この時期になると、やれ、戦争を忘れるな!だとか言う話題を主とした番組が放映されるわけなのだけども。

その割には、どっちかというと、これらの番組とは逆行した方向に世の中が動いていると言うか、そんな感じもしないではなかったりとか。

それぞれ、みなさん色々と思う所があるだろうし、考えたり思ったりすることは自由なんだと思うので、あれなんですが。


ちょっと、視点を変えて。

P_20190814_121434


こうした本なんかを読んでみるのも面白いかもしれません。

P_20190814_121438


とくにこの慮人日記おもしろかった。


バシー海峡での悲劇についてもかかれてて、当時の軍令部が、これをどう考えていたか。

それこそ、この時期、広島長崎の原爆がクローズアップされて、毎年、ニュースなんかで放映されるわけだけども。

ここに描かれているバシー海峡なんてのは、既にアメリカに制海権を握られている中で、老朽輸送艦に寝返りも打てないほどに詰め込まれて、出て行っては沈められて、諸説色々あるようだけど、最も多いのだと60万人が海の藻屑となって消えたとか言う試算もあるらしいけど、何れにしても、原爆で亡くなった人よりも多いらしい。

当時の軍令部なんてのは、それに対して、良くて3分の一が無事に到着出来ればいい方でしょうねぇ等と全くの他人事。

現地につけばついたで、占領地から解放してやってるのだから、食糧も現地からの供出があるはず等と言ってて、物資の補給なども無い中、餓死というよりも、アメリカがトラックで移動するところを、徒歩での重装備を担いでの移動で、筋肉がやせ細り、体幹を支える事が出来なくなって、椎間板ヘルニアの様な状況になって歩行困難になって、結果餓死となって死んでいく。

武器に関しても、現地についたらついたで、あの有名な38式歩兵銃が5人に1丁位しかなく、食糧物資共に、不足した中で、何をしていいのか困ってしまような、そんな状況だったなんてのもかかれてて。

山本七平さん中の著述をみると、当時の徴兵なんかに関しても、街中の、旋盤工なんかも、のべつまくなく徴兵していくから、結局、残された家族でなんとか部品を作らなくてはならず、兵器の部品の精度も劣化して、何式かは忘れたけど、ある機関銃などは、引き金ひいても弾が打てないなんて事が多発したなんて有名な話なんだそうだ。

で、植民地解放の為にと言う大義名分を持ってアジア地域に戦線を拡大していくのだけど、何故か開放してあげたはずなのに、終戦当時、捕虜となった日本兵は、現地人から罵詈雑言を浴びたりする一方、その前に、日本が捕虜にした欧米人を引き連れて歩く際には沿道に花束が添えられていたりなんて話も載っている。

戦争は経済の一つの手段でもあるなんて言うけど、要は、インドネシアの石油利権が欲しかったのが当時の大本営の本音なわけだし、奇襲して欧米人を追い出したら好き放題と、慰安婦問題さながらの事を現地でもやらかしたのだろうね。

P_20190410_114823

P_20190410_125224

P_20190410_125242


P_20190410_121942

P_20190410_121951

P_20190410_122008


P_20190410_125759



P_20190410_130144





マレーシアのペナンにある戦争博物館の飾られていた物の一部だけど、彼の国は韓国の様に、今の所はっきりと言わないからなのだろうけど、シンガポールの華僑の虐殺事件に関しても、日本が侵攻して来る前の方がよかったなんて事が言われてたりするとか。



なんにしたってあれだ。

大なり小なり、争いなんてのは無いにこしたことはないだろうし。

もし、それを望むと大声を出している偉い人がいるなら、その人だけでなく、その人の後ろも良く良く見渡すのが大事だと思うし、この戦争で犠牲になった人たちの供養にもなるのではないかな?と思うよ。

飽くまで個人的な感想や考えでしかないので、あほな事を言って居るわいと、素通りしてください。

ご意見、ご感想などは要りませんので。

ではでは。