暫く無題で・・・

北に移り住み、ツーリングやドライブを楽しみ乍ら、畑で採れたものでプチ自給生活。 作物が採れてる間はお金はかからんのだけど、バイクで出かける時間がなくなった。 折角、ツーリングと言えば!なんて言われる場所にきたのにさ(笑)

タグ:キャンプツーリング

朝七時過ぎに目覚め。

DSC09401


キャンプ場の目の前に流れている四万十川を一人で散策。

嫁はまだ寝ています。

DSC09391


本当のキャンプサイトは、奥の方になるようで、こちらは乗り入れ禁止なんですが、混んでいなければ、通路にも止める事が出来るようで、そんな風にされている方が何組かおられました。

こちらの駐車場扱いになるようで、車も止まっていて、香川ナンバーのCB乗りの方も、テントの横にバイクを横付けしていたので、フラットな場所を確保できれば、こちらでも良いのかなと思います。

コメ炊いて、シンプルにたくあんと、キュウリの塩もみをおかずにして、朝飯を平らげて。

四万十川沿いを下りながら走りまする。

DSC09437-1


DSC09453



アウトライダーなんかで、夕暮れ時にこんな写真撮ってなかったっけ(笑)


その後、鬼北町に入って道の駅で昼飯。

DSC09458


TKG

オリジナルの醤油を出していただきましたが、シンプルに備え付けの醤油でいただきます。

DSC09459


桃太郎の鬼なんかと思いますが、本来、桃太郎側についていた雉が乗っておりますが、この地の名産品と言う事なんでしょうね。

飯の後、四国カルストを目指す。

DSC09463


で、また道の駅により・・・。

DSC09461


さっきのTKG、大盛りの割に、ちとあっさりしすぎてたなぁと言う事になり・・・。

地鶏の親子丼大森を夫婦揃ってオーダーするという阿保っぷり。

DSC09462


中々の盛り具合でグー!



DSC09464


天狗高原を目指してひたすら上る。

4速60キロが限界の坂で、登りの直線になると、ミラーに嫁のGNが大きく映るのですが、一つカーブを超えると小さくなっていくという、いい加減少しは上達しろよと。

DSC09467


DSC09476

DSC09479


高知と愛媛に分かれているが、固定資産税はどのように?

DSC09482



DSC09483


この景色を見に911のあった年に、にフォーサイトにテントを積んで、小樽から遥々来たのですが、途中で道路の崩落があって通行止めになってて見れなかったんだなぁ。

BlogPaint


DSC09494


堪能した!


帰り道、439国道に合流して、仁淀川町に差し掛かったあたりで、前述のスズメバチ事件に合い・・・。

道路わきで、ズボンを下ろして、刺し傷を確認していたのですが、通りすがりの車は何をしてんだ?この馬鹿は。。。と言う感じだったでしょうな。


DSC09497


休診日にも関わらず、診ていただいて感謝です。


この後、吾北の道の駅で、高松のBM乗りの方と少し話し込んで、帰ることになるのですが、途中から気温13度とか、酷い所は10度と言う冬並みの厳しい数字が・・・・

大歩危小歩危のあたりが一番きつかった。

出かける前に冬装備の話も出たのだけど、そこまでならんだろと言う、楽観視が仇となりました。

クラッチを握る左の腕が、低温の所為でつりそうになったころ、コンビニで10枚入りのホッカイロを購入して、
残り余さず、背中に貼りつけて。

がくがく震えながら、スズメバチの痛みに耐えながらの帰着。

自宅に帰って速攻でストーブつけて、暖まってから荷物を下ろしてと。

こっち方面に行くには、高速乗れない状況下だと、1泊だときついかもね。

2泊位できれば、もう少し周れたかなと。

今年は、これで最後かなぁ。。。

もう少し行けるかね(笑)


















20日から一泊でキャンプに行ってきた。

ほんとは、21日から3日間の休みが付いていたので、東北の方に行こうかと考えていたのだけど、天気模様はよろしくない。

つうか、今現在もの凄い勢いで雨が降っております・・・。

関東近県では、土曜日までは天気が持ちそうということで、昨年のGWに行った内山牧場キャンプ場へ行くことにした。

夜勤明けで、ちょっと眠気がきつかったけど、最近ホントに走りに行けてないので、荷物を括りつけてバイクを走らせる。

なんか、忘れものしてないかなぁ・・・などと思ったけど、その何かが思い出せない。

とにかく、明るいうちにテント張って、寝る準備・・・・ちゅうことで、コンビニなんかで、酒類とつまみなんかを買ってキャンプ場に向かう。

IMG_0928







キャンプ場まですぐそこだ。

IMG_0930





受付を済ませて、キャンプ場に入る。

眺めがいい。

バイクは1050円で乗り入れOK。

平日だから、もしかしたら貸切?なんて思ってたら、バイクが二組と車一台が既にテントを張っている。

IMG_0942





上の炊事場の目の前に設営完了。


IMG_0943







まずは、乾杯!


