暫く無題で・・・

北に移り住み、ツーリングやドライブを楽しみ乍ら、畑で採れたものでプチ自給生活。 作物が採れてる間はお金はかからんのだけど、バイクで出かける時間がなくなった。 折角、ツーリングと言えば!なんて言われる場所にきたのにさ(笑)

カテゴリ: YBR125

ホント、バイク乗る機会がグッと減ってしまいましたです。

バイクよりも車を使う用事が多いと言うのもあるのだけど、ここらを車で走るとですな。

ルートの選び様によっては、殆ど信号がなかったりするので、真冬の厳寒期なんかでも、普通にリッター25とか走り、夏場なんかは、あと少しで30キロに…なんてとこまで行くわけですよ。

売り払ったCB750なんて、嫁のちんたら運転に合わせると、超燃費運転になるわけなんだけど、それ絵も21キロとかでしたからね。

恐るべきミラバンなんですわ。

だから、例えば125のバイクはそれぞれ、リッター辺り40キロ後半を叩きだすわけですから、2台で出かけたら、それぞれにガソリンを入れてやると、車で出かけたよりも、もしかしたら出費と言う部分で不利だったりなんて事が起きるわけなんですな。

バイクは燃費ばかりではないのですが、うちはかなり重要視してるかな。

貧乏ですから(笑)

そんなこんなで、嫁様が午後から久々に乗りたいってんで、ちょっと出かけてきました。

P_20200916_152325


これ、帰りの画像なんですが。

気持ちよかったので、往復走りましたです。

P_20200916_152423


一か月しかゲートが開かないと言う道道。

旭川21世紀の森のペーパンダムの手前から、忠別ダムに向かう道路に抜ける道路となりまする。


P_20200916_1537283333


こんな山の中に、なんでこんな道路が?みたいな、とても気持ちいい道路なんですが、観光道路として作ったのか、そのわりには1か月しかゲートが開かないと言う、何の為に?みたいな事もよぎりますですな。

途中、忠別側の道路は狭くなって、車同士のすれ違いも、車種によっては、かなりきついかも・・・みたいな感じになりますが、これはこれで本州の峠道を思い出したりして、ちょっと懐かしい感じにもなりましたな。


で、自宅に戻ってから。

ネットに出てたレシピを真似て中華麺を自作してみました。

かんすいの代わりに重曹が使えるとあったので、バン用の強力粉に規定の重曹と塩入れて。



P_20200916_184801



水もうどんに比べると、かなり少なめになり、ここまで延ばすまで、結構時間を要しました。

P_20200916_190944


うどんの道具で、出来てしまうのがあり難いところ(笑)

1分少々茹でて。


P_20200916_192857


ピリ辛の味噌ラーになりましたが、スープは嫁様がつくってくれました。

家でスープからラーメン作るとか考えた時、味噌ラーメンが一番手間かからん印象。

出汁とったりとかそんな事もしないで済むしね。


P_20200916_192918


ちょっと、ツルシコとは行きませんでしたけども。

不味くも無い。

色々調べてみると、複数の粉をブレンドしたりして、それぞれの味の演出をされてるみたいなんで、今度、自宅にあるキタホナミとか夢小麦とか、色々入れて挑戦してみましょう。

P_20200916_193732


スープが中々の味でしたので、メタボには禁断の・・・・。


明日からはしばらく野菜中心の食生活を目指しまする(笑)


これからは、自衛の時代だってw

私達の健康保険料や、税金って、有無を言わさず義務だからとむしり取られて行くのですが、はて、この税金。。。何の為に払ってるのでしょうか。

いけねぇ、ぼやいてしまった。。。

そんな訳で、先週末久しぶりに二台そろってバイク乗ってきた。


P1080304



東の方に行ってきましたです


天気はすこぶる良好。


P_20200613_132043



P1080314



この時点では。

P108032022222



国道333号線に出て、美味しい水をいただきますです。

ホント、癖の無いまろやかな水なのよ。。。


P_20200613_142351[1]


