足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:トヨトミ

さて、先日届いたトヨトミの灯油コンロですが。

コメ炊きをしてみる事にしました。



BlogPaint


いつもの様に、リサイクルで購入した、天ぷら鍋に米を入れて。

今回は麦を投入して麦飯にしてみましたです。



20160420_121404



基本的に火力調整ができるのか、説明書をよく読んで居ないので、わからないのですが、取りあえずマックスの火力で加熱。



20160420_122253




沸騰して、噴き出すちょっと前に、五徳を載せてやる事で、ガスコンロで言う、とろ火の状態。


20160420_131255


火種から放す事で、ガスコンロよりも若干、時間がかかる様な気がしないでもないですが、美味しく炊きあがりました。

昨日、このご飯を夕食の弁当として職場に持ち込んで喰らいましたが、ガスで調理している時と変わらず、美味しいご飯ができましたです。

手放せない逸品が一つ増えました(笑)





以前から気になっていたのだけど、我が家ではプロパンガスを使用して、調理をしてるのだけど。

都市ガスなんかだと、割安な感じなんだけど、LPガスになると、お値段も高めになる。

特に最近は自炊が増えているから、結構、光熱費も馬鹿にならないのだ。

なんで、ちょっと光熱費を浮かすのと、冬場のキャンプなんかに持ち出せそうなものとして、ずっと気になっていた灯油コンロを購入した。

トヨトミのHH−210

20160417_225053


早速、鍋に水を張って、どのくらいで沸騰するか試してみたが、普通にガスコンロでお湯を沸かすのと変わらないか位でぐつぐつ言い出してきた。

細かい火力調整とかとなると、ガスコンロに一歩も二歩も譲るような感じではあるけど、弱火でじっくりと言う時は、この上にかぶせる五徳も別売りされていて、写真こそとらなかったけど、一応取り寄せてはある。

圧力なべで大豆を茹でたりなんて時にも重宝しそう。


20160417_225238


真ん中のつまみを、右いっぱいに回してやると、火花が飛んで、自動着火するみたい。

電池を用意していなかったので、チャッカマンで火をつけた。

点火動作は電池さえ入っていれば、普通のガスコンロと一緒。

単二電池が二本必要。

20160417_225126


火が付くとこんな感じ。

意外と、灯油ストーブと比べても、においは少ない。

燃料タンク容量、4.9箸覇鷸融間動作可能。

今現在、高松だと灯油一リットル当たり四〇円台後半なんで、燃費としては結構いいと思う。

一時間当たり、何円だろう。計算してください(笑)


難点としては、床に直置きとなるので、単純に低いこと。

中古のステンレスのテーブルなんぞを購入して、その上にのせてやれば、ちょうどよい高さになるかとも思ったが、落ちたりして灯油が飛び散ったりなんてことになると、場合によっては火災発生なんてことにもなりかねないので、とりあえずはこのスタイルで運用する。

燃焼音も、ほんとに静かなんで、つけているのを忘れて、鍋をかけっぱなしにしてしまわないかと言う、不安もなきにしもあらずか。

ま、酔っぱらって、足にひっかけて火だるまになるなんて事だけは避けなくてはな(笑)





このページのトップヘ