足るを知れ!

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

カテゴリ: GN125H

先ほど、自家製のきゅうりの漬物をたべてて、やおら一本を食べ終わろうとしたときに、表面に白いのがついててこれが糸引いてて・・・。

腐っていたようです・・・

ただ、食あたり系には比較的強いようで。

過去にも、豆腐なんか酸味があるなぁ・・・と、1パック食べ終わる頃に気がついて、パッケージを確認したら、賞味期限が、おもむろに3〜4日きれてて・・・。

それでも、なんにも起きなかったのですが、果てさて・・・

答えは、今日の明け方から明日にかけてはっきりするでしょう(笑)


本題に移りますが・・・。

先日、YBR125の部品を、中国から輸入いたしましたです。

けっこうな割合で、国内のヤマハからも引っ張れるのですが、レギュレーターなんぞは、さすがにおいておらず。

これが、中国から直接取り寄せれば、1000円とかそんな値段で取り寄せる事が出来るという。


ま・・・

コピーでないと言う保証は無いんですが(笑)

調べてみると、結構、これされている方も多いらしく、ちと試してみたくなりました。

上海のチャイナマートを経由して送られてきた荷物。


20150418_205723


テープでかなり頑丈にグルグル巻きにされとります。

BlogPaint

結局、素手じゃ埒があかないので、裁ちばさみでジョキジョキと。

耐衝撃性もバッチリ。



20150418_210715


20150418_211709

今回購入したのは・・・。

20150418_211746


ハブダンパー2セット

20150418_211802


クラッチワイヤー1本

20150418_211854

リアスプロケ3枚

20150418_212026


フロントフォークのオイル及びダストシール3組

20150418_212055

ドライブスプロケット3枚

20150418_212125

チェーンスライダー2個

20150418_212207

ドリブンスプロケットの固定ボルトとナット2組

20150418_212223

上記のボルトの周り止め

20150418_212311


ドライブスプロケットホルダー1個

20150418_212333

レギュレーター。

正式には、自分のYBRの場合、末尾の二桁が01になるのですが、00でもいけるんじゃ?と1000円ほどの値段だったので購入。

重さで送料が決まるので、スプロケット類で送料が高くなってしまいましたが、ま、何とか元は取れてるでしょ。

で、リアのスプロケなんですが。

これも、末尾が00と01と振られているものがあって、取りあえず01を二組と00を一組購入したのですが。

ヤマハの場合、01とかなった場合は何らかの改善策が取られていると言うことになるのですが。

なんだろう・・・・

と、比較してみると。

20150418_213147



20150418_213158


ボルトの固定穴から伸びる、四本の足の太さが、改善された方では若干細く作られているという事らしいです。

日本じゃ、マイナーですが、欧州やブラジルなんかであちこち売られているモデルになるので、燃費対策とかでチマチマと軽量化を測ったという事らしいです。

因みに、両方ともドライブスプロケットとのセットで販売されていて、旧式のがセットで690円。

新式の画2000円弱と、三倍くらいの値段の開きがあって、もう少し調べてから注文出せばよかったなぁ・・・と思ったのも後の祭りですが、ま、頼んじまったものはしょうがないです。


取りあえずは、YBRはこれくらいで、次はGNの電装関係その他を集めておきましょう。

一個一個、パーツリストと照らし合わせながらの作業は、結構根気の要る作業なんで、1ヶ月位置いてからやってみようと思います。

近々、スプロケ類のマッチングも試してみたいと思います。











そうそう、GNの足回りを弄った時、書き忘れたのだけど。

ピポットシャフトが素直に入らなかったんだよね。

構造的に、左のフレームにあるシャフトを貫通させる穴からスイングアームの左の穴。

で、エンジンの後にある穴を貫通して、右のスイングアームの穴、右のフレームのシャフトを通す穴と入っていくんだけど、どうも右のフレームに設けられた穴が、微妙にずれているようで、とんかちなんかで叩かないと入っていかない。

スズキの名前を謳っていても、さすが中華クオリティと言うべきか(笑)

