足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:グリスアップ

をした。

昨日日帰りでスカイマークの最終で神戸に降り立って、そこからミラバンをすっ飛ばして自宅に着いたのが夜の12時近く。

20150424_185746

(千歳空港の離陸前)


20150424_205754

(着陸前の神戸市内)

20150424_162509



20150424_162630


今年の北海道はサクラが早い。


20150424_125325

20150424_125226

(銭函の駅に降り立ったのって、20年以上ぶり)





ぐっすりと九時近くまで寝た所為か、すっきりと目が覚めた!

昨年、YBRの購入と同時に、納車したらすぐに入れ替えようと思って購入したTT100GPですが、雨降りにはバイクには乗らない主義なので、特に問題を感じる事も無く、チェンシンタイヤで過してきましたが・・・。

P1050122

4000キロ手前で、既にスリップサインが・・・・。

タイヤの仕様なんでしょうか・・・、それともワタスの体重・・・?

にしても、早すぎるだなぁ・・・。


ネット見てると、かなり超寿命で15000超えても余裕で山があると言う人もいましたが。。。

スリップサインを知らないで、サイドの山がある=マダマダ使えると言う風にその人は理解していたんだろう・・・・と思う事にいたします(笑)

私は体格がいいだけで、デブではない・・・・・・・・・・・・


P1050121


うだうだ言っても、減ったタイヤが戻ってくるわけではないので、さっさと交換。

フロントは結構目が残っていたのですが、どうせやるならと前後交換しました。

フロントは2.75-18から3.0-18へ。新車の組み付けは、2.75がついてくるのですが、中国語の能書き書には両サイズの記載が有ったと記憶。

リアは純正と同じく90/90-18

リアに関しては、これよりも太いものを入れられるようですが、経費削減の為に大型を降りたので、余計な出費を産むような事はしない・・・恐らく多分、今後とも。


P1050128

P1050129

ちっとだけ、ホイールに傷がついてしまいましたがDIYの勲章よ(笑)



・・・と、すんなりと交換できたように書いてますが、実は、このタイヤ。

フロントに履く場合とリアに履く場合とでローテーションが定められておりまして。

前後の組みつけが出来た段階でそれに気づき・・・

更に、フロントタイヤは自宅の空気入れではビードが上がらずに、近所のガソスタの空気入れでビードを上げてきたにも関わらず・・・・

見なかった事にしようとも思ったのですが、全て一からやり直し。

見た目、ローテーションがあるとは思いませんで、よくよく確認しないで思い込みで組み付けた自分が悪いんですが・・・。

結局、組みあがった後、先ほどお邪魔したガソスタで、またまた空気入れを借りてビード上げ。

なんか言われるかと思ったけど大丈夫だった(笑)

で、前後のタイヤを外した時に、アクスルシャフトのグリスが干からびているというか、ホントに塗ったのか?と言った按配でして、ここが問題ないなら、ピポットまでは見なくても良いかと思ってたのですが、結局バラす事にしました。


P1050124



P1050123


P1050125


やはり、殆どグリスが塗られておらず、ピポットシャフトもスイングアームのカラーも全くグリスが無く、この乾きっぷりは、GNよりも酷いかも、

P1050127


スイングアームの外側につくカバーなんですが、これなんか、中のラバー部分が摩擦でハゲかかっておりますですよ。

購入したときから気にはしていたのですが、メンドクサイと来年、再来年までと放置していたら、確実に錆びて固着してたでしょうなぁ・・・・。

新車だからと安心しちゃいかんなぁ・・・・と言えば、ステムベアリングとかもどうなんだろうかと・・・。

三台ともばらして・・・なんて、想像もしたくないし、何よりも、ここには手を入れた事がないんだよね・・・。

秋口位の涼しくなった頃、フォークオイルの交換がてら挑戦してみようかしら・・・。


まぁ、タイヤのローテーション間違えがなければ、恐らく二時間ないし、三時間くらいで済んだのでしょうが、午前10時過ぎに始めた作業も終わったのは夕方の四時前後と(笑)