P_20200613_142415


P_20200613_144057



炎天下の中、辛ラーメンをいただきました。


P1080338


P1080337



遠軽から滝の上まで、道道を使って抜けました。


だんだんと曇りから、滝の上の道の駅に着く頃には、雷と強風と雨。。。

午前中の好天から、ここまでなるとは考えず,カッパも持ってこなかったもんでさ。。。


取りあえず、カメラからスマホから、濡れたらまずい物はジップロックにパッキングして、雨脚の弱かった頃を見計らって、走ってきたけど・・・ぬれ鼠状況の所に、走行風で、メッシュジャケットw

帰り着く2時間弱は苦行の状態。

正に、行きは良い良いの言葉通りにw

嫁様が風呂の準備をしてる間に、チェーンとフォーク周りに油ぬってやって取りあえずバイクたち仕舞い込んで終了!

今度はキャンプ行きたいけど、昨年同様、オフシーズンになるのだろうね。

ビニールハウスがあると、育つのはやいのだけど、離れるのがちょっと怖かったり。


P_20200614_135536


そうそう。

トマトも花が咲いて、2本立て用の脇芽も立派になってきた。

そろそろ、釣ってやらないとひっくり返るかなw














昨年の11月位から、全く乗らずにバッテリーの充電位しかせずに放置状態だったバイクたちでしたが。

YBRもめでたく2万キロを超えましてですな。

恒例のチェーン交換なんぞをしましたです。

チェーンの調整目盛り的には、マダマダ全然イケル感じでしたが、安いのと交換の手間もカシメ式に比べたら鼻くそ程の手間ですから、チョチョイとやってしまいます。

使用したチェーンは、純正でついてきてたのと同じKMCのチェーン。

当たり前ですが、オイルと調整のメンテさえ怠らなければ、特に苦になる様な状況も無く。

これは、国産の高いチェーンでも言える事ですが、税込みで1000圓ちょいの値段ですから、コスパから考えたらかなり優秀なんでは?と思います。


2018-04-01 003


2018-04-01 004


ドライブスプロケット。

2018-04-01 005


2018-04-01 006



ドライブとドリブンスプロケットの画像を載せてみましたが、まだまだ行けそうな感じだと思います。

400SSやナナハン、XTXも2万キロを超えると歯の厚みに若干の違いが出てきたりしてましたが、今の所、そうした徴候もなし。

出力そのものも非力なのかもしれませんが、チェーンその物のフリクションもシール性の物に比べて随分と低いですから、それを受け支えるスプロケにしてみれば、随分と楽なのかも。

で、交換したのがいつ、またはどれ位の距離だったか…確かに交換したのだけど、はっきりしないスパークプラグ。

2018-04-01 008



整備記録に乗せようと思って、乗せそびれてしまってて。

恐らく露出部分がきれいなので、記憶の通りに行けば昨年の秋ごろに交換したかと思うのですが、切りのいい2万キロで交換して、次回交換の時にこれを再使用してやる事に。

2018-04-01 010



取りあえず、それまでの間は、ここで熟成させることにしましたですw。




で、序でだったので。

2018-04-01 013



嫁GNと。

2018-04-01 015


一応、メイン戦闘機のXRのプラグも新調。


2018-04-01 014



しましたが、メインと言う割には、YBRの方が距離はしっているというw。


2018-04-01 019





2018-04-01 020




讃岐の夢とキタホナミのコラボの麺。

いつも、醤油で楽しむのですが、ホントに美味しいと思う。

もう、1mmとか2mmとか太かったらどうなんだろ?とか思ったりもする。

最近チョクチョク伺うので、ここのおばちゃんに顔覚えられてたりw



2018-04-01 031




XR230モタードとGNとで走ったのは、2014年以来だな。




2018-04-01 046



琴南の方までバイク走らせて。


帰り、西分の枝垂れ桜を見に行こうとも思ったのだけど、花粉症状がひどくて、とてもじゃない状況で帰ってきました。

しかし、バイクのハンドル握って、ワキャキャしてるのも何時までできるかな?