で、そのままでいるのも気持ち悪いし、長期的に見ても、絶対、ストレス掛かっててフレームにも良くないと思い。

鑢かってきてゴシゴシして、穴を広げてやったら、随分とスムーズになったのだけど、微妙にまだ引っかかりがあるみたい。

近々、もう一度スイングアームばらして、本格的に穴の拡充工事を進めるつもり。

今まで何台かバイクのスイングアームをばらしてきてるけど、スムーズに手でも抜き差しできるのが基本だったのだけど、まさか、抜け防止の為にワザとずらしている・・・

そんなわけ無いよな(笑)

天気の悪い日が続いてましたが、今日明日と天気は回復傾向とでている。

朝起きたものの、米も炊いておらず(笑)、うどんでも食いに行こうかと言う話になり。

琴南にある三島製麺所へ。

20150411_113606[1]


駐車場が満杯なんで、近くの役場?なんだか公民館だかに車を止めて、お犬様を留守番させようとしても吠えてしょうがないので。。。。

20150411_113638[1]

お犬様を膝に抱えながら外で頂く事に。

旨し!

しかし、お犬様も煩い!

ちょっと上にある谷川製麺と同じようなスタイルで、醤油をかけて頂くスタイルなんだが、あちらは常に行列を作っているのだけど、こちらはそんな事も無くてあづましく過せる。

大2杯お代わりして自宅に戻り。

兼ねてからの勘案であった、GN125Hのドリブンスプロケットの交換をすることに。

P1050035


パンク修理やらタイヤ交換やらで、タイヤ外しもサクサクと行えるようになった(笑)

P1050036


純正の42Tと重ね合わせてみるが、固定穴の位置もぴったり。

P1050037


厚さも一緒。

P1050038


問題なく装着が出来た。

P1050039


で、ついでだからと、スイングアームも外してみたんだけど。

カラーにはそこそこ塗られていたようだが、ピボットシャフトにはグリスっ気が全く無く。

取りあえず、グリスを塗り塗りして、グリス溜まりにこんもりとグリスを盛って元に戻すのだけど。

フレームのピボットシャフトの貫通穴が微妙にずれているのか、ハンマーで叩いてやっと貫通。

したと思いきや、チェーンを通すのを忘れて、また外して取り付けて・・・なんて事をしながら無事にくみ上げ終了。

2時間位掛かったかね。。。。


XT250Xの時もそうだったけど、足回りを含めた稼動部分の潤滑状態は、早いうちに見といた方がいいかもしれないですな。

それとも、ピボットシャフトはエンジンの後ろを貫通する形で装着されるのだけど、熱とかその辺の事情からワザと塗らないでおいてあったのだろうか。。。

ま、モリッと塗っておいたけど、それで壊れるという事もあるまい(笑)。


ねじの締め付けと、スプロケのゆるみ止めを確認して、買い物がてら試走に出かけるが、60キロで5000回転とYBRと同じ位のギア比になったよう。

加速が食われる事も無く、車の流れに乗っても、たかが500回転下がったとは言え、結構快適になったでございます。

坂道も、ほんの少しだけ、だるくなった感じがあるけど、パワーが食われてシフトダウンと言う様な事もない。

慣らし前にやっとけばよかったぁ・・・。


因みに、嫁もその後で試走に出かけたのだけど、感想としては、加速が良くなったんだそう(笑)

理論的には、高速よりになってるので加速はその分だけ食われてる筈なんだけど、スムーズになったと言う事が言いたかったのかもしれない(笑)

国産のドリブンだと一枚で4千円以上する値段なんで、中華の輸入もので、他車種純正だけど、ドライブ+リアで3000円のプライスなんで随分と安く上がったとおもう。


外した純正の43Tは、予備として取って置いて、何年掛かるかわからんけど、もう一枚ある42Tが寿命を迎えたら、使う事にでもしよう。


先日から、XRに引き続いて、GN,YBRの補修部品を買い漁っている。

で、チェーンについては、ノンシールの安い奴を仕入れたので問題なし。

次に走れば走るほど減っていくのがスプロケット。

で、そのスプロケットだけども、ドリブンに関しては国産のものをつける事が可能らしい。

ただ、中国産の車体オリジナルのリア43Tに対して、国産品は42Tと若干高速より。

あちこちで情報を探ると、フロントを15Tに上げたりなんてのもあるようだけど、乗りやすいという意見のほかに、パワーを食われると言う意見もチラホラ。

更に更に探していけば、国産の42Tを入れた人もいて、パワーを食われる事も無く、それなりに回転数も抑えられてと、日本国内で走り回るにはベストなセッティングになるという事らしい。

