足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:カブ90

先日、チェーン一式を交換したカブ。

いざ、乗り出そうと思うと台風がきてしまったりと、中々馴らし走行に出せないでいたので。

昨日の仕事休みを利用して走ってきました。


本当は、セローも全く出番が無いので、嫁もバイクに乗りたいところですが。


お犬様が幅を効かしている為、ステラとカブの二台体制での出撃と相成りました。

DSC_0111_01



母親が入院中ということもあり、余り遠くには出られませんでしたので、今回も香川県内をチョロっと流す程度。


とは言っても、カブで県外に出るような遠出をしたら、自分のひ弱なヒップが割れてしまいまする。

大串半島を回りますが、二台とも上り坂はヒイヒイいいながら登りましたです。


DSC_0126_01


まさか、カブで香川県内を走ることになろうとは、ただ同然で貰ってきて、修理した時は全く考えもしなかったことでした。

なんだかんだ考えてみると、こやつが一番長く手元に残っていたりして。。。。

BlogPaint



嫁は涼しげに、エアコンの効いた車内でお犬様と。

高松市内に戻りつつ、庵治にある何とか公園。

DSC_0159


大島からフェリーが戻ってまいりました。



お犬様も身を乗り出して眺めておりまする。

夕方の公園ともなると、犬を連れた散歩の人が多数来られまして。

犬一倍臆病な我が家のワンは、そのたびに負け犬の遠吠えをしようともだえます。


DSC_0143


DSC_0182


DSC_0197


夕日を拝んで帰ります。


帰り道、母親の元を見舞いますが、クリーンルームの中での生活がかなり退屈らしく。

ま、告知もしていないのでアレですが、病気の深刻さを余り判っていないので、文句を言ってみたり、なんでもない話で笑ってみたり。

湿っぽくなるよりはいいのですがね。

面会時間も終了となって自宅にもどり。

関東にいた時に良く食っていた、南京亭の焼肉丼を何とか自宅で作れんもんかと挑戦。

一瞬、徳島の何とか豚なんてブランド品に手が伸びそうになりますが、隣にあったグラム90円台のカナダ産の豚バラ肉に最終決定。

一番安いしょうが焼きのたれを購入して、自宅でそれに砂糖を混ぜたりして、たまねぎと湯引きした豚肉を強火でいためてご飯にポン!