そのうち、日も暮れかかり・・・。

IMG_0947

ミュンミュンミュンミュンミュン・・・・・・・・

エネルギー充填100パーセント、準備よぉし!











IMG_0951






撃てぇ〜!!


IMG_0949






バシュゥゥゥゥゥゥゥ







・・・・・・ラジオ聞いていても、野球しかやってなくてやる事が無いのだ。

小説でも持ってくりゃよかった・・・。

そのうち、ラジオで伊勢崎FM?だっけかな。

FM小樽の番組が入っていて、自分が、かつて通っていた小学校の校章のデザインにもなっているアオバトやエビス島の話なんかが出ていて、懐かしいなぁと。

昔、このエビス島の近くで、よく釣りに行ったっけ・・・。

レトルトのカレーで簡単に飯済ませて、ラジオの音に耳を傾けていたら、一瞬意識を失ったので、8時過ぎにはシュラフの中へ潜り込んで寝た。

結局、準備した酒もほとんど飲まなかった。



二日目の朝、6時位に起床。

晴天。

めんどくさいので朝飯は作らずに撤収。

7時過ぎにはバイクに跨り、キャンプ場を後にする。

IMG_0974





佐久市内に入る手前で、バイクの写真をとったりしながら、適当に走る。

菅平に抜けて、さらに進んでいくと米子瀑布まで15キロとかという看板が目に入ったので行ってみる。

IMG_0983IMG_0980IMG_0984






細いくねくね道をずい分走ったと思ったが、まだこんなに残ってるのねと。

何とか、駐車場に到着して、ここから800メートルとある。


IMG_0989IMG_0994








最初は余裕じゃ!と思ってたが、この先はどんどん道が狭くなり、傾斜もきつくなり・・・・。

IMG_0996




残り200メートル程の、橋の上から滝を拝んで帰る(笑)



IMG_1002





そのあと、国道299号線で志賀高原の方に抜けて、草津の方に出る。

久し振りに峠を走って気持ちがよかった!

で、まだ昼をちょっと過ぎた位だったので、今度は嬬恋村の方から国道146号線を走って、また長野県内へ入った(笑)

このあと、真田町の方から松代の方に抜けて、温泉に入って高速乗って帰ってきた。

地図も持たず、ただ走るだけのキャンプツーだったけど、久々に満喫して帰って来た。

今度は、梅雨明けになるのかなぁ・・・。










夜中に寒さと尿意を感じて中途覚醒。

携帯をみると新潟で震度5弱・・・。

特に異変は無いようなので、背中にホッカイロ張ってまた寝たが、6時には起きてしまった。

鼻水が止まらない。

外に置いてあった、ガスコンロなんかを前室に持ってきて、朝飯の準備して食って。

9時過ぎにキャンプ場を後にして。

国道で朝霧高原まで行って、富士宮に入った所で県道71号線で鳴沢の方に戻る。

並行して走る国道と違って、こちらの道路は流れが良くて走っていて非常に気持ちいい。

PAP_0186





河口湖町に入った所にあった駐車場で写真を撮るけど、どこの景色なのだろう。

富士吉田にへ走り。

PAP_0184PAP_0183PAP_0182





国道沿いにあるうどん屋その一。

天ぷらうどん&きんぴらうどん。

PAP_0181PAP_0180PAP_0179





ほんで、もう一軒梯子。

美味しいし、腹いっぱいだしってんで満足して帰路に付く。

来る時、一宮の桃畑を見てきたのだけど、花が綺麗だからみたいとの相方のリクエストで同じ道を引き返す。

PAP_0169

フルーツ街道だっけ?に入って程なく、桜がたくさん咲いていそうな公園を見つけたので寄ってみる。


PAP_0162





一宮の桃畑に到着。

下から見たらたくさん花が咲いてそうなんで・・・と上がってきたのだけど、結構有名なスポットなのか、観光バスまで来ていて、路上駐車の車でごった返していた。

PAP_0154







写メ撮り終わって、これからどうしようかとも思ったが、何だか地震も落ち着かないしってんで高速に乗って帰る事に。

上野原の手前辺りだっけか・・・思いっきり渋滞にハマる。

中央道は狭いので神経を使う。

遅れる相方を確認しながら、よろよろとすり抜けて17時過ぎに自宅に到着。

なんだかいつになく疲れてしまった。

久しぶりに思いっきりバイクを走らせられて満足はしているのだが、今も目がしょぼしょぼしている。

さて、来週も土日2連休であるがどうしようかね・・・。

うちでクサクサしてるのもなんだけど、出かけたら出かけたで地震でアパートが倒壊したら?なんて考えたりで、出かけていても、どうも落ち着かない。

かといって、自宅の下敷きになるのも嫌なんだけど(笑)

