足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:大型二輪

今日、休みだったので、近所を散策がてら、CBSSで走りに行ってきました。

散策・・・と言っても、バイク屋巡りがメインだったのですが(笑)

以前、600クラスが気になっている云々書いていましたが、最近になりちょっと気になりだしたバイクが一台。

750


何のことはない、教習所で乗ってたあれです。

教習中にチョコチョコと、このバイクの整備性なんかを観察していたのですが、中々よさげだったんですよね。

最近のバイクにはあんまりついてないですが、センスタが標準装備されているし、プラグの交換も、一々タンクずらしたりしないでも出来そう。

後、オイルの交換量も排気量が大きくて、空冷なわりに、フィルター交換時でも3リットルで間に合うので、結構財布にもやさしい感じです。

更に、燃料タンク容量も20箸反修景なく、ロングツーリングに出たときも、田舎道でガソスタを探す手間も少なくなりそうです。

ただ、ネックになるのは、600クラスのバイクだと、大体200キロ前後の重さなんだけど、装備重量だと230キロ位になるのかな。

タイヤの減りなんかが早そうな感じもしますが、一部ネット情報ではバイアスタイヤの装着も可能だとか・・・。

取り回しに関しては、散々教習所で走りながら押したりしていたので、多分問題はなさそうかと。

で、教習車とはハンドルの高さなんかが違うと言う事でして。

前傾がきついと腰に来てしまうので、ヘルニア持ちの自分にとっては、この辺の要素は重要になってきます。

で、実際どうなのと言う事で、ネットで調べて、板橋のほうにあるドリーム店に行ってきました。


白バイ



駐輪場のすぐ奥の整備で、軽視・・・警視庁のおかっぴき・・・じゃ無く、白バイが点検を受けておりました。

大体、4月に大量に納入されるバイクですから、この時期が一年点検になるんですかね。


自分たちの整備部門とかでやるもんだと思ってたんですが、一般のお店でやるもんなんですな。

お店の中に入ると、限定色のCBがおいてあり、跨ってみようと思い、店員を探しますが、皆忙しそうだったので取り合えず、見ただけで後にします。

ちょっと離れているのですが、西東京のほうにあるドリーム店で、実際に跨ってみましたが、教習車と殆ど変わらない印象。

ケーブル類もさりげなくチェックしてきましたが、2〜3センチ程度のアップハンなら、問題なく付きそうな感じ。

やや大柄ではありますが、乗り出しの値段も安く抑えられそうだし、まだ探せば新車もある様子。

今すぐとはいかないよな・・・とは思いながらも、免許の書き換えが終わらないうちから物欲にさいなまれて・・・。

もう少し落ち着いて考えよう。。。

昨日、シュミレーター乗ってきた。

普通の教習と違って、結構リラックスした感じで50分終了。

残すは後二時間。

今日の午後から2時間のって、うまく行けば見極め終了となるのだけど、果たしてどうなる事やら。。。。

うまく行けば、金曜日に検定という事になるんだけど、どうも見極めで補習つけられそうな予感が・・・。

で、教習終了後、相方に付き合って、近所のジャスコへ。

日曜の夕方と言う事もあって、ジャスコの中は人でごった返していた。

何しに行ったかっちゅうと。

相方の眼鏡えらび。

通常は、コンタクトレンズを使用していたのだけど、どうも苦手らしく、たまに・・・・・な時もあったりで、眼鏡なら違和感も無いだろうと。

人でごった返すジャスコの中を、ヘルメットぶら下げて歩くのは結構勇気が要るかも。

めがね


傍から見ると異様な光景だったろう。。。

メット被った時の違和感の確認と言う事で、恥ずかしい、言いながら実際の装着間を試しておりました。

購入したのはナイキの眼鏡ですが、耳にあたる部分がプニョプニョ曲がるので、メット被ってても違和感が少ないのでは?ッちゅうことで、結局、4万越えの出費と相成りました。

その後、某区内のバイク販売店へ行ってみると、気になっていたヴェルシスがおいてあったのだけど、今年は日本に30台位しか入って来ておらず、お店の2台はすでに売れてしまっている物だとの事。

特別に跨らせてもらったのだけど、短足のせいで両足のつま先が届く程度。

ほかの販売店に確認すれば、在庫があるかも知れないとは言ってたが、あっちゅうまに売れちゃうんだろうね。

もう一台、ER−6Fの方も跨らせてもらったけど、400と変わらない大きさで、とっつきやすい感じ。

以外に状態も起き気味になるので、楽ちんそうな感じ。

ローンがあるだろ?と言う声が聞こえてきそうだったけど、とりあえず見学だけで帰ってきた。

バイク欲しい病ば始まりそう。

やっと、XTXのローンと車のローンが終わったばかりなのに、またローンを増やすにはちょっと早すぎる。

自重せねば・・・。

最近のことですが、知り合いの知り合いが。

http://www.saitama-ankyo.or.jp/gentuki/kousyu.html

で、講習を受けて大型二輪免許を見事取得したと。

この講習、毎月の第二と第四土曜に行なわれているとの事なんだけども、この講習の目玉としては、大型二輪を取る時は埼玉県の場合、鴻巣の試験場を使って行なうのだそうだが、その際のコースをそのまま使って、法規走行と技能走行を白バイの隊員なんかから指導を受けながら出来るとの事。

要は試験の際の、注意点とかウィークポイントなんかをレクチャーされながら、そのコースを朝の九時過ぎから夕方まで走れるとあって、まじめにやれば一発試験も夢ではないのだそうな。

