先日のキャンプで、すっかり風邪をひいてしまいました。

 もう、間もなくでCB400SSを購入して二ヶ月。っというわけで、自分なりのインプレなんぞ。

 先ずは・・・

【始動性】 2007年式なので、セルとキック併用式.

チョークさえきちんと引けば、二月の寒い時期でも問題なくエンジンかかります。

因みに冷えている時のキックは使った事がないのでわかりませんが、エンジンが暖まっている時だけ、何度かキックでかけた事があります。

オートデコンプのお陰で、特にコツもいらずに問題なくかけられますね。

バッテリー上がりなんかを起こした時も、キックがあれば非常用で使えるので、うれしい装備。

で、アイドリングが安定するのももう一台あるXT250Xよりも早いので、暖気の時間も比較的早く終わらせて走り出す事ができる。




【加速性能なんか】
マルチのエンジンみたいに引っ張ってパワーを引き出すのではなく、3000〜4000回転ほどでギアを繋いでいくのが、一番加速が気持ちいですねぇ。

それでも、回せばそれなりにパワフルなのかな(飽くまでそれなりに・・・)。

マルチとは違った独特なトルクの出方がして、これが単気筒のトルクなんだなって思わせてくれますね。

シグナルダッシュでは、普通に車をリードできるので、カブに乗っているときと違って、幹線道路を走っていても余り後ろを気にしなくてよい(排気量も違うから当たり前か)。

で、流していて気持ちがイイのは60〜80キロぐらいで走っているのが、一番いいのかなと。

高速では、一応90キロぐらいは出しますが、それ以上は風圧と、微振動との戦いになるので、それ以上で走リ続ける気にはなりません。

あと、エンジン特性に入るかも知れませんが、交差点の左折なんかだとちゃんとギアを選ばないと、ノッキングしてしまうので、その辺はチョッとだけ気を使いますな。

【乗り心地】
姿勢は教習所で乗ったSFのような殿様スタイルで乗れるので超楽チン。

サスも柔らかい設定なので、腰にヘルニア爆弾を抱えている自分にとっては、精神衛生上も良しですな。

マッタリと流して良し、トコトコ長距離移動でも余り疲れを感じさせませぬ。

【旋回性】
最初はXT250Xの自転車みたいな操作性に慣れてしまっていたせいで、もの凄くモッサリしたハンドリングに感じた。

タイヤのインチ数が違う事が一番の理由と思われるが、慣れてくると、このモッサリがコーナーで粘ってくれる感じがして結構安心して寝かせられます。



 【燃費】
今のところ、ノーマルマフラーで最初トコトコと空いている路を走っているときは、28キロ位でしたが、都内の通勤なんかをメインで走ると、23キロぐらいに落ちてしまいますな。

ま、体重落せばもう少し燃費も上がるのかも知れませんがね。

 【今ひとつなとこ】
マフラーの音が静か過ぎ。 1000キロ走らないうちにWMのキャブトンマフラーに交換。

でも、トルクの出方なんかはやはりノーマルマフラーの方が力が出ている感じがするなあ。

積載性では、既存の荷掛けフックでも何とかなるけど、やっぱりキャリアが付けば随分違うでしょうね。

ただ、小出しに売り出されているキャリアも、対作品であるにも関わらず、100パーセントの安心ができないらしく、ホンダアクセスからは継続販売されていないとか。

あと、タンク容量はもう少し多いと助かるかも。
基本、遠乗りメインで使いたいので、やはり一回の給油でリザーブに入れずに、250キロ以上は走って欲しい。 180キロから190キロ辺りでリザーブに入るので、シチュエーションによっては慌てる事になるかも。

早め早めの給油が必要です。

ミラーが結構外にはみ出しているので、すり抜けは結構気を使う。

その分後方の視界がよく、体を動かさずとも目線の移動で、後方確認がある程度できる。

この点は、白バイ対策にもそれなりに有利じゃないのかな。

あと、ドライサンプでオイルタンクが別体式でよくあるウェットサンプ方式に比べると冷却性能がよくなっている?

能書き書ではオイルの交換サイクルが6000キロになっている。

昔乗ってたときは、メーカー推奨はどこも5000キロだったと思う。

オイルその物の耐久性が上がってきているのかもしれませんが・・・。

次回のオイル交換からは化学合成入れていくつもりなのと、メーカー推奨の交換サイクルが伸びているので、4000キロぐらいで交換してやればよいのかね。(これまでメーカー推奨の三分の二を目安に交換しているので)
 シフトの入りやすさとか見ながら確認していけばよいかと。

*2011年現在、SUNOCO REDFOX10W−40を3000キロ以内、オイルエレメントについては、オイル交換回数ではなくキロ数で10000キロ以内(メーカーによるオイル交換の推奨距離が6000キロ毎でオイル交換2回に一回がエレメント交換時期としているので、単純に考えれば12000キロまでは保障されると言う考え方)で交換している。

今の乗り方だと、一年に一度ほどのスパンで交換する感じになる。

メーカーの推奨している方法や、用品店で推奨している方法とは違うけど、取りあえず調子よく走っているので問題は無いようだ。

ただ、個人的な主観に基づく方法なんで真似して何かあったからと言って、俺は知らないけど

で、そのオイル交換のやり方については、ウェットサンプのバイクと違って、ちょっとコツを必要とする。

ドレンも二か所あるし。

で、このコツと言うか、特性を覚えないと、いつまでもオイルが上がってこないと、オイルを入れ過ぎてしまう・・・。なんて事になるので注意が必要。

その分、オイル交換作業はめんどくさい物となる。

後、センタースタンドが欲しい。

現在、チェーン給油についてはローラースタンド、チェーン調整については、パンダジャッキをマフラーに噛ませて行っているけど、絶対的な安定性はセンタースタンドに勝るものは無いと思う(そういった面でSRはいいよね)。

北海道ツーリングの時は、ギアオイルとSTPのオイルトリートメントを混ぜたものを垂らしていたけど、ちょっと進んでは油を落として・・・って感じで、非常にめんどくさかった。

これが、ルブになると清掃と注油で最低でもチェーン2周分は移動しなくてはならないので非常に厄介なものになるんでないか。

オイルメンテだと、基本拭きとって垂らすだけなのでチェーン一周分動かせばいいのだけど、出先だとやっぱりめんどくさいわな。

因みに、うちのチェーンメンテについては、メーカーで推奨はしていないので、これも真似して何かあっても、俺は知らない(ただ、Vテック積む前のスーフォアや、ジェイドなんかの説明書にはギアオイルさす様に書かれていた。オイルトリートメントについては勿論書かれてない)

で、チェーン調整の時なんかは、事前にアクスルシャフトなど、緩められる物は緩めておかないと、パンタの不安定な状況下じゃ何時ひっくりかえってもおかしくない。

現在引っ越したために、駐車場が砂利になってしまったので、ちょっと頭が痛い。

ま、こまめに給油(ルブを使用しているなら清掃も・・・)をして、荒っぽい運転をしなければ、そんなにのびるもんでもないので、業者に持ってってやって貰ってもそんなに手間賃は取られない・・・・と思うけど(やって貰った事無いので解らないけど、1000円でお釣りが来るのでは?)

とりあえず、気づいたところをチョロチョロと上げてみましたが、乗ってて急かされないので、意外と長く付き合える一台だと思いますよ。