足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:メンテナンス

昨日の夜勤明け。

とてもいい天気でした。

前日、Z400氏も夜勤明けとの事で、走りに行かないかと誘いがあり。

セロー250とCB400SSのチェーンのメンテと、車のオイル交換が済めば走りにいけますよっという事で、帰ってきて早速作業開始。

SSの方にチェーンクリーナーを吹き付けて、フキフキした後で、セローをジャッキアップしたところ。

リアのブレーキが引きずっているではありませんか。

前回本栖湖に行く前に、チェーンの張りなおしをしているのですが、今回だるんだるんになっていて、やけに早いなぁと思ってたのですが、これが原因だったようです。

セローの場合、リアブレーキキャリーパーを外すには、タイヤも外さなくてはならず、それに付随して、リアのリンク部分も一部ばらさないと、タイヤの組みつけが大変。

約束は12時過ぎと言う事にしてましたが、とても間に合いませんので、メールでその旨連絡を入れた直後、Z氏参上・・・・。

結局、作業が終了するまで待ってもらう事にして。。。。

ブレーキのピストンと、スライドピンにパッドグリスを塗ったくり、タイヤ組みつけ後作動を確認して作業終了。

チェーンのグリスアップを二台行ったところで、CB400SSの方のマフラーから排気漏れしているのを思い出し、一旦ばらしてガスケット塗ったくり、やっと全部の作業が終了しましたです。

で、どこに行くかと言う事になり、加須のうどんを食いに行ってみようという事になり。

東北道をひた走り。

加須駅前の、加須マインで作戦会議

加須マイン駐車場!










駅の中の本屋で、何件かの饂飩屋を見つけて訪問しますが、表の看板には営業中と書いていても、玄関には準備中と・・・。

最後諦めて、ラーメンでも食いに行こうかと走っていると、やっと営業しているうどん屋を発見。

朝から何も食ってなかったので、私はざるうどんと天丼。

天丼うどん







うどんはまずまずでしたが、丼の方はチョッと今ひとつ。

腹ごしらえも終わり、東北道をひた走って一旦戸田へ。

職場に携帯を忘れている事を思い出し、二台で練馬にある職場へ走り。

帰りに二輪館によって、ジャケットなんかを物色して。

腹が減ったと、17号線の本蓮沼駅近くにある、牛太郎まで走って牛皿のセットを食って、今度は特に目的も決めずにだらだら走り、コーヒー飲んではだべってで、自宅に戻ったのは11時近く。

お互い、仕事で二時間ほどしか睡眠が取れていなかったのですが、よく走り回りました(笑)

年明け前から気になっていた物があったのですが、先日ネットをあちこち見てまして、ついついポチッと買ってしまいました。

DRC HC2リフトスタンドです。

耐荷重、150キロとの事で、到着した日に相方を載せてリフトアップしてみましたが、いとも簡単に持ち上がりました(笑)

オイル交換やチェーンの清掃、給油なんてのは、車のパンタジャッキがあれば、何とも簡単に出来てしまうのですが、スイングアーム外したり、リアタイヤを外したりといった整備になると、パンタではチョッと心もとないですよねぇ。

スタンド1


とりあえず、整備はしませんが、リフトアップがどんな感じかワクワクしながら試してみました。








スタンド2






最初はおっかなびっくりだったので、力が足りなかったのでしょうが、思い切って力を入れてみると、いとも簡単にリフトアップできました。

乗せてみた感じですが、思いっきり力を入れなくては緩められないようなボルト類は予め緩めておけば、問題なく整備できるのかなといった感じです。

明日は雨の予報のようなので、あさってチェーンの交換ついでに、リアのスイングアーム周りもばらして、グリスアップなんぞをしてみようかと思います。

楽しみだが、こかさないように気をつけねば。

朝から天気がよく、今日は銀行へ用を足しに行ってきた。

さて・・・。

やる事もないし・・・(昨日スロットで大負けし、すでにピンチの予兆が・・・。)