明日から仕事なんで寝る。


昨日、今日とキャンプに行ってきました。

当日は早朝四時に、隣か上の住人が外に出て電話をしている声でたたき起され。

天気予報やら、ミクシィの地震コミュ(笑)なんかを見ながら、どこに行くかを決めて。

4時に起きた割には、10時過ぎに自宅出発。

所沢から関越〜圏央道に入って、一休みして出ようとしている時に、携帯の緊急地震速報が鳴る。

1分位待っていたけど、特に揺れる様子も無く、いつもの誤報かとチャッチャと出発して談合坂で休んでいると、相方の携帯に実家から震度5の地震があったと知らせがあり・・・。

ここから引き返すかどうか迷ったけど、取りあえず自宅周辺は震度3。

コンセントもガスの元栓も止めてあるから、大丈夫でしょって事でそのままキャンプ場に向かう。

河口湖に入る所で、腹減ったからって事でほうとう屋にはいる。

PAP_0150PAP_0149







確か、テレビに出た事無かったっけかね。

ま、味の方は、美味しいんじゃないかね。

PAP_0145









途中、河口湖から西湖に入る所で富士山が見えたので取りあえず。


SN3O00822cd15413.jpg







久しぶりの西湖湖畔キャンプ場。

知らぬ間に200円値上げされてたけど料金一人1000円。

キャンパーは3組のみ。

シーズンオフの時は静かでいい。

それにしても、昼間は結構暖かかったけど、日暮れとともに思いっきり冷えてきた。

最初、薪買って焚火でもしようかと思ったけど、後片付けめんどくさいし、思ったほど暖かいわけでもないし・・・そんなわけで今回も焚火はなし。

適当に手のかからないおかずで飯食って、ビール飲んだら眠くなってしまい、21時前には寝てしまった。


天気良かったですなぁ。

直前まで、どこに行こうか、ずっと考えあぐねていたけど、何となくあったかそうな千葉に行く事に。

朝7時に起きて、八時には出発するつもりが9時近くに起きて、出発は10時を回ってしまった。

肩甲骨の部分ににカイロ2枚貼って、ちょっと汗ばみながらCB750に荷物を積み込み、エンジンスタート!と思いきや、初爆の兆しはあるものの、ブィィィィンとならず・・・。

え???と思ったが、良く見たらチョークが完全に引けてなかった。

回転が落ち着くのをみながら、チョーク戻して2〜3分でエンジンもほんのりあったかくなってきたので、ゆっくりとスタートして走行暖気を行う。

最終的に選んだ目的地は以前から気になっていた大房岬キャンプ場。

キャンプ場には日暮れ前に着きたかったので、ひたすら首都高〜京葉道路〜館山道と淡々と走る。


IMG_0582IMG_0580







館山道の市原SAで一休みと昼食。

ロッテリアなんて久々だなぁ。

もともとマックにしても、ハンバーガーショップに行くのなんて年に数回。

ロッテリアなんて10年ぶり位になるんじゃないかな。

ハンバーガーのセットと、チーズバーガー単品を食らう。

前日に手袋を買い換え、格段に暖かさはアップしたのだけど、この辺に来るころには結構手も冷たくなっており、ゆっくりと手を温めながらコーヒーを飲む。

一息ついてSAを飛び出した後、事前調査で予約が必要だったのを思い出す。

次の君津のPAで電話予約。

そこに、CB400SF.VerSのライダーが入ってきて、短いながらも会話。

キャンプに行くってのに呆れたのか、写メ撮っていいですかってんで、写メ撮ってもらってお別れ。

キャンプ場に電話をした時、富浦で降りて何とかホテルを目指してきてって言われたが、走っているうちに忘れた。

ツーリングマップルもめんどくさくて積んでこなかった(笑)

道の駅の売店のおばちゃんに道を聞くと、途中からもう一人のおばちゃんが加わり、話がこんがらかってしまい、お礼を言って走りだすも、最初の交差点で間違ったらしく、それらしき看板が出てこない。

コンビニで放尿をした後、店内の地図を確認すると、やはり来過ぎているので、放尿のお礼に今夜の食材なんぞを購入して引き返す。

程なくして、キャンプ場に到着。

このキャンプ場、第一と第二キャンプ場と分れている。

車両の乗り入れはできないので、受付にバイクなり車なりをおいてリヤカーで荷物を運ぶシステムになっている。


どちらも徒歩1〜2分と言ったところなのだけど、ロックを積んでくるのを忘れてしまい、ちょっと不安である旨を話したら、第二キャンプ場の炊事場の横にとめてOKと許可を得る事が出来た。

