キャンプツーリングも最終日。

後は実家の小樽を目指して、北海道の道路を楽しむのみ。

特に決めてなかったルートだけど、折角なので三本目の旗を上士幌まで行ってゲットしようと言う事に。

絵本の村家族旅行村を後にして、ひたすら40号を南下。

途中、近道を利用して国道39号線に抜けて、三国峠を目指す。

木々の間を走る快走路で、何箇所か写真を撮ろうかと思ったのだけど、止まるのが勿体無くて全てスルーしてしまう。

無事、三国峠に到着して。

三国峠にて








写真を撮っているが、しま蜂の類か、小型の蜂がやたらと多く、特においらのXT250Xには7〜8匹の蜂がとまったり、周りを飛んでいて、エンジンかけるのにも勇気が必要な状態だった。

三国峠の橋









アイスなんかを食い終わって、相方を先に行かせて橋の上から撮影。

もっと値の張るカメラだと鮮明に写るのだろうがね。


ホロカ温泉









そのまま国道を走り抜けて。

途中にあるホロカ温泉でひとっ風呂浴びる事に。

宿の前まで行くけど、ここも蜂が多くておまけに休業日らしく玄関に鍵が掛かっている。

ここの混浴風呂は、カルシウムの結晶で、湯船の周りがクレーターの様になっていて、歩くのもしんどい程。

実家で一年程遊んでいた時に一度入りに来て、今回久々に訪れる事が出来て、楽しみにしていたのだけど残念。

で、チョッと上の方にも温泉施設があって。

鹿の谷










鹿の谷さん。

入浴一回500円。

因みに素泊まりは受け付けていて、寝袋持参だと2500円だとか。

鹿の谷 風呂









三種類の温泉が引かれていて、浴場は混浴のみ。

外の露天は白濁の硫黄泉もひかれていたらしいが、今回自分は入らず。

で、温度管理があんまりなされていないのか、真ん中は適温で奥は十回以上の湯浴みをしてやっと入れて、手前は何をしても入れなかった。

鄙びた感じがとても気に入っただけにチョッと残念。

タウシュベツ水没









温泉を後にして、糠平方面にバイクを走らせ。

タウシュベツ橋梁を見に行くけど、残念ながら水没。

タウシュベツ水没2










こんな感じで沈んでいるんだと。

道理で、自分達が展望場所に向かう際、みんな微妙な顔をしているわけだ(笑)

上士幌で旗三本目








気を取り直して、上士幌を目指して走る。

無事、上士幌のホクレンで三本目ゲット。

昨日、そのままオホーツクを目指していれば、4本揃っただろうに、チョッと悔やまれる。

ばんちょう店舗









時間も12時を回っていたので、昼飯をどうしようかと言う事になり、帯広まで行って豚丼を食う事に。

じつは、元祖と言われているばんちょうに来るのは今回初めて。

梅の大盛りをたのみます。

ぶた丼梅大盛り









大変おいしゅうございましたが、好みの問題もあるのだろうが、以前長崎屋の一回にあった豚丼の店(名前忘れた)の方が好みかも。

ばんちょうを後にして、国道38号線を走って日勝峠を目指す。

日勝峠の雲海








遅いトラックに捕まったりしながら、だらだら走ると、後ろの相方からクラクションが。

また、ウィンカー消し忘れたかと思って振り返ると、見事な雲海が出ていまして。

慎重にUターンして写真をパチリ。

もう一回Uターンして、峠を下って夕張方面を目指す。


鹿注意








このときも相方からのクラクションで気づいたのだけど、最初見たときは5〜6頭の群れだったのだけど、カメラを取り出している間に何匹かは逃げてしまう。

鹿!








久々にみた生鹿に感動しつつ、小樽を目指して走る。

ずっと下道で帰る予定だったけど、さすがに疲れてしまって北広島から高速経由で帰る事に。

久々にさんぱちに寄って味噌ラーメン。

味噌ラーメン







日没でチョッと肌寒い感じだったので、体も暖まった。

その後、札樽自動車道の銭函まで走って夜の八時過ぎに実家に到着。

らん








別の日に撮った写真だけど、我が家のアイドルが元気にお出迎えしてくれました。

駆け足のキャンプツーリングはこの時点で終了となった。




ポチッと下さいませ↓
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村