11日12日と伊豆の方に行ってきた。

DSC02772













久しぶりのXT250Xとセローの組み合わせ。

大仁に入ったあたりで、同報無線で先の大震災の黙祷をアナウンスされていたので、コンビニでその時を待つ。

サイレンが鳴って黙祷。

目の前の信号待ちの車の助手席に座っている女性も車の中で手を合わせていた。

ほんとに酷い災害だったもんな・・・。

いろいろ思い出して、ちょっとうるっと来てしまったな・・・。



で、バイクを走らせて、天城の方に抜けて行ったんだけど。

いやいや、渋滞の酷い事酷い事・・・

今回は、キャンプはせずにゲストハウスに宿泊する事にしたのだけど、車で行ってたら完全にチェックインの時間に間に合わんかった。

DSC02774












河津のゲストハウス桜峰荘到着。

道に迷っちゃって、オーナーさんが途中まで迎えに来てくれた。

二人で利用だと、一泊2500円で宿泊可能。

食材をもってくれば、キッチンで自炊も可能。

今回は、外で食べるつもりだったので、何にも持ってこなかったけど、湯治スタイルでも利用できる感じなのかな。


宿の説明なんかを聞いて、お風呂をいただいて。

夜の河津桜を見に、徒歩でお出かけ。

DSC02786















DSC02801












久々にいい運動になった。

駅前の食堂で適当に飯食って、宿に戻って就寝。

四つだか五つだか部屋があるらしいのだけど満室状態だったけど、夜中に騒ぐ輩もおらずぐっすりと寝た。


次の日、奥さんに見送られ。

山間を走って松崎の方に抜けていく。

DSC02832













DSC02841












松崎からは海沿いを走ろうと思ったけど。


DSC02848












向かい風が半端なくひどく。


仁科峠から戸田の方に向かっていく事にする。

で、仁科川の横を走っていくんだからって事で、前回到達できなかった、大滝を見に行く事にした。


DSC02850













滝の落ち込み部分は確認できた。

と言う事は、前回は滝どころか、この落ち込みの更に奥地を彷徨っていたのだから、いくら歩いた所で滝なんか見つかるわけは無いわけだ(笑)

で、多分、下の方にある西伊豆キャンプ場だかの方から上がっていくのではないか?と言う事で、一旦引き返し。


P1020381




















BlogPaint










DSC02852













DSC02854













DSC02853












ほんとにこれ道なの?ってな場所を歩いてく。

途中に、ミノルタのレンズキャップが落ちていたので、多分このルートで間違っていないはずだ。

落石がゴロゴロ落ちているので、常に注意してなくてはならない。




DSC02859


















無事に大滝到着!


DSC02862













と思いきや、別ルートがあったらしく、そっちの方か人が降りてきた。

地元の人らしく、ここで人にあったの始めてッス!なんて言われ、良く下の方から上がって来れましたね!なんていわれてしまう。

いい運動になりました!

来た道を悪戦苦闘しながら引き返して仁科峠を目指して出発。


DSC02876














ホント、車も少なくて走っていて気持ちのいい道路。

今回もここを走りたくて、伊豆に来たようなもんだ。

戸田にぬけて、ここからは海沿いの道路を走る。

戸田でなんか食おうかと思ったのだけど、町を通り過ぎてしまい・・・・。

P1020401














井田という集落のあたりで、みかんの無人販売があったので、甘夏とか紅みかんなんてのを買って。

P1020406














昼飯代わりにみかんを平らげましたです。

滝を見に行った後、どこにも寄らないで走ってきたので、空腹と喉の渇きもマックスに達していたので、みかんがこんなに旨いもんだとは思わないくらい美味しかった。

どれでも一袋100円なんて値段も、なんとうれしい事か(笑)

結局500円分くらい買って、ボックスに放り込んできました。


沼津の手前の漁港で一休み。

DSC02881













DSC02883











のどかだねぇ・・・なんていいながら、その辺にバイクを止めて一休み。

年取ったら、こんな場所で穏やかな海を見ながら余生を過ごすってのもいいな・・・なんて思ったりしながら、再びバイクに跨って帰ることにする。

国道1号線に抜けて、箱根で温泉でも入ろうかと思ったのだけど、曇ってきて箱根峠に差し掛かる頃には気温2度。

早いうちに帰ろうと言う事になり、箱根新道、小田厚、東名と高速を乗り継ぎ、渋滞でごった返している環八をモタモタ走りながら無事に自宅到着。

桜と滝と海を見ただけで、ただただ走って終わったツーリングだったけど、久しぶりにバイクを満喫した感じであった。

まだまだ、気軽に走るには寒くて、それなりの装備が必要だけども、シーズンはもうそこまできている。

早く暖かくなれ(笑)