IMG_0583





因みに料金の方は610円で、燃えるごみは有料で50円+のゴミ袋購入となるが、それで捨てられるのなら有り難い話だ。

サイトの方は、全体的に緩い傾斜が付いていて、平らな場所は少ないので、混雑時は場所選びに苦労するかも。

設営しようとしていると、同じ埼玉から車で来たと言う、同年代位のソロキャンパーが到着する。

結局、第二キャンプ場の利用者はこの二人だけ。

第一の方には、何台かのバイクが来てたみたい。

テントを張り終え、散策に出かける。

IMG_0587IMG_0595





第二展望台?からは富士山も見えた。

更に散策を続ける。

IMG_0598IMG_0600




IMG_0601IMG_0603





後、ここの岬そのものが、もともと大戦中の要塞の跡地と言う事で、当時の遺構がそのまま残っていたりする。

一部では心霊に関する噂もあるようだ。

確かに重苦しい雰囲気はあるけどどうなんだろうね。

IMG_0605





で、更に散策を続け、第二キャンプ場の下に降りると、夕陽が良く見える広場があったので、取りあえず写真をとって、飯の支度にとりかかる。

IMG_0618





豆ご飯を炊いてみたが、一人で食うにはちょっと多すぎたか(笑)

結局、ウィスキーの小瓶も買ってきてたけど、酒なんか飲める状態じゃなく。

それなりの星空を堪能して、9時過ぎにはシュラフに入り、ラジオを忘れたので、先日の断捨離の本なんかを読んで11時前に就寝。

夜半から風が強くなってきて、テントがばたつく音で2回程目覚めるけど、知らん間に寝てたみたい。

日の出には間に合わず、6時過ぎに起きて飯の準備と撤収の準備を始める。

朝も風が強く、野外での調理は無理なので、炊事場で朝食作りにいそしむ。

とはいっても、ホモソーセージの残り一本と納豆ごはんだけ(笑)

結局、なんだかんだで9時半近くになって撤収終了。

何処に行くかも決めてなかったけど、茂原の方に掩体壕(大戦中、航空機を空爆から守るために作られたコンクリの建物)があったのを思い出し、勝浦から県道を走って大多喜方面に走る事にする。

一般車両もそこそこ走っているので、スピードは乗らないけど、殆ど信号も無く快適であった。

茂原に到着して、携帯で情報をみようとするが電池切れでアウト。。。

IMG_0622





又来た時でいいやと、適当に県道なんかを走り継いでいたら、牛久の方に抜けた。

IMG_0626IMG_0624





2008年の初日の出ツーリングの帰りに寄った讃岐うどんの店、「姫」。

かけの大盛り(3玉)ずるずるっといただく。

IMG_0625

前回あったっけかなぁ。
駐車場の敷地にこんな看板。


どんなメークインが鎮座している店なのか気になったが、それらしきお店はなく。

もしかしたら、うどん店になる前の看板なのだろうか。

気になる。

うどん食った後、どこによるって言うあてもないので、取りあえずアクアライン通って帰る事にして、木更津を目指して国道409号線走り、どこにも寄らずに高速に乗る。

海ほたる寄ろうかと思ったけど、調子に乗ってすっ飛ばしてたら入口通過・・・。

そのまま首都高に乗りついで。

日暮れ前の3時過ぎには高島平で高速を降りる事が出来た。

和光の二輪館に放尿の為による。

買い物に訪れたたくさんのバイクの中、キャンプ道具積んだ小汚い格好でいるのも気が引けたのでさっさと帰る。

寒さに震える事も無く、夕方4時前には自宅に到着。

どこにも寄らない、食って寝て走っただけだったけど、いいうっぷん晴らしになった・・・と思う。

巷では三連休だが、明日は仕事。

で、相方も帰ってくる。

昨日飲まなかったジンビームを飲んで寝ることとしよう。

年末の帰省を、風邪のせいで棒に振った相方ですが。

先ほど目出度く実家の方へと旅立たれました。

8日9日と連休をいただいておるので、この週末は俺一人でのびのびと過ごす事になります。はい。

なわけで、天気の方はまずまずと言う事で、久しぶりにキャンプツーリングに行こうと思い、その準備と言う事で買い物に出かけてきました(先日の断捨離の精神はいずこへ・・・・・)。


で、一発目。

現在使用しているのは、昨年の春先に安売りされていたゴール〇ウィンのグローブなのですが、ここ最近の冷え込みでは、朝夕の20分ほどの通勤でも手が冷たくなってしまう代物でして。

