10月18日。

朝5時半にセットした携帯のアラームで覚醒。

前日、夜勤あけで昼寝を一切せず、夜中12時過ぎまで酒を飲み、アラームをセットしたことすら覚えていない。

眠い目をこすりながらPCを立ち上げ、天気予報を確認。

一時は日曜日の天気は下り坂で雨の予報もなされていたが、天気は大丈夫そう。

で、今回は山梨県の西湖湖畔キャンプ場に出撃すべく、朝9時半に出発。

何故か目が覚めてから4時間後。

今回も無駄に早起き・・・・・。

なんだかんだで出発が遅くなったので、外環〜関越〜圏央道経由で日の出ICで高速を降りて、高尾街道から甲州街道に抜けて道志道を走って山中湖に抜ける事に。


時間もお昼を回り、やっとこさ道の駅道志に到着。

駐車場は車もそうだけど、バイクの数もかなり多い。


で、空腹も限界に来ていたので、ここでいなかうどんなるものを食す。
クレソンうどん









最初は普通のうどんだと思っていたので判らなかったけど、出てきた時蕎麦と間違われたかと思ったけど、相方に聞くと名産のクレソンが一緒に練りこまれているとのこと。

珍しいと言う点ではあれだけど、味のほうはまぁまぁと言う事にしておきましょう。

物足りなさを感じながらも、無事山中湖に到着。

山中湖から西湖を目指す。

渋滞を交しながら富士吉田に入る。

さっきのうどんに少々満足を得られなかったので、うどんのメッカの富士吉田で食ってこうとしたけど、当初寄る予定に入れてなくて、知っている店を回るけど時間も二時を回ってしまっているため、軒並み準備中。

しょうがないので、そのまま国道を走り、西湖を目指して走る。

鳴沢に入ったところで、とうもろこしの看板があちこちに立っていて、胃袋を満足させようと立ち寄ると、一本400円の文字が。

とうもろこし一本にそんな値段を払うのもばかばかしいので、寄らずに走っていると、吉田うどんの看板が出ていたので、看板に従って道を逸れる事に。

お店の前を通りすぎると、ちょうどお店を閉める直前だったみたいで、がっかりしながらUターンするとおばちゃんがおいでおいでと手を振っている。

まだ大丈夫だからと言われてお店に入る事に。

お店の名前は花菜。

よくバイクの人が来るのかわからないけど、砂利敷きの駐車場でバイクが出れなくなるからと、板切れを出してくれたりと、閉店間際にお邪魔させていただいたにも関わらず色々気を使ってくれ有難うございました。

で、肉うどんの大とてんぷらうどんの小をそれぞれ頼むけど、うどんの大が出来ないからという事で、肉天うどんにしてくれて料金も肉うどんの普通盛りにしてくれたり、相方のセロ子の方にも掻き揚げをサービスしてくれたりと至れり尽くせり。



吉田うどんの店舗










うどん










もちもちした食感のうどんと、味噌仕立てになった出汁の効いたスープはとても美味しく、ぺロッと平らげてしまいました。

腹も満足になり、今夜の宿の西湖湖畔キャンプ場にバイクを走らせる。
西湖湖畔を走るが、一気に気温が下がり、今夜のキャンプ箔は大丈夫なのかとチョッと不安になってしまう。

道に迷ったかと思いながらも、難なく到着。

http://www8.ocn.ne.jp/~saikohan/ 西湖湖畔キャンプ場

受付で料金一人頭千円を支払い、早速テントを設営する。



キャンプ場の看板











テントとバイク











サイトは土ですが、片付けさえしてくれれば直火もOK。
目の前には文字の通り西湖がありますです。
湖とバイク










この界隈で1000円で直火が出来るのなら、相場敵にも安いのではないかと。

受付のおばちゃんの気さくで話しやすいし、トイレや炊事場もまずまず綺麗で、ロケーション的にも決して高くはないのかなと。

で、こちらのキャンプ場はバンガローを借りると、併設されている焚き火台を使用できるのですが、シーズンオフで開いているので、近くのバンガローの焚き火台もタダで使わせていただける事に。

夕食は富士吉田まで戻ってスーパーで買い出したBBQと、今回焼き芋もやってみる事に。
さつまいも






芋を焼くのは始めての体験で、少々炭化してしまった部分もあったけど、美味しく頂く事が出来ました。


で、少々冷え込みもきつかった感じでしたが、思ったほどでもなく、焚火があったお陰でそんなに寒さも感じず結構快適に過ごす事が出来ましたです。


焚き火








一泊目終了


通りすがりにポチッと。
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