もう一昨日の事になりますが、車で喜連川まで行ってきました。

何度か、近くまで訪れた事はあるのですが、実際にご当地の温泉に入るのは初めて。

今回は高速を使わない予定でいたので、朝七時に自宅を出発。

連休の中日で、朝も比較的早いので、道路も空いており、10時チョイ前には喜連川市街に入ることができ、ちょっと迷いながらも、今日の目的の温泉に到着です。

喜連川温泉城








喜連川温泉城と言う名前がついてますが、実際は老人福祉施設で、一般にも温泉を提供してくれています。

料金300円+休憩室利用料300円で600円を支払い、温泉に向かいます。

お湯の方は、石油っぽい匂いがプンプンしていて、それに硫黄の匂いがちょっと混じっている感じです。
よく暖まる温泉で、お客さんが次から次へと来るのもうなずけます。

ただ、休憩室はカラオケが大音響で流されており、それを利用しない人にとっては、休憩にならないかもですが。

それでも、ごろごろしながら、3回ほどお風呂に浸りました。


帰りは、いったん氏家まで出て、いかにも地元のと言った感じの焼きそばやで、遅めの昼飯を食います。

焼きそば









ヘルニアになる前に、カブでも来た事があるのですが、メニューは焼きそばのみのシンプルな構成。

特大を頼み完食。

で、帰りはそのまま四号線で帰るのも、芸がないと言うことで、国道294号線を走って小山方面を目指しますが、アップダウンあり、コーナーありでバイクで走ったらめっちゃ楽しそうな道路でした。

で、途中トイレ休憩をかねて、パチンコ屋に入ってしまいましたが、ここでハナハナが1000円でビッグ一回、レギュラー五回のプチ連荘をしてくれまして、本日の旅行料金はすべてチャラ。

で、自宅に帰ってから、調べてみたのですが、国道294号線は千葉の柏から会津まで繋がっている国道で、渋滞しそうな主要都市は殆ど通らず。

日中の様子は分かりませんが、朝早くに出発すればかなり楽しそう。

今年の夏は、栃木福島方面のツーリングが充実しそうな予感です。