で、もしもの時と思い、10年以上前にバイク用にと購入した、スキー用の手袋を大事に取ってあったのですが、先日の引っ越し騒動で片方が何処かに旅立たれてしまったようで、思い切って買い換える事にしました。

グローブ

バギーだかって言うメーカーらしいのですが、20パー引きで7千円弱。
今使用しているものより、内装もしっかりしてそうで使えそうな感じです。


で、2発目。

修羅不

モンベルのスパイラルストレッチのバロウバック#3。
以前買った#1も持ってはいるのですが、確かにこの時期でも、パンツ一丁で中に入ってもヌクヌクで寝られるのですが、いかんせんでかい。

#3になると、耐用温度はー10度、快適温度0度ですので、冬場のキャンプツーリングに使用するのであれば、考えてみれば、こちらで十分なんですよね。

勢いで買ってしまった感の強くなってしまった#1ですが、実家の帰省の時の車中泊なんかで使用できるので、決して無駄遣いではないと言い聞かせることにします(あ〜、益々断捨離の精神からかけ離れる〜) 

で、最後。

gasu




プレミアムガス2本。


これが無きゃ、コーヒーも飲めませんからね。

去年の残りも少しあるので、今シーズンはこれで十分か。

とりあえず荷物のパッキングしながら何処に行くのか決めなくてはだ。










希望もしてないのにありがたや、二連休をつけてくださいました(笑)

朝6時には出撃の予定でしたが、寝坊して10時近くに積載が終了しました(笑)。

で、久々にXT250Xにテント積んで出撃です。

が、荷物は準備出来てますが、出かける寸前まで場所はどこにしようか決めかねていて。

候補としては長野と福島のどちらかで考えていたのですが、予報を見る限りはどちらも似たり寄ったり。

荷物だけ積んで、国道298号線で外環の戸田東から乗るか戸田西から乗るか・・・要は、関越に乗るか東北道に乗るか・・・・。

直前まで迷いましたが、戸田東の方にウィンカーを出しましたので、福島方面にまずは決定。

で、平日ですから。

高速料金的に限界ギリギリな矢板で高速を降りて、日光方面から只見を目指すか、前から気になっているキャンプ場のあるいわき方面を目指すか・・・。

考えあぐねているうちに、国道461号線を過ぎたのでいわき方面を目指す事に。

かなり適当に走り進み。

白河から棚倉方面を目指して国道289号線を走る。

白河ラーメンの店を横目に、寄ろうかどうしようか迷いますが、初めてのキャンプ場に寝坊して向かうので、明るいうちには着きたいと、13時過ぎにローソンでおにぎり温めてもらって簡単に昼飯兼朝飯。

IMG_0280
握り飯食いながら、ツーリングマップルとにらめっこしますが、県道のどこをまがって何号線・・・・ってのが、苦手な性質でして。
とりあえず、道路の青看板を見ながら、古殿町を目指す事に。


古殿町の道の駅の看板を見てみると、目指す三株高原キャンプ場のマップ表示されてまして。

迷うことなく到着。(白河でラーメン食っても良かったか・・・・)

IMG_0284


で、テント設営して。

食い物の買い出しして来るの忘れたわと、6キロ程の道を戻りまして(途中フラットダートあり)、多分、この地方限定と思われるコンビニでレトルトカレーなんぞを購入しまして。

またもや、焦げを大々的に作りまして、半ば濡れ煎餅にカレーと言った夕食を済ませて。

トリスウイスキーの小瓶をストレートでやりながら、所ジョージのオールナイトニッポンを聞きながらマッタリと濃霧の夜を過ごす。

幻想的だ・・・なんていいながら、ちょっと変な音がするとそっちに神経凝らしてみたり(笑)

IMG_0287IMG_0288IMG_0290







一杯ひっかけて、5時ごろに雨がテントをたたく音で行ったん目覚める。

7時過ぎにもう一度目が覚めるが、雨は上がったよう。

で三株高原キャンプ場の様子。
炊事場がありますが、飲用には煮沸必要。

で、真ん中の写真に細い道が写ってますが、これは流鏑馬(やぶさめ)用に作られた道で、これと並行して走っている砂利道には二か所の的が設けられてます。

三枚目のトイレはボットンですが、気温も低いせいか臭いも気になりません。

ちゅうか、結構手入れがきちんとされてます。

IMG_0297


で、炊事場からすぐそこに見える、厩の廃墟ですが、多分これの何処かが風でガタァンなんて音がたまぁにして、びっくりするわけです(笑)


