月曜日に無事に見極めを貰えた大型二輪教習ですが、いよいよ、検定が明日へと迫ってきた。

ホントは、火曜日あたりに有給でも入れられれば良かったのですが、うちの職場、人の出入りが激しいと言うかなんと言うか。

突如、明日から来ません!的な辞め方をしたスタッフが1ヶ月の間に2人。

この二人が残っておりゃ、その火曜日にちょこっと有給を戴いて、検定を受ける事も出来たのですが、そんな事もあり、上司は不機嫌だし、日勤のスタッフも少ないだしで、有給をくれなんて事はとても言えず。

結局、明日の日曜日まで延びてしまったわけです。

一応、チョコチョコと、コース図を見たりしてシュミレーションしていたのですが、5日以上もあいた状態ですから、感覚も鈍りますし、落ちたらまた暫く間を空けなくては再検定を受ける見通しも立たないと言うわけで。

本日、夜勤明けで二時間ばかり乗ってきましたですよ。

眠い目をこすりながら、補習・練習と書かれたゼッケンを着て。

ウォーミングアップ走行の後に、コース走行を指示されますが、一発目車線変更の合図と確認を忘れアタフタ・・・・。

2発目、波状路でまさかのエンスト。。。。

3発目、一本橋脱輪・・・・。

やっぱり自習入れておいて良かったと思いつつ、走っていくうちに感覚も取り戻しまして、コース、課題とも、大きなミスも無く(自分が思っているだけ?)こなす事が出来ました。

で、自由教習を二時間(有料)と言う事で予約をしていて、二時間目キャンセルして帰ろうかどうか迷いましたが、念の為乗っておくことに。

で、入校のときに渡された、カレンダーにA週とB週ってのがありまして、今考えてみれば、そんなわけありえないのですが。

A週はAコース、B週はBコースで検定コースが決まっているんだと思い込んでおりまして、明日まではA週だったんですよ。

で、教官殿が、見極めもらってるのに、二時間も自由教習入れてたのを不審に思ったのか、何か不安な事とかあるんです?と聞かれ、見極めから期間が開いてしまったことを伝えると、自由にコース取りして良いので、不安なところを徹底的に練習してくださいと。

だから、徹底的にAコースを練習してきました。はい。

とりあえず完璧か?と思えるまで走ってきまして、もう、合格もかたいから、検定も大丈夫でしょうと教官殿。

ウキウキしながら検定の手続きをしていた時の話。

念のため、A週とB週の意味を確認したところ、それは学科の話で、検定コースについては当日の朝に発表されますよと明るく微笑む受付嬢。

そ、そおですか・・・。
そりゃそうですよね・・・なんて、適当な返事をしつつ、そう言えば入校説明の時、そんな事を言ってたかもと思い出しながら、帰路につきました。



どうか、明日はAコースでありますように・・・。

コース図を見ながら、Bコースの復習をしています。。。

情けなや・・・。