そろそろ、違うハンドル握ろうかなぁと、色々と模索してたりしててw


つまらぬ毎日が続きます。

ほんで、酔っぱらっておるので、暴走します。

本日の休み。

徳島の阿南のほうに、こだわりの味噌があると言う事で、一か月ぶりにYBRのエンジンに火を入れたら、左右のフロントフォークに蜘蛛の巣が張っておりましたでござる・・・。

ま、蜘蛛の巣ごときは走ってりゃ、風圧でどこぞに行くだろうと走ってたら、いつのまにか無くなってた。

徳島市内で乗用車が亀の子になっとりましたとさ。

P1060641


取り締まり強化とか言うけど、実の所、どうなんでしょうね?


夏の、切符売り週間で、香川犬軽に、取り締まり関係の特別チームを設けるとか宣ってましたが、果たしてその効果はどうなんでしょうか。

ワシなんぞ、通勤の度に、例えば交差点でカーブミラーの情報のみに頼って、一時停止せずに飛び出してくる爺や婆のの軽自動車に、毎度毎度レーキを余儀なくされるのに、毎回イライラしてますが。

ちょっと小利口な犬でも待てが出来るのですがね(笑)

こんな記事もあったりするみたいですね。

スピード=悪とは限らない!? 人身事故の89%は時速40キロ以下で発生


以下コピー

全事故の90%以上が速度を守っているなかで発生

 交通事故の原因というと、イの一番に「スピードの出し過ぎ」が頭をよぎるだろうが、本当にスピードは悪なのだろうか? 警察庁交通局のまとめた「交通事故の発生状況」という資料を見てみると、じつに興味深いデータが載っている。

「事故直前速度(※)別事故発生状況」のデータによると、人身事故の61%は時速20キロ以下で発生! 時速40キロ以下も28%で、なんと全体の89%が時速40キロ以下の低速域に集中している。反対に時速60キ超の事故は、たったの1%しかない。

※事故直前速度=専門的には危険認知速度といい、ドライバーが相手車両などの危険を認知して、ブレーキを踏んだりハンドル操作などの危険回避措置を取る直前の速度のこと。

 死亡事故に限ってみると、時速20キロ以下が18%、時速40キロ以下が26%、時速60キロ以下が38%と、速度域が中速域に移行してくるが、より上の速度域を見ると、時速80キロ以下が11%、時速100キロ以下が5%、時速100キロ超となると2%にとどまっている。さらに言えば、「全事故の法令違反に占める最高速度違反の割合」というデータでは、最高速度違反による交通事故の割合は、わずか0.5%!

 死亡事故に限定しても、その割合は7.6%。つまり交通事故の90%以上が法定速度・規制速度以内で発生していることを示していて、原因としては安全不確認や脇見運転のほうがはるかに多い。

 身体の運動を司っているのは脳であり、脳はある程度の刺激=スピードを与えた方が、活性化する。認知症の傾向がある高齢者が運動をすることで、認知機能が改善されるというのは、多くの人が知るところで、脳は高度な運動をすればするほど、物理的に容積が大きくなり、年齢に関わらず発達することが、2004年、ドイツのレーゲンスブルク大学の研究などで確認されている。

 また、脳トレーニングの世界でも、2つのこと(運動)を同時に行うと、前頭葉が活性化し集中力が増すことがわかっていて、反対に脳への刺激が乏しくなると、前頭葉は非活性化し、集中力は低下するとされている。

 クルマの運転も同様で、ある程度の刺激=スピードを与えた方が、脳は活性化し集中力は高まり、反対にゆっくり走ると、感覚は鈍くなり、集中力や周囲に対する気配り、安全意識も緩慢になる……。

 そう考えると、通学路や住宅地の細い道を猛スピードで走るのは論外にせよ、郊外の広い道や高速道路では、実勢速度とかけ離れた極端にセーブされた制限速度を押し付けるより、制限速度を思い切って引き上げたほうが、むしろ交通事故のリスクは減らせるのではないだろうか。