IMG_0299



昨夜食わなかったウィンナーを袋ラーメンにぶち込みゴミ減らし。


飯食って撤収が済み、エンジンに火を入れようとすると、キャンプ場の監視員さんパジェロに乗って登場。

「水ちゃんと出たかい?」の声掛けから、キャンプ場の監視員をしているが故の珍体験やら、厩が閉鎖になったいきさつ、昔やっていた仕事やバイト、山野草の泥棒なんかの話で11時過ぎまで話し込み・・・。

でも、久々に笑いながら長時間話したなぁ・・・。

キャンプよりも、おっちゃんとの話の方が面白かったりして(笑)

ちなみに来月の6かだか7日に、キャンプ場の前の道路を使って、ラリーが開催されるらしい(ちょっと希望入れてみようか・・・・)。

で、古殿町の観光ちらしをもらって分れて、国道349号線をとにかく南下。

IMG_0301



たまぁにちょこちょこっと車が通る位で、快適に流せる。


矢祭のコンビニでトマトジュース飲んで。

国道118号に乗って、大子町に出て笠間を目指してビーフラインへ。

IMG_0302IMG_0303







広域農道なんで、道がスンごく空いていて気持ちよく。

アップダウンあり、たまに急カーブなんかもあったりで、走っていて楽しい道。

ただ、南進していると、結構急激な下り坂に信号や一時停止が有ったりして、ブレーキがプアな上に荷物と、メタボ体系を載せたXTXには結構過酷な部分もあったかも。

IMG_0304その後、栃木の県道1号線から真岡に抜けて、国道294号線にでる。
とある道の駅で16時過ぎに食ったうどん。
コシと言う言葉とは全く無縁の箸で切れるうどんを食らう。大盛り50円増しは良心的。
なんで、もし機会があれば是非寄るかも(笑)


谷和原まで走って高速乗って19時過ぎに自宅着。


この所、通勤とか近所の走りばかりで、オドも三万キロを超え、燃費も30キロ台前半なんて事が多く、そろそろエンジンもヤレだしたか・・・なんて思ったりしてますが、リッター37キロで走ってくれていて、まだまだイケるじゃん!なんて思ったり。

オイル交換用に合わせてあるトリップも2300キロを超えたので、近いうちにSUNOCOをぶち込んでやろう。

酔っ払ってきたので寝る。






朝、漁船かなんかが出港していく音だろうか。

日の出っ!と思ったが、すでに日が昇った後。

本日も天気は良い。

IMG_0141
前日、セイコマで購入したうどん。
一人前分ずつ小分けになっているつゆがなかったため、味噌ラーメンのスープに入れてみたが、旨いというわけではないが、食えない訳でもない。


ちゅうか、食ったら一気に汗が出てくる。
パンだけで良かったじゃねぇか!

が、本日も好天なので、まぁいいかと。

そそくさとテントを撤収。

しているはずだが、何だかだらだらしてしまい、一時間以上かかってしまっている。

それぞれのバイクのチェーンに、オイルをくれたりなんて事もしなくてはならないからしょうがないのだが。

IMG_1361

それでも、九時前には出発出来たんで無かったろうか。
国道334号線を北上し、ガメラ岩(カメ岩)を撮る。




BlogPaint


久々のオシンコシンの滝。
何だか駐車場が閑散としているなと思いきや、落石のために立ち入り禁止。



IMG_1373IMG_1368IMG_1369







多分、時期的にマスじゃないかと思うが、遡上が始まっている。

相方は初めて見る光景だったようで、小さい眼が幾分大きくなっていた。

IMG_1377IMG_1378IMG_1375







斜里でちょっと農道に入り、休憩がてらバイクの写真をとる。

網走の方に行くなら能取湖の方に行ってみたいと言う事で、国道244号線をひた走る。

小清水の道の駅に着くころには、暑さが半端でなく、カツゲンを買って一気に飲み干すが、ここ、ゴミ箱置いてないんだと。

しょうがないので、ネットにくくりつけて走りだす。

IMG_1383


涛沸湖?だったけ・・・
餌食ってんだか、水飲んでんだか分らんけど、暑さで二三頭ひっくり返っちゃってますな。


IMG_1389IMG_1394



網走市内に入る手前で、北浜駅が・・・。


何か有ったような気がするなぁ・・・なんて思いながら寄ってみると、壁から天井一面に名刺が貼り付けられている。

自分ちの近くの人なんかのもあったり、全国色んなところから人が来るみたい。

IMG_1399




能取湖に到着。


IMG_1401写真撮って、国道に戻ろうと走っていると、相方の姿が無い。
脇によって暫く待っていても来る気配が無い。
Uターンさせて、行ってみると鷲がいると。
俺はトンビだと思うが、うるさいので写真だけ撮っておいた。



IMG_1408IMG_1409IMG_1411







サンゴ草群生地。
色弱なもんで、最初なにがそんなに綺麗なんだか良く判らんかったけど、ちゃんと色づくと確かに赤くてきれいだっ!

