行してるのだから、世界でどのような事がおきて、どの様に対応してその結果は・・みたいのに目を向けた方がいいのかなと思いますよ。

ま、生活習慣やら、衛生環境なんかも、国それぞれで違うのだろうから、一概にとは言えないのでしょうけど、この国の現状がどれだけ、他国と乖離しているのかと言うのも、少しは考えてもいいのかなと。。。。少し偉そうにいってしまいました。

下の記事。

解りやすく書いてくれてるんで、読んでみて、それぞれで判断されてもいいのではないかなと思います。







Without Corona



東京で精神科のクリニックを開業されてる先生だけど、内科領域なんかにも精通した先生。

テレビに出てくる、一部の専門家と称する人達の話よりも、ストンと話が入ってくるのは、そこに嘘が無いからだよね。

経済を回したい人からすれば、目の上のタンコブみたいな記事なんだろな。とはおもう。

ニュージーランド、台湾など、ほぼほぼ制圧した国が取った方策と、全く逆な方向に舵をきって、経済最優先で少々の犠牲は厭わないとしてる我が国。


では、イギリスが方向転換した後も、集団免疫を獲得しようと、何もしてこなかったスウェーデンでは戦後最悪の大不況を迎えてるとも聞く。

それに近い、方策をとっている日本って、どうなっていくのだろうか?と言うのは、少し考えていてもいいのかな?とは思うよ。

健康と経済は並行して考えなくては…なんて言ってる人もいたけど、正にそれなんだろうと思うよ。

どちらが的を得ているか、判断はそれぞれで。

因みに。

東京アラートなんてのがあったけど。

感染者39人とかで発令されて、レインボーブリッジが赤くなったね。

でも、アラートが解除された時、感染者40人超えてたでしょ?

夜の街での感染がどうでと言っても、では残りの半数は夜の街と関係なかったり。

要は、特定の場所での事例と同じくらい、市中のどこかで、感染が起きてる。そこら中に地雷が埋まってるのと一緒やん。



自分たちの無策が、いつの間にか、個人の責任に擦り替えられてないかな?

なんて、おもってみたりしてますよ。

アフターコロナ?

今時点で、そんな事話す様な段階にはないでしょ。

少なくても、この日本と言う国ではさ。

ビニールハウス内の小松菜をはじめとした葉物野菜。

一部が生殖成長始まってきてしまい、全部食べ切る前に、花が咲くと言う…そんな結果になりそうな。

種とるから、別に花咲いてもらってかまわないのだけど、間引いてるつもりでも、中々減らず・・・

脇に植えてる水菜なんて、正に食べごろ見たいな感じに育ってるのですが、手をつける暇もありませぬw


P1080345


絵的に、余りおいしそうには見えないでしょうが。

おかひじき。

香川にいたときに、喜多野安心市と言うのが、徳島に有ったのだけども、ここに自然農をされてる岡田農園さんが出品してたのを始めて食べて、こりゃうまぁ!となってたのだけど、春先にJAの産直で種が売られてるの見て、育ててみましたびょん。

嫁様が、ナムルに仕立ててくれて、シャキシャキした食感はホントに最高。

小松菜やらのアブラナ科と違って、虫の食害もなくて放任で適当に育ってくれて、意外と楽な感じ。

で。

本日、久々にうちました。


P1080340



木下製粉から取り寄せた讃岐の夢。

P1080341


P1080342


塩の加減を、香川に居た時みたいにすると、やはり涼しいですから。こちら。

ちょこちょこ失敗してたのですが、気候的なものを考えてみりゃ、そりゃそうだわと、思いっきり減らしたら、なんとかうまくいきました。

P1080346


あっちに居た時と違って、そこらのうどん屋ってのが、こっちには中々ないし。

ガソリン代かけて、食べに行くのが丸亀製麺と言うのもなんだかね・・・っちゅう感じなんで、今後も自分で打つのだろうね。

金曜日に、伊吹島のイリコが入るみたいだから、出汁作って、冷かけでも食べてみたいね。







きっかけは、311の時の時。

発災の後、1か月位、スーパーの棚から食料品が消えてしまってさ。

納豆なんかは、茨城の方の製造会社が軒並みやられてしまって流通がストップ。


小さい頃に、顔を見た事もないのだけど、自分の祖父と言うのが、自宅で納豆を作って母親なんかに食べさせてくれてたなんて話を思い出して、ネットで調べたら、作り方がでててね。

それが始まりなんだけど、最初は凄く上手くいったのだけど、中々、成功と失敗の差が激しくて、発酵そのものはできてても粘らなかったりとか。

色々やってくうちに結露だろうと言う事で、タッパーのふちや蓋に付着した水滴、そうそう、ふたと容器の間にはキッチンペーパーを挟んで、水滴が落ちない様にしたりとかで、ほぼほぼ安定して成功するようになった。



