足るを知れ!

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。

タグ:修理

昨日、1週間ぶりにミラバンが帰ってきた。

メカニック氏、特にギアには、これと言った不具合は無いんですが、取りあえず思い当たる部品は全部交換しておきましたとの事。

内容的には、1速2速のギアとクラッチカバーとクラッチ本体とベアリングと、ミッションを動かす何とかロッド。

交換したギアのシンクロ部分を見せてくれたのだけど、動きもスムーズなんですよねぇ。。。と。

ついでにお願いしておいた、アンダーコートの料金払って、乗ってみたけど、まぁ、普通の乗り味と言うか、これが本来のマニュアルミッションの挙動だよねと言うもの。

少々、固い時もあるのだけど、ギア鳴りもしないし、クラッチを繋ぐ際の、変なロックが掛かったような挙動もなく、今までのってた車たちと同じになったと。

ここで、クラッチを交換してくれたと言う事で、ちょっと思い出したと言うか、妄想に近いのかもしれんけど。

そもそも、バイクと車ではミッションの形態が違うので、比べ物になるのかならないのか?と言うのはあるのだけど、かつての愛車だったCB400SS。

これも、乗りだし1600キロ位の中古を購入したのだけど、このバイクも当初、何故だか停止時のニュートラルが非常に出ずらいと言うのがあって、納車点検の時にクラッチが焼けてしまってるのが判明して、結局全部とっかえて、元に戻ったと言うのがあったのだけど。

400SSもどっちかって言うと、初心者とかが買う機会も多いだろうし、もしかしたら、これも試乗者上がりだったりしたのかもしれないね。今思えば。

そう考えると、どうなんだろ?

わしのミラバンも、デモカーと称した、要は代車。

色んな人が乗るだろうし、もしかしたらその辺の影響もあったのだろうかね・・・なんて考えてみたり?

停止時からの発進も、軽いジャダー見たいのはあったけど、スパッと繋がってくれている。

ま、新品に置き換わっているからと言うのもあるのかもしれんのだけどね。

兎に角、とても乗りやすくなりました。




で、ついでに、メカニックの人に、運び込まれるミラバンで、ガタガタになるのは?と聞いたら、20万キロで、水が漏れたりとか、色々出だして廃車のパターンが多いですかねと。

何となく感じでは、致命的な影響を受けて廃車となる感じではないのかな?

ちょこちょこと手入れをしてやれば、結構持つのだろう。

距離も六万キロを超えて、クラッチがあと五万キロ位で終わるかなぁ・・・なんて思ってたけど、今回の修理で、ありがたい事に先送りになりましたです。



 

夜勤明けの眠い目をこすりながら、とあるスズキのセンターにインパルスを届けに行ってきました。

ホントは、自宅近くのお店からも配送で、送る事が出来たようなのですが、過去三回、自分の説明のしかたが悪いんですかね。

あれだけ、ほぼ毎日のように出るもたつきの症状も、修理先では1回だけ出ましたとか、確認できなかったとか。

今回は、実演の意味も兼ねてという訳でもないのですが、直接行ってきたわけであります。

エアクリとイリジウムの効果か、エンジンのかかりはホントに良くなったのですが、出掛け、矢張りもたつき症状がでて、バッフル入っている筈のマフラーからは、珍走顔負けの爆音が奏でられていました(通勤時ホント、ヤになります)。

暫く走ると元に戻るので、取りあえずそのまま走り続けます。

高速をひた走り、スズキのセンターの近くまで走り、手前100m程でいったんエンジンを切り、走り出すと見事に爆音と、もたつきの再現が出来ました。

センターに駆け込み、○○さんいますか?と入ると、昼休み中だったんでしょうかね?
工場の中で、座っていた職員に不振な顔をされましたが、約束で来た事を伝えると、事務所の中から、数名のスタッフが出てきてくれました。

スタッフの話によると、一旦六千まで回した後は、マフラーからパフパフと音がしていて、ガスが薄い症状が出ていると・・・。
現行モデルの場合、未燃焼ガスを2次的に還元して燃やす為に、元々セッティングが薄い状態で、セットしているとの事です。

結構複雑らしく、ちょっとしたバランスの崩れなんかで、こうしたトラブルが発生する事が結構多いとのことで、やはり構造的な問題も絡んでいるのでしょうか・・・。
(他のモデルじゃ余り聞かないような気がするし・・・。)

仮に、スリップオンが薄さに拍車を掛けているとしても、純正使っていた時からずっとあった症状なので、そればかりともいえないんでしょうね。

一通り、左から二番目のプラグが真っ黒だった事と、先日のエアクリ交換の時、オーバーフローしたガソリンでエアクリのボックス内が、ガソリンでびしょびしょだった事、真冬でもチョークを引くと、エンジンのかかりが更に悪化する事等を伝えて帰ってきました。

ホントは10日と18日に、ツーの予定が入っていたのですが、取りあえず今回で最後にして欲しいので、多少日数がかかってもかまわない事を伝えると、ゴールデンウィークまでには何とか頑張りますとの事。

対応していただき有難うございましたと言う事なんですがね。

それにしても、他の触媒つきのモデルなんかはどんな感じなんでしょうかね。
乗ってて嫌いなバイクじゃないだけにね。
何か残念です。


本日夜勤入りということで、昨夜はついつい深酒をしてしまい、寝たのが朝の四時。

何故か朝10時前には目が覚めてしまう。

先日コケた時に、折れてしまったブレーキレバーを交換しようと、某二輪部品販売店から買ってきた、ニューインパルス用のブレーキレバーを握りしめ、寒空の中レバーをはずす。

純正部品だと全部の交換になるのと、お店においていなかったため、キジマ製のレバーだけを交換できるやつを買ってきたのだが、いざ分解して組みつけようとすると、全然はまりません・・・。

販売店に電話をすると、現行モデルには対応していないとの事。

だったら、ニューなんて書かずに、年式で書いとけやぼけ! と思うが、追い金が発生するものの、交換してくれるとの事。

やはり、買う時は一応確認しておいたほうがいいんでしょうな。

三日くらいすれば納品されるとの事なので、それまで待ちましょう。

これから仕事だっつうのに、今になってなんか眠くなってきた・・・。 ちょっと昼寝でもしよう。

このページのトップヘ