足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:大石田

先週の金曜夜から土日にかけて、相方を乗せて山形に行って来た。

相方はこの日は山形市内で研修。

なので、俺は俺で近隣を観光しに行って来た。

DSC00778












一個目。

七兵衛そば。

山形の蕎麦の産地と言えば、大石田が有名なのだけど、その次年子にある蕎麦屋さん。

今回、二度目の来訪。

DSC00771












料金1050円で蕎麦食い放題。

この辺の蕎麦と言えば、板そばなんだけど、ここはお椀に盛られてくる。

食い放題も、食べ終わったら頼むのではなくて、常に茹で上がった蕎麦をおばちゃんが持ってウロウロして、「お代わりは?」と言いながら蕎麦を置いていってくれる。


DSC00773












大根をすりおろした汁に、そばつゆを割って戴く。

四杯食ってグロッキーとなった。

この日はそんなに込んでいなかったのだけど、次の日にこの前を通った時は、駐車場が満杯で軽く一時間ほど並ぶのではと言うような盛況ぶり。

一日ずれていたら大変なめにあっていた。

DSC00813










大石田の市内に抜けるところで、見晴らしが良かったのでとりあえず写真。

帰りに東根の温泉に寄ろうかと思ったのだけど、蕎麦で腹いっぱいなのと、少々寝不足なためか、強烈な睡魔に襲われていったん宿に戻る。

八時過ぎに相方から研修終わったとの知らせがあり迎えに行く。

DSC00852










ちょっと夜景が綺麗だったので撮ってみたが・・・。

DSC00874











で、次の日は山寺へ。

DSC00879











本道に居る大黒様に賽銭を数円くれて。

DSC00895












ずんずか階段&坂道を登っていく。

以前来たときは大丈夫だったのだけど、今回は最後のほう足が上がらなくなり、思わず手すりに掴まりながら上る。

年くっただ・・・。

DSC00924












ありがたや。。。

DSC00946










ところどころ紅葉もしている。


上ったら降りて。

面白山と表示が出ているのでそちらに車を向ける。

DSC00964










対向車が来てしまうとすれ違うのにかなりの気を使うだろう道を走っていくが、一箇所漬物石位の落石もあったりして、危うく乗り上げそうになる。

DSC00986











DSC00982












面白山を更に上って、スキー場にでて。

いい眺めだがや。

で、一旦天童市内に戻って、腹減ったのでまた蕎麦屋(笑)



DSC00987












DSC00990












DSC00994












前日訪れた大石田にある、わらぐち蕎麦さん。

昨日食べたのが田舎蕎麦であれば、こちらはつなぎを使わない十割の更科。

ここも自分的にはかなり気に入っている。

ただ、ここのおっちゃん。

結構話好きで、会話のターゲットになってしまうと、中々蕎麦に集中できないと言う欠点もあったりするが、それはそれで嫌なモンでもない(笑)

蕎麦屋を後にして、昨日寄れなかった東根温泉へ。

DSC01005












IMG_2081













DSC01006











一見ただの民家のよう。

シャワーなどという、洒落たものは一切無し。

昔ながらの公衆浴場といった感じであるが、れっきとした掛け流し。

料金も200円。

商売っ気は全くなしであるが、隠れた秘湯とでも言うか。

こんな温泉が大好きである。



DSC01009


















夕方五時を回った頃、相方から研修終了の報せがあり迎えに行く。

DSC01008












今回、相方のほうは全く観光が出来ずだったので、以前立ち寄ったことがある、上山温泉へ連れて行ってきた。

同じ公衆浴場でも、ここは温泉街の真ん中にあって、地元の人も結構な数が訪れているため、写真は撮れず。

石鹸で体を洗うのは構わないのだけど、洗髪は別料金と不思議な料金体系である。

ちなみに250円で、洗髪代は忘れた。

結構熱めのお湯で、浸かった瞬間目が覚めるような感じ(笑)


DSC01022












すぐ近くにある、上山城をチョロッとみて。

DSC01038













DSC01037












DSC01036













山形インター近くにあるラーメン屋で夕食。

チャーシューのほうは、まずまずであったけど、相方が頼んだ味噌は、こってり感と言うか味が薄い。

なんか入れ忘れてないかと思いながら、高速乗って自宅には11時過ぎに到着。

終了。

いよいよ休みが本日で最終日。

やっぱり七時前に目が覚める。

チェックアウトの時間も一応決まっているようだが、結構アバウトで、もっとゆっくりしていけば良いのに、と11時近くなって宿を出発。

川渡お送りの看板








鳴子方面は天気で晴れているが、尾花沢市内に入るとまた降雪が強くなる。

大石田に入り、本日お目当ての七兵衛蕎麦に向けて車を走らせる。

車で走る事30分強。

市街からかなり山に入った所にあるが、このあたりは、かなりの豪雪地帯の様子。

まさに、雪の回廊を駆け上っているような感じで、目あての蕎麦屋は、集落から結構離れた場所にあり、看板も雪に隠れてしまっていて、道を間違えたのか不安になってしまった。

七兵衛の道路








何とか、付記に半分埋もれた、蕎麦の看板を発見し、お店に到着。

七兵衛蕎麦









メニューは盛り蕎麦食べ放題のみ。
大人1050円也!