BlogPaint



更に北上を続けていくと、いつしか国道238号線に変わっている。

ずんずん北上を続けるが、そろそろ空腹も限界。

近辺に盛りのよい、海鮮丼が有る鮨屋有るなんて言ってたけど、通り過ぎてしまったようだ。

IMG_1417IMG_1418







北勝水産到着。
ホタテをたんまり食ってやろうと思っていたが、この暑さで海水温度が上がってしまい、貝毒が発生してしまったとのこと。

しょうがないねぇ・・・なんていいながら、ホタテバーガーを頼む事にした。

IMG_1427IMG_1428BlogPaint






奥の方の生簀に行くと。
北海シマエビが一尾90円だとか。
ちゅう事で、二人で4匹ずつの8匹購入。
今年はこの生簀にいるので最後って言っていた。
エビの踊り食いは初めての体験で有ったが、ホントに旨いね。


IMG_1423




ホタテバーガーも旨かった!



IMG_1432



計呂地の機関車
客車の一部はライハになっている。

IMG_1434
そんなこんなして、ガソリン少ないなぁと思ってたら、ここの近くのホクレンでフラッグがまだあると。
色を聞くと青との事で、何とか3色そろえる事が出来た。



IMG_1435




紋別に入る手前にて。


そろそろ今夜の宿泊先を決めなくてはねぇ。。。なんて話をして、とりあえずウスタイべのキャンプ場にしようと言う事になり、そちらに向かう。

キャンプ場に到着するころには、二人ともかなり疲れて来ていたが、携帯をチェックすると後30キロ位北になるのかな?

クッチャロ湖のキャンプ場でテント張ってると、あの人のブログが更新されていた。

二人してどうするか?と言う事になり、まだ荷物も解いていないのでとりあえず向かう事にする。

完全に日が暮れてしまい、北にむかうにつれて風が強くなる。

最高速は70キロまでと決めたが、法定速度を超える事は殆どなかった。



IMG_1452管理人は帰ってしまっていたが、併設の温泉施設を訊ねると受け付けてもらう事が出来た。

さっさとテント設営して、セイコマで買った、筋子の特大おにぎりなんかを頬張りながら星を眺めたりして過ごす。


距離的にそんなに走った感じは無かったけど、非常に疲れた。


BlogPaint


結局風呂にも入らず9時過ぎに就寝。
明日には稚内を目指して、実家に戻らなくてはならない。

我が家にもささやかながらゴールデンウィークにあやかりまして、たった二日の休みでしたが、テント背負って走りに行ってきました。

ゴールデンウィークってえと、高速道路があれなんで、今回は下道でいけそうな所ということで、バイクもXT250Xとセローの組み合わせでの行脚となりました。

で、ゴールデンウィークってえと、キャンプ場も混み合うことが予想されますので、あまりメジャーでない群馬県内にあるキャンプ場を目標にしましたです。

九時過ぎに自宅を出発。

国道17号線から16号線に入り、半田屋で朝食兼朝飯を。

IMG_0687


IMG_0688


味はそこそこですが、とりあえず満腹に。

で、狭山に入ったところから、裏道を駆使しまして、小川町から国道254号にスイッチすべく走ります。

途中、あまりの暑さに、今期初のガリガリ君。
IMG_0690

夜寒いかなと思い、冬ジャケットの内装を抜いてきたのですが、3シーズンジャケットでも良かったかも。

IMG_0692









途中、道を間違えてしまったりしましたが、無事、川越街道に抜ける事が出来ました。

児玉町を通りすぎて、国道17号線に乗って、無事に某キャンプ場に到着したのですが・・・。

ボーイスカウトのキャンプ大会みたいな感じで、あちこちにテントが林立しておりまして。

ゆっくりと星空を眺めながら・・・・なんてことはできそうになさそうです。

はて、どうしたものかと、キャンプをあきらめて帰る事も考えたのですが、折角ですから、場所を変えてでもテント張ろうということになりまして。

内山牧場キャンプ場に向かうことに。

IMG_0698









約3時間近く時間をロスしてしまいましたが、無事に到着です。

お一人様1050円。

私どもがキャンプ場を選ぶ基準としては、料金的にちょっと高めの位置づけとなりますが、見晴らしがいいのと、なんといってもバイクの乗り入れが可能である事が高ポイントですね。

