足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:八町温泉

先日、福島のほうにキャンプに行ってきた。

日月の休みなんで、相方は仕事。

よって、今回はソロ。

IMG_1894IMG_1893





舘岩村かな?で遅めの昼食。

暑さ寒さも・・・なんていうが、とても暑い。

IMG_1896IMG_1898





すっかり、忘れていたのだけど、先日の土砂災害の後があちこちに・・・。

それでも、伊南村に入るとお祭りやってて。

久川キャンプ場は?と思い、バイクを走らすと・・・・。

IMG_1900





施設が被災しているってんで使用中止の看板が。

でも、ゲートも半分開いていて、バイクで入っていったが、キャンプ場そのものは何の影響もないようだ。

唯一、キャンプ場に入ってくるための、砂利道に沿って川が流れているのだけど、そこの一部がちょっと崩れたかな?って感じで、このまま張っちゃうか!とも思ったが、駄目って言ってんだから素直に引き下がることにした。


IMG_1906





只見のキャンプ場に電話すると、待っててくれるって言うのでお願いする。

先客はカブ乗りの人が一人のみ。

軽く会釈して、テント張るけど、蚊が半端ない。

スキンガード忘れてきてしまっており、蚊取り線香を3個で結界を張るけど、ものともせずに腕がぼこぼこに・・・。

IMG_1909IMG_1913








夕食はめんどくさいので、レトルトのカレーで適当に済ませる。

ここのキャンプ場、三度ほどお邪魔しているが、天気の良い夜空を拝むのは今回始めて。

15夜の前日ということで、月明かりのせいで、満点の星空とは行かなかったけど、月夜の一人酒盛りもおつなもんである(笑)

騒ぐやつもいなくて快適な夜。

ビールもどき3本と日本酒に口を付けたあたりで撃沈。

それにしても暑すぎる。

結局寝袋は使わずに寝た。




次の日の朝、6時ごろにダムの放水があるってんで、防災無線の大音響で目が覚める。

チェーンに油さしたりしながら、8時前にキャンプ場をあとにする。


国道を柳津に向けて走っていくが・・・。


IMG_1927IMG_1917





IMG_1924IMG_1920







先の橋が流されたとかで通行止め。

ここまで来る間に、実際に住宅が被災しているのを見たりして、嫌な予感はしていたのだけど、自分が考えているよりも、かなり被害は甚大な様子。

電車もそのまま放置されている。

ガソリンスタンドのおっちゃんの話では、仮設の橋ができるのが11月位かなと。

それならばと聞くが、新潟に抜ける道も全滅とのこと。

会津方面に抜ける道を聞いて、国道401号線に抜ける。

IMG_1934






国道とはいえ、林道レベルで狭いうえにヘアピンなんかが延々と続いている。

でも、途中眺めが良かったり、対向車に気をつけていれば、結構走っていて楽しい道。

IMG_1936






昭和村を抜けて、あおばと豆腐の店到着。

おからドーナツ2個買って朝食。

IMG_1937IMG_1938






八町温泉で昨夜からの汗を流す。

いい湯じゃ!

はて、これからどうしようかと、バス停の中で涼をとりながら考える。

どうせなら日本海を見よう!



IMG_1942







と、西会津を通って新潟に抜けるが、考えてみたら地図も何もなく、観光情報も殆ど持っていない。

挙句に、XTXの振動が微妙に蚊に刺された場所を刺激して、痒いことこの上ない。

IMG_1944IMG_1946IMG_1948







国道49号線の将軍杉を見る頃には、ケツまで痛くなってきた。

海は無理じゃってんで、五泉市?を抜けて三条に抜けてひたすら17号線目指して走る。

夕方五時に湯沢から高速乗って、通勤割引適応で帰ってきた。

途中、なんの為に走ってるんだかもよく分からなくなってきていたが、無事に自宅到着。

適当に走るにしても、最低限の情報収集と地図くらい持って出かけろよと言う話だ。。。















改めまして。

あけましておめでとうございます。

年明けは、バイクに乗ってキャンプに行くぞと意気込んでいましたが、元旦の朝、夜勤明kで自宅に戻るも、ウダウダしているうちに。

時間は昼を過ぎてしまいまして。

ならば、二日の日から一泊二日で出かけようかと考えまして、へんな時間に昼寝をしたら、夜寝れなくなる→夜更かしする→寝坊して出かけられなくなるのは、いつものことなので、ギャオの無料映画なんかを見ながら、頑張ってたわけですが。

で、夜九時過ぎになってからですかね。

無性に酒が飲みたくなりましてな

そりゃ、元旦ですから、酒の一杯や二杯飲んだところでバチも当たらんだろうと、コンビニに行ったのがまずかった。。。

ビール(のバチモン)の500を二つと、ワンカップ大関を二つほど空けて、寝たのですが、疲れもたまっていたのでしょうか。

目を覚ましてみると、時間は10時を回ってしまっており。。。

目的地は、伊豆方面と決めていたのですが、この時間になってしまうと、到着する頃には日没を迎えることでしょう。

高速の渋滞情報を見ていると、所々赤いところも目立ちますし。

ならば、キャンプは止めにして、車で雪を見に行こうということで、大晦日にパッキングした、キャンプ道具のなかからシュラフのみを取り出しまして、適当な着替えと、タオルを積んで出発です。

今月の末に、実家の小樽に車で帰るので、雪道の運転練習にはもってこいか?と。

で、途中、羽生から館林まで事故渋滞がありましたが、高速の案内盤にあるほどは渋滞しておらず。

で、佐野に近づきましたところ、ICでの出口待ちの渋滞で路肩には1キロほどの列が。

で、このとき、何を思ったか、路肩に並んでいたうちの一台が、前の車がよそ見かなんかして、発進が遅れたのを見て追い越しをかけやがり、左車線を走っていた、おいらの車と衝突寸前。