前菜として、漬物が三種と、蕎麦の漬け汁となる、大根の搾り汁と、つゆが配られる。

わさびはつかない。大根汁とねぎが薬味ということらしい。

蕎麦は、太くて短い田舎蕎麦風。

かなりコシがあって、蕎麦の香りもしっかりしている。

一杯目が配られると同時に、二杯目をゆでて大丈夫ですかと声がかかる。

斜め向かいに座っていた、カップルのアンちゃんは4〜5杯のお代わりをしていたが、自分は三杯でノックアウト。

満腹となりながらも、採算が取れるのだろうかと、いらぬ心配をしてしまう。

お店を後にして、国道13号を南下して、山形市内から米沢へ抜けて、小野町温泉に向かう。

以前入ったことのある、尼湯に入湯。

小野町 尼湯







源泉が熱いので、42度程度に調整しろと、水道の上に張り紙がされているが、誰も薄める気配なし。

小心者の自分は、右に習えで入るが、温度計を見ると46度をさしている。

みな、地蔵の様に無表情でじっと入っている。

二三回出たり入ったりを繰り返すが、なんとなく生命の危険を感じて、お風呂をあがった。

賞味2、3分も入っていないと思うのだけど、汗が止まらない。

温泉街を後にして、国道121号線を更に南下し、喜多方を目指す。

雪道にビビッテいるセルシオをぶち抜く。

シボレークルーズで、セルシオをぶち抜くなんて、めったに出来ない、貴重な体験をさせて頂き、ますます不人気な、我が愛車を気に入ってしまった(笑)

喜多方市内で、ラーメンを夕食にとり、会津若松〜猪苗代〜郡山と走りぬけ、東北道を走り12時前に自宅に到着。

短い冬休みが終了となりました。

今度はバイクで走りに行きたいなと。

東北二日目

二日目の朝も、前日にお気に入りだった貸切風呂の温泉に浸かります。

朝一番の熱めの温泉はしっかりと眠気を吹っ飛ばしてくれました。

宿の人に聞くと、九時過ぎからは昨日のように鳴子峡に向かう車で渋滞が始まるとの事で、さっさと料金を支払い退散です。

しかし、尿前の関のあたりで既に渋滞が始まっています。

鳴子峡の駐車場は既に満車。

何時から見に来ているんでしょうか・・・。

中山峠を過ぎ、赤倉温泉から山刀伐峠に入り、ここから尾花沢を目指します。

途中、コンビニで朝飯をとも思ったのですが、こんな山の中ではそういったものもなく、

本日の目的地の大石田まで、我慢する事に。 鳴子〜新庄の紅葉風景






 

この峠を走っている途中でも紅葉がみられ、こちらは名もない場所なので、ゆっくりと鳥のさえずりなんかを聞きながら、景色を楽しむ事ができました。

その後、程なく尾花沢を通り越し、大石田町に到着。

ここ大石田は、最上蕎麦街道にあり、そばどころとしては結構有名な場所です。

以前から行こうと思っていて、中々いけなかったきよと言うお蕎麦屋さんに、開店時間ジャストの11時に到着しましたが、既に相席になってました。

とても人気が高いようです。 大石田そば〜きよ店舗 きよ 板蕎麦大盛り







相方と二人で板蕎麦の大と普通盛りを頼みます。

確か、おかずって言うのかな?

カブと白菜、菊の花のおひたしがてんこ盛りで出されました。

お待ち兼ねの板蕎麦がやってまいりました。 

出てきたお蕎麦は、打ち立てのせいか、ほんとうに瑞々しく、こしもしっかりしています。

又そばつゆも非常に出汁が聞いていて、あっという間に平らげてしまいました。

会計を済ませる頃には、玄関に10人ほどの待ち客がいて、ホントに人気が高いんだなぁと思いましたね。

大石田を後にして、山寺を目指すことにします。

13号線は込むので、347号線を走り途中県道を経由しながら、山寺に向かいます。

こちらも連休の中日とあって、人人人人人人でごった返しております。

今年の夏にJRのコマーシャルが流れていたと思いますが、あの静かなイメージと、この三連休の中日は全く様相が違ってました。

拝観料の400円だかを支払い、コマーシャルで見たアレを見に行きますが、人がごった返しているので、静けさや〜なんて感じは全くありません(苦笑)

なんとかかんとか頂上に着き、アレを見ますがアレの周辺は矢張り記念写真の人が大勢います。

人が写りこまない様にパチリ。 山寺の風景 


少々疲れてしまったので、早めに本日の宿のホテルキャピタルイン山形にチェックイン。 近所の居酒屋で飯食って寝ました。



このページのトップヘ