足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:ジンギスカン

朝7時前には目が覚める。

歯磨きなんぞして、すっきりした後、二台のバイクのチェーンにオイルを垂らす。

取りあえず、ここにいても食いものもないので、さっさと撤収を済ませて移動することに。

国道336号線から豊頃町の市街にはいって、CB400SSの給油をして、ハルニレの木を見に行く。

IMG_1479IMG_1480






奥にある方が、そのハルニレの木なのだが、手前のものも結構立派である。

ハルニレの木を後にして国道336号線に出る。

IMG_1490





花と野菜のスタンドなるものを発見。

IMG_1486IMG_1487IMG_1488IMG_1489






トウキビ160円を頼んだら、トマトとコーヒーまでサービスしてくれた。

おばちゃんありがとう!

IMG_1493IMG_1494





この後、釧路の方に向かう予定ではあったが、せっかくなので昆布刈石の展望台に向かってみるが。

霧でなんも見えませぬ。

ここまで来る間、3キロ程だろうかね。

ダートになっていてスピードが出せないのだけど、ダンプの往来が結構あって、後ろにつかれたらどうしようかと、ちょっとひやひやする。

無事に国道に抜けて、釧路方面にバイクを走らせる。

IMG_1503IMG_1497IMG_1498






随分前か存在は知っていたのだけど、いつも素通りしていた恋問館

自分は、ぶう丼大盛(豚丼の下にウナギが入っている)と相方はスパカツを注文。

スパカツをちょっと頂いたが、中々な味。

今度いつ来れるか判らないけど、頼んでみたい。

腹いっぱいになって満足!

で、鶴居でテントを張ろうと云う事になり、向かう事にするけど、まだ時間は早い。

途中、コッタロ湿原の看板があったので、そちらを見学する事に。

IMG_1512





望遠ギリギリで撮ったけど、途中の畑にタンチョウが降りていた。

IMG_1524





無事に到着・・・とは行っても、この先1キロ程の処に展望台はある。

P1000194


なんとなく予想はしていたが、こんな階段を10分程のぼらなくてはならない。

一週間分の運動をしたような感じだ。


IMG_1515IMG_1516IMG_1525





中々の見応えであった。

展望台を後にして。

鶴居のキャンプ場に行ったが、かなりの大繁盛・・・なので、もう一個ある鶴居なんとかキャンプ場に行ったが、今年度から有料だそうで、こちらはこちらで結構な山間にあって、利用者は誰もおらず。。。。

どうすんべか。。。。。と二人して頭をひねり、導き出た答えは、弟子屈に行っちゃおう!と云う事になり。

鶴居村を後にして、和琴のキャンプ場に向かう事にした。

IMG_1535IMG_1533IMG_1537





IMG_1538
途中、900草原の展望台があったので寄ってみたが、既に日没近く眺望もそれなりであった。
日中、晴れていれば結構な眺めだと思う。


牛のモニュメントには乗らないでくださいとかれてあり、何だか見透かされたような気分である。

で、当初和琴のキャンプ場に寄る予定だったけど、ちょっと疲れてきたので、桜ケ丘森林公園公園オートキャンプ場に宿泊する事にした。


IMG_1546





乗り入れOKで一張り1050えん。

一応、ライダーサイト二種類あって、525円の方はサイトの地面が雑らしい。

そっちでもいいかと思ったけど、そんなに高いものでもないので、1050円の方に決めた。


ただ、地面が非常に柔らかく、あっちゅう間にサイドスタンドが地面にめり込んで行って、危うく立ちゴケしそうになる。

炊事場のごみ箱から空き缶を拾ってきて、事なきを得る。

他にもバイクが2~3台止まっていたけど、ほぼ貸切みたいなもんだ。

IMG_1540





昨夜に比べて、随分と豪華になった食卓。

もやしの上にセイコマのジンギスカン乗せて、飯にかぶりつく。

そういえば、埼玉にいる間は、震災以来、毎日のように武田邦彦のブログや、地震情報なんかをチェックしてたけど、こっちに来たら、そんなこと忘れていられるんだもんなぁ。。。。

ホントに幸せな時間である。





天気予報見てたら、埼玉はぱっとしないけど、甲信越は天気よさげじゃん!ってんで、いつもの通り、予定も立てず、思いつきのままバイクにテントしょって自宅を出たのが10時半位。

