足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:オプティメイト4

先日切れてしまったXT250Xのヘッドライトバルブを交換した。

2007年の12月に新車購入で約3年チョイ。

距離にして現在3万3千キロ弱で終了となった。

IMG_0001



まずはフロントウィンカーに付いている、六角のボルトを左右外していく。


IMG_0002




手前に引っ張るとカパッと外れてくる。


IMG_0003IMG_0004







因みに、カウルの下の部分は、フロントフェンダーの切り欠きに左右の爪をひっかけて固定しているので、こいつも外してやる。

手で簡単に外れる。

IMG_0005IMG_0007







電極のコネクターは、かなり硬い。

バルブその物は、左の写真の針金で固定されているだけであるので、多分、そのまま力任せにすると、台座から折れてしまう可能性大。

ゴムカバーの上からバルブを抑えつけながら、壊れるんじゃないかと不安になりながら引っ張り、やっと外れた。

今まで車のバルブを交換した時は、コネクターの左右にボタンが付いており、押してやるとロックが解除されて比較的簡単に抜けたものだが、こちらは力任せで引っ張るしかないのかな。

振動が多いので、脱落防止の為に、硬めに作られているんだろう。

コネクターが抜けたら、針金のロックを解除してやれば、バルブは抜けてくる。

見た目は切れているのが良く判らず、もしかしてスイッチや配線関係か?と思ったが、耳元で降ってみると音がしていたのでバルブ切れで良かったよう。

IMG_0008




規格はごく一般的なH4バルブ。


色々と、90W相当なんて書かれている物も売っていたけど、明るさに関して、不満があるわけではないし、何より値段が高い。

ので、フツーのを購入(1800円チョイ)。

バルブのガラス面に、素手で触れないように注意しながら、3か所の切り欠きに合わせて装着。

ずれない様に押さえながら、針金のロックをひっかけて固定終了。


で、コネクターを差し込むのだけど、これも根元まで差し込むのに、結構な力を必要とした。

IMG_0010



フロントフェンダーの2か所の穴に、カウルを差し込んで、外した六角ボルトで固定。


カウルの爪が、きちんとフェンダーにハマっているのを確認して、作業は終了。

今思えば、コネクターに錆び予防のCRCでも拭いとけば良かったのかとも思ったけど、終わっちゃったのでいいや。


IMG_0012
ついでにXTXをいじっている間に、CB750のバッテリーにも補充電をしておいた。

オプティメイト4の判定では、バッテリーの状態は良好と示されている。


で、このバイク、バッテリーの充電能力が低いとの事なので、2か月に一回、寒くなってからは1カ月に一回の割合で充電器をかましている。

テールランプをLEDにしているのが効いているのか、補充電のおかげなのか、エンジン始動時のトリップリセット現象は、テールランプをLED化する前に一度なっただけで、この冬場も起きてはいない。

液量のチェックに関しては、自分の乗り方だと、2~3カ月に一回の補充でも下限レベルに至った事はなく、このペースで大丈夫なようだ。

どの程度まで長持ちさせられるか、ちょっとわくわく。

先日、オークションでポIMG_0010チりました。







その辺の用品店で買うよりも随分とお得な値段で買えましたです。

以前からバッテリーの充電器が欲しいなぁ・・・とは思っていたのだが、バイクに乗って出かける頻度が多いためか、バッテリー絡みのトラブルって殆どななかったですよ。

で、あった方がいいかなあ・・・と思いつつ、10年近くが経ってしまっていたのだったけど、今乗っているCB750。

バッテリー絡みのトラブルがちょこちょことあるらしい(補水などちょこちょこメンテしてれば問題はない様子だが)ので、思い切って購入する事にしました。

IMG_0011






で、さっそく届いたので、先日エンジン不動で上がってしまったセロー250のバッテリー。

さっそく充電して見る事に。

現在、セローには新しく購入したデルコのバッテリーが入っているので、満充電になったとしてもあれなんですが、手元に来たなら、さっそく試してみたいと言うのも人情でして(笑)

使用法としては、配線繋いでコンセント入れると電源オンになって、後は機械任せで放置しておけば良いので楽ちんな感じです。

相方にはちょっと悪いですが、XT250Xのバッテリーが死んだら、このバッテリーを使って悪あがきしてみるのも悪くないかと・・・・(笑)。

ま、何かの折に使えるように、予備として取っておいてもいいのかなと。

後、今月の中頃には、BHSのトラックに乗って二台のCBは北海道で2週間ほど私たちの到着を待たなくてはなりません。

現在の所、二台ともバッテリーは元気ですが精神衛生上も安心できるかなと言う事で、さっそく活躍の場が与えられそうです。

とりあえず、上がった時の緊急回避ではなく、バッテリーの寿命を保つ為に使っていけるようにメンテしていきたいね。



このページのトップヘ