先日に引き続き。

もう、3日ほど前になるのですが、YBRの馴らしにいってきた。

で、YBRのポジションなんだけども、そのまま跨ると、中々アップライトな感じがして、良いですな!

と思ってたのですが、乗ってみると体が自然と前傾していき、腰と背中が張ってくる・・・。

いまだに、腰にヘルニアの時限爆弾を二つほど抱えているのもあるんだけど、恐らく胴長な上に腕も短いと言うのも影響しているのかなぁと。

だから、ハンドルが非常に近いオフ車なんかだと、なんもせずに、そのまま乗れたりするんだけど、普通の体系の人は逆に腕が余るんではないか・・・と要らん妄想をしてみたり。

で、ナナハンの頃は、一気にハンドルを変えたりなんて事もしてたけど、あの時かかった費用は、約4万ほど。

こんな安バイク(失礼)に、そんな大枚はたいて、あれこれするのも馬鹿馬鹿しいので、ちょっとハンドルを手前に倒してみたが。

かなり楽になった。

真横から、フォークとハンドルの平行を見ても、殆ど解らないくらいしか倒して無いけど、こんなに違うモンなんだね。

10分も掛からない作業だけど汗だく。

クラッチのラインが、ハンドルを倒した分だけ引っ張られてるので、レバー位置も直してやって、汗だくになって走り出す。

SN3O1434


途中のガソスタで給油。

距離278キロ

SN3O1435

投入した燃料。

5.4リットルとして・・・・。

51.4キロ/ℓ

メーターそのものが、結構誤差もあるなんて話もあるけど、どんなに悪くなったとしても、リッターあたりに換算して2〜3キロ程ではないか?と思っているのは自分の妄想。


過去に、売り払った、スーパーカブ90で50キロ遵守で埼玉の戸田から宇都宮まで新国道4号線を往復した時に同じような数値をたたき出したことがあるけど、あれと比べて快適さや余裕感は比べ物にならない。

一度だけカブで茨城方面にテント背負って泊まりに行った事があったが、二度といかないと思ったものだ(笑)あ

既に割れてるだろうと言う突っ込みはなしで、本当にケツが割れるかと言う勢いだった(笑)


BlogPaint




IMG_1572


セルフのうどん屋のおぴっぴで昼食。

「おぴっぴ」は因みに、こっちの方でうどんを言うらしい。

ぶっかけを頼んだのだけど、ちょっと一味違った感じのうどんだった。

旨し!

ここから、満濃に抜けて三頭トンネルを抜けて徳島県へ。

IMG_1575


段の穴塚。

駐車場に到着したけど、この横にある山がお墓という事らしい。

IMG_1576


次、土柱。

初めて、嫁の実家に来た際に一人で来た以来なので、7年とか8年ぶり位になるのか。

あの当時、緊張しながら嫁の両親と会って、親父殿の笑顔の中にあった笑わない目。

怖かった物である(笑)。

IMG_1577


帰りは適当に高松の文字を目指しながら、山道を駆け抜ける。

評判の悪い、純正のチェンシンタイヤだけど、普通に走っている分には問題なさそうな印象。

ダンロップのタイヤを購入してあるけど、このまま乗り潰そうかなとも。

形はネイキッドだけど、所詮、現地ではビジネスで使われる事が多いバイクだし。

雨の日は乗らないんだから、限界求めなきゃなんとかイケルんじゃないかなと思ったり。


帰りがけ、犬の薬を貰いに動物病院によって自宅に到着。

400キロ超えたんで、一度目のオイル交換でもしておこうか。

このバイクの場合、オイルフィルターが無いので、馴らしの初期は早めのオイル交換しておいたほうが、何となく精神的に良いような感じがする。

125ccと言う排気量で、必然的に巡航速度で5000回点以上を常用するわけだし、エンジンの中に入っているオイルは全容量で1.2ℓ程。

頭の中の妄想で、大した発熱量も無いエンジンとしたとしても、2000キロ位で交換がいいのかな。

と、妄想している。