定刻通りに小樽港に着岸しました。

小樽港着岸









ぐっすり寝たお陰で、体調はすこぶる良好です。

バイクは最後の下船になるので、ゆっくりと支度してたら、一番最後の方になりました。

船下りるぞ










外は曇っていますが、雨は降っておらず。

涼しい風を感じながら、五号線を札幌方面に向けて走り。

朝里のコンビニでビールと缶コーヒーを買って、取りあえずは墓参りに。

その後、実家に一回よって、朝飯食って9時前に実家出発。

旗一本目ゲット








途中の愛想の悪いセルフで給油した後、ホクレンの八幡SSを発見。

よく調べてこなかったのだが、ここにあったんだねと。

で、旗だけもらえませんか?と聞くと、いいですよ!と有り難いお言葉が。

これ着けて走るのって、何年ぶりだろうか。

北海道をバイクで走ってるって気にさせてくれますね。

しかし、来年はあるのだろうか。。。

白銀の滝








この後、厚田を通りすぎて、ひたすらオロロンラインを北上します。

目指すは稚内!の手前のどっかのキャンプ場!

で、増毛だっけか・・・。

の白銀の滝。

更に留萌方面に北上し続け、途中の寿司のまつくらか留萌の蛇の目で昼飯を・・・ということになりましたが、朝飯を食ってからそんなに時間が経ってないので、留萌の蛇の目で寿司を食らう事に。


蛇の目寿司店舗









ウロウロして市街を探し回りますが、見つからず。

相方がタクシーの運転手から情報を仕入れてくれ、程なく到着。

寿司!









極特上と、上生と並の各一人前をオーダー。

極上生チラシ








相方は一番いい生ちらしをオーダー。

で、お値段もお安いのですが、小洒落たすし屋で出される、つまみとしての寿司ではなく、しっかりとご飯としていただくお寿司のようで、シャリのボリュームもしっかりあります。

最後の方は、二人前でよかったかも・・・と、いつになく弱音を吐きながら、満足満足の完食。

お店を後にして、キャンプ用の椅子を忘れた事に気がつき。

更に、薪を切るための鋸を持ってきたのに、焚き火台を忘れている事に更に気づく。

焚き火は諦めて、椅子を2脚購入して、更に北上を続けます。

苫前の風車









確か苫前・・・、いや初山別だったかの、風力発電の風車。

国道から逸れて、丘に上がってみると、20基以上の風車があって、稚内に行く道道106号線のよりも迫力があるかも。

写真を撮ったりして、更に北上を続け。

以前から気になっていて、一度も行ってない三毛別の熊の家に。


三毛別の熊の事件宅









熊のオブジェは、少々大げさな感じはありますが、周辺には民家もなくって、山の中なので実際に熊が出てもおかしくなさそうな場所ですねぇ。

三毛別の説明









北海道に限らず、山でテントを張るって言うのは、こういった野生動物のテリトリーに自ら入っていくようなもんですから、気をつけなくてはなりませんね。

もうチョッと、じっくり見て痛かったのですが、蜂の巣がどこかにあるのか、蜂がやたらと多く、サクサクっと見学して更に北上。

天塩に4時過ぎに到着して、今回は鏡沼キャンプ場にテント張る事に。

食材とSDカードが満杯になったので、ホームセンターで購入。

一泊一張り500円の料金ですが、料金的にも設備的にも申し分ないですね。

人気があるらしく、バイクも最終10台位になって、チャリだーの人たちも多かったですね。

鏡沼海浜公園でテント









で、何度もこの界隈走った事があるのですが。

利尻富士!









初めて、利尻富士を拝む事が出来ました。

毎回、北を目指すときは雲っていた時が多いので、夕焼けを見る事が出来たのも今回初めてで感動しました。

ホタテのねぎ塩焼き









夕日を堪能した後、ボイルのホタテでねぎ塩焼きを作って、写真は撮らなかったのですが、とうきび湯がいて。

豚串ときゅうりの塩もみで晩飯食って、節約の為に発泡酒で酔っ払って、9時過ぎに就寝。

明日は稚内で旗ゲット!

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村