P_20200616_065155[1]


自家製のスズマル大豆、無農薬、無肥料。

自分で作ると、発泡スチロールのゴミも出ないし、次回この菌を使ってやれば、大豆がある限りは延々と納豆が出来ると(笑)

大豆の浸水から、保温発酵で2日間程かかるけど、特にこれと言った技術も必要ないし。

子供の夏休みの研究なんかにも、面白いかもよw

これからは、自衛の時代だってw

私達の健康保険料や、税金って、有無を言わさず義務だからとむしり取られて行くのですが、はて、この税金。。。何の為に払ってるのでしょうか。

いけねぇ、ぼやいてしまった。。。

そんな訳で、先週末久しぶりに二台そろってバイク乗ってきた。


P1080304



東の方に行ってきましたです


天気はすこぶる良好。


P_20200613_132043



P1080314



この時点では。

P108032022222



国道333号線に出て、美味しい水をいただきますです。

ホント、癖の無いまろやかな水なのよ。。。


P_20200613_142351[1]


P_20200613_142415


P_20200613_144057



炎天下の中、辛ラーメンをいただきました。


P1080338


P1080337



遠軽から滝の上まで、道道を使って抜けました。


だんだんと曇りから、滝の上の道の駅に着く頃には、雷と強風と雨。。。

午前中の好天から、ここまでなるとは考えず,カッパも持ってこなかったもんでさ。。。


取りあえず、カメラからスマホから、濡れたらまずい物はジップロックにパッキングして、雨脚の弱かった頃を見計らって、走ってきたけど・・・ぬれ鼠状況の所に、走行風で、メッシュジャケットw

帰り着く2時間弱は苦行の状態。

正に、行きは良い良いの言葉通りにw

嫁様が風呂の準備をしてる間に、チェーンとフォーク周りに油ぬってやって取りあえずバイクたち仕舞い込んで終了!

今度はキャンプ行きたいけど、昨年同様、オフシーズンになるのだろうね。

ビニールハウスがあると、育つのはやいのだけど、離れるのがちょっと怖かったり。


P_20200614_135536


そうそう。

トマトも花が咲いて、2本立て用の脇芽も立派になってきた。

そろそろ、釣ってやらないとひっくり返るかなw














大体の苗を植え終えたけど、まだ一部残ってる。

P1080269




中長なす。



P1080272


札幌黄玉ねぎとカリフォルニアワンダーと言う名のピーマン。


P1080270



万願寺唐辛子。シシトウの大きいのがなる。


スイカの苗とるの忘れたけど、小玉と大玉と4株ずつ。


今の最大の懸案事項としては、無計画にあれもこれもと植えたが為に、スイカの植える場所が見つからぬと言う・・・・

P1080274


白菜も結球しだした。

手前のと奥のとで微妙に色が違うと思うけど、手前の薄い色のが金沢大結球とか言う固定種の白菜。

奥のは一代交配の早生タイプの白菜。

奥の葉物野菜と手前の白菜なんかを育ててる所は、昨年トマトを育てて、米ぬかをうっすらと撒いて、春先の準備の時に、剣先スコップで鶏糞をうっすらと撒いた後でロータリーかけただけなんだけど、普通に育つもんなんだわ。

その他としては、葉物は窒素と言う事で、これらの間に、黒千石大豆をコンパニオンプランツとして植えてるんだけど、どの程度の効果があるのかね。

もっと大きく栽培できるなら、コンパニオンの有無でどの程度違ってくるのか?なんてのも見てみたいしね。

取りあえずは、今の所は病気っぽいのは出てないけど、最後まで解らんw

因みに、農薬類は一切使ってません。


P1080275


世界一と言うなの固定種のトマト。


今の所順調


P1080276



昨年トマトを育ててて、キャベツの脇から出てきたトマト。
恐らく、ベルナーロゼか、いただいた品種名不明のミニトマトのどちらか。

トマトをはじめとした茄子科は連作NGとなってるのだけど、透明マルチの下は雑草がびっちり。

で、キャベツやら大豆等が植わってて、ちょっとした草生栽培とかの状況に近いと思ってる。

ほったらかし農園見たいな事してると、連作がだめと言いながらも、何年も、こぼれ種から同じものが生えてきたりなんて事もあるらしい。

だから、ちょっと実験でそのまま生やしてる。



とはいえ、来年からは、トマトの作付を減らして、3年周期の輪作に乗りだそうと考えてる。

上手くいけば、三種類それぞれが、無農薬はもちろんだけど、無肥料でも行けてて、実際に、少し離れたところで、そのトマトでジュース作って売ってるらしいのだけど、慣行農法で作られたトマトと同じくらいの糖度を確保できてるとかね。