実際、我が家のGNは60キロも出せば五速で5500回転くらい。

流れにあわせて、もう少しアクセルをひねれば、もっと上がるのだけど、YBRの場合はこれよりも若干低くて、バランサーも備わっているので快適そのもの。


ま、50キロにも及ばない嫁が乗る分には、15Tでももしかしたら、余り影響が無いのかもしれないのだけど、嫁の体重を遥かに凌駕する俺もちょこちょこ乗ってたりするので、パワーを食われると言うのは余り芳しくない情報なんで、15Tは却下。

そうなると、14Tのこれに合うスプロケとなると、GN125Eの前期とか後期とかでスプラインが違うとか、ややこしくなってくる、

なんで、色々と中国のサイトやら色々を徘徊していて、結局アマゾンでフロント14Tとリア42Tのセットで3000円と言うのを発見して購入。

事前にメールで、取り付けの際の不具合なんかを確認したけど、そうしたクレームは入ってい無いと言う言葉を信用して購入に踏み切った。

因みに、残2セットの所の2セット購入。

今後の再販については要望次第で考えるとのことだったけど、まだ1セット残ってるらしい(笑)

うまく釣られてしまったのか(笑)


SN3O1573


で、届いたのがこれ。

ドライブ、ドリブン両方とも、一応は中国スズキの純正部品。

純正部品番号は、調べてみたけど手持ちのPLには無くて、もしかしたらセットでの部品番号になるのかもしれないが、良くわからん。

これを覆っていたパッケージにはGS125と書かれていたので、本当は、そちらのオリジナルの適合部品という事なのかと思うが、これも想像の域を出ない。

SN3O1574


SN3O1575

実際に届いたドライブスプロケットだが、オンラインショップで紹介されていたものとは若干見た目が違うが、ここは売主と鈴木純正と書いているシールを信用するしかあるまい。

で。ドライブスプロケットはそうでもないのだけど、ドリブンスプロケットはやたらと細かい傷が多い(笑)

あちらの配送のレベルは、ヤマトや佐川に遠く及ばないのだろうけど、表面の小傷の一つや二つや三つや四つくらいで(笑)、性能に影響が出るようなもんじゃなし、国産部品よりもかなりの格安で仕入れる事が出来たと思えば、痛くもかゆくもない。

大体、我が家がチェーンに使う油は、飛び散りスペシャルブレンドオイルを使用するので、一度か二度ツーリングに出れば、こんな擦り傷など、一瞬にして何処にあるかわからなくなるだろう(笑)

ゆがんでなければいいのだ!

SN3O1576


とはいえ。

やはり、国内で正規販売されているものであれば、ずばりそのもののパーツの仕入れが難なく行えるけど、並行輸入とも言えない微妙な立ち居地のバイクなんで、届いたからと安心するのもなと。

取りあえず、業者は大丈夫だと言ってるんだけど、正直な所、スプロケを交換しなきゃならんようなシチュエーションは随分と先の話。

装着の際の不具合があれば、返品などに応じるという事にはなってるけど、以前のキャンプツーリングを満喫していた頃に比べると、走行距離はがっくりと減っていて、来年とか再来年とかだと応じてくれるかなんて解らないと言うか無理だろう。