 たとえばドイツみたいに、生活道路は時速30キロ、市街地は時速50キロ、郊外(一般道)は時速100キロ、高速道路は一部を除き無制限なので、イタリア、フランス、イギリスに倣って、時速130キロといった、シチュエーションによってメリハリのある制限速度のほうが望ましいはず。

 とにかく、上記のようなきちんとしたデータがある以上、「スピード=諸悪の原因」と短絡的に考えるのだけは改めてもらいたいところだ。

かつての死亡診断書にかかれていた心不全と同じようなもんなのか、何でも速度違反って言ってたわな。

なんでもそうでしょうが、一つの結果には、複合的な要因が絡み合ってで来てるんだけど、

こんな話が出たからどうか知らんけど、今日のNHKの夕方のニュースに坂出のオマワリ酸がコメを発していたのだけど、多くの事故は前を見て無いから起こると言っていた。

ちょっと前までは、速度違反が8割とかなんとか言ってたのだけど、認識が変わって来たのかね。要はケータイとかそう言う事を言いたかったのかもな。

ここ最近、デジタコと言う縛りなのかISOなのか知らないのだけど、先頭に制限速度を余儀なくされるトラックが後ろに幾台もの中に走っててね。それが夜昼構わず走って居るのだけども。

そんな速度で走ってると、夜中なんてほんとに眠くなるよね?

違法運転を惹起するとか言わるかもしれんけど、さすがに、北海道の広い直線道路で、これやられた日にゃ、ホントにつらかったです。


色んな要因を考えると、たしかに、交通事故の上昇率はこれからも際限なく上がるかもしれんし、ヌホンのドライバーその物が、何とかアシストと言うのの、恩恵にすがらなければ、あちこちで、凄惨な事故が起きるのかもしれん。


なんででしょ・・・。



そういえば、かの盆暗ボンボンも、かのアホな国に対して、制裁がどうのと言ってましたが、制裁が効力を持つのなら、交通違反やら交通事故と言われる物は、とっくの当に亡くなってるわけなんですが。


昨今では、速度取り締まりに出かける当事者が、酒飲んで出かけてましたとか、つい先日も、避け絡みで懲戒免職では無く依願退職なんてのが流れてきてましたが、抑制に歯止めが効かない状況のようですね。

あと自分の知り合いに、口利きで安く土地を提供しますよ言うて、ヤバいから解散!みたいな。



そんなのはどうでもいいですが。



P1060643




少々、道を間違えたりであれだったのですが、無事に到着、山田鶴亀本店さん。


米と麹は徳島県産

大豆は、九州若しくは北海道産との拘りのみそ。

P1060645


P1060646


北海道産大豆の特選

P1060647


九州産大豆の上


この、値段も含めての地域差については、聞きもしなかったので良く分かりませんが、両方2キロずつ購入して、味の違いを確認してみますです。

発酵止めもしてないと言う事で、冷蔵庫で半年とも告知されてました、

どんな味がするのか、楽しみです。


P1060644444



あと、ちょっと走れば2万キロ。

プラグがあれなのか、中国産故のあれなのか?全然乗れてないので、ガソリンその物が古くなっている所為か、リッターあたり、45キロと、今回最悪の燃費だったんですが、あまりにタイヤの真ん中ばかり減るからと【とはいえ過去も後ろ二人乗り想定までしか挙げてない】、前後とも空気圧を適正値に近くしているのもあるのも影響してるのでしょうか。

