先日の23日、24日と伊豆方面に宿泊ツーリングに行ってきました。

当日は自分夜勤明けで、少々お疲れで遅めの出発。

日没と共に気温もガッツリ下がるでしょうから、グダグダしておれませぬ。

首都高から東名、厚木小田原自動車道で伊豆方面を目指します。

いつもなら、一号線で箱根を越えて熱海に抜けていくところですが、今回はチョッと趣向を変えて、箱根ターンパイクを登る事に。

直線と気持ちのいいカーブが連続する峠でしたが、いかんせんXT250Xの非力なエンジンにメタボな体重の組み合わせですから、アクセルを捻ったところで大したスピードも出ませぬ(笑)

ターンパイク





とりあえず来たぞ!ってことで、チョッと見晴らしのいいところで写真をパチリ。

この時点で、時間は昼を回っており、昼食以外はノンストップで西伊豆を目指す事に。

熱海伊東とノンストップで走り抜けますが、今回はチョッと距離的に無謀だったかも。

途中、どこにでもあるラーメン屋で、大して旨くないラーメンを食って、下田まで走り抜けます。

松崎に抜けるのに、山から抜けるか海岸から抜けるか考えますが、山から抜けるのは過去に一度しか走った事がなく、この時点で日没間近。

海岸線を走って、今夜の宿のある雲見温泉を目指しますが、途中から風の強い事ったらありゃしません。

場所によってはフルフェの下から、風であおられた砂埃が入ってくる始末で、調子にのって走っていると、風にあおられてバイクがふらつき、おっかないのなんのって。

それでも予定の一時間遅れで、6時には何とか宿に到着。
えびすや








雲見温泉の民宿のえびすやさんです

宿に着くなり、温泉に入って冷えた体を温めますが、ここの温泉、43度だそうで、冷え切った体で入るにはかなりの掛け湯をして体を慣らさないと無理。

えびすや風呂






それでも、一回入って体が慣れてしまうと、かなり心地のいい温泉でして、塩分が多いためか、お風呂上りも結構ホカホカ感が持続します。


温泉から上がると、お楽しみの料理たちの登場。

舟盛り







イセエビ








あわび







なべ








このほかにも、ずわいの足とかカサゴの煮付け、オリジナルの塩辛やエビの焼き物など、10品以上の料理が揃います。

どれも旨かったですが、あわびと言うと刺身しか食べた事無いのですが、この、踊り食いもかなり旨かった!

ちなみに、鍋は最後に出てきたのですが、さすがに全部食う事はままならず、残してしまいましたです。

これで、一人頭11000円って、かなり安いと思うのですが。

食後暫くは動けませんでしたが、もう一度温泉につかって、体を温めて早めに休む事に。

ビールの酔いも手伝い、秒殺でいびきをかいて寝たらしいです(笑)