日の出直前に目が覚める。

この所、10時前には寝てしまうので、朝の目覚めが自宅にいる時より格段に早くなっている。

IMG_0063IMG_0067IMG_0068






IMG_1177
何だか曇っていて虹が見えたかと思うと、小雨がパラついたりと落ち着かない天気。
ラジオでは天気は良いと話しているが、果たしてどうか。



IMG_1179
いつもだと、米を炊いたりと朝から忙しいものだが、食った後の片付けなんかも面倒だし、走る時間が勿体無いという事で、パンとダブルラーメンでさっさと済ませる。



テントを片付け終わる頃になると、雲の合間から少しだけ青空が顔をのぞかせてくる。

荷物をくくりつけ、根室方面を目指して走る事にする。

が、昨夜温泉につかったとはいえ、石鹸は使えないはずと、お湯で体を流しただけだったので、川湯温泉によって汗を流す事に。

そう言えば、BHSの川湯温泉一泊無料ってのが可能だったのだけど、いつ宿泊するってのを事前に決めておかなくてはならず、天気もよくわからずに、旅館の時間に締め付けられるのも面倒だっちゅうことで、今回は辞退した。
確かにお得なプランではあるけど、それ以上に何日にそこに行かなくてはならない・・・・って事前に決めるとなると、バイクの場合、天候の影響は非常に大きい。
それを考えた時、2週間以上も前にプランを立てて予約したとして、予約した責任の中、大雨の中そこを目指すって言うのも、何だか縛られた感じがして嫌だった。
そんなしがらみから逃れたいがための夏休みでもあるし。

IMG_1193IMG_1189






屈斜路湖畔を走って、川湯温泉街にある共同浴場。
この辺に来た時は必ず寄るお気に入りの温泉。

暑いのと、冷たいのと交互に入ってゆっくりと温泉を楽しんだ。

IMG_0092



根室に向かうべく、まずは別海町方面と書かれた青看板に従って走っていく。

ここまで来ると、天気も回復。
気温も上昇してきている。
止まると汗が噴き出してくるのが分る。

途中、養老牛温泉の看板がみえたので国道をそれると、開陽台の文字が見えたので、そっちに行く事に。

以前から何度かそばを走っていたが、次でいいやと先延ばしにしてきた場所の一つ。

IMG_1195BlogPaintIMG_1199






IMG_1200IMG_1203






初めて訪れたが、こんなに絶景ならもっと早く来てりゃよかったと(笑)

IMG_1211BlogPaint



良く見る雑誌の直線道路もここだったかと。





IMG_1223

標津のホクレンでお釣募金で旗ゲット!
所で募金の目的は来年の旗の製作費?
他のホクレンでもこう言ったオリジナルバージョンが有るらしいけど、ゲット出来た事でテンションアップ!



BlogPaintIMG_1226






太平洋側に抜けて暫く走ると睦まじい馬の風景。
撮りそこなったけど、顔を見合わせたりしてたのよ。

IMG_1229

更に走らすと、白鳥台パーキング。
叫ぶ先に北方領土が有ると言う事だが、ロシアは太平洋に艦隊を出したいが為に、どさくさにまぎれて搾取したとも言われている北方四島。

そんなこんなもあって、ロスケなんて言葉も生まれたかもしれない。

軍事的な意味からも、日本に戻るってのはもしかしたら無いのかもね。


BlogPaint


納沙布岬到着!
初根室!



IMG_0104IMG_1234







無事に根室の先っちょ到着!

ですが、風邪症状は強まるばかりで、取り合えず来る途中にあった、ライダーハウスに連絡を入れる。

BlogPaint





とりあえず、併設する居酒屋で1500円以上の食事をすれば、宿泊無料と言うスタイル。

いきなりだけど、次の利用が有るかどうか・・・・
多分次は無いかね。

泊めてもらっているんだって言う事を考えたとしても、特大サイズのオニ蜘蛛が部屋の中に二つも営巣していて、そこに有ったアリの巣コロリで駆除させていただいたのだけど、文句みたいな事を言われたりなどね。

もともと人は悪くは無いんだろうけど、自分たちにはちょっと合わないかなと。

ただね、料理の方は結構ボリュームがあって、味も悪くは無かった。

色んな人が集まるだろうから、それなりに秩序を保たないと、やっていけなくなるのもあるのかな?とは思うけど、ちょっと初めてのタイプのライハだったなぁ。

二人で6千円近く食って飲んで、携帯の充電をしようとしたら、コンセントに使用不可って書いてあったりで、何だか複雑な気持ちでがっつり寝る。

ま、おかげで風邪は完ぺきに治ったけどね。

重ねて言うけど、自分たちにはちょっと窮屈だったっちゅうだけで、置いてあった思い出ノートみたいなのを見た限りではいい事も書かれていたので、合う人にはいい場所みたい。

ただ、こんな感想なんで宿の名前や外観なんかは伏せておく。