組み上げて、螺子の締めわすれを点検して、自宅周りを一周してきましたが、タイヤが変わって、グリップ感も別物になりました。

チェンシンタイヤも、普通に走る分には、そんなに不安は無かったのですが、接地感と言うか、全く別物です。

ただ、このタイヤ、評判を見ているとグリップは良い反面、結構、消耗が激しいようでして。。。

次回は、同じダンロップからK527とか言うのが、純正サイズドンピシャで出ているようですので、磨耗具合によってはTTも最初で最後のタイヤになるかもですな。



で、本日は入籍してから3年目。

結婚前に付き合いだしてから干支が一周いたしました。

20150425_201053


出かけるのも疲れてヘロヘロ。

久しぶりに自宅でステーキを焼いて、お祝いをしてと。

ビールもビーフも旨かった!

それにしても、記念日にこんな事をしていても、作業中にコーヒーやら飲み物を出してくれたり、嫁には頭が下がりますです。

やはり趣味の共有はしとくもんだなぁと思いましたですよ(笑)



先日の天気のいい日。

お犬様を預ける事が出来なかったので、自宅でバイクをいじる事にした。

以前、新車購入のXT250Xで、グリスが余り塗られて無かったりという事もあり、メーカーは違えど、早めに見といたほうが無難だろうとリアリンク部分をばらしてみる事にした。

P1050003

緩められる部分は予め緩めてリフトアップ。

リアブレーキの清掃と揉みだしを後回しにしてリンク部分を外しに掛かる。



・・・のだけど。。。。

P1050010


こいつが一向に緩まず。

嫁にハンドルを保持してもらったりするが、歯が立たない。

P1050013


ならばと、スイングアームも引っこ抜いてみるが、それでも駄目。

CRC吹いて、めがねをかけて金槌で引っぱたいたりなんて事をしても、一向に緩まず、ねじの頭が少し甞めてしまうような始末。

取りあえず、掃除が出来るとこだけやって、元に戻そうと思い、もう一度、駄目元で挑戦したら、ニュルニュルニュルとねじが外れた。

手がグリスやら、チェーンオイルでギトギトなんで、写真が飛び飛びなんだけど、無事に清掃、グリスアップは済んだ。

スイングアームのピポット部分もついでに整備できたから、まぁ、満足としよう。


P1050011

因みに、セローなんかのリアリンク部分はは、ブッシュとカラーだけの組み合わせ二箇所と、一箇所だけベアリングと言う物だったけど、XR230は三つのあな全てがベアリング仕様。