と、言う事で近々、装着試験をしつつ、1T高速よりになって、どんな変化が出るのか試してみるつもり。

オリジナルの43Tは、まだまだ使えるので、補修部品として保管する。

今週は天気も良くないし、母親の一周忌もあったりなんで、装着試験は来週あたりになるのかな。






先日、風に煽られて地面とディープキスをしていたGN125H様。

SN3O1557


特に外見上、へこんだり曲がったりなんていうのもなく、ぶれキーレバーの先っぽの塗料が剥がれた位で済んだのは、運が良かったと思う。

所要があったりで、数日間、放置していたのだけど、本日のお休みを利用してパンク修理を行った。

えっこらえっこらタイヤを外してやって。

当初は発見できなかったのだけど、パンクの原因となった金属片を確認。

P1040975


すり抜けしてて拾ったのか良くわからんが、出先で完全に空気抜けてたらアウトだったなぁ。

バイクに乗り出して、もう少しで20年になろうとしているけど、実際にパンクを経験したのは三回目。

確率的には少ないんだけど、山の中でなってたらと思うとぞっとするわいなぁ。

P1040977

穴の開いたチューブにパッチをあてて、空気入れて。

カブで何度か行っていたせいか、タイヤの手組みもそつなくこなせてきている。

無事に漏れも無い様子なんで、近所を試し走り。

P1040978


ごくごく、近所のうどん屋でぶっ掛けの3玉を平らげた。

明日の朝、空気が抜けてなければ、処置は完璧に成功したと言えるだろう。




久しぶりにGNを動かした。

この一ヶ月ほど、キャブヒーターのついていないGNさん、通勤途中でアイシング起こされても・・・と思い、一月の末からバッテリー外して、キャブからガス抜いて安置していたのだけど、チョーク引っ張って難なく始動。

変な騒音規制なんかに対応していないから、他の二台のバイクよりも迫力ある排気音で、実は気に入っていたりする。

昨夜、山形の従兄弟から叔父が死んだとの知らせを受けて、高松南郵便局から香典を送り。

P1040962


最重要懸案を無事にこなしたと言う事で、朝飯兼、昼飯でぶっ掛けの三玉を喰らう。

あんまり、好みじゃないがせっかくなんで全部食べたw

久々に乗るので、ちと遠乗りしたくなって、大窪寺のほうから徳島の市場町?に抜けて土成から香川県に戻って、塩江のほうの山の中を走った。

慣らし終了間際は、60キロ越すとビリビリとした振動があったものだけど、随分と振動も減ってマイルドに鳴ってきたなと。

だけど、1速から2速に入れる際、10回のうち2〜3回はギアが入らない状況があるのだけど、納車直後から見れば随分減ってきた。

もう少し様子見だ。


で、以前から気になっていた不動の滝に行ってみた。

P1040966


ホントは、ここまでバイクで入ってきてはイケナイのだろうけど、誰もいなかったんで、どうもすいません。

P1040969


P1040971


ここで、後ろのスモールランプが切れていることに気付いて駐車場で球を確認する事にするけど、東屋に何か置いてある。。。

P1040970

OH!EROHON!

このシチュエーション的に不釣合いな場所で、果たして持ち主は、静かなる滝の音を聞きながら、どの様な思いを何馳せていたのだろうか。。。

持ち帰りたい衝動に押しつぶされそうになったが、次なる利用者の為にそのままにしとくw

んで、球を見るとやはり切れていた。

P1040973


現在の走行距離2400キロチョイ。

やはりこんなもんか。

ワット数確認したら、ナナハンと一緒なので、自宅にあるはずと、後方確認を厳重にしつつ帰路に着く。

途中、ガソスタで燃料入れて45キロ前後のお燃費。

自宅に帰って、ごそごそしながら道具箱をひっくり返して、ナナハンのバルブを無事に発掘。


BlogPaint


ねじ二本外して、球引っこ抜いて入れるだけなんで5分も掛からず作業終了。

もう切れるなよ!










先日のことになりますが。

嫁と二人で徳島県三好市になるのかな?

黒沢湿原に行ってきた。

この所、天気が悪い日が続いて久々の晴れ間のお出かけ。

昨年だか一昨年だか、猛暑日なんて言葉が出たけど、今年は四国でそんな日はあったのかな?

ま、そんなわけで、昨年に続いて二度目の訪問。

BlogPaint


例によって、YBR125とGN125Hでの出撃。


チンタラチンタラと60キロ前後で走りまして無事に現地到着。

よく行っている、松尾川温泉の手前を曲がって至る道路なんだけど、これが、結構な勾配と狭い舗装林道という事で、結局写真は撮らなかった。

このクラスだと、一度失速させると、中々復帰が大変なんで、坂の途中で止まろうと言う気が余り起こらない(笑)


で、前回来たときは、夕刻にさしかかり、入り口付近を覗いた感じで帰ってきたのだけど、今回は少し公園内を散策してみることにした。

DSC07853



DSC07860

尾瀬なんかに比べると(行った事ないのだけど・・・)規模は小さいのかもしれないけど、木道も整備されてなんかその気にさせてくれる(笑)