若干燃費の落ち込みが見えてきましたが、致命的なトラブルは今の所無く。



このペースであまり乗れないのなら、いちど、今のガソリンを車に入れて、タンクの中をリセットしてもいいのかなとも思います。


そんな所で、バンザイアタックを食らわす車とか、妙にフランクに絡みながらチケットを売りに来る青いのに気をつけつつ・・・・

明日も仕事・・・・・

仕事の疲れとかでブログの更新も、めんどくさくて放置してたのですが。

今年の5月か6月にYBRのフロントタイヤが、やっとスリップサインが出てきたという事で交換に踏み切りました。


20170610_115911



20170610_115855

ダンロップのK527だっけ。

2015年の北海道ツーリングの時に、TT100のリアタイヤがご臨終となったので、前後一緒にモノタロウから取り寄せたのですが、フロントタイヤは中々減らず。

6月だかにやっと、スリップサインが出たので交換。


やれやれと思っていたら、あれま、リアタイヤも既にスリップサインが・・・と。

こんな事なら、一緒にやってしまえばよかったのに…と思ったのも後の祭り・・・・

後ろにキャンプ道具を積んで居る事が多いのと、自分の体重と、空気圧をちょっと高めに調整してるせいなのか、8000キロ前後での交換となったと記憶してますが、ちょっと早いよなぁ。



んで、某モノタローで検索してたら、IRCからもチューブレスの合致サイズがでていて、どうせなら違うメーカー頼んでしまえと、リアタイヤ一本7千円弱。

DURO TOUR RS310

また金に羽が生えてしもうた・・・



XRのタイランド製前後と同等のお値段・・・・

どうせなら、これもタイランドで作って、3千円位で売ってプリーズ!


P1060489


交換作業は、嬉しいのか悲しいのか、手慣れたもんで、サクサクと入れ替え終了。

空気入れを嫁にしてもらいましたが、難なくビードも上がりましてな。

レバーで剥げてしまった塗料を、タッチペンでチョチョイといろ塗って装着。

ただ、毎回、チェーンの張りは一発で決まる事がなく、暑さの所為でイライラして、思いっきりタイヤをぶん殴りましたが、痛いだけで状況が好転するはずもなく。

一瞬、バイク王でも呼ぼうかとも思ったり(笑)


それでも、交換してしまえばですな。

新しいタイヤは、やっぱりよろしいですな(笑)

コーナーで倒すのが、よっこらしょと言った感じだったのが、こんなに軽かったっけ?と言った塩梅で。

当初のチェンシンに比べれば、どれもこれも、普通に曲がってくれて、なんだかあまり、違いは解りませんが、TT100は減りが早かったなぁと。

今回から、空気圧を能書き書の指定通りにして様子を見ますが、ちょっと加速がだるくなったような気がしないでも無い様な、そうでも無い様な。

今年はタイヤ交換の当たり年ですが、余程の事がない限り、暫くの間はこれが最後かなあと。

思ったほど、全然乗れてないし、あまり走る気も起きないのだけど、取りあえずね。。。。

久方ぶりに2台で出かけてきました。

先日、ふとオイル交換の記録を見ると、YBRは既に2000キロ以上は知ってて、GNもそこまで行ってないものの、YBRと一緒に交換したので、最終交換から半年の月日が経とうとしてて。

一気に二台のオイル交換をする事に。

20161112_085304


こちらの冬、感覚的には埼玉県北部なんかの寒さと同じくらいと思います。

なんで、ちょっと柔らかめの粘度になるのですが、CB750やCB400SSなんかの指定オイルだったりする位なんで、発熱量の小さな原付二種で冬の間だけならと、今回初めての導入となります。