実際、この知り合いの知り合いと言う人は、その次の週に試験を受けに行って、見事一発で合格。
現在FZ1に乗って、楽しい大型バイクライフを送っているそう。

正月早々そんな話しを聞いてはおいらも黙ってはいられず。

たとえ落ちたとしても、大抵は三回受ければ合格できるらしいとの話しも聞いた。

で、当然色々想像したりしました。

F650GS











車じゃ絶対乗れないこんなブランドのバイクや・・・


cb1300








高速道路を何事もなくすっ飛んでいくツーリングバイク・・・


dr650










はたまた、大型に興味を持って色々検索していると、こんな面白そうなバイクにめぐりあったり・・・。



だが待てよ・・・。

大抵はという言葉の裏には、稀にとか極稀にとかという言葉もあるわけで・・・。

過去に年に一回程度の北海道の帰省の時に、船に乗ったはいい物の台風の直撃にあって、港で8時間ほどの足止めをくった挙句に、思いっきり船酔いしなくてはならないほどの時化の中北海道に渡ったり、高校生の説きなんかは、前の席の奴が授業中に弁当を食っていて、一口貰ったのを見つかって、教師に机の中をまさぐられて隠していた封を切っていないマイルドセブンが見つかって停学になったり・・・・。
そのほか言い出せばきりが無いのだけど。。。

結構、極稀にといった場面に遭遇する機会が多い自分。

何となく大抵はと言われるほうより、稀にとかって言うほうに流れていきそうな・・・・。

チョッと前まではあまり考えなかったけど、もう間もなく給料から介護保険料も引かれ、おまけにチョッと前にヘルニアで腰のオペもしたりと、バイクに乗るって事そのものが医学的に見て???って言うのに更に重量級のバイクに乗るのはもしかして自殺行為?・・・と逃げに入ってしまうのだ。

自分が中型自動二輪の免許を取った頃は、中型免許でもレプリカモデルからネイキッドは当たり前で、デュアルパーパス、オフロードモデル。シングルモデルのクラシックスタイルまで何でもあった。SRが売れていると言えば、テンプターが出たりCL400がでたりでバイク選びには事欠かなかったよなぁ。
その後、景気の悪化と共に中型免許での選べるモデルはどんどん減っていく。

自分自身、大型免許を否定するつもりはないし、むしろ今の現状から行けば、乗りたいと思えるスタイルのバイクに乗りたいと思った時、必然的に大型免許を取る事が要求される。

だけど、大型の免許を持った事もなく、大型のバイクを乗った事も無い自分が言うのもなんだけど、250〜400ccモデルをなん車種か乗ってきて思うのだけど、バイクって中型でもいいのでは?と思ってしまう(一番いいのは垣根をなくすることだと思うけど)。

これは、現在首都圏の渋滞なんかが結構多い地域に現在住んでいるからなんだけど、北海道の田舎にいた時も、スーフォア乗っていてもこれと言って不具合は感じなかった。
むしろ、今住んでいる首都圏にスーフォアを持ってきて通勤に使って見たものの、いいトコ4速に入れるのが精一杯で、まわすことの出来ないストレスの大きい事と言ったら何ともいえない物があった。
それこそ、通勤と割り切ってしまえば、今乗っているカブ90とか、そのとき持っていたもう一台のフォーサイトなんかは、ホントによく走ってくれていたと思う。

じゃあ、かといって北海道なんかのすいている道をを走るときに、400オーバーのバイクでここに表すことの出来ない程のスピードでずっと走るのかといえば、そんな事はなくて大体が一時はそんなスピードを出したとしても、チョッとの間の出来事で一般の流れに乗って走る事になるだろう。

飽くまで私見だけど。

でも、アクセル一ひねり生まれる加速力によって尻がシートに押し付けられて、上体が後ろに引っ張られる感覚ってもの凄く快感なんだって思うけど、いつまでそれを楽しんでいられるのか。

では、一般の流れに乗るのに、400アンダーのバイクは非力なのか?っていうとそんな事は無くって400位の排気量で若しくは首都圏なら、250位のバイクで法廷速度+αぐらいのスピードで流しているのが一番気持ちのいい速度域となるんではないだろうか。

なぁ〜んて事を考えると、
無理無理緊張しながら鴻巣くんだりまで行って、大型取るよりも・・・・。

xr250








こんなのとか


ジェベル








今一番気になっているこんなのとか・・・


はたまた路線をチョッと変えて・・・

cb400ss








こんなのなんかでもいいのかなぁ・・・。

なんて。


でも、上に乗せたDRなんかは最近林道なんかにも行って見たかったりしたりして、ジェベルやXRなんかと同じほど、興味があるし重量も400ネイキッドよりも軽いしなぁ。

回さなくて済む余裕と有り余って扱いきれない高性能。

それとも、年中右手に力を入れて、下手くそながらも回しきれているツモリになれるそれなりの性能。

どっちかって言うと、へたくそな自分の場合は、後者で回したツモリになって、それなりにすっ飛んでいたつもりなってるのがあってるのかなぁ・・・。
逃げのせりふだけどね。
どの道免許とってもバイク買う金もないし(笑)

なんて言ったりしても、でかいのに興味があったりするんだよなぁ。

来月の勤務希望が出るまでに、チョッと考えてみるべし。

って言うか、いろんなモデルが中型でも乗れた頃のマーケットに戻ってくれないかね
?この業界

それともやっぱり大型取る?

もう支離滅裂。

面倒臭さ考えると教習所が無難なような気がしないではないけどな。

何言っているかわからない。

どっちにしてもXTXとカブは手放さんけどね。

もう、好きにしろと。

酔っ払ってきた。

そろそろ寝る。

このページのトップヘ