細かい所で、いいものを使ってるんだろうね。


リアタイヤをくくりつけるついでに、リアブレーキの清掃と揉みだし・・・と思ったが、既に間近に迫るサンセット・・・

おまけに、スライドピンやらのねじを緩めるの忘れて、リアタイヤ外したものだから、なんともならず。

やっちゃいけないんだろうが、そのまま押し戻して、組み付ける事にした。。。

時間的にムダになってしまうが、本格的な夏を迎える前に、もう一度、後ろタイヤ外してブレーキメンテしておこう。

通勤に使ってみたのだけど、路面の凹凸なんかのショックも今まで以上に吸収してくれてる感じ。

グリスは必要量入っていたようだけど、やっぱり手を入れておいてよかったと思える自己満終了。













昨日の休み。

最初、温泉にでも行こうかと画策するも、寝坊したためにやめにして。

セローの足回りのグリスアップをする事に。

せろー3












タイヤを外して、スイングアーム外して。

BlogPaint










今年の1月だか2月にも同じ作業をしていたおかげで、特にグリス切れは起こしていなかった。


せろー2









リンク部分のカラーも、全く傷も錆も無くて良好な状態。

ホムセンで打っている、蛇腹に入った安物のモリブデングリスだったけど、全く問題なし。

ついでに、リアのブレーキ鳴きが気になるので、清掃がてらパッドの角をやすりで削っておく。

2時間ほどで作業が終了しかかるけど、最後の最後でリアのアクスルシャフトのワッシャーが無いのに気付き。。。

よく見てみると、スイングアームピポットに間違ってくっつけてしまったので、もう一回ばらして・・・。

結局、半日近くかかって作業終了。

今月はシフトの関係から、バイクでのキャンプと言うか、泊りがけでバイクで走りに行くのは無理なので、どこかの休みで、XTXの方も同じ作業をしていく予定。

時間のかかる作業なので、本格的な冬になる前に終わらせたいなと。

df372673.JPG









朝六時に携帯の目覚ましが鳴って起きる。

夜勤の時にセットした目覚ましを解除しわすれたらしい。

結局二度寝も出来ず。

今日一日でチェーン交換を終わらせるべく、サービスマニュアルを開いてお勉強。
初めてなので何が起きるか判らんからね。

八時過ぎに相方を職場まで送って、帰りに自宅からチョッと離れたドイトに寄る。

ここは、工具のレンタルを行なっており、おまけにその日の日付のレシートがあれば、レンタル料も半額になるというもの。

とりあえず、グリスアップ用のモリブデングリスや、サンダーの歯なんかを買って、ディスクグラインダーを半額の300円で明日迄借りる。

自宅に戻るや否や作業開始。

チェーンの切断だけど、迷った挙句、スイングアームを外してやれば、ピポットシャフトのグリスアップも出来るので、めんどくさそうだけど滅多に出来ることでもないので、やってみる事にした。

考えてみれば、昨日がんばってタイヤくっつける事もなかったなぁと。
こういうところで、計画性の無さが露出する。

愚痴ったところでしょうがないので、さっさかさっさか力の掛かりそうなネジを緩めていく。

一番最後にスイングアームのピポットのボルトを緩めに掛かるが、相当なトルクで閉まっているけど、CRC吹きながらやったら何とか緩んだ。

緩んだところでリフトアップさせて、部品をばらしていく。

XT








スイングアーム









スイングアームピポットシャフト










チェーン







チェーンもすんなり外す事が出来た。

とりあえず、パーツごとに緩めたネジを整理しながら作業を進めていくが、こんなところまでばらしたのは初めてなので、少々不安も残るが後戻りは出来ない。

ピポット部のシャフトは、グリスっけが殆ど無くて、場所によって少しだけ錆が浮いていたし水滴が付いていたりで、やはり定期的なメンテナンスが必要な感じ。

とりあえず、各部品のグリスアップと洗浄をシコシコと行なっていく。

もう、写真は撮れない。

で、リアサスのリンクのグリスアップをしていて、以前から気になっていた事があったのだけど、一箇所だけクリーナを吹いても、緑色の皮膜見たいのが取れないところがあり。

そんなもんなのかと思っていたら、マイナスドライバーで軽くこそげると、皮膜がボロボロ落ちて、中からテーパーローラーベアリングが顔を出した。

どうやら、グリスが変質して硬化していたらしい。

そう言えば、セローのリンクのグリスアップをした時も同じ様なコーティングに鳴っていたような。

とりあえず、ベアリングを全部外して、洗う事にしたのだけど、中々そのままでは組み込む事が出来ず。

ここで作業中断か?