綾川のコーナンで税込み700円ちょい。


20161112_085255


GNは1リットルよりチョイ少ない位、YBRは1リットル丁度のオイル量なんで、さくさくっと交換終了。


そんなこんなで、オイル交換終了後に、荷物をバイクに括り付けて、嶺北の本山町なんかを抜けて仁淀川町へと。

DSC09709

夢の森キャンプ場到着。

DSC09704


チリサーモンやバナメイエビで適当に晩飯作って。

久しぶりに水加減間違えて、米を炊き直す羽目に。


飯の後、ジムビームなんぞを舐めながら、就寝しましたけども。

朝方寒くて目が覚めて。

7時前から活動開始して飯食ったりなんて事をしてたら、出発が大幅に遅くなり11時とな。


キャンプ場を後にして、国道に出る手前で、紅葉祭りなんて事をしてたけどスルーして。

以前から行きたかった、ユーホーラインへ。



DSC09713


道幅は決して広くなく、ずっとくねくね。


DSC09716


DSC09732


 ネットなんかで、よく見る場所。

天気が良ければもっと感動した。



DSC09737
 

この後、何処まで続いてるのかと、よさこい峠なんて言う所まで行ったのだけど、帰り路がとても遠回りになるのに気づき、きた道を引き返す。

DSC09740
 

やっと瓶ヶ森林道の入口まで戻ってきた。

DSC09742



取りあえず、西条の方に抜けて国道11号線経由で高松を目指すことに。

DSC09745



DSC09746

 
紅葉で色づいているらしいが、色弱の自分には特に感動する様な色には見えず・・・。

二日間で400キロも走らない、特に観光もしない、何とも中途半端なツーリングではあったけど、まぁ、息抜きにはなったのだろうか。

バイクのキャンプは今年は最後かな・・・ 

先日のバッテリー上がりと言うか、バッテリーそのものの破損だろうな。

何日か経ってから、テスターで電圧を計って見たら、0.1Vとか言う値を示していた。

んで、新しいバッテリーが届いた。

20161028_161030 - コピー



中華製バッテリーのスーパーナット。

過去に、XT250Xに台湾ユアサのバッテリーを入れる時に、ちょっと迷った事があったのだけど。

安いんで購入してみた。


あれから、もう五年ほどが経つし、実際に日本で売られたのは、それよりも前。

値段以下の性能しかないのであれば、数年間に渡って売り続けられると言う事もあるまいと言う判断から、ポチっとしましたです。

20161028_161115 - コピー


液入り充電済みではなく、液別の物を選んだのだけど、説明書が同梱されていた。

ちょっと、たどたどしい感じの写真と説明の部分もあったけど、不明な部分はネットでいくらでも探せるんだしね。

20161028_161213 - コピー




20161028_161817



落ちの悪い部分を、たまにモミモミしてやって、液を全部入れて。

20161028_174024


30分だか一時間だか放置すれば、十分な電圧に。

この後、オプティメイトを数時間つなげて充電してやって。

YBRに積みこみましたが、問題なくエンジン始動。

クラクションも普通になるし、ライトの明るさも戻ったしと。

嫁と二人で高知の方まで走りに行ってきたけど、問題なく帰ってくる事が出来ましたですよ。

そうそう、嫁のGN125もヘッドライトが消えて、松島のHB4Sに変えたら、少し明るくなったようだ。

振動が多いからだろうと思うが、1万キロちょいで既にテールランプは二度の球替えをしてるのだけど、一個、3千円弱のライト。

どの程度の耐久性を見せてくれるのかねぇ。

すぐ切れるなんて話もあったりするけども。

この辺が、めんどくさい所なんだろうなぁ。

ま、割り切りましょ。

 

ホント、今年は連休が貰えたと思えば、天気が良くなかったらりと。

バイク、全然走らせられてませんです。

とはいえ、九月の終わりころに、梼原の方にキャンツーに行ったりもしてたのですが、ほんと、今年はこれが最初で最後になりそうな勢い。

一応、写真とかもあるのですが、なんかめんどくさくて(笑)



BlogPaint
 


どこだかわからんよ!と言われる人もいると思いますが、帰りに撮った写真なんで、高知のどっかだと思います(笑)

そんなこんなで、ほんとにエンジンに火を入れる機会がめっきりと減ってしまったのも影響してか。

先日、ちょっと動かしてやらないと・・・と思い、32号線で高知に抜けて、そこから195号線で徳島経由で帰ってくるという事をしたのですが。

朝は何とも無かったのですが、徳島に入ったあたりで、バイクのエンジンを切って、景色なんぞを眺めて、さぁ、出発と思いきや、セルが回らないと言う状態に。

押しがけで、何とかエンジンはかかり、普通に加速するものの、回転数が上がってもホーンが鳴らないとか言う状態になって、レギュレーターか?なんて思い、バッテリーからになったら、どうしようかと考えながら、何とかだましだまし自宅に到着。

すっかりと日も暮れた頃でしたが、ライトの灯りも行燈の様な明るさ。

で、エンジンを切らずに、テスターを当ててみれば、10Vチョイと言う値で、エンジンを煽っても、確か電圧は変化せず。

うわぁ、、、と思い、バッテリーを降ろして、オプティメイトにつないでみれば、珍しい事にサルフェーション除去モードに突入するという。

バッテリーが異常なんか?

