先日の23日から24日にかけて、渋温泉のほうにドライブに行ってきました。

猪苗代あたりで、雪を見ながらクリスマスイブの朝を迎えるって言う案もあったのですが、たまにはまともな屋根のある所に泊まりたい(笑)と言うことで、去年と同じく宿を取りましたです。


で、23日の朝。

IMG_4901









IMG_4898










待ちきれないってわけでも無かったのですが、ひょんなことから、相方が隠していた、モンベルのダウンを見つけてしまい、一日早いですが、プレゼントの交換となりました。

IMG_0127











もう何日か早く出てきていれば、雪道を豪快に走ることもできたのでしょうけどね。

ま、雪道を堪能するには、来年の一月末から北海道に車で帰るので、そのとき存分に楽しむことにしましょう。

IMG_0133








何の変哲も無い、上信越道を走り抜けまして。

豊田飯山ICを降りて、少し走ったところにある蕎麦屋です。

このあたりの蕎麦屋に来るのは、ずいぶん久しぶりでして、以前来たときは行列ができていたのですが、お昼時じゃ無かったせいか、始めのうち、自分たちしかいませんでしたな。



IMG_0135









雪国に来たなぁって感じさせる薪ストーブ。


IMG_0139







蕎麦が運ばれてきました。

大盛りとてんぷらをチョイスしましたが、中々おいしゅうございましたです。

IMG_0144








蕎麦屋を後にしまして、車でぶらぶら走ることにします。

IMG_0150











野尻湖の湖畔から、ちょっと山のほうに抜けて車を走らせますが、時間もいい頃だってんで、宿泊予定の宿に向かうことにしました。



IMG_4902









無事に、渋温泉に到着。

湯元からは湯気がモハモハと上がっております。

風呂好きの自分としては、わくわくしますねぇ。

IMG_4905








宿のほうは、こんな感じの路地を入ったところにあります。

渋温泉では有名な外湯の四番湯の隣にありますです。

IMG_4909








旅館玉久さんです。




IMG_4911










お部屋は、トイレこそついていませんが、十分に広くてよく手入れされてます。

自家製の野沢菜のつけもの。

唐辛子がびりっと効いていてうまかったですねぇ。

IMG_4916








一息ついたところで、宿のお湯に入ります。

温泉は100パーセント掛け流しで、ちょっと熱め。

気持ちいいお湯ですよ。


IMG_4926






お湯から出たら、もうひとつの楽しみ。

最近は、その他の雑酒しか飲んだことがありませんが、やっぱり本物のビールは違いますなぁ。

IMG_4914










夕食まで、ちょっと時間があるので、外湯めぐりに出てきます。

4〜5年ほど前に来て、途中までしか埋まってない湯めぐりの手ぬぐい。

果たして、今回で全部埋めることができるか?



IMG_4932










今回、一個目の七繰の湯。

じっくりと熱めのお湯を堪能しまして、夕食の時間になりますので、いったん宿に引き返すことに。


IMG_4935







下駄の音が心地いい。

IMG_4942









IMG_4947











無農薬または、減農薬にこだわった野菜を使った夕食。

どれもおいしゅうございましたが、最後に出てきた、サトイモの炊き込みご飯が最高にうまかったぁ〜。

今年最後の宿泊旅行にふさわしい料理でした。

IMG_4964







テレビ見て食休みして、湯めぐりタオルを埋めるべく、外湯めぐりに出陣です。

一番湯。

IMG_4936









朱印ゲット。

IMG_4960










途中、千と千尋で有名な旅館の前を通りすぎて。

二番湯の笹湯に到着。

IMG_4967









外湯は夜10時までですので、あと10分ほどしか時間がありませんが、熱いので5分も入っていれば関の山なので十分間に合います。

10時からは地元専用になるそうですので急ぎますが、それでも十分にあったまりましたです。

って言うか、これ以上入ると、湯あたりしそうになってきたので、宿に戻る事に。

布団に横になって数分で落っこちまして、宿に泊まると、必要以上に早起きしてしまうのですが、8時近くまでぐっすりと眠ることができました。

一日目終了。