後、見晴らしがよくて、テントから顔を出すと、こんな山の風景が広がっているのですから、最高ですよね。

ちょっとサイトが斜めってるところが多いのと、炊事場に屋根が付いててくれれば・・・って言うのがありましたが、十分満足いける内容ですかね。

サイト内は、直火でなければ、焚き火が出来るのですが、今回、没になった某キャンプ場は、焚き火用にU字溝がおいてあったので、焚き火台を持ってこなかったので、今回は焚き火はお預けです。

又、リベンジに来るつもりでいるので、そのときまでとっときましょう。

IMG_0703








使う事の無いトングが寂しげです・・・。

IMG_0695








テントの設営も無事に終わりまして、夕焼けを写真に収めるつもりでしたが、ちょっと遅れてしまいました。

IMG_0706









IMG_0707









紙パックの日本酒をグビグビしながら飯食って。

星空を眺めながら、ゆったりと過ごすつもりでしたが、日没と共に一気に気温が低下してきまして、寒くてさっさとシュラフに入って寝ました。

このときは、冬ジャケの内装も持ってくればよかったと思いましたです。

枯れていましたが、地面はフカフカの芝なので、寝心地はとてもいいです。

次回は早めに来て、フラットな地面の場所をゲットできるようにしたいです。

4月24日から25日にかけて、一泊二日でキャンプツーリングに出かけてきた。

この二〜三ヶ月、バイクで出かけようと、勤務希望を出すと、天気が悪かったりで中々バイクで出かけられず。

特に四月に入ってからは、晴れている日のほうが珍しいくらいで中々バイクに乗れず、かなりフラストレーションがたまっていたものだが、珍しく今回は2日間とも天気が安定しそうだ。

IMG_0619


天気予報と、移動距離等を考慮した結果、山梨県南アルプス市の、県民の森グリーンロッジでテントを張る事にした。

外環から関越、圏央道で中央道に乗り換えるが、早々と事故渋滞。

すり抜けすり抜けで、詰まった車列をやり過ごす。

で、思ったより寒い。

ウィンターパンツを履いてこようかと思ったのだが、暑くなったときに脱いだらかさばると思い、ホムセンで購入した安物のオーバーパンツでやり過すつもりだったが、少々考えが甘かったようだ。

見た目もすごく貧乏臭くて、色々な人が集まるSAへの出入りなんかには、結構恥ずかしい物があるが、履いてきちゃったんだから、そんな事も言ってられない(笑)。

割り切って、途中途中で休憩を取りながら宿泊地へ向けてアクセルを煽る。

双葉ジャンクションから中部横断道路に入って、白根で降りて。

こだわりのとんかつのお店に入って、ミックスフライ定食を食す。

ご飯とキャベツが一回無料でお代わり可能なので、もちろんお代わりを戴いた。

で、地図を忘れてしまったのだが、携帯のナビなんかを確認しながら程なく到着。

迷ったようだったが、意外とすぐ近くに来ていたようだ。

IMG_0015

ここ、県民の森グリーンロッジは、車両の乗り入れは出来できないとの事だが、建物の四辺の軒下までは乗り入れてOKということなんだそう。

区画わけされているが、当日の利用者は、自分たちの他にバイクが一台、更に奥まった反対側にファミキャンが一組しかいなかったので、バイクまで10メートル程の距離にテントを張る事ができた。

ほんで、テントを設営して、さてペグ打ち込もうかと思ったら、自宅に忘れてきてしまったらしい。

しょうがないので、テントの中に荷物を放り込んで、15分くらいの距離にあるホームセンターまで戻り、忘れてしまったペグを購入し、近場のコンビニなんかで今夜の食材を仕入れてきた。

その後、キャンプ場に戻り、薪を購入しようとしたが、キャンプ場なのに薪が置いていないと言われる(めんどくさがらずにホムセンで買っておけば良かった・・・)。

直火でなければ、焚き火もOKということなので、落ちていた木を拾うけど、前日までの雨と林間のサイトなので、どれも湿っていて結局満足な焚き火はできず。

IMG_0627

洗い物がめんどくさいので、レトルトとキムチやら秋刀魚の缶詰なんかで適当に食事をとる事にするが、ラジオの天気予報では、山梨の県南で雷注意報が出されていたりで、キャンプ場の空もどんよりとしてきた。

時折、落雷特有のノイズも入りだしてきた。

飯食ってる最中に降られるのは勘弁なので、バイクの横の屋根付きのスペースを借りて食事を取る事にした。


IMG_0631

寝る前に、ここのキャンプ場の売りの一つ?である、展望台へ夜景を見に行く。

中々素晴らしい眺めであった。

相当冷え込んできており、吐く息も白い。

ウィスキーのお湯割りなんぞを作ったが、これも焼け石に水。

満足な焚き火が出来ず、気分も不完全燃焼のままだったが、綺麗な夜景を見れたので良しといて寝袋に入った。

このページのトップヘ