足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:万座温泉

二日目の朝三時。

チョッと離れた隣のテントの、「怖いよ〜!!!」の泣き声で目が覚める。

五分ほどで静かになるが、この後うとうとして朝の五時ごろ目が醒める。

寝不足と酒が残っているせいで、頭がガンガンする。

もう一回、横になって朝の八時過ぎ迄少し寝た。

頭痛も大分取れたので、軽く朝食を摂って撤収。

ちょうちょ







荷物を積み終わって出ようとすると、CBにお客さんが。

中々離れていかず、写真を撮ったりしてたら、この後蜂が飛んできてバイクの周りをうろうろ飛びだす。

暖気もそこそこにキャンプ場を出る。


が、さて、どこに行こうか。

取りあえず、また蕎麦でも食いに行こうと飯山方面を目指して走る。

取りあえず、富倉の蕎麦を食いに行く事に。

蕎麦を作る時に、つなぎには通常小麦を使うが、違う物で海草を使うので有名なへぎ蕎麦があるが、ここもつなぎにヤマゴボウの葉っぱを使っているそう。

国道292号線を走っていくと脇道に二軒のお店の看板が出てくるので、その看板の通りに細い坂道を登っていくと、はしばと富倉食堂の二件のそば屋が出てくる。

はしばは、行列が出来ていたので、もうちょっと上にある富倉食堂へ。

とみくら食堂







とみくら蕎麦







笹寿司







富倉そば並と笹寿司。

素朴な味の蕎麦でした。

より個性的な味の蕎麦を求めるなら、はしばなのかな。

でも、五年ぶりの再訪が出来たので、良かった。



びわ沼







帰りは、違う道を通って帰ろうかと思ったけど、ちょっと疲れたので、来た通りの滋賀草津道路を走って帰る事に。

途中、チョッとだけルートを外して、びわ沼だか池だかを見て走る。

せっかくなので、万座によって温泉に浸かる事に。

豊国館






風呂の写真は撮れなかったけど、豊国館に久々に再訪。

白濁の温泉が掛け流されていて、入浴500円。

チョッと上にあるホテルだか旅館は五つだか六つだったか、それ以上だかの泉質をそれぞれ楽しめて人気だけど、湯治宿の風情を味わいながら、じっくりと温泉を楽しむには、こう言った鄙びた感じの温泉もいい。

しっかりと、硫黄臭い体になって温泉を後にして、草津を過ぎてから国道406号に抜けて、高崎から高速乗って帰着。

よく走った。


ついでに、戸隠キャンプ場の設備なんぞを。

管理棟





管理棟。
受付はここで。
バイク一台1000円。タープは別料金らしい。
焚き火用の薪の販売と、無料で焚き火用の缶を貸してくれる。
その他、虫除けスプレーなんかも売ってたりするけど、この辺は殆ど蚊は出ないそう。
ただ、蚋はでるそう。
夜八時まで営業。

炊事場






炊事場、各サイトに準備されていて、焚き火の燃えカスなんかは、ここに併設されている、野外炉に捨てていく。

シャワー・ランドリー





シャワーとランドリー。
シャワーは6分感で二百円。24時間使用可。
二百円で済ませるには、かなり効率よく洗わないと駄目。
余分に小銭を持っていけば、ゆったり浴びれるか。

ゴミステーション





管理棟の横にあるゴミステーション。
きちんと分別すれば、全部捨てていける。
ゴミ捨てが出来るのは、ホントに有り難い。

と、こんなところ。

何でも揃っているので、初心者でも気兼ねなく利用できるし、なんたってバイクの乗り入れが出来るのはうれしい。

ただ、スタンドの埋め込みの防止策は何か講じておいた方が良さそう。
うちのSSでも簡単にめり込んで倒れそうになるので、鉄板なんかも持ってった方がいいだろうね。

後の詳しい事は問い合わせてくだされ。


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

自分の場合、ツーリングでもドライブでもそうなんですが、必ず〆は温泉って言う風に決めています。

とりあえず、ドライブ・ツーリングに役立ちそうなオススメ温泉も紹介していこうかなと。

一番目の温泉の紹介ですが、昨日行ってきた万座温泉にある豊国館です。  ここは湯治宿なので、自炊での宿泊もできるそうです。

温泉は内湯が男女別一個ずつと混浴の露天が一つ、女性専用の露天が一つあります。

お湯は内湯ですが、チョイ熱めの白濁した硫黄泉が注がれており、とてもよく温まります。  対して、混浴の露天はぎちぎちに入れば20人くらいは
入れそうな大きさです。報国館内湯
報国温泉外観







投入される湯量を調節しており、半分くらいは湯船に入らずにそのまま捨てられています。

露天の方は温めの調節になっているので、じっくりと長風呂を楽しむ事ができます。 報国館露天
露天の方には飲泉も出来るように茶碗がおかれていましたが、パンフレットを見てみると、飲泉の許可は出ていないので、自己責任でというような記載がありましたが、少量であれば良いと言うことなんでしょうか。



利用する際に確認してください。

湯上りは、体の火照りがずっと続いている感じで、汗が引くのに結構時間が掛かり、お湯の質も上々のようです。

詳しい場所や連絡先などは検索すれば出てくると思うので・・・。

このページのトップヘ