夜中何時だかにセロ子に起こされる。

人が来ている様な音がするとか言ってた様な気がするが、雨の音しか聞こえないのでそのまま寝てしまったよう(笑)

で、今度は腹が痛いのでトイレについて来いと起こされる。

何とか起きた物の、シュラフの中でパンツ一丁なので、外に出るにしても準備に時間が掛かる。

セロ子は一刻を争うらしいけど、狭いテントの中だと中々着替えもままならず。
笑を堪えながらトイレに付き合って差し上げる。

時間は3時半。

憎憎しげに雨が降っている。

やれやれ。

テントに戻ってから30分ほど寝返りを繰り返しているうちに意識消失。

この時間になると、さすがに白鳥どもも静かになっていた。


朝七時半頃、テントをたたく音が雨の時とは違う事に気づいて起きる。

ホントに雪降ってきた。

テント







雪化粧







すぐ目の前に、昨夜やかましかった白鳥どもがぎゃんぎゃん鳴きながら、泳いでいる(笑)

テントにカメラを忘れてしまったので、後で撮ればいいやと思ってたら、そのうちどっかに行ってしまった・・・。

セロ子も起きてきたので、とりあえず飯の準備。

ウィンナー







この他に納豆なんかも使ったけど、この時期洗物は正直したくないなぁ。

しかもタープなんてものも持っていないので、まさに風の中で飯食ってる感じ。

今思えば、テントの中で食えば・・・・なんてことも思いつくけど今更だ。

飯の後で、一息ついたところで近場の温泉施設へ。

230円。

冷えた体をじっくりとあっためて、復活を遂げる。

温泉









雪景色


サイトに戻る途中。
こういう風景って、ホントに心が癒される。

来年あたり、実家に戻ろうか(笑)

サイトに戻って、湖の写真を撮ったり、焚き火をしながら芋焼いたりして食う。

そろそろ帰ろうかと撤収をしていると、カメラを持ったレガシィ氏に話しかけられる。

この方、前日は蔵王の方でキャンプしていたとのことで、その足で視察に来たのだそう。

話し込んでいると、ここのキャンプ場の地主さん登場。

てっきり郡山市の管理だと思ってたら、土地は駐車場も含めて個人所有だとのこと。

何だかんだ、砂浜を慣らしたりゴミ拾ったり尽力を頂いているそう。

ありがたい話しです。

話し込んでいたら日が暮れてきた。

あわてて、撤収のスピードを上げてきた道を引き返す。

白河に入ったところで、先日の白河ラーメン攻略の続きをする事に(笑)

火風県(県は古い字)さんへ。
チャーシューが絶品と、古いるるぶに書いてあったので、手打ちのチャーシュー麺を頂く事に。




火風県









チャーシュー麺








手打ちの麺も、スモークされた感じのチャーシューも、素直に美味しい!

白河で三件ラーメン食ってるけど、今のところはずれはないなぁ。
ここのラーメンの味って、結構自分に合っているのか。

年末は大晦日までやるそうなので、元旦キャンプをこっちでやるようなら、是非寄りたい。

お店を後にして、国道294で谷和原まで走って、10時前に自宅に到着。

なんだかんだで結構楽しかった。

年末から元旦に掛けて、キャンプを画策しているけど、バイクでいけないなら、福島に来ようかな。

何とも楽しいもんですな。

野宿。


通りすがりにポチッと。
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