だけども、天気が良いはずなのに、上信越道に乗って、下仁田を過ぎたあたりから、シールドを叩く腹立たしい雨の音。

この時点ではまだまだ小降り。

まぁ、長野に入れば天気も回復するさと、小雨の中カッパも着ないで走りましたが、長野ICの手前では突風と雨と落雷の三点セット。

戸隠キャンプ場で涼しい夜を過ごすはずだったのですが、こんな状態ではキャンプどころではありません。

雨の中、キャンプを楽しむ猛者もいるようですが、軟弱な俺たちには無理なので、さっさと予定を変更。

信州新町の犀川交流センターに予約の電話、事故らないようにゆっくり来てねぇと管理人のおばちゃんから心温まるお返事をいただき。

3回位利用している、ドライブインのこだまさんで、昼飯兼晩飯のジンギスカン定食。

382496e0.jpg0d6d962b.jpg







ニンニクとショウガが効いているジンギスカンは羊肉の独特の臭いを消してくれてます。

ジンギスカンと云えば北海道・・・・となるわけですが・・・・。

こちらの味も負けてません。

で、こちらのこだまさん、知る限りではこの界隈では値段的に安い感じなので、羊肉を食う時はいつも寄らせて貰ってる。

で、町おこし的にジンギスカンを売りにしておりまして、他にも数件のジンギスカン街道の幟を掲げたお店が点在しております。

次回機会があれば、他のお店にも突入してみたい・・・けど、ケツの穴の小さい俺は・・・やっぱ次回もここだな(笑)

結局、ご飯のお代わりと肉一人前追加して、相方と半分に分けて美味しく満腹。

飯食ってる間に、再びスコールの様な雨が降ってきまして、雨が小ぶりになったころ合いを見計らって宿に向かう。


で、料金値上げしてから初めての投宿となる犀川交流センター。

以前は1500円だったかな。
現在は2000円になってますが、テレビがアクオスに変更されておりました。

SN3O0375SN3O0373SN3O0374







次の日の朝に撮った画像ですが、真ん中の音楽室でのみ喫煙OK。

その代わり、ごみ類はすべて持ち帰りになるので、吸いがらも持ち帰りくださいと張り紙がしてます。

部屋は、二人で利用するには思いっきり広いスペースが提供されます。

ただ、冷房が付いておらず、扇風機のみになるので、熱帯夜なんかはちょっときついかも。

普通の宿に泊るのに比べると、若干の制約があったりもしますが、料金が安いのでその辺は納得です。

今回は利用しませんでしたが、一階の理科室なのかな、そちらでは自炊することも可能です。




ま、そんなこんなで・・・。

家にいときゃ良かったなぁ。。。なんてビールもどきをチビチビやりながら、テレビを見てますと・・・。

SN3O0372






去年よりも8日早く梅雨明けしたんだとか・・・。

外は思いっきり雨ですがね・・・。

出てくるときの、PC上の天気予報では、長野県内の降水確率は30パーセント位だったのですが、いつの間にか傘マークが追加されて、落雷警報なるものが追加されてましたです・・・戸隠いかんで良かった・・・・。

はてさて、どちらが雨男で雨女なのか・・・・。


風呂入って、布団に横になってテレビを見ていたのですが、10時前には意識を失っていたそうな・・・。

生憎の天気の中、ジンギスカン食った以外はただ走っただけの一日だったが結構疲れていたようだ。



SN3O0376







で、次の日はイイ天気。

相方には荷物の片づけをしてもらい、自分は二台のバイクのチェーンへの給油。

このとき、朝の天気予報では、長野は午後から50パーセントの降水確率となってたらしいのですが、俺は知らず・・・。


IMG_1147IMG_1149IMG_1150IMG_1155







犀川交流センターを後にして、生坂村にある地場産センターで、おからドーナツの朝食。

もう少し待っていれば、灰焼きのおやきが食せたのですが、お店を後にします。

このあたりは、まだ走っていると涼しさを感じられたのですが、塩尻までくると信号に捕まる事も多くなり、止まると汗びっしょり。。。。

今時、1300とかのバイクが普通に走ってる中で、750のエンジンなんてちっちゃい部類に入るのでしょうが、エンジンの発熱も半端ないです。

とりあえず、ビーナスラインを目指して走りますが、チンタラ走る車の列に交じって、追い越そうにも追い越せずってな感じで、何とも不完全燃焼のまま終わります。

IMG_1160IMG_1167







女の神展望台だか駐車場だかで写真。

既に佐久や上田の方と思われる方向には立派な入道雲が・・・・。

当初そちらに抜ける予定で考えていたのですが、またカッパを着るのもいやだなぁっちゅうことで、茅野市内に抜けますが、20号を山梨に向けて走っているとスコールの様な雨・・・。

