きっかけは、311の時の時。

発災の後、1か月位、スーパーの棚から食料品が消えてしまってさ。

納豆なんかは、茨城の方の製造会社が軒並みやられてしまって流通がストップ。


小さい頃に、顔を見た事もないのだけど、自分の祖父と言うのが、自宅で納豆を作って母親なんかに食べさせてくれてたなんて話を思い出して、ネットで調べたら、作り方がでててね。

それが始まりなんだけど、最初は凄く上手くいったのだけど、中々、成功と失敗の差が激しくて、発酵そのものはできてても粘らなかったりとか。

色々やってくうちに結露だろうと言う事で、タッパーのふちや蓋に付着した水滴、そうそう、ふたと容器の間にはキッチンペーパーを挟んで、水滴が落ちない様にしたりとかで、ほぼほぼ安定して成功するようになった。



P_20200616_065155[1]


自家製のスズマル大豆、無農薬、無肥料。

自分で作ると、発泡スチロールのゴミも出ないし、次回この菌を使ってやれば、大豆がある限りは延々と納豆が出来ると(笑)

大豆の浸水から、保温発酵で2日間程かかるけど、特にこれと言った技術も必要ないし。

子供の夏休みの研究なんかにも、面白いかもよw