モノタロウでポチッたブツが届きました。

mono33039395-091110-02

ノーブランド アルミワッシャー



自宅にある、ドレンパッキンと並べてみます。

IMG_1054

我が家のバイクと車のドレンパッキンは、全て内経が12ミリ。

左から、モノタロウ製品、アストロプロダクツの銅製パッキン、ダイハツで購入したもの、ドライバースタンドで買ったもの。

大きさは、ドライバースタンドで購入した物が一番大きいですが、これはそんなに関係ないでしょう。

で、ブツの厚さを比べてみると。

IMG_1056

このように、モノタロウ製品が一番薄いです。

HPの説明には・・・

●用途: 
ドレンパッキンの流用、ミッション・デフ等、液体の流れる所にパッキンとして  
●材質: 
アルミ  
●厚さ(mm):1

と書かれています。


酔っ払ってたので、あれですが。


これ、パッキンにも流用できるけど、本来はワッシャーですよと・・・。



たしか、パッキン有ったよな・・・と、今になって探してみれば。


しっかりと、バイク用ドレンパッキンと言うのが別に売られてまして。。。


値段もほぼ一緒・・・・と言うより、こちらの方が、ほんの少しだけ安かったりして・・・


暑さは二ミリ・・・。


これ、完全にアチキの確認ミスでしたな。



ただ、レビューの中身を見ると、この薄さがネックで使う気にはなれない!と言うコメントがいくつかありますが、実際にくっつけて、漏れてきたと言うレビューは無い様子。


ドゥカティなんて、それこそパラツインの振動の多いエンジンにも使ってる人もいるし、中には二枚重ねで対応していると言う人も。


バイクショップの人のレビューでも十分使えると言うコメント(ただ、ドレンボルトとして・・・とは書かれてないですが・・・)があるので、それを信じましょう(笑)


ま、締め付けていってつぶれればいいわけですから、厚さはそんなに気にしなくてもいいのかなと言い聞かせます(笑)


無理にグリグリと締め付けるような事をせず、毎回交換していれば問題は無いはずと言い聞かせます。



ま、一回当たり20円チョイ。


これからはケチらずに毎回交換していきましょう(笑)


はてさて、五十枚のアルミワッシャー、果たして使いきれる日は来るのでしょうか・・・。




【追記】


ウェビックを覗いていたら、デイトナ製のドレンガスケットなるものがHIT。


厚さが実測で0.8mmなんても書かれており、メーカはデイトナとなっているけど、もしかしたら、元の出所は一緒だったりするのかなと妄想(笑)



デイトナのものは一枚69円


対して、自分が購入したノーブランドのアルミワッシャーは1024円÷50枚なんで、一枚20円チョイ。

完全に同じ物と言い切ることは出来ませんが、同じような厚さの物でも問題ないようです。


インプレの中に、セロー250とCB750で使用された方がいて、こちらでも問題ないと言う様な事が書いてあるので、問題ないと安心する事にしました。


ただ、インプレの中には、この薄さゆえ、手ルクで締めていると、アルミのつぶれ具合が判りにくいと言った記載も有るようですが、近々、ナナハンのオイル交換を行う予定でいるので、その時に確かめてみようと思います。