結局、湿気臭いにおいがついたカッパを着て20号を南下。

山梨に入るころには、天気も回復してジリジリと焼きつくような日光に打ちひしがれ・・・ポカリスウェットを一気飲み。

IMG_1168IMG_1170IMG_1171






勝沼の20号線沿いにある定食屋で、本日初めて飯らしい飯を食らう。

時間は既に17時過ぎ・・・・。

結局、不安定な天気の中、とくに観光もせずに、汗に濡れて雨に濡れる体力勝負的な修業ツーリングも終盤に入り・・・。

勝沼から中央道へ。


IMG_1172





今度は、この渋滞の中をチンタラ走り、まだまだ修行は続きますです・・・・。

自宅に着いたのは21時を回った頃・・・・。

何しにいったんだかよく判らない小旅行も、無事に事故も無く帰ることができまして、現在、相方の方は風邪をひいて寝込んでおります(笑)

バイクに乗って14年位になります。

あまり考えた事は無いのですが、朝バイクで通勤するのがちょっと嫌でした(笑)


先週の土日の休み。

当初は、セローと二台揃ってキャンプツーを画策してましたが、あいにくの天気。

しょうがないのでシボレークルーズで出撃となりました。

当日、朝7時過ぎに起きますが、相変わらず出撃の準備まで時間がかかり。

結局出たのは10時過ぎ。。。。


外環〜関越〜上信越と乗り越しまして。

更埴で降りて、久々に車屋の蕎麦を食いに行きますです。



更埴 車屋 店舗










蕎麦大盛り











相方は大盛り、おいらは普通盛りを二枚オーダー。

ここ、結構美味しいと思うんだけど、あんまり人入ってないんだよなあ。


腹も満腹になったところで、すぐ近くにあるベルクで今宵の食材を購入。


で、宿に着く前に風呂に入ろうと。

黒猫神社










いつも行く加賀井温泉の駐車場のすぐ近くに、黒猫神社なるものがありまして。

その向かいに。

寿楽苑












かなり鄙びた感じの温泉宿がありますです。

温泉











寿楽苑さんですが、以前から気になっていたのですが、いつも手前の一陽館さんの方にいってしまい、今回初の入湯です。

多分、一陽館さんと同じような泉質だとおもうのですが、39度ほどの温めの温泉が結構な勢いで掛け流されてまして。

長湯でじっくりリラックスするのに丁度いいです。

夏場の暑い時期のツーリングの帰りなんかに寄るには最適でないでしょうか。

温泉を後にして。

信州新町を目指します。

信州新町のAコープに入りまして、今宵の食材Bを購入します。

で、今夜のお宿に到着です。




犀川交流センター












信州新町犀川交流センターです。

一泊寝具つきで、1500円チョイ。

廃校になった学校をリフォームして、町おこしの一環で、安く宿泊場所を提供してくれてます。

お部屋は12畳ほどのと20畳ほどのと2タイプあるようですが、どれも相部屋制ではなく、グループや家族、若しくは一人でも広いお部屋を提供してくれます。

ただ、消灯時間が決められていたり、喫煙場所も予め設定されていたり、布団の上げ下ろしは自分でしなくてはならなかったり、ゴミは持ち帰りだったりと、若干不便な事もありますが、ライダーハウスにチョッと毛が生えたほどで宿泊できますので、文句は言えません。


っていうか、布団の上でゆっくり寝れて、このお値段。

貧乏人にとってはかなり有り難い存在です。

因みに今年の10月だかから一泊二千円/一人に値上がりするそうです。

それと、施設の風呂を利用するには200円だったかの追加料金が発生するらしいですが、風呂はいつも温泉で済ませているので、利用した事がありませぬ。

交流センター食堂










先ずは、ビールで乾杯した後で、食堂に行って飯の準備を始めますです。

食器からバット、カセットコンロやホットプレートなんかも完備されていて、食材だけ持っていけば、何でも料理ができます。

ジンギスカン









で、今夜の料理は勿論ジンギスカン!