DSC07873


サギ草。

時期的には終わってるけど、日陰だとまだいくつか咲いていた。

DSC07864


蓮華かと思ったら、なんか正式な名前があったのだけど、忘れた。

DSC078833333333


DSC07857


アジサイがまだ咲いていたりする。

DSC078833333333


DSC07879



DSC07880


何かと思って近づいてみれば。

DSC07882

アオダイショウの抜け殻らしい。

はじめてみた。

これもって帰ってれば、金持ちになってたかね(笑)

DSC07886


駐輪場にて、何の実かわからないけど、沢山なっていた。


もっともっと、回れるみたいなんだけど、この山深い場所に、黒いTシャツを着てきた嫁の周りには蜂がよくよってくる。

ま、天気もよく、けっこうな気温になっていて、自分自身も汗だくになってしまったので、早々に引き返すことにした。

預けている犬のお迎えもあるしで、それ以外は結局何処にも寄らず。

往復で150キロ余りのプチツーリングだったが、少し息抜きになった。

自宅に戻って、まだ油分は残っていたけど、拭き拭きして、スペシャルブレンドチェーンオイルを挿して、泥跳ねの部分の汚れ落としをして終了。

オイルメンテはやっぱりいい。

チェーンクリーナの必要も殆どないし、コマの三箇所に一滴ずつ垂らすだけなんで、二台あわせても10分足らずで終わる。

確かに、タイヤ周りが汚れたりなんてのもあるけども、さび止めになってると思えば、何ちゅう事もなし(笑)

ふき取れば簡単に取れるし。


ま、それはそれで、もみじの木なんかも植えられていたので、今度は紅葉の時期に行ってみようかな。

今度は温泉くらい浸かって帰ってきたいなぁ・・・。












今日、めでたく1000キロを迎えたYBR125とGN125Hを初回点検に持っていった。

二人でそれぞれに乗っていけば、一回で済んだのだけど。

今日はお犬様を預けていない日なモンで、一台ずつ持っていくという、非効率的な方法で半日以上を潰した。

オイル交換も一応してもらい、取りあえずは、一つの区切りはついた。


乗ってて、どうか?と聞かれたので、バイクそのものとしては走っていて問題となる事は無いのだけど、YBRのほうが、実はタコメーターが5000回転を超えると、これが針が行ったり来たりと落ち着かない状況。

その辺を話したのだが、中国製は大体こんなもんだと、何となく予想していた通りの返答。

現時点では取り替えてくれるつもりは無いらしい。

もっと酷くなったら対応しますとは言ってたけど、慣らしが済んでしまえば、別に見る必要も無いんで、どうでもいいw

ま、釈然としない部分もあるけれど、速度さえきちんと刻んでくれれば、それで問題なし。


国産車なら、すぐにメーカー保証でという事になるんだろうけど、お店独自の保証制度になるから、こんなもんなんだろうな。

ま、並行輸入と言うか、メーカーが正式に販売しているものでは無いから、こういう時にメーカーが正式に販売しているのと差が出るのかもしらん。

これから買う人は、その辺もよくよく考えて。

完璧を求めるなら、YSPからインジェクションモデルが出てるから、そっちならYSPとしての保証として受け付けてくれるだろうから、色んな意味で安心かもね。

ま、自分としては、セローのインジェクションが、未だにリコール対策になってなく、サービスキャンペーン扱いと言うところで、余りインジェクションに対して、信頼性を置いていないので、キャブモデルを購入したのだけど。

ま、取りあえず走るには問題ないんで、このまま行く。

中華バイクを飼うと言うのは、細かい事を言ってはいけないのである(笑)




ウェビックで頼んでいた、部品が届いた。

SN3O1477


部品と言っても、オイルフィルターを交換するときのゴムパッキンなんだけども。

で、GN125Hのゴムパッキン。

国内だと、アドレスV125なんかと共通らしくて、アドレスって言うと、結構売れてたイメージあるんだけど、地元のバイク屋に在庫聞いても取り寄せ。

聞きまわったお店の一軒なんぞは、スズキの場合は、問い合わせと部品が届くまでに1週間くらい掛かると言われ、ならば・・・という事で、通販使いましたです。

関東にいた時、二輪館なんかに行けば、こうした類の良く使うものは、純正若しくは、互換部品見たいのが普通に売られていたけど、アレが特別だったのかもしれないねぇ。

思い起こせば、10年以上前に北海道に一時的に戻ってたときに、アレだけ売れてたスーフォアのオイルフィルターも注文だったからなぁ。

因みに、写真に写っているプラグは、ホントのところ言えば、モノタロウのほうが安かったので、そっちで頼みたかったのだけど、ウェビックの通販も3000円以上から送料無料という事で、しょうがなく頼んだもの(笑)
某通販では二分の一で売ってた。