SN3O1193


まだまだ、調整の余地はありますが、思ったより美味く出来たかなと。

おわり。

先日、大雨の中チェーン交換を行ったカブ。

後輪を固定するためのスリープナットなんですが、回せど回せど何処までも回る。

これが、その部品。

P1040270


ねじ山の地金が出てしまっています。

そんなに力一杯締めた積もり無かったんですが・・・。

P1040271


で、昨日、夜勤入り前に新しい物に交換。

普通のバイクだと、アクスルナット締め付ければ固定されるのですが、カブは何故か別々になっています。

ま、これがあるおかげで、タイヤ交換をしたとしても、新たにチェーンを貼りなおしたりしなくてもよいと言うメリットはあるのですが。

それにしても、リアタイヤ外したりなんだりと、めんどくさっ。

P1040272

無事に交換作業も済みました。

後は、ころあいを見て皹だらけの前後輪を交換してやれば、更に安心して使えそうです。


今日も暑かった。


ちょっとの間、ナナハン様をお休みさせる代わり、燃料関連の問題が生じたら、カブを登場させるしかあるまい。


丁度、震災のあの時。

ガソリンが入手困難で、たまに空いてるスタンドが見つかったと思えば大渋滞。


俺はカブとXTXで何とか乗り切った。

そう考えると、XTX売らなきゃ良かったと思っても、もう、後の祭り。

で、今回もちょっとの間、ナナハン様にはお休みしていてもらって。


カブを引っ張りだそうと言う事で。

チョチョイと整備のようなことをした。

考えてみれば、2月にオイル交換してから、乗ったのは恐らく片手であまるくらい。

とりあえず、チェーンにオイル塗った。

チェーンがちょっとだけ弛んでいるようだったので、ちょっと引っ張ってやった。

久しぶりなんで、これだと思ったレンチのサイズが合わずに、工具箱に取りに戻ること数回、問題なく整備は終了。


ただ、スプロケも結構磨耗してきてるらしく、リアスプロケのところでチェーンを摘むと、浮くんですな。

ま、後二千キロも走れば4万キロなんで、ホントに交換時期が来てるんだろうね。


で、ガソリンの方も、メーターで半分くらいになっているのだけど、これも数ヶ月前のガソリン。

ならば、少しでも新鮮なガソリンの濃度が高い方が良いだろうと言う事で、近場で満タンにして、キャブにも新鮮なガソリンが混じるようにと、ちょっと遠回りして10キロ程の道のりを走ってきた。

すこぶる快調。

ただ、前輪、後輪とも結構タイヤのひび割れが酷くて。

ちょっと様子を見ながら走るが、いずれにしても、チェーンとスプロケは近々交換するようだろうな。

又、金が出て行くなぁ・・・。

明日夜勤だと思い、ビール片手にブログ打っていたが、勤務表を確認したら早番なんで、これから急いで寝ることにする。

昨日午後から作業いたしました。

P1020819










ナナハン様のプラグ交換は今回二回目。

いつもだと、1万キロ前後で交換するのですが、電極の減りもそんなに無いしなぁ・・・と言う事で、前回から1万五千キロまで引っ張ってみたです。

それにしても、燃料ホースが抜けず、前回も往生いたしたのですが、今回は写真撮るの忘れましたが、APの工具でチューブ類を外すプライヤーを導入。

すんなりとは行きませんでしたが、前回素手で引っこ抜くよりはかなり楽に外す事が出来ました。

P1020822














ほんで、いざプラグコードを引っこ抜くと、やっぱり何処から入ってきたのか小石の山。

このバイク買うとき、プラグがむき出しの状態になってるから、タンクを外さなくても交換がらくだと思ってたのですが、この状態見るとやっぱりタンク外さないで交換するのは気が引けるというか、絶対に外して掃除してからじゃなきゃ駄目です・・・。

で、自宅にある掃除機を使おうと思ったのですが、掃除機の先っちょが中に入りませぬ。

以前、ペットボトルと水道のホースで作った、掃除機のアダプターも今回の引越しで棄ててしまったようでして。

P1020824














嫁殿に、走ってもらってこいつを使いましたが、これが長い間吹いていると、途中で圧が弱くなってきてしまうんですなぁ。
だもんで、二本交互に使い分けながら、どうしても飛んでいかないのは、マイナストライバーでホジホジしながらと言う地道な作業。

念のためにと、プラグを緩めた状態で、もう一発吹いてやると、まだまだ細かな砂粒が飛び出しますです。

安いエアコンプレッサー欲しくなっちゃいました。

買うなら貯金のある今のうちか・・・

P1020826














外したプラグは錆び錆び。

P1020825















無事に新しいプラグ様装着。

ホント、こうしてみると四気筒めんどくせ!

新品プラグも無事に組み付き、ためしにエンジンかけてみましたが、今までは確かにセル一発でエンジンが掛かっていたのですが、回転があがるまで10秒ほど掛かっていたのが、エンジン始動と同時に2000回転位まで上昇してます。

意外とまだまだいけそうに見えても、こんな部分で劣化の影響が少しずつ出てくる物の様です。

やっぱ、持たしても一万キロ位が限度なのかなと思われます。

P1020823














で、次はカブ90のプラグ。

これも、随分と前に交換したのですが、通勤の短距離走行が主だった為に距離が伸びず。

まだまだいけそうではあるのですが、ついでだったのでやっちゃいました。



で、次はCB400SSのエアクリーナー

P1020830















見ての通り、エアクリーナーのエア取り入れ口の上にETCが張り付いており、自分的にはETCを外さなくてはならないと思い、ステーごとETCを外したのですが、結局外さなくても、鉄板のステーを折り曲げて隠れている螺子をはずせば良いだけと気づく。