と思ったのだけど、ベアリングが入る部分にグリスを塗って嵌めてやれば、すんなり全部のベアリングが所定の位置に収まった。

ここで、レンタルしたサンダーを自宅玄関に持っていって、新しいチェーンのコマの頭を吹き飛ばす。

あちゅうまに作業完了。

リンク部分を付けて、スイングアームも固定して行くけど、かなりトルクが掛かるので、力を入れると時折バイクがぐらついてびくびくしながらの作業になる。

いざ、リアタイヤをつけようとするけど、スイングアームの後端の高さまでタイヤが持ち上がらないって言うか、持ち上げてアクスルシャフトを入れるなんてやっぱり無理。


ここでも作業が中断かと思ったが、リアリンクを接続する前なら、スイングアームの高さそのものがフリーになる事に気づいて。

ぐらつくバイクにビビリながら、リンクをばらしていく。

案の定、リンクを外した後はすんなりとアクスルシャフトの挿入の儀終了。

時間は三時を回っている。

急がねば。。。

ここで昨日お手伝いいただいたZ氏から電話があり、作業中であることを伝えると着てくれるとのこと。

新品チェーンのコマをカットしている所にZ氏参上。

後はスプロケにチェーンを通して、カシメジョイントをくっつければ終了なのだけど、一発目は圧入をしすぎて、ジョイントの動きが渋くなってしまいやり直し。

この時点で日没を迎え・・・・。

キャンプに使用していたヘッドランプを頼りに、再度カシメに挑戦。

今度は圧入もまずまずうまく言ったか。

カシメに入る。

ナンカイの420サイズのH型チェーンカッターは、カシメの際は、手でカシメピンを回して止まった所から270度回すように書かれているけど、最後のジョイントなので、少し回しては外して様子を見るってのを繰り返しながらなので時間が掛かる。

何とかこれでいいかなと言う頃には、時間も六時近くなってしまい、Z氏は使わない工具なんかの片づけを手伝ってくれる。

有難うございます。。。

とりあえず、二台で試走に出る事にして、チェーンを買った二輪館でカシメの具合を評価してもらいに行く。

評価は、少しだけ圧入が行き過ぎている感じで、カシメも後チョッとやってもいいけど、とりあえず外れる事は無いでしょうとの事。

明日の午前中でもチョコッとカシメてやればいいやと、走りに出かけるけど驚くほど加速もスムーズでアクセルレスポンスも新車の時のそのまんま。

スイングアームもグリスアップしたお陰か、車体の倒しこみも凄くスムーズな感じで、このメンテはちょこちょこやる必要がありと実感。
一度体験したので、もう少し作業も早く済むだろうしな。