たった一台追い越して、時間にして何分の短縮になると思ったのでしょうか。

アウトレットだか、正月になるとよく出てくる、寺だか神社だかのお参りに行くのだかよく分かりませんが、週末ともなれば、この辺りは混んでいるのは周知の事実。

イライラする位なら最初から行くなよと。

で、日光宇都宮道路から今市で高速を降りまして、121号線を走って只見のほうを目指す。

川治温泉を過ぎた頃から、本格的な雪景色になって、三依を過ぎた頃には道路もいい塩梅に圧雪状態。

車のモードをオートの4WDに変更します。

前輪がすべると、後輪もってやつなのですが、アイスバーンなんかで、エンジンブレーキを使って、制動力を稼ぎたいときは、あんまり役に立ちませぬ。

慎重に飛ばしていきます(笑)

無事に南郷村に到着。

BlogPaint


北海道の道路を思い出しますね。

信号も殆ど無く、季節を選ばず気持ちのいい道路ですな。

で、さらに走って、只見につく頃には日没となり。

只見から会津方面を目指して、北上を続けます。

国道252号線は、道路から水を出して、融雪してますが、これが、深い水溜りを作っていたりして、跳ね上げた水がオルタネーターを滑らすのか、キュルキュルとベルトが鳴くこと度々。

IMG_0207



そんなこんなで、湯倉温泉到着。

自分が来たときには、家族が一組来てましたが、入れ替わりになったので、貸切状態で温泉を楽しみます。

熱めの温泉が体の芯までホカホカにしてくれますです。

温泉を出た後で、あらかじめ買っておいたパンとチーズをかじって夕食にしまして、本日の二湯目を目指すことに。
IMG_0212




IMG_0214



高梨共同浴場の手前にある、八町温泉。

ここも料金100円以上。

二種類の源泉がひとつの浴槽に掛け流されてまして。

これも、ちょっと熱めながらもいいお湯っす。

IMG_0221


30分ほど出たり入ったりを繰り返し、明後日からまた仕事か・・・とため息をついて温泉を後にします。

途中、以前何度か来た事のある、早戸温泉を通りますが、ちょっと眠いので明日にしようとそのまま通過。

みしま宿の道の駅で車中泊することにしますが、シュラフを出したりしているうちに、眠気も吹っ飛んでしまい・・・。

こんなことなら、早戸温泉にもよってくれば・・・と思いつつ、柳津のファミマで弁当をかって食って。

ストーブと、インスタントラーメンでも持ってきていれば・・・と悔やまれながら、11時ごろに道の駅に戻って就寝。

駐車場には、ほかに一台車中泊してた人がいましたが、同じようなスタイルで旅を楽しんでいる人がいるんだなぁと。

狭い車の中、ぐっすり眠りましたですよ。

赤岩荘の駐車場で目覚める。

時間は6時半。

当初の目的では、朝九時ごろに目覚めて一番風呂をここで楽しんで走る予定だったけど、あまりに早くに目覚めてしまったので後日来訪を誓って出発とする。

国道252号線を走って只見の駅で。

只見駅にて







とりあえず駅の前で写真を撮って出発。

除雪車








雪の影響で、除雪車がフル稼働。


いつしか、大塩温泉へ到着。

大塩温泉建物








元々温めの温泉なのだけど、この時期は余りにも温すぎてお湯に入った物の出る事が出来ないで、一時間近く入ってしまった。

で、次は高梨の共同浴場に行こうと思ったけど、車を止める場所が無く、チョッと離れたところに止めればいけない事も無いのだが、次にバイクで来たときにでも寄ればいいやと諦めて帰ろうとすると。

八町温泉共同浴場









以前から気になっていた温泉の看板を偶然発見。

チョッと離れた場所に車を止めさせていただき。

八町温泉外観






温泉の建物発見!

ここは混浴の温泉。

先客が一人いたけど、軽く挨拶をして入らせていただく。

八町温泉風呂






こんな感じで、二種類の温泉が引かれている。

協力金として一人100円。

中々入り応えのある温泉で結構気に入った!

すぐ前が川なんだけど、あふれたお湯が勿体無いほど掛け流されて川に捨てられている。

温泉でじっくり暖まって、そのまま更に北上を続けて。

山都集落蕎麦屋









以前から気になっていた山都集落の蕎麦をくうことに。

前菜





自家製こんにゃく






蕎麦







囲炉裏に案内されて、説明を受けるけども蕎麦食べ放題はいいんだけども、最低でも2500円からのコースしかないよう。

自分達より前に入ったグループは、食べ放題までいらない、そんなに料理の数もいらないと言うと、1500円でてんぷら付きのが有るとのこと。

うちらも、便乗してそのコースで行く事に。

かなりの予算オーバーだけど来てしまったものはしょうがないわなぁ。

それでも、自家製のこんにゃくやら、天麩羅やら付いて結構なボリュームだけど、お値段相応な上品な物でした。

ということで、本日は宿を取ってあるので、早めにそちらに向かって休む事にする。

素泊まり3600円で泊まったけど、三連休の中日で泊まっているのはうちらだけ。

温泉は結構良かったけど、夜中に突然テレビが付いたりとチョッとなぁ・・・。

平然としていたけど、多分一人だったらかなり怖かっただろうなぁ。

多分、テレビのスイッチがイカれているんだと思うんだけど・・・。

日付変更線を超えた辺りで寝た・・・と思う。

このページのトップヘ