ほんなら、めんどくささが少し減るかも・・・・(笑)


20161024_221044


これが、その中華製のバッテリーなんですが。 


20161024_221058


 よく見てみると、こっちの側面は大丈夫なんですが。

20161024_221123


逆側、何となく膨らんでるの解りますかね・・・。


20161024_221157


これ、膨らんでる方。

20161024_221207



これ、大丈夫な方。

何が原因か良く分かりませんが。

取りあえず、バッテリーに何らかの良くない現象が起きたという事でしょうな。


で、試しにバッテリー上がりに使う、ジャンプコードを、嫁のGNにつないで、YBRのバッテリーの配線に直にくっつけて、エンジン始動をしてみれば、ライトも煌々と付きますし、もちろん、セルも勢いよく回ると言う。

試しにエンジン回転数を5000位迄上げてやって、14.1Vと、CB750に比べると、少し低い値ではあるのですが、取りあえず制御はしてくれてるようなんで、大丈夫なんかなと。

3年で15千キロで、逝かれた中華バッテリー。

巷では、流石中華製とか言われるんでしょうが、やっぱりそんなもんなんでしょうかね。

取りあえず、途中でレッカーのお世話にならずに済んだという事で、まぁ、良かったかなと。

しかし、どうなんでしょうかね。

嫁のGNも、もっと走ってない状況ですが、こっちのバッテリーは、同じ中華製でも元気そのもの。

YBRの場合、輸入元で専用回路でライトをH4化させてますが、元々は35wのライトですから。

やっぱり、その辺の負荷が結構掛かってるんだろうか。


ま、ほんとヒヤヒヤしながらのツーリングでした。 


先日の事になるのだけど、パッと見、フロントのパッドが、もうなくなってるかも!と思い。

で、ヤマハから部品引っ張る事も出来るのだけど、これが4800円とか信じられないようなプライスが付いてましてですな。

スクリーンショット (3)


ヤフーショッピングを覗いてみれば、おや、純正パッドが格安で売られているではありませんか。

お値段も800円なんてかかれてますので、ヤマハから引っ張る野に比べて6分の一のお値段。

これは、買いでしょ!と言う事で、どうせならと二個頼みまして、無事に到着と相成りましたです。



P1050976



P1050977


P1050978


形状も問題ない。

P1050979


ん?んんんんん?

刻印が無いではないか!

P1050982


因みに、新車購入時から組まれていた、純正ブレーキパッド。

通販サイトの画像と同じものになります。



あれれ?とサイトを、よくよく見てみればですな。


以下引用


コストパフォーマンスに優れたブレーキパッド!!!

ただコストパフォーマンスが優れているだけのブレーキパッドではなく、性能面では安定した制動力を発揮しますので国産メーカー品と遜色ありません。

多くのバイク販売店様にもお使い頂き、リピート頂いている商品です。

愛車のお手入れにオススメ!

消耗品につき早期交換をオススメします!

