昨日午後から作業いたしました。

P1020819










ナナハン様のプラグ交換は今回二回目。

いつもだと、1万キロ前後で交換するのですが、電極の減りもそんなに無いしなぁ・・・と言う事で、前回から1万五千キロまで引っ張ってみたです。

それにしても、燃料ホースが抜けず、前回も往生いたしたのですが、今回は写真撮るの忘れましたが、APの工具でチューブ類を外すプライヤーを導入。

すんなりとは行きませんでしたが、前回素手で引っこ抜くよりはかなり楽に外す事が出来ました。

P1020822














ほんで、いざプラグコードを引っこ抜くと、やっぱり何処から入ってきたのか小石の山。

このバイク買うとき、プラグがむき出しの状態になってるから、タンクを外さなくても交換がらくだと思ってたのですが、この状態見るとやっぱりタンク外さないで交換するのは気が引けるというか、絶対に外して掃除してからじゃなきゃ駄目です・・・。

で、自宅にある掃除機を使おうと思ったのですが、掃除機の先っちょが中に入りませぬ。

以前、ペットボトルと水道のホースで作った、掃除機のアダプターも今回の引越しで棄ててしまったようでして。

P1020824














嫁殿に、走ってもらってこいつを使いましたが、これが長い間吹いていると、途中で圧が弱くなってきてしまうんですなぁ。
だもんで、二本交互に使い分けながら、どうしても飛んでいかないのは、マイナストライバーでホジホジしながらと言う地道な作業。

念のためにと、プラグを緩めた状態で、もう一発吹いてやると、まだまだ細かな砂粒が飛び出しますです。

安いエアコンプレッサー欲しくなっちゃいました。

買うなら貯金のある今のうちか・・・

P1020826














外したプラグは錆び錆び。

P1020825















無事に新しいプラグ様装着。

ホント、こうしてみると四気筒めんどくせ!

新品プラグも無事に組み付き、ためしにエンジンかけてみましたが、今までは確かにセル一発でエンジンが掛かっていたのですが、回転があがるまで10秒ほど掛かっていたのが、エンジン始動と同時に2000回転位まで上昇してます。

意外とまだまだいけそうに見えても、こんな部分で劣化の影響が少しずつ出てくる物の様です。

やっぱ、持たしても一万キロ位が限度なのかなと思われます。

P1020823














で、次はカブ90のプラグ。

これも、随分と前に交換したのですが、通勤の短距離走行が主だった為に距離が伸びず。

まだまだいけそうではあるのですが、ついでだったのでやっちゃいました。



で、次はCB400SSのエアクリーナー

P1020830















見ての通り、エアクリーナーのエア取り入れ口の上にETCが張り付いており、自分的にはETCを外さなくてはならないと思い、ステーごとETCを外したのですが、結局外さなくても、鉄板のステーを折り曲げて隠れている螺子をはずせば良いだけと気づく。

要は、このETCがくっついているそのものが、エアクリのカバーの役目をしているので外せばいいことだったのに、余計な事をしてしまいました。

説明書見ときゃよかったと後悔。

P1020832














おまけにETCの固定に使用している螺子が微妙な場所にあるために、再度組み付けるのにかなり悩んでしまいました。

なっぷすの店員も結構難儀した事でしょうなぁ。


まぁ、そんなこんなで、いつの間にか入り込んだ虫がくっついたエアクリーナも無事に交換を終えましたが、説明書を確認せず、余計な事をしてしまった為に、日が落ちる頃までかかってしまいました。


この後、750様にガソリンを入れに走ったのですが、エアクリ交換も手伝ってか、加速がもの凄くスムーズになった感じでした。

終わった後、島のナポレオンと言うガソリンを俺様に注入。

今朝は若干頭がいたい状態で出勤いたしました。

もう暫くは酒を飲むのを辞めようと思った42歳の冬でした・・・。