要は、このETCがくっついているそのものが、エアクリのカバーの役目をしているので外せばいいことだったのに、余計な事をしてしまいました。

説明書見ときゃよかったと後悔。

P1020832














おまけにETCの固定に使用している螺子が微妙な場所にあるために、再度組み付けるのにかなり悩んでしまいました。

なっぷすの店員も結構難儀した事でしょうなぁ。


まぁ、そんなこんなで、いつの間にか入り込んだ虫がくっついたエアクリーナも無事に交換を終えましたが、説明書を確認せず、余計な事をしてしまった為に、日が落ちる頃までかかってしまいました。


この後、750様にガソリンを入れに走ったのですが、エアクリ交換も手伝ってか、加速がもの凄くスムーズになった感じでした。

終わった後、島のナポレオンと言うガソリンを俺様に注入。

今朝は若干頭がいたい状態で出勤いたしました。

もう暫くは酒を飲むのを辞めようと思った42歳の冬でした・・・。



この三連休、天気がよければ近場をちょこっと走りに出かけようと思ってたのですが、なんだか天気があまり宜しくなく。

携帯の天気予報に目をやりますと、夕方から雨が降り出し、明日の予報には雪のマークも見えていたり。

そんな訳で、昨年の引越し以来の懸案事項であった、カブのリアブレーキをちょっとばらしてみました。

なんだかんだで、手元にあるバイクの中では、一番長い相棒となったカブですが、昨年退職してからと言うもの、殆ど走らせることも無く、雨ざらしとなっていたのですが、陸送を頼みに浦和のデポまで行こうとしたら、リアブレーキの動きが渋く、ブレーキを踏むと戻らないと言う状態になってました。

それでも、何度か手で動かしているうちに、多少は戻るようになっていたので、無事にこちらに運んでくる事が出来たのですが、今朝、ちょっとエンジンでもかけてやるかと、自宅の回りを一周してきたのだけど、ブレーキ踏むとまともに加速も出来ず。


P1020805














その内でいいやと、伸ばし伸ばしにしていたリアブレーキ分解してみる事にしました。

ドラムブレーキの整備は今回初めて。

P1020806














なんとかブレーキシューも外す事が出来ましたが、無理やりプライヤーでこじった所為か、ちょっとスプリングの形が変形してしまいましたが、これは見なかったことに(笑)

この時点で、手がベタベタで写真は取れませんでしたが、シューを動かすカムなんかな?

これが錆て動きが悪くなっていて、引っこ抜こうにも手ではびくともしませんので、貫通ドライバーにゴムハン充ててたたき出しました。

サンドペーパーのような物が無かったので、とりあえずCRC吹いて、雑巾でこすってやったら粗方錆のほうもとれたので、とりあえず可動部にシリコングリス塗ったくって終了。