ま、バイクの需要なんて車に比べたら、鼻くそ以下だからしょうがないと言えばしょうがないですな。

いつ売れるか判らんもの並べておいたってしょうがないし。

ましてや、GN125だし(爆)

いずれにしても、地方に移ったら、消耗品のある程度は備蓄しておくのが常識なんでしょうな。

だけど、そんな常識を破って、手の届かない痒い所に手の届くバイク用品店なんてのが、この界隈にあったら、一気に集客力上昇するのにな・・・なんて。

ま、勝手に思ったりもする。

一昨日、久しぶりに嫁と二人でツーリングに行ってきました。

お犬様のほうは、いつも嫁が仕事の時に預けているトリミング屋さんでお留守番。

ほんと、こいつもバイクに乗れれば、キャンプだとか泊りがけのロンツーとか、好き放題に遊びに行けるのになぁ。。。、

出前カブのおかもちをぶら下げる奴?あれで犬のケージを吊り下げられないかとか、色々と妄想が湧きますが(笑)

DSC07758

先ずは腹ごしらえ。

半熟たまごの天麩羅も中々旨し。



DSC07760


久しぶりにカメラいじったら、なんか色が変になってしまった。


DSC07764


今年は雨が多い所為か。

DSC07761


滝の水も勢いがあるようで。

雄滝と雌滝と二つあるようですが、雌滝のほうは更に下に下っていかねばならず、めんどくさいので断念(笑)

こんな景色見るの、どれ位ぶりだろう。


徳島に抜けて、剣峡なんてのが見えてきて中々絶景だったのだけど、走ってるのに夢中になって写真撮れず(笑)


途中、恋人橋なんてのがあって、そこから写真を撮ろうと下が、橋の真ん中へんに花束が一つ置かれていて、そそくさと帰ってきた。

DSC07765


程なく行くと、もう一つ滝があって、道路沿いから見えるのでちょっと見ることに。

BlogPaint


もう少し走ると国定文化財だかなんだかの古民家があると言うので立ち寄る事に。

DSC07772


物凄い急勾配を上ってきてやっと到着。

DSC07773

江戸時代に立てられたのがそのまま残ってるってんで、どんなもんか見に行こうと思いきや。

DSC07774

しょうがないので

DSC07775

おいっ!

隣に資料館もあったけど、鍵がかかっていて開かず。

ひたすら山道を走って神山町へ。

DSC07777


バイクの教習所で一本橋にお悩みのあなた。

ここで練習を積まれたらいかがでしょう(笑)

写真撮ってたら、ここ渡るのかい?とニコニコしながら婆さんが話しかけてくる。

DSC07779

ふらつく事もなく、のんびりとした足取りで橋を渡っていったけど、慣れてるから怖くないんだろうなぁ。

良く台風で流れなかったもんだと。

佐那河内村と言う所まで足を延ばして、大川原高原へ。

DSC07780


BlogPaint


風力発電が10個くらいたってるのかな。

下の方にはキャンプ場なんかもあるんだけど、標高が高いので結構涼しくて快適かもなぁ。。。

この時点で時間が三時近くになっていて、お犬様を引き取りの時間に間に合わないのではないかという事になるけど、地図も持たずに出てきたもんだから、このまま徳島市内を目指して行くのは近いのか遠いのかも判らない。

一旦、神山町に引き返して、そこから美馬の方に抜ける事にしたのだけど、台風の影響で道路が崩れかかってたりで。

この時点で結構、疲労もピークに達していて、写真なんぞ撮る気も起きん(笑)


なんだかんだで17時過ぎには自宅に到着。

途中でガスを満タンにしてきたのだけど。

先ずはYBR125

SN3O1468

246キロ走り。

SN3O1467

51km/


GN125Hのほうは。。。

SN3O1466

232kmの走行で、無事に1000キロ超えた!

SN3O1469

4.92はいって。

47.15km/


GNの方が若干悪い感じもしないではないけど、ここまで走ってくれれば文句なしじゃわ。


このページのトップヘ