という事で、バイクの整備をしてみることにしました。

以前から、色々とバイク関係のHPなんかを拝見していると、最近のバイクは、新車の組立工程から、グリスの必要な部分に殆どグリスが入っていない事が多いのだそう。

で、何となく自分でも出来そうな、リアサスのリンク部分のグリスアップに挑戦です。

XTXの場合、用意するのは14ミリと17ミリのメガネレンチ。

それと、マイナスドライバーとジャッキ、若しくはメンテスタンド。

後はグリス。

グリスに関しては、色々と種類があって、それぞれ用途に合わせて使用するらしいのですが、よく分からんので、適当にウチにあった万能グリスを使いました。

後、ねじ類がかなり硬く締まっているので、軍手などの手袋は絶対必要です。




バラシ1








最初に、リンクプレートを固定している螺子から外していきます。

ここでは、17ミリのメガネを供回りしないようにして、緩めていきましたが、バカみたいに硬く締まってます。

で、車体の横に寝そべりながらの作業なので力が入らず、途中で諦めかけたときに、何とか緩みました。

で、車体左側のリンクプレートが外れたら、サスペンションを固定している螺子(片側は14ミリ)をゆるめ、合計4本の螺子を緩めます。

車体をジャッキアップして、螺子を外します。

で、取り外したリンク部分ですが、これにグリスをぬったくって行きます。




リンク部分











新しいですから、特に錆などはありませんが、カラーを抜き取って見ますが、あまりあぶらっけがありません。

カラーを抜き取った、リンクの中にも殆どグリスっ気が無いようでした。


グリスにドライバー











当たり前ですが、リンクのカラーには特に目立った損傷はありません。
リンクのカラー












用意したマイナスドライバーにグリスを乗っけて、三箇所の穴っぽこに、グリスを塗ったくります。

外したねじ類も、ねじ山も含めてグリスを塗っておきます。

後は、外した逆の順番で、組み上げていけば終了。

途中、ワッシャーの位置なんかが、わかんなくなり不安になりましたが、隣に止めてある、セローを参考にしながら組み付け終了です。



ホントは、トルクレンチできっかり、締めていくのだろうけど、大トルク対応の物は持ち合わせが無いので、何となく外す時に覚えていた感覚で締め上げていきました。

ついでに、ブレーキのレバーとクラッチレバーにもグリスアップして作業は終了。

チョコッと10舛曚鼻∋鄙に行ってきましたが、特に緩みもなさそうです。

走ってみた印象としては、後ろのショックの吸収が良くなって、乗り心地も良くなっている感じがしました。

そのうち、SMでも買って、アクスルシャフトとか、ステムベアリングなんかの分解にも挑戦してみますです。

金の無い時の暇つぶしには、バイクいじりが一番いいですな。



ついでに押してってくだされ。

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ



今日は夜勤から帰ってきて、インパルスに昨日買ったSLFCを塗ったくってみることにしました。

とりあえず、メインスタンドを掛けてチェーンクリーナーを吹きます・・・・が!

チェーン三分の一ほどを吹いた所で無くなりました・・・・。

相方のヴェルデに、火をいれて又二輪館に走ります。

久しぶりの原付ですが、メタボリックな私が公道を走る姿は宛ら熊の曲芸にも見えた事と思いますが、非力ながらも頑張ってくれているヴェルデは、私が乗ると50kmも過ぎた辺りから、悲鳴を上げているようにも聞こえました。

とりあえず二輪館について、一番安いチェーンクリーナーを一本購入。

再び自宅に戻り、フル歯ブラシを握り締め、シコシコとチェーンをこすります。

取りあえず、目視できる汚れは殆ど取れただろう事を確認して、ネットでパチスロをして時間を潰します(最近金が無いので、疑似体験で我慢です・・・)

お昼過ぎ、バイクに戻ってチェーンが乾燥している事を確認して、作業開始です。


このSFLCですが、今まで使っていたホワイトチェーンルブとは違い、半透明の液体なので、何処まで塗ったか判らなくなるとの事で、説明書にあるとおり、チェーンにマジックでマーキングします。

チェーン











で、ここから塗ったくり作業の始まりです。

まずは付属のシリンジで、オイルを吸い上げますが、かなりの粘稠度があります。
シリンジは多分全部使い切るまでは持たないようなので、今度職場からちょろまかしてこようかと・・・。


チェーン2










何とか吸い上げたら、一滴ずつチェーンのリングの所と、ローラーの所、左右四箇所にチマチマとオイルを垂らしていきます。


チェーン3









結構根気が要る作業で、慣れてくると10分から16分くらいで、出来るようになるらしいのですが、何だかんだで二三十分は掛かったような気がします。

こんな作業なので、メインスタンドかレーシングスタンドで後輪を浮かせられないと、エライ往生する事でしょう。


全部塗り終わったら、再び20分位放置します。

で、どんなもんかワクワクしながら、走りに出てみましたが、なんとなく車体が軽くなったような感じで、加速していってくれます。

それよりも、ギアの入りがとてもスムーズになったのは、本当に体感出来ました。

帰ってきてから、チェーン周辺を見ると古いオイルのカスが、結構飛び散っていましたが、説明書によると、Oリングの中で、SLFCが古いグリス分を分解しながら、入れ替わっている為に起きる現象で、最高でも五回ほどの給油を繰り返す事で、汚れは出なくなるとの事です。

後、給油の際にはクリーナーを掛けずに、そのまま給油できるとの事だそうで、給油の手間は確かに掛かりますが、スプレー吹っかけて、シコシコしないで住むと考えれば、プラマイゼロといったところでしょうか。

後は説明書どおり耐久性が証明されれば、ホントにお得なオイルなんでしょうが、結論を出すにはもうしばらく乗ってみる必要がありそうです。



099022aa.jpg昨日、近所の二輪館に行ったときに、ちょっと気になり、先ほど購入してきました。

注射器で一滴ずつ、チェーンに給油していくらしいのですが、使い込んでいくうちには、給油前のチェーン清掃も必要なくなってくるとか・・・・。

どんなものか、明日やってみることにします。

本日はこれから夜勤・・・。

昨日の夜からずっと下痢が続き、今日のお昼頃になって少し落ち着いてきた。

先日から気になっていたのだけど、走行中にシャカシャカ音がするようになってきていた。

で、使い古しの歯ブラシを持ち出してチェーンの清掃とグリスアップをすることに。

自分のはセンスタがついているので、あっけなく終了した。

問題は相方の乗っているST。 クリーナーを吹きつけ、シコシコとブラシでこすり、ボロタオルで清拭。

で、少しずつ移動を繰り返す。 チェーンが一周した所で、オイルを吹き付けつつ来た方向を逆に少しずつ戻る・・・。

結局この作業で、30分程消化。

めんどくさがらずに車からジャッキを降ろせばよかったと、最後になって思う馬鹿な自分。

涼しくなった秋の昼下がり、半そでを着ていながらも額から汗を流している馬鹿が居た。

このページのトップヘ