巷では三連休だが、おいらは日勤、夜勤通しでこの連休はほぼ仕事。

みんな!渋滞ご苦労さん・・・言ってみたものの・・・悲しや・・・・。

ちょっと焼酎かっくらって、いい気分になってます(笑)

で、ちょっと前に750引っ張り出して走ってきた。

なんてことは無く、奥多摩のほうに行ってみよか・・・、もう少し先に行ってみよか・・・と山梨のほうに抜けて、ただ帰ってきただけであるのだけど。

いつものように、所沢から関越乗って。

青梅ICでおりて。

青梅街道をひたすら山梨方面に走り。

腹が空いたからラーメン屋。

DSC00587












昔、出光かなんかのガソスタだった場所だと思うのだが・・・

DSC00588












今もその名残は残っていて。

DSC00584DSC00586











チャーシュー丼とラーメン。

ちょっと、むつみ屋(字これで合ってたっけ?)を思い出させるような感じのスープ。

自分的にはちょっとチャーシューの味がしょっぱいかと思うが、丼に乗ってるなら、ちょっと塩辛い感じがご飯を進めさせてくれて。

ラーメンの方も、あまり期待してなかったけど、結構いける感じだ。

お昼を十分に回っていて、青梅から結構山に入った場所にあるにも関わらず、一人二人と客が来る。

嫌いじゃない味なんで、次は相方を連れてこよう。


で、奥多摩のほうに抜けて、周遊道路を走ろうかと思ったけど、とりあえず山梨を掠めて帰ろうかと。

DSC00591












そのまま大菩薩ラインへバイクを走らせる。

そこそこ標高稼いでいるけど、寒くも無く暑くも無く。

DSC00616












甲州市に抜けたところで、大菩薩峠の看板出てたので、なんとなくそっちに向かい。



DSC00618












名前は忘れたけど、ダム湖のほとりにあるヘリポートで一服休憩。

肝心のダム湖の写真は撮らなかったなぁ。

DSC00634












このまま走れば20号線に抜けるよっていう看板に従って走ってきて、道路沿いにあるなかなか迫力のありそうな川の写真なんぞとって。

DSC00641












ちょっと走ると古戦場の碑があり。

DSC00642DSC00644












武田家滅亡の場所であることに気づく。

景徳院があるはず・・・と来た道を引返して無事発見。

武田勝頼負債と息子の墓なんかを見て周る。

まさに、この場所が自刃した場所と言い伝えられている。

なんか写ったらやなので、控えめに写真とって。

DSC00645DSC00646DSC00647















それぞれの辞世の句。

俳句とかはあまり良くわからないのですが、仇にみよなんて始まる信勝公の辞世の句は、重臣の小山田氏に裏切られて滅亡の一途を辿る無念さがストレートに表されているようなそんな感じがしてちょっと胸が詰まる思いでした。


で、駐車場の一角にその滅亡にいたるまでの事が書かれていたりします。

DSC00649













DSC00650












単なる偶然の一致でしょうが、天昇10年の3月11日に滅亡の日を迎えたんだそうな。

そんなこんなみて、大月から高速乗って自宅に帰ってきました。

いつものように、特に予定も立てず距離を稼ぐツーリングだったけど、最後のお寺はいつか行ってみたいと思ってた場所だったので良かったかなと。

そろそろ寝ます。