昨日から一泊で、長野方面にドライブに行ってきた。

久々の泊まりとあり、本当はバイクで行きたかったのだが、先週の水曜日辺りから、雲行きが怪しくなり、今回は車で行く事にした。

午前九時出発。

前橋で高速を降りて、下仁田へ向かう。

上信越道で、直接行っても良かったのだけど、高速代勿体ないし。

で、下仁田と言えばこんにゃく。

下仁田こんにゃく食い放題 看板











国道254号線沿いに建っているので、知ってる人も多いかも。

こんにゃく鍋










200円を支払い、竹串に刺さったこんにゃくを鍋から引っこ抜いて、味噌の入っているつぼにそれごと入れて味噌をつける。

食い放題とは言っても、一個がタバコ二個分を張り合わせた位の大きさがあるので、二個食うのが限界。


ゆでジャガイモも、サービスしてくれ、繊維と炭水化物を補給して、まだ遠い宿を目指して出発しますです。


途中、三才山トンネルから松本に抜ける前に、いつもお世話になっている、霊泉寺温泉で一風呂浴びて、これまたいつも立ち寄る、ニューかもめで食事をして車を走らせます。

途中途中で、エンジンが冷えた頃を見計らい、ラジエターの点検をしますが、やはり完全にエアが抜け切っていないのか、液が足りなくなった分を補給して走ります。

松本から国道19号線にスイッチングして、今夜のお宿を目指します。

お宿は、信州犀川交流センターです。

一泊大人1500円チョイと、かなりリーズナブルなお値段。

元々は、犀明小学校の廃校跡を、信州新町が宿泊施設としてリニューアルして、提供してくれています。

後、ここを宿泊場所に選んだ理由としては、信州新町一帯は、ジンギスカン街道として、町を売り出しており、北海道出身のおいらとしても、内地のジンギスカンがどんなものか、非常に興味があったのでありますよ。

お宿に着くと、玄関入り口で七輪を持ち出して、別のグループがバーベキューの最中。

何でも、バイクで滋賀から来られたとか。

皆さん、多分40過ぎていると思うのですが、かなり気合入っておりますなぁ。

で、地元のトラック運転手も集まると言う、食事処こだまで、ジンギスカンを食する事に。




お食事処 こだま









ジンギスカンとモツ









ジンギスカンだけではと思い、白モツも一人前頼みました。


ジンギスカンとモツ











ご当地では、たれに漬け込まれたマトンを使用するのが、デフォルトのようです。

ジンギスカン定食









私の中では、ジンギスカンと言うと、ラムを好んで頼むのですが、ここの地域では、マトンを使用するのが多いらしい・・・と思う。

マトンって、ラムに比べると、硬くて臭いというイメージがあったのですが、漬け込んでいるたれが絶妙なんでしょうな。

北海道のジンギスカン専門店も数件知ってますが、もしかしたらこっちの方が美味しかったかも・・・・。

ボリュームもあり、味良しで値段も二人で2600円とかなりお安い。

チョッと、この街道のお店を全部制覇してみたくなりました。

帰り際、近所の温泉でお湯を浴びて、焼肉臭さを落して11時前には就寝。

明日はどこに行きますか!

ついでに押してくだされ

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