面白そうじゃん。

うちなんか、自家消費目的だから、薬だの肥料だのなんてのに、金掛けたってしょうがないからね。

かねかけて100点の物作るより、金掛けねえで70点くらいの物で十分なのよ。


P1080277


ココゼレと言う名のズッキーニ。

昨年、大納言小豆とスズマル大豆を育てた場所。

P1080279


隣の空いてる所に撒いた小豆。

時間がかかってしまったけど、無事に発芽した。


P1080285

キクイモ。

昨年は、この奥で育てて、結構でかいのがゴロゴロと取れてたのだけど、手前の方に移動して、どんな風に変化するか見てみる。

昨年、嫁様が実家に帰った時に持ってきてくれた物が、今に繋がってる。

このまま、放置しとくだけで、雪降り前にはゴロゴロと芋をつけてくれるのでとても楽。

天然のインシュリンなんて言われる、イヌリンなんてのが豊富に含まれてるとかで、動脈硬化予防なんてのにもいいのでは?

一時、食の西洋可に伴う脂っこい物が、動脈硬化を惹起するなんて言われたけど、ここ最近だとグルコーススパイク、血糖値の急激な上昇が原因になってるなんて言われ出したね。


P1080286


P1080288


昨年、キクイモを植えてた所で、緑貝豆とパンだ豆、黒豆を撒いて、どうなるか見てく。

緑貝豆は、煮豆にするとホントに最高よ。

どんなになるか、答えは秋。

楽しみでもあり、恐怖でもあり・・・。



さて、コロナウィルスも、何処をどう見たらそう見えるのか解らないのだけど、一応落ち着いたからと言う事で緊急事態宣言も解除されましたな。

日本の人口辺りの検査数、ジンバブエに抜かれたんだそうです。

検査絞れば、絞った数以下にしかならないわけですから、そりゃ感染者も減ったと言う話が出来上がるわな。

さて、そんなジンバブエに抜かれた先進国の日本で土を相手に格闘してますよ。と。



本日は朝から雨模様でしたが、昨日まではいい天気が続きました。

ハウス内に播種したオクラも無事に発芽してます。


P_20200531_165857


オクラの種は、発芽するまで時間がかかるので、3日程水に浸けて、根が出てきたところで播種して、二日くらいして無事に発芽しました。

原産地がインドネシアとかそっちの方だと言う事で、ハウス内で育てていきまする。

採れたてをカレー粉まぶして炒めるとうまいのだよね。。。

とは言うものの、、今現在とらぬ狸のなんとやらです(笑)


P_20200531_171354


ジャガイモも順調のようです。

こちらは、農林1号と言う随分と古い品種になるのだとか。

今年は、ワセシロ、トウヤ、男爵、メークインとこいつの組み合わせで。

ワセシロは一番早くできて、トウヤは長持ち、メークインは沢山とれるイメージ、男爵は何となく北海道だから(笑) 農林一号は珍しいから。とそんな理由で。。。



P_20200531_171924



稲の苗の間に、ピロンと一本長いのが立ってると思うのですが、アピオスも発芽してきました。

ミネラルたっぷりの、スーパーフードとして注目されてんだとか。

2メーター近くまでつるが伸びていくらしいので、色々工夫しましょうや。

P_20200601_181711


葡萄も、今週で一気に成長しました。

これからは、トマトもなんですが、脇芽かきと言う戦いが待っていまする。

全所有者が言うてましたが、自分で育てると、葡萄が何故高いのか解るからと笑ってたのだけど、ホントその通りだと。

昨年は豊産でしたが、これまで全所有者が肥料やら、防除やらやってくれてた残りの影響もあるのかと思うんですが、うちは、化成肥料と農薬は一切不使用にしたいので、やったものと言えば、完熟鶏糞と米ぬかを撒いたのみで、欠いた葉っぱやツルなんかは、全部地上面におとして、土に返してやってます。

果たして、それでうまく行くのか行かないのか。。。

失敗しても、しょうがないか程度でやりましょう。


P_20200601_182157




黒大豆と緑貝豆も昨日植えて。。。


P_20200601_182242


中々出てこなくて、まき直しになるか?と思われていた、モチットコーンも幾つか発芽してきました。

ハニーバンダムから選抜を繰り返して出来た、固定種だとか。

トウモロコシは、昔ながらの餅キビは固定種があるのですが、バンダムの様な甘い系のの固定種の種って中々なくて、結構貴重なのかなと。

昨年は、八列とうきびを植えたのですが、収穫までもう一歩の所で狐にやられたので、今年は早いうちから電気を張る事にしますです。

P_20200601_183040


P_20200601_183051


ビタミン菜とわさび菜もわさわさとしてきましたので、間引きしながら消費してきます。

IMG_20200601_191120[1]


昨夜は野良生えしたリーフレタスとビタミン菜をいただきました。

美味しいですね。

嬉しいですね。。。

バイク乗りたい・・・。

このページのトップヘ