旭川の21世紀の森、当初は連泊の予定だったのだけど、やはり台風の影響で前日よりも予報が悪くなって来ているので、取りあえず更に北に向う事に。

20150909_134959

20150909_131832


ちとぶれてしまったが、珈屋LANPで昼食。

無農薬で作られたピーマン。

これ、種ごと食える。

ランチメニューなんで、ペルーと言う名のコーヒーも出てきたのだが、コーヒーなんぞは、どれ飲んでも一緒!と言うのがこれまでの自分の中での意識だったけど、違うもんだね(笑)

美味しかった、ししとうとピーマン、トマトを備蓄食料として購入。

20150910_080516



食後北に向って、結局、美深アイランドへ。

飯食って寝る。

次の日の朝、バイクのチェーンに油を垂らしていると、Vストローム乗りの方に声をかけられ、YBRの事を色々と聞かれる。

会話の中で、今現在、カブは中国で作られてるけど、あまりにも不良が多くて、今後日本で製造する事になるかもと話していた。

何が原因で不良が多いのか、不明だけどYBRはどうなんだろうなぁ。。。

日本以外では、彼方此方の外国で売られているバイクだし、投入されている技術も一部のものを除けば、古典的なキャブ使用。

古臭い技術である代わりに、熟成された技術と言う事もあったりするのが、結構な耐久性でイケてるのでは?とも妄想してるわけなんだけど。

20150910_071007

そんな話をしていると、見たこと無い型の毛虫発見。

20150910_071109

20150910_071131

一部脱毛している?(笑)

Vストローム乗りの人も慌ててカメラ取りに行って写真取り捲ってた(笑)

天気の話になり、どうやら台風がオホーツクに接近して、ここ、道北の細っこい部分も暴風域に入りそうだとの事で、取りあえず富良野のライハに移動するんだとか。

結局、自分も移動する事にして、台風から離れるために、南下して倶知安辺りのキャンプ場まで移動する
事に。

20150910_140348


国道12号線で行われてた、チケット販促運動。

滝川から276号線だっけかに乗り換えたけど、ここまで来る間に3箇所で網を張っていた。

で、南下するにつれて風がエライ強くなってきてて、特に深川の辺りでは、真っ直ぐ走るのにバイクを傾けながら走らなきゃならんほど。

20150909_131832-1


石狩当別まできた。

倶知安に行くついでに、手稲にあるスーパーからお土産を送ろうと、立ち寄ったのだが、あれだけの大荷物を積んでいるにも関わらず、支えてないと引っくり返りそうな風が吹き始める。

天気予報見てても、当初予定していた帰りの船までずっと雨。

ここいらで終わりにしようと白旗を上げて、夜出発の船で離道する事にしたよ。

実家近くの良くいってたすし屋で、寿司ではなく、カツどんを食って(笑)

真っ暗になってしまったけど、お墓に行ってしばしの別れを告げて。

これからは、有給なんぞと言うのは絵に描いた餅のような場所での勤務となるので、バイクで走るのも恐らく最期。

乗船手続きを終えてから、小樽の街中なんぞを走ったりしてきた。

2015-09-10 007


2015-09-10 010

2015-09-10 013

2015-09-10 014

2015-09-10 017


最期は、車の免許取立ての時に、運転の練習にお世話になった毛無山へ。

久しぶりのカーブ連続の峠でなんだか、凄い新鮮な気分になった。

2015-09-10 018


後は港に戻って出航のその時を待つのみ。

船の中で、学生の団体なんが乗ってて、朝の五時から廊下で、でかい声で話してて目が覚めて、頭にきたので唸り飛ばす等の小さなトラブルはあったが、次の日の夜に無事に舞鶴着。。。。

神戸から船に乗ろうかとも思ったけど、絶対道に迷うし、最終の船に間に合うという保証も無いし、かと言って2号線を走ったとしても、トラックがぎょうさん走ってるだろうし、バイパス部分では煽られる事が予想される。

結局来た通りのルートで9号線で西に向う。

ハチキタ高原だかの道の駅で、ゲリキャンして早朝に出立。

せっかくなんで、日本海に抜けてはさかりの岩なんぞを見て帰る。

2015-09-12 003



2015-09-12 007


鳥取から岡山に抜ける途中、やるき地蔵ってのがあり、どうぞ私にもご加護を・・・と。


2015-09-12 009


2015-09-12 010

賽銭箱が無かったが、どうかお力を・・・・と、渾身の10円玉を足元においてきた。

10メートル程上った所に奥の院が有ったのだけど、高野山と書かれている一方で・・・

20150909_1349591


ほんとにご利益あるんかな・・・・といった、なんともかんとも(笑)

その後、雨に降られながら岡山を抜けて、どんよりと霞んだ瀬戸内海を船で渡って、無事に自宅に到着。

食事は自炊か、セイコマのホットシェフをりようしたり、リッター50近い燃費をたたき出してくれたりで、総額で10万かからずにあそんでこれた。

さて、次は九州だ!と意気込んでみる物の、阿蘇山が噴火とか・・・(笑)