やはり15000キロ辺りでチェーン、スプロケの交換をしてやるのがちょうどいいみたいだ。

でも、今回のDIDのチェーンは、Oリングのチェーンの1.5倍の寿命らしいのでもう少し使えるのかなぁ。

正確にはトルクレンチなんかを使って、きっちりトルク管理しながら整備が出来ればいいんだろうけどね。

後、リアサスが早くもヘタリ気味なのかなぁ。

これもマニュアルを見る限りでは、そんなに難しい物でもなさそうなので。
いずれ自分の力でやってみよう。

あちこちが筋肉痛になったけど、整備も楽しいね。

とりあえず、明日はもう少しカシメて、大トルク部分のネジの緩みを確認して、全作業終了としよう。

今週始めに、XT250Xのフォークオイル交換に行ってまいりました。

今回のメンテもこちら。
クオリティワークス







川口市内にあるクオリティーワークスさんにお願いしましたです。

サクサクと作業をしていただきましたが、ステムベアリングの方には錆びはない物の、グリスが全く付いていないと。

最近の新車はこんな物だそう。

ハンドリングに影響が出る場所だけに、早めにやっていてよかったなぁと。

で、ちょうど購入してから1年くらいになるのですが、距離も既に1万6千キロとなり、チェーンの方もそろそろかもよ?と。

何とか三〜四千はまだいけるかも知れないが早めに交換が必要らしい。

で、部品の値段を見てもらいましたが、このシリーズ。

リアのスプロケの中にハブダンパーが仕込まれているらしく、その分値段が1万2千円弱。

社長さんもびっくりされてましたが、アファムの方からWR250Xのが鉄製で6千円弱で出ているそうな。

丁数が2丁か3丁違うけど、殆ど問題無く着くでしょうとのこと。

ただ、ダンパーが無くなる代わり、多少ショックが大きめになるかもしれないけど、そんなわかるほどではないんでないかな?との事。

純正でやってもらうか、社外でやるかチョッと悩みどこですが、もう少し考えて生きましょう。


お店を後にして走ると、これまでのフォークオイル、かなりへたっていたようで、ギャップを乗り越えた時も全く別物っていうか、新車の状態がこれなんですよね(笑)。

ハンドリングも心持軽くなった気が。

で、いい気持ちで自宅に到着しますが、用事を足しにカブで出動しますが、途中でカブがすねてしまい、うんともすんとも。。。

とりあえず又バイク屋に行って見てもらいますが、これと言った原因見当たらず。

普通にエンジン掛かるけど、帰り際又エンスト。

自宅に近い場所だったので、押して帰りましたが、次の日も普通にエンジンかかりまして、普通に走っております。

なんだったんだろう。

普通に通勤に使えてますが、一度ちゃんと点検に出した方がいいのかな。


通りすがりにポチッと。
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ



朝から天気がよく、今日は銀行へ用を足しに行ってきた。

さて・・・。

やる事もないし・・・(昨日スロットで大負けし、すでにピンチの予兆が・・・。)

という事で、バイクの整備をしてみることにしました。

以前から、色々とバイク関係のHPなんかを拝見していると、最近のバイクは、新車の組立工程から、グリスの必要な部分に殆どグリスが入っていない事が多いのだそう。

で、何となく自分でも出来そうな、リアサスのリンク部分のグリスアップに挑戦です。

XTXの場合、用意するのは14ミリと17ミリのメガネレンチ。

それと、マイナスドライバーとジャッキ、若しくはメンテスタンド。

後はグリス。

グリスに関しては、色々と種類があって、それぞれ用途に合わせて使用するらしいのですが、よく分からんので、適当にウチにあった万能グリスを使いました。

後、ねじ類がかなり硬く締まっているので、軍手などの手袋は絶対必要です。




バラシ1








最初に、リンクプレートを固定している螺子から外していきます。

ここでは、17ミリのメガネを供回りしないようにして、緩めていきましたが、バカみたいに硬く締まってます。

で、車体の横に寝そべりながらの作業なので力が入らず、途中で諦めかけたときに、何とか緩みました。

で、車体左側のリンクプレートが外れたら、サスペンションを固定している螺子(片側は14ミリ)をゆるめ、合計4本の螺子を緩めます。

車体をジャッキアップして、螺子を外します。

で、取り外したリンク部分ですが、これにグリスをぬったくって行きます。




リンク部分











新しいですから、特に錆などはありませんが、カラーを抜き取って見ますが、あまりあぶらっけがありません。

カラーを抜き取った、リンクの中にも殆どグリスっ気が無いようでした。


グリスにドライバー











当たり前ですが、リンクのカラーには特に目立った損傷はありません。
リンクのカラー












用意したマイナスドライバーにグリスを乗っけて、三箇所の穴っぽこに、グリスを塗ったくります。

外したねじ類も、ねじ山も含めてグリスを塗っておきます。

後は、外した逆の順番で、組み上げていけば終了。

途中、ワッシャーの位置なんかが、わかんなくなり不安になりましたが、隣に止めてある、セローを参考にしながら組み付け終了です。



ホントは、トルクレンチできっかり、締めていくのだろうけど、大トルク対応の物は持ち合わせが無いので、何となく外す時に覚えていた感覚で締め上げていきました。

ついでに、ブレーキのレバーとクラッチレバーにもグリスアップして作業は終了。

チョコッと10舛曚鼻∋鄙に行ってきましたが、特に緩みもなさそうです。

走ってみた印象としては、後ろのショックの吸収が良くなって、乗り心地も良くなっている感じがしました。

そのうち、SMでも買って、アクスルシャフトとか、ステムベアリングなんかの分解にも挑戦してみますです。

金の無い時の暇つぶしには、バイクいじりが一番いいですな。



ついでに押してってくだされ。

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ



このページのトップヘ