嫁のバイクのGN様も目出度く1万キロの大台を突破いたしましたです。

ので。

購入当初から付いて来ている、へっぽこ海外純正チェーンを交換することにしました。

で、GNに新たにつけるチェーンですが。

たった今、ヘッポコと揶揄したばかりの、KMCのチェーンでございます(笑)

へっぽこ海外純正チェーンと揶揄したものの、注油などのメンテさえ、まじめに行ってれば、チェーンがしょっちゅう伸びてしまって、まいっちんぐ!なんて事もなく。

1000キロ程に一度も、延び調整してやれば十分。


実際、ここまでの距離を走ると、コマ伸びは多少出てきてますが、まだまだ使えるレベルと思います。

が、KMCの428サイズに関しては、モノタロウ通販等で購入すれば、一本、1000円ちょいですから、1万キロで交換したからと、出費的には、然程の痛みはないかと。

交換作業も、自分でやるので、新品チェーンのコマを合わせる為の、サンダーに使う電気代少々と、あとはチェーンのお金だけ。

これが、国産のチェーンとかになると、コマ伸びがあっても、値段が高い分、もう少し頑張って・・・となるのでしょうが、ちゃっちゃと交換してしまえば、回転もスムーズになって乗り心地も良くなるからね。

ま、この辺は、個人の価値観やら考え方にもよるでしょうけど、我が家では、品質が安定していること前提で、今後も海外製を使うだろね。

高砂だの大同だの、うちにある、ショボショボ馬力のバイクには贅沢品でさぁ(笑)


20160817_093935


20160817_093941



ついでに、アマゾンで購入した、偽物スズキ純正スプロケット42T(笑)

模造品だからと、歯の減りが、著しく酷かったりと言う事もなく、歯が飛んでしまったりと言う事ももちろんなし。




20160817_094531


フロントのスプロケに関しても、全然使えるレベルなんで、そのまま使用を続行することに。

粗悪品と言われる、海外部品てんこ盛りのバイクで、リアのスプロケなんぞは、模造品だったりするけど、基本的なメンテしてりゃ、そうそう壊れるものでもないと言う事が分かりましたですよ。

実際、町の中走って、その辺のバイクのチェーンなんかに目をやれば、伸び調整がされずにいたりとか、錆錆だったりなんてのが、結構ざらだったりするからね。

意外と通販なんかの口コミなんぞを見てると、伸びすぎて話にならない!なんて声も寄せられてたりするけど、これ、国産、海外限らず、どれだけ手をかけてやってるか?と言う所なんではないかな。

自分なんぞは、自作のチェーンオイルを、一つの目安として、300キロ以上走ったら、都度さしてやってるわけだけど、市販のルブと違って、ぼろ布で拭って、油垂らすだけだから時間にして10分もかからん。

伸びがひどいとか言ってる人って、以外とルブを挿さずに放置して乗っていたりとか、それかクリーナーもかけずにただただ、るぶーを吹きかけるだけとか、そんな人も混じっていたりするんではないのかね。

あと、適正なチェーンの張り具合が解らない人とか。

ここ最近、国産=品質が高いと言うのは、その通りだと思うけど、海外に目を向けると、意外と海外も、侮れない所にまで来ているんだなと言うのが分かるよね。

ゴムが弱いとか、こき下ろしたYBRなんぞは、中国製だのと言った所で、かつてフランスかどこかで、販売台数首位なんて事もあったりして、今でも、世界各国で乗られて居たりするわけだしね。

原付=スクーターと言う図式しかなくなってしまった、美しい島国、ジャポンでは、中々、そんな事情を知る余地もないんだろうけど(笑)


ま、どの位までノントラブルで行けるのか、楽しみでも不安でもありと。