足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:安藤うどん

昨日、昼から天気が良くなってきて、ウズウズしだしたのでYBRで出かけてきた。

嫁は何とかの全国大会とかで、観音寺まで講習を受けに行っており、お犬様も母親の命日で寺の坊主が来ると言うので預けてある。

001


どっちに行くかも決めておらず、取りあえず安藤うどんで朝食兼昼飯。

満濃から徳島に抜けようかとか考えて、そっち方面に向おうとしたのだけど、天気もいいので久しぶりに五色台でも言ってみようかと方向転換。

003


大崎の鼻?に到着。

花粉が飛んでいるのか、つーっと涙が出てきたりするが、都内を通勤していた頃と比べると随分と楽。

こっちに着てからは、アレジオンなんかのお世話には一切なっていない。


006

暖かくなると色んなのが湧いてくる(笑)

鉄片まで上って鬼無のほうに抜ける

015

018

020

022


勝賀農免道路と言うのがあって、フラフラと走ってたら、勝賀城跡登山道なんてのがあって、上ったものの。

1速でやっと上れるような急勾配。

随分と上って、直角に近い急カーブが見えて、これ以上行ったら危ない!と、止まったのはいいが、ブレーキを握っていてもズルズルとスリップしながら後退していく。

左足で踏ん張って必死でエンジンを切って、おそるおそるバイクから降りて、半クラ使いながら、方向転換できそうな場所までバックして。

僅か数メートルだったけど大汗かいた。

軽量車だから良かったものの、重量級で行ったら泣いてただろうな・・・。

もう、売っちゃったから手元にないんだけど(笑)


023

眺めはいいんだけど、もう二度と上らない(笑)

一速でこんな長い距離を上ったり降りてきたりは初めてだ。

だけど、この畑を管理してる人は、軽トラで毎回上って降りてを繰り返すんだから凄いよなぁ。。。

この後、まだ五色台に上って、根来寺の方から坂出市内に抜けて帰ってきた。

で、YBRはミラー越しだと、車からは250くらいに見えるのか、親切で道を譲ってもらう事が数回あったのだけど、上り坂ではエンジン壊れるんじゃねぇの?ってくらい、非力さを嫌と言うほど味わった。

もう20キロも痩せれば、少しは変わるのかも知れないけど、今度からはもっと車間を明けて、不用意に道を譲られないように注意だ(笑)

帰り際、ガソリン入れてきたけど、43キロまで燃費が落ち込んでいた。

いい息抜きになった。










今日の天気予報は「曇りのち雨」となっていたが、快晴とまでは行かないけど、まずまずの天気。

夜勤明けで、ウィスキーでも煽って昼寝をしたい所だけど、放置モードになってしまっているXR230モタードで近場を走ってきた。


先ずは腹ごしらえと、自宅から程近い、上野製麺所に行くけど、先週に続いてまた休み(笑)


ならばと、綾川のほうまで走って、久しぶりに安藤うどんに。


DSC07808


結構、美味しいと思うんだけど、割と空いていてゆったり出来るので、結構お気に入りでもある。

DSC07805


醤油の大と握り飯。

漬物はセルフで無料。

丸亀の方までぶらぶら走り。

高松市内を一望できる展望台があったのを思い出して、高松にハンドルを切る。


DSC07809

峰山公園を目指して坂を上っていく。

中腹にも結構住宅があって、そこそこ車の往来があるのでスピードの出しすぎには注意。


しかし、舗装された山道は、やはりモタードに限ります。

突出したパワーはないんだけど、振り回して走るには持って来いだ。

はにわ公園に到着。

展望台に行くには遊び場とキャンプ場を通り抜けよと書かれている。

ウッドデッキにテントを張るスタイルらしいが、老朽化でいくつかに立ち入り禁止の看板がぶら下がっていた。

あんまり利用されてないのかなぁ・・・。

キャンプ場を汗垂らしながら10分ほど歩いて、展望台到着。



DSC07815


屋島の方角。


DSC07812


坂出方面の方角。


夜景も綺麗だろうなぁ。

とは思うものの、秋以降だな。

坂のぼるのに、確実に汗だくになるもの(笑)


海風にあたって、しばし涼んでからバイクのある場所まで戻った。

自宅に戻って、夜勤明けでそのまま走りに出たので、即行でシャワーを浴びてスッキリした。

久しぶりにXRに乗ったら、なんだか筋肉痛が・・・(笑)

このページのトップヘ