どうでもいいと言えば、どうでもいい事なんだけども。

災害時の連絡手段として、導入したアマ無線。

現在、嫁の車には、2011年に購入したDJ-S57と言うハンディ機を積んでいる。

当時、自分用と二台購入して、今でも仕事に行くときは、カバンの中に入れて歩いてるんだが、車に積んだおかげで、一台足りなくなったので、先日、新たに購入していたんだけど。

同じ機種だから、特にこれと言って、何ら変わりないと思ってたら。

付属のアンテナが、新旧で小変更されているのに、昨日気づいた。

20160516_204048


左が、新たに購入した物について居たもので、2011年購入の物とは形とアンテナの太さ、長さが違う。

20160516_204133


コネクター端子も、新しい方は、芯の部分がプラスチックで覆われたような形になってたりと、若干の小変更が行われていたりする。

この小変更が何を意味するかは、解らんのだけど、まぁ、こんな違いがあったよと(笑)

先日、XR230モタードに乗って満濃の大川山に行って、ハンディ機でどの位遠くまで届くのかと、試してみたのだけど、430MH帯で兵庫県の三木市の局長さんに拾っていただけた。

送信出力はわずか2W程での運用だったけど、ロケーションと相手の耳の性能によっては、思ってたより遠くまで飛ぶなぁと。

取りあえず、今後は二台のハンディ機を使って、ツーリングの時に上手く使えるようにできたらいいなぁと。

ヘッドセットの既製品も出てるのだけど、二人分揃えるとなると、結構な値段になるからねぇ。

なんか、いいアイディア無い物だろうか。