足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:ヴェルデ

梅雨の空もいったん小休止か。

昨日、今日といい天気でございまして、ツーリングにはもってこいの天気でありましたが、相方が午前中仕事と言うことで。

カブとヴェルデでのプチツーリングに出かけました。

本日のお題は讃岐饂飩と言う事で、相方が仕事をしている最中に、あちこちネットで調べまして。

ご近所に二件ほどのお店を発見いたしました。

で、職場で待ち合わせて一軒目のお店へ向かいますが、ここまで来る途中で白バイ一台、シートベルトと取り締まりがありまして、多分梅雨の時期はこうした時でないと、点数稼ぎも出来ないのでしょうから、常に後方に注意を払いながらの出発となりました。

で、向かった一軒目の饂飩屋さん。

大泉学園の駅からバイクで10分ほどの距離にあります。



エン座の前でパシャリ














エン座さんと言う饂飩屋です。

地粉の説明











平日は讃岐すずらん?だっけかの粉を取り寄せて。それで饂飩を打っているのですが、土日はここ武蔵野で取れる農林61号と言う粉を使って美味しい饂飩を提供してくれるとの事。

店内は、ジャズっぽい音楽が流れて、こでぞ饂飩屋って感じではなく、洋風な居酒屋?っぽい感じもしないではないです。
二時近いと言うのに、お店はほぼ満席。

自分たち二人が大盛りを頼んだせいでしょうか・・・・。
後から来た人は、麺売り切れを宣告されて・・・ご愁傷様です。


盛りうどん












ぶっかけおろし饂飩










上が相方の頼んだ盛り饂飩(大盛り)。
下がおいらのぶっかけおろしです。

麺そのものは、結構コシのあるお饂飩でございまして、おいらの頼んだ、ぶっかけおろしは、つゆそのものがチョッと中華風というか的な風味でしたが、こう言った味もアリかな?と。
大盛りを頼みましたが、美味しくぺロッと二人して平らげてお店を後にしました。

今度は、讃岐すずらんで打った平日の饂飩もそのうち食べに行きたいと思います。


で、二件目のお店を制覇すべく。

練馬区江古田にある、讃岐うどんのてるてる坊主、バイクを走らせます。



江古田てるてる坊主














江古田の商店街












こんな感じの商店街の中にお店はあります。

温玉饂飩













おんたまぶっかけ竹輪天付き









二人してぶっかけを頼みまして、相方はそれに竹輪天を載せてます。

で、食べてみますが。

自分、讃岐の饂飩を全部食べたわけではないので、えらそうなことはいえませぬが、ただ単にコシが強いのではなく、表面がクニャクニャっとして、噛むとしっかりコシがあると言うか、以前四国にツーリングに行った時にはまってしまった、長田うどんにそっくりなうどんでして。

高松出身の相方も、これは好きな味と絶賛されておりました。

帰りは目白通りから笹目に抜けて自宅に戻りがてら、なぜかいつものパチ屋によって。

バラエティコーナーに今更ながら新台として入った楽シーサで15000円の勝ちで、おなかも懐もふくれて帰ってまいりました。

お疲れさんです。




にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

7346c297.jpg給料日前の金欠病も、明日でお別れです!

先月は、1月の夜勤の数が少なかったせいで、かなり逼迫した生活を余儀なくされましたが、今月は何とか持ちそうな感じです。

そんなわけで、今チョコッとした話題を振りまいている、大勝軒に行って見ました。
と言っても蕨ですがね。

で、自分のスーパーカブと、相方のヴェルデの二台で出撃と相成りました。

お店は、路地の狭い商店街の中にありましたが、比較的わかり易く、程なく発見。

取りあえず、あつもり大(570g)と、相方はあつもりと餃子を頼みましたが、以前行った殿様ラーメンに比べると、魚介系の風味は少なめでしたが、スープの旨さはこちらが好みかなと。

丁度食っているときに、次のお客さんが入ってきましたが、売り切れてしまい、丁度滑り込みで食べる事が出来たようです。

何でも、池袋にある本店が閉店すると言うことで、蕨の大勝軒にも普段の二倍近くの客足があったとか。

量が多すぎて、最後の方はかなり苦戦しましたが、何とか完食して来ました。

カブで散歩するにも丁度良い距離なので、又行きたいなと思いました。

このページのトップヘ