動きの渋さも取れて、抜き差しもスムーズに。


ラジオペンチが行方不明になっていて、外す時に難儀したスプリングの方も付ける時は簡単に引っかかってくれたので元にもどして。

その後、自宅周辺を試走してきましたが、なんだかバイクが軽くなった感じがいたしました。

引越し前、やたらと燃費が悪くなった感じがしていたのですが、こいつの所為だったんですかね。

ドラムブレーキっていじった事が無かったので、その内バイク屋に持っていこうと躊躇していたのですが、もう少し早くにやっときゃよかったなと。

ろくに洗車もしてないので、外観はかなりクタクタになってますが、エンジンはまだまだいける感じなので、近所の買出し等々、まだまだ活躍して頂きましょう。

おわりです。


九時過ぎに目が覚めて、朝から走りにでも行こうかと思っていたが、外はまだ雨が残っている。

結局、ネットをだらだら見たりして時間をつぶしていると、11時過ぎから青空が見え始めた。

これから出かけるにしても、なんだかめんどくさくなってきたので、CB750のオイル交換をする事にした。

納車時は1800キロチョイだった、ODOメーターも、現在3551キロ。

ハンドル交換やら、休みの日に雨に振られてしまったりで、思うように距離が伸びていないなぁと。

まだ2000キロも走っていない状態で、ちょっと勿体ないような気もしないではないけど、納車時に確認したところでは、現在の入っているオイルはG1との事。

これから、気温も上がってくるし、長距離ツーリング仕様になったことで、高速の移動も多くなるしで、少しグレードアップさせてもいいかな?と思ったのだ。

とりあえず、朝から何も食ってないので、ラーメン食らって、ホムセンに行ってオイルパックリを購入して作業に取り掛かる。

IMG_0001









車体右側にドレンボルトがある。

変に奥まっていたりしないので、とてもやりやすい場所だ。

IMG_0002









後は、17ミリのメガネをかけて緩めるのだが、拍子抜けするほど簡単に緩んだ。

いつも、自分が締め付けると、もう少し手ごたえが有ったと思うのだが、この位が規定値なのかな。

IMG_0004









いつものやつ。

SUNOCO REDFOXの10W-40

オークションでリッター1280円+送料で安いけど、フルシンセのオイル。

純正のG2入れるよりも安く上がる。

JASO規格のMAとかMBの表記が無いのが、ちょっと気にかかるけど。

400SSやセロー、XTXからカブ90(いずれもMA指定)にも使用しているが、300V使っていたときと変わらんので、きっといいオイルなんでしょ(笑)。

RC42との相性は果たして如何に?

その辺に落ちていた葉書で作ったジョウゴで、規定量よりチョイ少なめでエンジン暖気。IMG_0005









その後、計ってゲージの中間くらいだったので、トクトクッと少量足して終了。

アッパーよりチョイ下で落ち着いた。

CB400SSのドライサンプと違って、非常に楽だねぇ!

で、ついでに通勤マシンのカブ90も、前回オイル交換から1000キロに達したので交換。

IMG_0006








カブの場合、必然的に、結構まわして走るのと、オイル量も少なかったり、通勤だけしか使用していないので、1000キロも走る頃には、半年近く 経っちゃうので、距離的にはかなり早めだけど、期間的には丁度良いだろうと思う。

で、先ほどCB750を走らせてきたのだけど、粘度が若干アップした所為か、ひゅんひゅん回っていたのに比べて、滑らかになった印象かな?気持ち振動も減った?様な気もするが、プラセボもあるんだろう。
ただ、CB400SSに入れたときもだったが、ゼロ発進時のクラッチのつながりが非常に良くなった印象があるね。
更に粘りが出たと言うか、エンストの可能性が限り無くゼロになった様な気がする。

ま、そんな感じ。

でも、これから梅雨明けを迎えて暑くなったら、排気量から来る発熱量もあるだろうから、ホントなら50とかのオイルの方がいいのかも知れないけなぁ。

この辺は始めての体験になるので、様子を見ながら対応してくしかないだろうね。

とりあえず、2500から3000キロ位で交換してきゃ大丈夫かね。

みんな空冷のそこそこの排気量だと、どの位で交換してんだろうかね。

bdfdba58.JPG夜勤明けで、うつろな目をしながら。

暇だなぁと思いながら、近所のパチ屋でジャグラーをぶん回す。

ここんとこ、負けばっかりだったが、珍しく2000枚ゲット。

積もりに積もった、貯金の一部を引き出せたことに、満足げにセブンスターに火をつけながら、今やパチンコ屋への移動専用となりつつある、カブのエンジンにキックをくれる。

昨年の秋に、フロート関係を一新したおかげで、いつでもキック1〜2発でエンジン始動。

そう言えば、チェーンにグリスくれてやったのも、12月のはじめにやったっきりだったような。

気分がいいので、久しぶりにカブのチェーン周りでも、綺麗にしてみよう。

カバーを開けると・・・・。

全然綺麗・・・。

油っ気もしっかりあるし。

見た目、もっさいスチールのチェーンカバーだが、かなり役に立っているんだと、改めて実感。

暗くなってきたし、そのまま戻そうかとも思ったが、折角なので作業実行。

チェーンのたるみも全く問題なし。

でも、考えてみれば。

カブに、ホワイトチェーンルブなんて高いものいらないなぁ。

安い物でも、外界の影響受けないから、十分使えそうな印象

XTにはSLFC使っているので、事実上カブ専門になっているが、無くなったら車のギアオイルでも使ってみよう。

もしかしたら、使い古しのオイルでも良かったりして。

ついでに押してってくだされ。

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ


このページのトップヘ