ベルクで買った、普通に流通しているジンギスカンと、信州新町のAコープのオリジナルジンギスカンの食べ比べです。

二つあわせて、1.2kg弱。

二人で食べる量ではないかも・・・・。

このほかに、ご飯と野菜も付くのですから。。。。

で、早速、肉の食い比べですが、コープのジンギスカン、少々割高に感じますが、こっちの方がかなりイケてます。

北海道では、一般的にラムを使うのですが、こちらではマトンを使っています。

でも、肉の柔らかさといい、味付けといい、北海道のジンギスカン負けてるかも・・・・。

野菜を少々残して、肉は全部完食!

もう、暫く肉は要りません!

食後、マイジンギスカン鍋を洗うのに腰曲げていたら、プチぎっくり腰に・・・。

部屋に戻って横になりながら、今年から導入された薄型テレビで、ダビンチコードを見ながら12時過ぎに就寝。

因みに長野の地酒も買ってあったのですが、とてもじゃないけど飲めませぬ。

前日、あんまり眠れていなかった事もあり、ぐっすりと寝ましたです。


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

昨日から一泊で、長野方面にドライブに行ってきた。

久々の泊まりとあり、本当はバイクで行きたかったのだが、先週の水曜日辺りから、雲行きが怪しくなり、今回は車で行く事にした。

午前九時出発。

前橋で高速を降りて、下仁田へ向かう。

上信越道で、直接行っても良かったのだけど、高速代勿体ないし。

で、下仁田と言えばこんにゃく。

下仁田こんにゃく食い放題 看板











国道254号線沿いに建っているので、知ってる人も多いかも。

こんにゃく鍋










200円を支払い、竹串に刺さったこんにゃくを鍋から引っこ抜いて、味噌の入っているつぼにそれごと入れて味噌をつける。

食い放題とは言っても、一個がタバコ二個分を張り合わせた位の大きさがあるので、二個食うのが限界。


ゆでジャガイモも、サービスしてくれ、繊維と炭水化物を補給して、まだ遠い宿を目指して出発しますです。


途中、三才山トンネルから松本に抜ける前に、いつもお世話になっている、霊泉寺温泉で一風呂浴びて、これまたいつも立ち寄る、ニューかもめで食事をして車を走らせます。

途中途中で、エンジンが冷えた頃を見計らい、ラジエターの点検をしますが、やはり完全にエアが抜け切っていないのか、液が足りなくなった分を補給して走ります。

松本から国道19号線にスイッチングして、今夜のお宿を目指します。

お宿は、信州犀川交流センターです。

一泊大人1500円チョイと、かなりリーズナブルなお値段。

元々は、犀明小学校の廃校跡を、信州新町が宿泊施設としてリニューアルして、提供してくれています。

後、ここを宿泊場所に選んだ理由としては、信州新町一帯は、ジンギスカン街道として、町を売り出しており、北海道出身のおいらとしても、内地のジンギスカンがどんなものか、非常に興味があったのでありますよ。

お宿に着くと、玄関入り口で七輪を持ち出して、別のグループがバーベキューの最中。

何でも、バイクで滋賀から来られたとか。

皆さん、多分40過ぎていると思うのですが、かなり気合入っておりますなぁ。

で、地元のトラック運転手も集まると言う、食事処こだまで、ジンギスカンを食する事に。




お食事処 こだま









ジンギスカンとモツ









ジンギスカンだけではと思い、白モツも一人前頼みました。


ジンギスカンとモツ











ご当地では、たれに漬け込まれたマトンを使用するのが、デフォルトのようです。

ジンギスカン定食









私の中では、ジンギスカンと言うと、ラムを好んで頼むのですが、ここの地域では、マトンを使用するのが多いらしい・・・と思う。

マトンって、ラムに比べると、硬くて臭いというイメージがあったのですが、漬け込んでいるたれが絶妙なんでしょうな。

北海道のジンギスカン専門店も数件知ってますが、もしかしたらこっちの方が美味しかったかも・・・・。

ボリュームもあり、味良しで値段も二人で2600円とかなりお安い。

チョッと、この街道のお店を全部制覇してみたくなりました。

帰り際、近所の温泉でお湯を浴びて、焼肉臭さを落して11時前には就寝。

明日はどこに行きますか!

ついでに押してくだされ

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

このページのトップヘ