安価で純正同等の耐久性と制動力を実現しました。

パッドは耐磨耗性に優れ、命が長く、また、摩耗、鳴きも最小限に抑えました。

対応車種に関しては、下記の適合表をご参考ください。 ヤマハ
車種 年式
YBR125 W/X/Y/Z 07-10

商品内容
ブレーキパッド2枚セット


とな。

よくよく読んでみれば、純正同党の耐久性と制動力を実現しましたと書かれてるではないではないか。

ザ!模造品(笑)




で、外した純正品。

P1050980


装着状態でみると、殆ど残って無さそうな感じだったのですが、外してみれば、まだ4〜5千キロ位なら使えそうな感じ。

なんだけども、取りあえず、これが使える物なのかそうでないのか。

取りあえず、試すだけ試してみようと引っ付けて、走ってきました。

装着も、穴が小さいだ、ガタがあるだと言う事もなく、問題なし。

実際、走らせて100キロちょい程で、当りが出てるか微妙な感じではあるのだけども。

装着直後から、低速域で思いっきり握って見れば、しっかりとフロントフォークが沈み込む位、かっちり効いてくれてます。

本日、山道を走って見た感じでは、フェードが起きたりなんて事もなく、純正と変わりなく。

これが、キャンプ道具を積んだりとか、重量がかさんで、勾配のキツイ下り坂では?となってくると、未知数ではあるのだけど、そのうち空荷でその辺の、舗装林道でも走って見たり、急制動なんぞを繰り返して様子を見てみようと思います。

何となく大丈夫かなぁと思うのですが。

テスト後、大丈夫なら、もう2セットか3セット位追加で購入しようかなと思います。

はい。





朝方、酷い雨でしたな。

予定では、今頃岡山の山の中、テントの中で目覚めて、のんきに朝飯でも食らっていた筈でしたがね。

四国フェリーに乗って、船内のテレビを見てみれば、洪水注意報だのなんだのが出てて、慌ててスマホで詳細を確認してみれば、山の中は一日を通して雨。

何が、晴れの国だよ、こんちくしょうめが!

ま、テレビ見てると、岡山の山間部とかって、結構、雷注意報と良く出てるもんな。

気候が安定するまで、気長に待ちましょ。






ほんで。

先日のYBR125の、タイラップ固定で、だまくらかそうとしたウィンカーですが、二日程経って、カバーをはぐって見れば、ドリルで開けた穴が、裂けてしまってぶらりんこ。


恐らくなるだろうなぁ、とは思っていたものの、一度も乗らずして、なってしまうとは・・・・。


なんで、新たにウィンカーを追加しました。

もう一つ、純正で・・・とも思ったのですが。

モノタロウを見てみれば、純正一個に毛が生えたような値段で、両方のウィンカーを揃えられる事が判明。

20160817_085253


チヨダさんちゅうとこのメーカー。

ウィンカーの他にステーも購入したのだけど、3000円切る値段だった。

最初からこっちにしときゃ良かったわい。

ただ、こちらの製品。

純正のウィンカーと違って、プラス線が一本しか出てないので、アース線を自作するか、新たに購入する必要があります。

うちは、電工ペンチがあるので、それで自作しましたが、問題なくついてます。

で、取り付けに関して。

20160817_085234


20160817_085241


こんな感じで、ステンレスの外径32mmだったかな。で、10mmの穴が開いたワッシャーを四枚用意して、ライステーに触れる部分はゴムシールを貼って、両側から挟んで固定と。

ちょっと隙間がみえるけど、点けばいいと割り切ってるので、見栄えは気にしない。

点けばいいんじゃ、点けば(笑)

緩み止めのバネワッシャーも、しっかりしてるおかげか、今の所、山道なんぞを500キロ位走ってきたけど、緩んでる感じもない。

ダメなら、シールテープでも買ってきて、それで固定すると言うのもありかな。

緩み止めの薬剤買うより安く上げられそうだし(笑)


で、ぱっくり割れていたステップゴム。


20160817_085227



20160817_085221


同じくヤマハのメイト用の純正ステップ。

端の方が、少しめくれ上がってますけども(笑)

問題なし。


購入するときから、ウィークポイントとして挙げられていたステップゴムだけど、ネットで検索してみれば、国産他車純正部品での応用も効くと言うのが挙げられてて、実際に今使ってるけど、取りあえず大丈夫そうだ。


次は、バッテリーを固定しているゴムかな。

カブとかあの辺の純正部品とかで、何とか応用が効くんではないか?と期待してるのだけども。


このページのトップヘ